AIと戦って、あなたの人生のリスク診断 >>

海釣り用ワームの保存方法について。
海釣りワームをタックルボックスに裸で保存しています。100均のプラボックスです。
なんか昔は油とかにつけといた方が良いとか粗塩を振れとか聞いた気がします。
普通にそのままで大丈夫ですか?

質問者からの補足コメント

  • ワーム自体です。乾燥したら干からびちゃうかなとか

      補足日時:2017/11/22 11:36

A 回答 (2件)

真水で洗い、塩分を取り除き、乾燥すれば、一応大丈夫ですが、長期保存は


お勧めできません。
ワームが癒着する場合が有ります。ラップなどで包めば、他への癒着は防げます。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございます❗そうしました

お礼日時:2017/11/22 14:53

海釣りなら、海水がついているので、ボックスを持ち帰り、熱湯で、海水を洗い流せば、フックなどが錆びないので、長持ちします。


手入れをマメにする方は、リールや竿なども同じようにぬるま湯で、掃除をしていますね。掃除しておくと、長持ちは確実にします。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qパッケージを捨ててしまった後のワームの保管方法は?

アジング・メバリング用ワームの長期保管についてです。
専用のワームケース(メイホウ等)に色ごと種類ごと、インチごとに並べるのが楽しくて、結構たくさんのワームを買ってしまいました。その後、冷静になって「これ、すべて使い切るには2~3年必要なんじゃないかな」と愕然とした次第です。
メーカーのパッケージのまま未開封なら10年持った人もいるようです。
また、開封後もパッケージから少量ずつ取り出せば数年持つようです。
しかし、すべてワームケースに入れてしまって、元袋は捨ててしまっています。
そのような場合、最善な保管方法はあるでしょうか?
再度、ワームケースから取り出して保管したいと思っています。
この夏はワームケースごと涼しいところに置いておきましたが、メーカーに寄っては溶けかかっているものもありました。

Aベストアンサー

No.1の者です。

確かにメバルやアジ用のワームは、新品ではオイルに浸かってませんが、密封されていますよね?
パッケージを隅々まで見たわけでは無いので推測ですが、
これは、窒素封入する等の方法で空気に触れないようにしていると思います。

最近のワームは、環境の事を考えて自然分解するものが多いと思います。
分解する媒体として考えられるのは「紫外線と酸素(=水分を含む空気)」でしょう。
(熱は、ワームが熱に弱いから)
なので、
「紫外線と空気を遮断すれば分解を押さえられる」
という理屈でしょうね(^^)

Q未使用ワームの保管について、元袋を捨ててしまったら

買ったワームはすべてケースに入れて保管していたのですが、色移り等避けるために整理しようと思っています。元袋を捨ててしまっている場合、ジッパー付き小袋に入れておいて大丈夫でしょうか? ポリエチレンの袋です。ワームケースはポリプロピレンでした。

Aベストアンサー

ワームがプラスチック(有機溶剤)製の場合
・ポリエチレン(PE)とポリプロピレン(PP)は、耐有機溶剤性としては同レベルなので、袋でもケースでも、保管性能に大差はないと思います。
ただ、どちらも長期保管には耐えられないでしょう(ワームと反応して溶ける)

ワームが生分解性の場合
・PEやPPとの反応は気にしなくて良いかもですが、そのままだとワーム自体が分解してしまいます。
分解は、水分や紫外線に反応して促進しますので、専用の保存液かベビーオイルに浸し、冷暗所に保管しておきましょう。
こうすることで、水分や紫外線による分解を抑えられます。

Qワームの経年劣化について。新品でどれだけ保存可能?

バス用でもソルトウォーター用でもかまわないのですが、ワームを開封していない場合、何年程度状態よく保存しておけますか?
また開封後のものはどうでしょうか?
また、ワームケースで保存しておいた場合はどうですか?
あくまで海水淡水に浸けていないワームの話です。

メバル、アジ用の小さいワーム。シーパス、フラットフィッシュ用の大きめのワーム。たくさん買いすぎて、使い切るには数年かかるんじゃないかと思っています。
(買っておけば子供が成長したら使うかもと思っていました。劣化について全然考えが及んでいませんでした。子供が中学生になる4、5年後まで大丈夫だとひと安心です)

Aベストアンサー

10数年前にカサゴ釣りに使っていたエコギアやスライダーのワームがかなり残っています。

いずれも開封済みですが、きっちり袋のジップを閉めてパッキンの中に保管していましたので
まったく変化なく、弾力も失われていません。

多分紫外線にも触れず、純正の保存オイルに浸かったままですから経年変化がないんでしょうね。

以前釣行時に使用していたワームケース内のワームやグラブはほとんどお互いに溶解して
べちゃべちゃになって使い物にならなくなりました。
やはり純正の袋から出してしまうと保ちませんね。

それとこれはご存じだと思いますが、袋の中に絶対に違う種類を入れたり、新品同様なので
使いかけをまた同じ袋に戻すと、これも溶解の原因になりますから、使用済みは必ず
専用の袋に入れて使い切らないと、少しでも袋のオイルに違う物資が混じると一気に劣化します。

Qワームが溶けた!!

