経済に関しては全く無知な主婦です。今月末から8月の中旬までアメリカ旅行に行くため、お金を10万円くらいドルに替えなければならないのですが、毎日少しずつ円安傾向に動いているためなかなか銀行に足が向きません。また、買い物のほとんどは現地でクレジットカードで支払うため、8月の円がいくらくらいになっているかも気になります。
どなたか経済に詳しい方、今どうして円安なのか理由を教えて下さい。また、これから8月中旬までの円の動きを大胆予想して下さる方、(私はいつごろ銀行に行ったらいいか^^;教えて下さい。)よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

円→ドルの両替に関して言えば、CITIBANKの「ワールドキャッシュ」などはいかがですか。


郵便局や日本の銀行でも、郵貯カード、銀行カードとの「ジョイントカード」を作ってくれます。(個人的には、「ジョイント」は嫌いなので、私は、単独のカードにしています。)
このカードは、日本で、円で入金し、海外でその国の通貨で出金できます。換金レートについては、利用当日の、「シティバンク東京支店および提携機関所定のレート」ということになっています。
十万円のうち、いくらかはこれで持って行かれもよいと思います。ただし、海外での「入金」はできませんし、出金時に手数料が要ります。さらに、外国のキャッシュディスペンサーは、慣れないと操作法が分かりにくいですから、
ガイドブックなどで、十分調べてからにしてください。
海外に行く際は、レート変動のリスクは止むを得ません。
一般人が損をしない方法などは、ありません。ただ、運良く、得をする事があるくらいです。
「なぜ円安か」ということについては、日本経済が信用されていない、ということに尽きます。
これから、「改革」が進めば、痛みも出ます。外国がそれを評価すれば、円は高くなります。改革の成否がはっきりしないうちは、円安に向かうと見ていいと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

citybankのワールドキャッシュの情報ありがとうございました。早速郵便局でパンフレットをもらってきました。ただ、今回私の行くところはすごい田舎なので確実に使えるATMがあるかどうか不安なのと、以前アメリカでATM のカードが機械から出てこなくなり、数週間後に自宅に郵送されてきたことがあり、ちょっと不安です。今回の旅行は短期滞在なのでワールドキャッシュはやめたほうがいいかな?と思っています。あれからますます円安に動いていますね。選挙が終わっても変わらないかな?詳しい情報をありがとうございました。

お礼日時:2001/07/16 21:57

 私、個人の意見では、円は、もっと暴落してもおかしくありません。


 なぜ暴落しないか、円が暴落すると困る国が沢山あるからです。
 アメリカやアジア諸国は、本当に困ったことになりますからね。 そうならないように各国の協調介入で辛うじて円は、124円代?を維持していると思われます。8月までは、120円から130円の間と思われますが、それ以降は、ハッキリ言って、誰にも予想できないです。 
 後は「神のみぞ知る」と言うとこでしょうか。
 
 外れたらご免なさい。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

あえて大胆予測をしていただきありがとうございました。どなたの意見をお聞きしても円高には当分動きそうもないですね。諦めて、ドルに替えてきます。ありがとうございました。

お礼日時:2001/07/08 16:02

今の円安の理由は、日本経済えの不安、とりわけ金融機関の不良債権問題にからんでいます。



この問題が解決しないと、円安傾向は続くでしょう。

では、いつまで円安が続くか?  いつ、銀行に行ったらよいか?
こればかりは、誰にも分かりません。
確実に予測できれば、それで一財産作れますが・・・・。

対処方法は、毎日の為替の動きと、経済状況を見て、そろそろ円安の進行が納まるかな、と思ったときに決断するしか無いでしょう。

アメリカ旅行を楽しんで来てください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

やはり円安傾向はしばらく続くのでしょうね。このへんで諦めて手を打たないと(銀行に行かないと)130円になった~!と泣くはめになりそうですね。暖かいメッセージありがとうございました。200円を越えていたころにも旅行していたことを考えれば、なんのその・・でも90円のころにも旅行していた(涙)。

お礼日時:2001/07/08 15:58

お気持ちはお察ししますが、こればっかりは誰にもわからないと思います。


ましてや、いつ頃銀行に行ったらいいか、など答えられる方はいらっしゃらないのでは・・?
予想はいくらでもできますが、予想はあくまで「予想」
今の世の中、何が起こるかわかりませんからねぇ・・(結果論はいくらでも唱えられますが)
出鼻をくじいたようでごめんなさい。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

やはりこんな質問は虫が良すぎましたね。^^;でも、ありがとうございました。

お礼日時:2001/07/08 15:53

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q【日本のクリスマスの経済効果は幾ら?】1300億円くらいですか?130億円くらい?男性が女性にプ

【日本のクリスマスの経済効果は幾ら?】1300億円くらいですか?130億円くらい?

