スケバン刑事(斉藤由貴)に出てくる(ジン)という役で出てくる人の名前を教えて下さい。他に出ている作品などもあれば教えて下さい。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

中 康次さんでしょうか。

改名したみたいです。

参考URL:http://www65.tok2.com/home2/studio191/
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q斉藤由貴の家族構成は?

お子さんは何人いるのでしょうか?
また、生まれた順番や年齢なども知りたいです。

Aベストアンサー

お子さんは3人です。
以下2004年の芸能ニュースコピペ


女優の斉藤由貴(38)が27日午前6時40分、都内の病院で第3子となる
3024グラムの女児を出産した。予定日より半月ほど早かったが、所属事務所によると
母子ともに健康という。

関係者によると、斉藤はこの日自宅にいたが、夫とともに午前6時ごろ病院に向い、
ほどなく出産。3024グラムの女児で安産だった。

斉藤は1999年・平成11年11月に長女、
昨年2000年10月に長男を出産している

Q斉藤由貴さんの芸風って・・・

TBSの『歌姫』で斉藤由貴さんが50代のオバちゃん役で出演されています。
斉藤由貴さんのデビュー当時を知っているので唖然としてしまいます。

斉藤由貴さんも40代なのでいつまでもアイドルなんてありえませんが、あそこまで芸風を変更するとはと驚きました。

質問1:芸風を大幅に変更した理由はなんでしょうか。

質問2:冨士眞奈美さんのような美人系から強烈キャラ系に転進でしょうか。

Aベストアンサー

こんにちは。
私も以前たまたま昼ドラの「我輩は主婦である」という番組を見て質問者さんと同じような感想を持ちました。
その時は「平凡な主婦に夏目漱石がのりうつる(?)」という突拍子もない設定のものだったので「そういう極端なキャラ作りなのかな」と思っていましたが、その後普通に喋っている斉藤由貴をバラエティ番組で見かけるとその時の演技と正直あまり変わりませんでした(笑)
無論役作りもあるでしょうが、母親となっていくうちに自然に身についたものであるようにも思います。
芸能人は歳をとっても雰囲気が変わらない人も多かったりしますが、彼女は元々あまり飾らない感じのサバサバした性格の持ち主のようですので、歳をとって「おばさん」になった自然な姿ということなのではないでしょうか。

Q斉藤由貴さんのラジオ番組オープニング曲

およそ20年ほど前に放送されていた斉藤由貴さんがパーソナリティだった、「見えますか?青春きらめき色」というラジオ番組。 この番組のオープニングに使用されていた曲(演奏のみの曲)が好きだったので、これまで思い出す度にその都度調べてみたのですが曲名等詳細が未だに何の手掛かりもなく判りません。恐れ入りますが、ご存知な方がおられましたらどうかこの曲名等に関しご教示の程宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

番組で使用されていましたヴァージョンの演奏者はわかりませんが、原曲は確かチャカ・カーン(Chaka Khan)の『Through The Fire』(スルー・ザ・ファイア)だったと記憶します。当時、私自身も番組を聴いていたリスナーのひとりでしたが、番組にマッチしていた印象がありフェバリット・ナンバーでもありました。現在リリースされています彼女のベスト・アルバムにも収録されておりますので、試聴できるサイトをお探しになられてはどうでしょうか。

Q斉藤由貴が歌う「家庭内デ-ト」 はて曲名は?

2日くらい前の、夕方 ネルトンの司会で、なにやら
バラエテイ番組をやっていて、斉藤由貴+男性が
家庭内で毎日デ-ト  て歌を振りつきでうたってました、
1.歌のタイトルは?
2.相方?の男性はだれ?

キュ-テイ マミ- も出ていたような???????

記憶が不正確ですみません、

Aベストアンサー

1.質問タイトルにあげている”家庭内デート”です。
2.及川光博
です。

Q元スケバン刑事

マニアックな質問ですみません。
元スケバン刑事3代目「浅香唯」さんは,
なぜテレビ放映が終わった後,長い間
ブラウン管から姿を消していたのですか?
普通だったら,ブレイクした後なので
テレビに雑誌にとかなり活躍すると思うのですが・・・

Aベストアンサー

その頃、アイドルが急に「ロックアーティスト」宣言をするという
謎の連鎖反応がありました。

小泉今日子が既存のアイドルという枠を
あまりにもわかりやすいかたちでブッ壊して、
「アイドル=着せ替え人形」だった彼女たちを
自分の意志で何かをしたい!と目覚めさせてしまった
ことがひとつの要因と思われます。
(それでも「アイドル」でありつづけたところが
小泉今日子のすごいところなのですが、
他のアイドルはすこしカンチガイをしてしまったようです。)

その結果、菊地桃子と本田美奈子はそれぞれバンドを率いて
上っ面だけの古くさいロックンロールを
見せ付け、ファンの度肝を抜きました(というかシラケさせた)。

浅香唯も同じく、その宣言をしてしまいました。
ファンはやはり離れていきました。
その時期はアイドル冬の時代のはじまりだったともいえるでしょう。
(歌番組がない時期とも重なったのも不幸だったかもしれません。
その後、小泉+浅香のルックスを持つ星野由妃が
作詩もこなすアイドルとして脚光を浴び・・・ることもなく消えていったのも
皮肉なものです←後にグラビアアイドル/女優として再活動)

また、「スケバン刑事」のあと、
いわゆるその過激なイメージをひきずったまま走るか
一度体勢を立直して行くかの2択で後者を選び、
休んでいる間に忘れられた、という見方もあります。

休ませることによっていいほうに転ぶこともありますが
その殆どはだいたい失敗します。
ファンの心は移り気なので、(よほどコアなファンでないかぎり)
テレビに出つづけなければ追いかけないのです。
そして忘れられて、次の新しいアイドルへと興味がむかってしまうのです。

最後に出したライブ盤をお聴きになったことがあるでしょうか?
ロックアーティストらしくふるまおうとしてるさまと、
スマッシュヒットをみせた「C-girl」「セシル」「MELODY」
そして名曲「Believe Again」が明らかに不似合いなのが感じ取れると
思います。

その頃、アイドルが急に「ロックアーティスト」宣言をするという
謎の連鎖反応がありました。

小泉今日子が既存のアイドルという枠を
あまりにもわかりやすいかたちでブッ壊して、
「アイドル=着せ替え人形」だった彼女たちを
自分の意志で何かをしたい!と目覚めさせてしまった
ことがひとつの要因と思われます。
(それでも「アイドル」でありつづけたところが
小泉今日子のすごいところなのですが、
他のアイドルはすこしカンチガイをしてしまったようです。)

その結果、菊地桃子と本田美奈子はそ...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報