最近ルアー釣りをはじめまして、
ルアーやワームなど色々持っていきました、
炎天下のした頑張って釣りをしていて、ワーム釣りをしようとしたら、
すべてのワームがベトベトのヌルヌルになって溶けていました。
もう使える状態じゃなく、固形じゃなくなっていました。
これはなぜでしょう?
保存の仕方が悪かったのか、分かりません。
教えてください。
保存法や入れ物とか重要なんですか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

どうも、釣りバカです。

ワームもルアーなんです(ソフト・ルアーですから)が、それはともかくどうやって持ち歩いていました?手提げのタックルボックスなんかに入れて置いていたら太陽と地べたと両方からジリジリ熱せられてソフト・ルアーもタックルボックスも溶けちゃいますよ。何しろ今年は新記録続出の殺人的な暑さですから。
ソフト・ルアーの主成分はポリプロピレンなどの柔らかいプラスチックですから熱には弱いのはもうお分かりですよね。

だったら日陰に入れておけば良い…という事で
http://store.yahoo.co.jp/yokohama-marine-and-supply/a5b7a5e3a5-1.html
↑フィッシングバッグなんかに入れて常に身につけていればダブルの照り返しがないから溶けないしルアーチェンジも手早くできるので基本です。別にルアー用の安い奴でも良いのですが、ここで紹介しているのはフライ用ですが防水性に優れているうえにサイトでも紹介している通り水にドカッと漬けて中の温度を抑える事ができるのでお勧めです。
が、個人的にはフィッシング・バッグをたすき掛けにぶら下げている人を見るとプチ家出か「ボク、幼稚園の帰りなの?」と思ってしまうので
http://item.rakuten.co.jp/naturum/531741/
↑フィッシング・ベストが一番機動力があり、お勧めなんです。もちろんこちらもベストなら何でもいいんです。

バッグにしろベストにしろ炎天下に放置しないし何より機動力が良い事、それに加えて「買ったソフトルアーを袋ごと入れる事ができる」点にありまして…何しろ運搬から販売までの間に折れたり溶けたり変形してはたまらないのでメーカーは入れ物にそれなりに気を使っていますので下手に小出しするのであれば袋のままが一番だったりします。#1さんも指摘している通り使用しているワーム素材によっては互いに化学反応を起こして溶けてしまいますが、買ったままの袋だったらその心配もありませんからね。

どうも、釣りバカです。

ワームもルアーなんです(ソフト・ルアーですから)が、それはともかくどうやって持ち歩いていました?手提げのタックルボックスなんかに入れて置いていたら太陽と地べたと両方からジリジリ熱せられてソフト・ルアーもタックルボックスも溶けちゃいますよ。何しろ今年は新記録続出の殺人的な暑さですから。
ソフト・ルアーの主成分はポリプロピレンなどの柔らかいプラスチックですから熱には弱いのはもうお分かりですよね。

だったら日陰に入れておけば良い…という事で
http://sto...続きを読む

Qワームの保存方法

タイトル通りです

Aベストアンサー

ワームはプラスティックを侵すのでワームプルーフのケースに入れてワームオイルを少し
まぶしておくといいです。(くれぐれも普通のプラスティックケースに入れないこと)

Q堤防や磯で根魚をワームで狙う場合の釣法全般について教えてください。今回

堤防や磯で根魚をワームで狙う場合の釣法全般について教えてください。今回は下記タックルを流用しましたが根がかりするとFGノットを都度組まねばならずメンドウでした。ジグヘッドでのリフトアンドフォールは根がかりが多すぎて使い物になりませんでした。言うまでもなくラインもリールも強すぎと思います。

今回のタックル
ルアー竿:1-10g
リール:D社2500R
PE:0.8号16lb
ナイロンリーダー:20lb
中通しシンカー:7g
ビーズ玉
オフセットフック:1/0
ワーム:3‐4inch

以上を使いリフトアンドフォールで底を引いてかろうじて25cmのソイが1匹かかりました。そこでは最大で50cm弱のアイナメがかかるそうです。

特に知りたい点
・ラインはフロロなのか?ナイロンなのか?
・lb数は?
・テキサスリグの他に適当なリグは?
・リフトアンドフォールでなくズル引きは有効か?
・根魚は真夜中なのか?マズメ時なのか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