男性が女性にプレゼントする平均クリスマスプレゼント金額は6万5000円で、女性が男性から貰いたいクリスマスプレゼントの金額が8万5000円だそうです。

みんなこんな高いの?

これは日本の平均ボーナスが上場企業での平均賞与であるみたいに、一流企業に勤めてる人のクリスマスプレゼントの平均金額なのかな?

それにしても高い気がします。

これが世の中の普通ですか?

7万、8万の物って何買ってんの?

Aベストアンサー

■日本の各イベントの経済効果
・お正月(3日間)2兆1150億円
・クリスマス    6740億円
・ハロウィン    1100億円
・バレンタインデー 1080億円
・ホワイトデー    730億円

ま~正月は特別として・・・
クリスマスの定番はブランド物でしょう。
7~8万円のものでそこそこです。
ま~買う人は何十万ですので、5~6000円の人と平均すればその金額ということでしょう。
ハロウィンもバレンタインも、基本はお菓子ですので、こんなものでしょう。
ホワイトデーは、そもそもプレゼントしたがる絶対数が少ないと思われます。

Q円安!急速な円安です。経済は大丈夫?

このところの円安ユーロ高。遂に、1ユーロが158円を記録したとか。
このところ、ヨーロッパへの旅行が日本人にとってかなり物価高に感じるとか。韓国のウォンに対しても、円安です。
日本の通貨に問題が?借金まみれで信用失墜とか?
通貨価値が落ちることが経済に影響ないのでしょうか?

Aベストアンサー

確かに最近の円安ユーロ高は極端すぎます。
1ユーロ=100円未満だった2000年前後と比較すると単純に見て1.6倍、これにヨーロッパの物価上昇率の高さを考えると円に換算したヨーロッパの物価は事実上この6、7年で2倍になりました。
ヨーロッパ旅行は以前と比べて相当負担が重いです。毎年行く度に物価高を実感して帰ってきます。
おしゃれなレストランやホテルに入るにも、メトロやタクシーに乗っても、別の町に移動するにも、本やお土産探してショッピングに出かけても、美術館や博物館、遺跡の入場料も、カフェで一息つくにも、とにかく何しても恐ろしい勢いでお金が減っていきます。
観光客は単に遊んでいるだけなので別にいいのですが、日本人留学生にとっては本当に切実な問題です。私は円高の時代にパリにいたのでよかったのですが。以前はフランスやドイツに留学するというのは、英米に比べて非常に安いというイメージががありましたが今のレートで換算したらそうそう簡単に個人でフランス留学!というわけにはいかないでしょう(ユーロ建て奨学金をもらっていれば別)。
ああ昔(といっても6-7年前)はよかった、、、。

ユーロやウォンだけでなく、オーストラリアドル、ニュージーランドドル、カナダドル、イギリスポンドをはじめヨーロッパ(+北アフリカ、西アフリカ)のユーロ未加盟のほとんど全ての通貨、タイバーツやマレーシアリンギ、ロシアルーブルなど、挙げたらきりがないのですがここ数年の円安ぶりは激しいです。どの通貨も円に対して3-5割くらい強くなっています。
以前は海外旅行は国内と比べて割安!なんて言われていた時期もありますが、今は円安もあるし航空券も値上がりしているので結構高くつくことは覚悟しなければなりませんね。

確かに輸出企業は円安で儲かっているのでしょうが、輸入品を扱う企業、海外ブランドや旅行会社・航空会社などにとっては大きな打撃でしょうし、例えば円安によりガソリン代や国際航空券の値段は(ただでさえ原油高なのに)さらに高くなっているはずです。
身近なものでは、輸入ワインもじわじわ高くなっている気がします。一昨年あたりからボジョレーヌーボーの値段は間違いなく上がりましたね。
洋書を揃えるにしても特にヨーロッパから注文するときは為替レートが怖いです。
このように円安によって生活に大きく影響を受ける人がいるのも事実です。輸出企業が儲かって日本企業全体としては円安は問題ではないのかもしれませんが。

確かに最近の円安ユーロ高は極端すぎます。
1ユーロ=100円未満だった2000年前後と比較すると単純に見て1.6倍、これにヨーロッパの物価上昇率の高さを考えると円に換算したヨーロッパの物価は事実上この6、7年で2倍になりました。
ヨーロッパ旅行は以前と比べて相当負担が重いです。毎年行く度に物価高を実感して帰ってきます。
おしゃれなレストランやホテルに入るにも、メトロやタクシーに乗っても、別の町に移動するにも、本やお土産探してショッピングに出かけても、美術館や博物館、遺跡の入場料も、カフェ...続きを読む

Q【経済】「円高・円安になっても国内での(円の)価値は変わらないので関係なし」 チーズ会社が値段据え

【経済】「円高・円安になっても国内での(円の)価値は変わらないので関係なし」

チーズ会社が値段据え置きで量を減らす。

ティッシュペーパー会社が値段据え置きで1箱の枚数を減らす。

これらは円高、円安は関係がないということですか?