ラインはフロロが良いと思います。
理由は牡蠣ガラは別ですが、ナイロンは伸びた状態で擦れるとフロロより切れやすいから。
正確に言うと伸び率が高いので伸びやすく少しの事で切れやすいと思っていて、
とにかく自分の釣りでは伸びは+方向に作用しません。
太さは16lb又は20lbで大体の場所は可能だと思います。
ノットを組むのが面倒ならメインラインをフロロにするべきです。
底物師の知り合いはケーソンの継ぎ目や穴に入れてエラを張られようが引きずり出しています。
記憶ではPE8号で(笑)

テキサスリグより根掛りが少ないと言うかワームをロストする率が低いのは
捨て錘方式の胴付き仕掛け、いわゆるダウンショット。
底を取ってる限り同じように引っかかります。
回収出来る出来ないはラインの太さやフックの細さ次第。
バス釣りをやっていた昔からやってるやり方は
シンカーが挟まった時に煽って外せる程度に手で固定、ペンチで挟みません。
海では塩分濃度の関係でほぼ効果がありませんが、
外れた際にノーシンカー状態となりフォールで食わすと言う二次効果もありました。
最低限のズレ防止で結びコブを一つ。
ウォーターグレムリンの#2~5辺りを揃えておけばよいでしょう。
軽く小さいシンカーのほうが根掛りも少ないので、
ロスト率が低いのなら小さくて済むタングステンシンカーがお勧め。
同じくジグヘッドもありです(オフセットタイプもありますし)

ボトムを叩くボトムバンピングやリフト&フォール(スイミング)、ズル引き、ステイ、
中層スイミング、リグやワームでアクションのさせ方は変わってきます。
ボトムを嘗め回せば釣れると言うものではありませんので。

昼よる関係なく釣れます。
堤防の底物師曰く、クエはマヅメ時が食うとか(過去の経験上)。
潮位も気にする必要があります。
満潮時だと足元でも釣れますし、地域にもよりますが干満の潮止まりが良いことが多いです。
潮位差が大きく潮流が速い地域やエリアならなら潮止まりが狙い目かもしれません。



自分が使っているタックル
(タコやクエが釣れる可能性がある為強めのタックル)
ベイトタックル
ロッド 66MHか70EXH
リール 7.0のハイギア
ライン PE2.25号 リーダーフロロ30lb以上 場合によってはナイロン60lb
    フロロ直16lb~20lb 
    場合によってはファイティングリーダーとしてより太いのを少し接続します。

スピニングタックル
87ML(シーバス用を流用)
ライン PE1.5号 リーダー30lb

シンカー 1/4oz~1oz
フック #1/0~3/0
ワーム 3in~5in
その他
テキサスリグのシンカー固定用ゴム
(着底時にシンカーだけが穴が落ちないようにとすり抜け率を上げる為に使用しています)
ビーズ(素材は色々)
ブラスやタングステンシンカーの場合は音の出やすいガラスビーズ

ラインはフロロが良いと思います。
理由は牡蠣ガラは別ですが、ナイロンは伸びた状態で擦れるとフロロより切れやすいから。
正確に言うと伸び率が高いので伸びやすく少しの事で切れやすいと思っていて、
とにかく自分の釣りでは伸びは+方向に作用しません。
太さは16lb又は20lbで大体の場所は可能だと思います。
ノットを組むのが面倒ならメインラインをフロロにするべきです。
底物師の知り合いはケーソンの継ぎ目や穴に入れてエラを張られようが引きずり出しています。
記憶ではPE8号で(笑)

テキ...続きを読む

Q何センチまで抜き上げられると思いますか?

皆様いかがお過ごしでしょうか?
さて今回の質問なのですが、自分の通っている釣り場は漁港なのですが、
防波堤上から海面まで約3メートル位あります。竿は投げ用33号4メートル、
リールに巻いた糸はフロロの4号、仕掛け糸はナイロン4号を使っています。
魚はアイナメが主に釣れます。今とは違う竿(27号4メートル)を使用していた
頃に、(リールと仕掛け糸は上記と同じ)46cmのアイナメを抜き上げた経験は
あります。もし上記の道具仕立てで、抜き上げ出来るアイナメの最大の大きさ
は何cmになると思いますか?今後、タモ網を持って行くべきか否かの判断材料
の一つとして考えたいと思いますので、ぜひともよろしくお願い致します。

Aベストアンサー

違いは竿の硬さだけですよね?(もちろん竿自体も違いますが)
前の竿で46センチのアイナメを抜き上げられたら33号でも大丈夫だと思いますが。
しかし竿よりもラインの状態で変わってくると思います。ラインが少しでも傷付いていると抜き上げられるはずのサイズが途中でボッチャンとなることがありますから。
抜き上げられる大きさを心配するよりタモを準備して釣行することが一番です! (あの時タモがあれば・・・なんて悔しい思いをするのはいやでしょう)

通常なら約3メートルの高さの防波堤からやるならタモは持っていくべきだと思いますが・・・

しかし46センチのアイナメ、いいですね~! いわゆるビール瓶サイズって奴ですかね。


人気Q&Aランキング