Aベストアンサー

値上げや内容量の調整は、主に国内インフレ率によるものです。

年率で従業員コストが微増し続けると、100円で利益の出ていたものが出せなくなります。
毎年2%づつ値上げしていては、なかなか生物でない限りは難しいのです。
生なら時価でも良いでしょう。

で、なかなか値上げが無理なので、内容を減らすのです。

なので日本においては
・切れてるチーズ
・裂けるチーズ
・○ピース

などという小分けのチーズが主流なのです。

欧米人のように大量消費しないから、少しで満足なのです。
なのでナチュラルチーズより、日持ちの良いプロセスチーズが主流なのです。

カビも美味しいカマンベールとか、酸っぱいペコリーノ・トスカーナや、しょっぱいペコリーノ・ロマーノなどは日本ではなかなか酒店でも置いていないのです。

まして、毎日の食卓でなど夢みたいなものです。

日本で大量に食ってる人など稀です。
ピザでもそんなに使ってないのです。
※そもそもリアルチーズでないですし。

Q日本にとっては1ドル円安の160円・適正の120円・円高ドル安の80円

日本にとっては1ドル円安の160円・適正の120円・円高ドル安の80円のうちどれが好ましいですか?
また、逆に日本にとっては1ドル円安の160円・適正の120円・円高ドル安の80円のうちどれが一番痛手ですか?

円安
1ドル=160円
日本の株式市場の株価が上昇して、輸出企業の業績は良くなるが、ガソリン代・輸入品が高くなる・ドル圏の土地が高騰するため、アメリカの不動産も高騰する。

適正
1ドル=120円
輸入と輸出のバランスがとれている。

円高ドル安
1ドル=80円
ガソリン代・輸入品が安くなる・ドル圏の土地を安く買えるためにアメリカの不動産も安く買えるようになり、アメリカ都市圏郊外に広い庭付きの一戸建て(土地面積4000m2 建物面積200m2程度)を購入することができるがその分日経平均が下がり、輸出企業の業績が悪化し、そこで働く人の給料が減ってしまうor日本に職場がなくなる。

Aベストアンサー

どの選択肢でありましても意識しておくべき事があります。それは、経済はバランスが大事であるという事です。バランスをイメージする為に、飛行機で例えさせて下さい。

飛行機を2つからなると見立てます。

一つは縦のラインで人が乗るところですね。これを中心軸で見立てます。
もう一つは横のラインで羽の部分ですね。これを両翼で見立てます。

飛行機は、中心軸と両翼のバランスがとれる事がとても大切です。

左に傾いたり、右に傾く事は何も問題ではございません。左に傾いたり右に傾く事で、目的地へと舵取りをする事が出来るからです。では両翼だけで飛行機が目的地へ到達するかと言いますとそうではありませんね。

中心軸が必要です。中心軸を通して、両翼のバランスをとっていく時に最も飛行機は安定します。この飛行機の中心軸と両翼のイメージを借りて質問内容に入っていきたいと思うのです。

質問者様の質問内容は、飛行機の羽の偏りをどの様にセットするのか?というものとして観る事が出来ます。例えば、円安=左、適正=真ん中、円高=右、ですね。それで日本にとって(好ましい・痛手)なのは、飛行機の機体をどうバランス取るのが良いのでしょうか?という質問ですね。

飛行機の中心軸が大切です。

そして、今まではどこからやって来て目的地はどこであるから、現在地がここだったら今からはこちらだよ、との判断が付きます。つまり日本にとっての(好ましい・痛手)を判断するためには、日本は

(1)今まではどこからやって来て
(2)目的地はどこで
(3)現在地がどうであるから

が認識できる時に、何をどの様に判断したら良いかが見えてくるかと思います。

「日本は」、が主語である事が大切です。

そこでお聞きしたいのですが、質問者様は日本の現在地について(1)~(3)をどの様に認識していらっしゃるのでしょうか?認識によって判断は変わるのではないかと思っております。

どの選択肢でありましても意識しておくべき事があります。それは、経済はバランスが大事であるという事です。バランスをイメージする為に、飛行機で例えさせて下さい。

飛行機を2つからなると見立てます。

一つは縦のラインで人が乗るところですね。これを中心軸で見立てます。
もう一つは横のラインで羽の部分ですね。これを両翼で見立てます。

飛行機は、中心軸と両翼のバランスがとれる事がとても大切です。

左に傾いたり、右に傾く事は何も問題ではございません。左に傾いたり右に傾く事で、目...続きを読む

Q円安で日本経済復活

先日、経済学部出身の友人に円安で日本経済は復活したなぁと言われました。
対する僕は、大学では目立つことのない理学部ですのでたいした知識もありませんが、およそ中学、高校の歴史、地理から見ていくと、
デフレ下の日本は、欧米諸国の圧力につぶされた結果、やむを得ず選んだ唯一の道のような気がします。
1,固定相場制が生んだアメリカの悲劇によるとばっちり→不景気突入しかも、デフレ。
しかも、円安に振ることはできず、国内産業脱出→アジアに拠点を移す。
アジアの国々の輸出産業が活発化

2,ほどなくして、アメリカは180度方向転換→ドル高政策で行くわ
これが所謂、日本に足かせをはめたチェンマイイニシアチブの元凶。
自国の産業のレベルをただドル安という為替操作のみで利益を得ていた国々が何の施策もせずに突き進んだが故に起きた通貨高。
当然、産業レベルの高い日本製品には刃向かえず、さらに円安の追い打ちによりアジア諸国終了。

確か、このときくらいにNIEsなんてことを教わったような気がします。

3,それからはというと、またアメリカが貿易赤字で頭を悩ませて、日本に愚痴り始め、愚痴だけではすまず、手まで出すようになり、
アメリカの圧力で政府から独立した日銀は金融政策を放棄し、デフレのまま日本を生かしてきた。

こんなイメージがあります。
ですので、安倍内閣による最大の攻撃は、アメリカ寄りの日銀と協力した金融緩和にあると思うのですがどうなんでしょうか?

確かに、金融緩和政策による円安ではありますが、言葉としての円安が日本経済復活の源となると、どうも日本の信用が失墜したような言い方なので僕は間違いだと思います。

先日、経済学部出身の友人に円安で日本経済は復活したなぁと言われました。
対する僕は、大学では目立つことのない理学部ですのでたいした知識もありませんが、およそ中学、高校の歴史、地理から見ていくと、
デフレ下の日本は、欧米諸国の圧力につぶされた結果、やむを得ず選んだ唯一の道のような気がします。
1,固定相場制が生んだアメリカの悲劇によるとばっちり→不景気突入しかも、デフレ。
しかも、円安に振ることはできず、国内産業脱出→アジアに拠点を移す。
アジアの国々の輸出産業が活発化

2,ほどな...続きを読む

Aベストアンサー

残念ながら、円安での復活という感じはうけません。すでに製造業が減少してしまっているんでしょう。

対抗するアジアが力がやはりついてきていて、中程度の製品は製造してしまうのが実際でしょう。

ただ今回の円安は逆に貿易黒字によるアメリカなど摩擦がないという意味で何か思い切ってできる環境であるというのは以前と違っている点だと思います。


今回円安になったのは心理的な循環も大きいと思います。ずっとドル安で来て、それが反転している傾向が続いているということかと思います。

所詮、先進国はすでに所得が高くなってしまっていて、やはり成長率は低くなりざるを得ず、それをうまくどうするのかだと思います。

最先端のアメリカほど日本はダイナミックな国ではないので、新産業に期待するというのもなかなか難しい面があると思います。

安倍首相の経済政策よりも最近は日本人の経済政策に対する理解、認識が落ちているように思えます。

投資だとより世界に向けて、良い成長機会のある国を探すなど(かつてのイギリスなどヨーロッパが世界に植民地を作って収益を上げた感覚を平和に焼き直した感じ?)成熟した国内ではなく、成長の余力がある海外に目をむけて、投資を実際することで経済に興味持ってほしいです。

日本でおこるのは成長率があがるのではなくて、何かの不安からによるインフレでのものの上昇くらいでしかないのだと思いますので。

残念ながら、円安での復活という感じはうけません。すでに製造業が減少してしまっているんでしょう。

対抗するアジアが力がやはりついてきていて、中程度の製品は製造してしまうのが実際でしょう。

ただ今回の円安は逆に貿易黒字によるアメリカなど摩擦がないという意味で何か思い切ってできる環境であるというのは以前と違っている点だと思います。


今回円安になったのは心理的な循環も大きいと思います。ずっとドル安で来て、それが反転している傾向が続いているということかと思います。

所詮、先進国はす...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報