後もう一つ、底面式フィルターの使用法でこんなことを聞いたので、みなさんにも意見を聞きたいと思います。
それは、水中ポンプを通常に使用するのとは逆の原理(?)を利用した方法で、水中ポンプを逆さにして、通常、排水口になる部分にスポンジを取り付け、水中スポンジフィルター(フィルターの役割は果たさないっぽい・・・)のように使用し、底床の下から、ポンプで吸い下ろした(笑)水を噴出させるというものです。

それが可能かどうかはやったことがないので分かりません。やったことある人、いるんでしょうか?いたら教えてください。やってみたい^^

私の意見としては、底面式フィルターを通常に使用した場合、底床掃除をこまめに掃除(月2回程)しなくてはならないので、もし上記のことが可能ならば、ビーシュリンプなどの排出物やらが、下から噴出した水流である程度舞い上がって、スポンジに付着してくれるのでは、と思っています。

これで2ヶ月は底床掃除を防げるかな、と甘い考えがあります。(繁殖を狙っているので・・・)がしかし、舞い上がっている(舞い上がるかは不明)排出物などによってビーシュリンプなどにどのような影響があるのかも知りたいです。

どうか、回答宜しくお願いします。
こんな、なっがい文章をここまで読んでくれてありがとうございます。^^

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

そもそも底床をそんな頻繁に掃除する必要はありません。


人間の感じる綺麗さと水槽内の環境は、けっこう違うものです。

確かに、見た目では排泄物などが底に溜まると悪そうですが、バクテリアがしっかり定着して、窒素還元もできていれば3~5年程度掃除する必要はありません(ソイルの場合は別ですが)。

もう少し飼育環境についての考え方を修正した方がいいと思います。
底面ろ過なら、詰まりにくい工夫をするのが常識ですし、逆をやる費用対効果は歴然でしょう。

参考URL:http://aquasystem-service.com/breed.html
    • good
    • 0

底面吹き上げ式にされるなら、大き目の外部濾過器(エーハイムなど)を用いる。

砂の目を少し粗めにする・・がお勧めです。水草水槽の場合、根に十分な水流が加わるため、老廃物による根ぐされの防止にも役立ちますし底砂の掃除の頻度は減らせます(大型のグリーンアクアリュームには良く使われます。)吹き上げの影響はsealionさんの書かれたとおりだと思います。

しかし小型水槽の場合は、無駄が非常に大きいことからお勧めは出来ません。底砂掃除が面倒なら、砂は底を隠す程度にばら撒いておいて、投げ込み式の目の細かいスポンジフィルターのほうがよほど経済的でかつ水質が安定します。水草は流木に結んでおくとかの工夫や、浮き草タイプにすれば楽チンです(ほかはリシアを沈めておくでも可)

エビは溶存酸素を多く要求しますし水質の悪化に弱いので繁殖を望むなら手間をかけるかお金をかけましょう(水槽のサイズを大きくしたほうが楽です)
    • good
    • 0

その方法で、排泄物が舞い上がるほどの,パワーを得るためには、


どれほど強力なポンプが必要か、考えていますか。
 底面吹き上げ式は、冬期、水草水槽の底砂の温度を確保するために、
導入したことがありましたが、通常のポンプのパワーでは、
排泄物は舞い上がりませんよ。
 流体力学的に、水流は抵抗の少ないところへ、流れます。
したがって、水は排泄物の少ない、ところから舞い上がるはずです。
 ベアタンクにスポンジフィルターを導入するほうが良いでしょう。
    • good
    • 0

その発想は面白いですね。


でも、底砂から排出物を噴射はあまり好くないと思いますよ。
ただでさえ、CR(クリスタルレッドシュリンプ)は水質の微妙な変化で死にいたる生物ですし。
底砂にはバクテリアが住み付きそこで生活してるのがCRです。
そのCRから出る糞などが溜まり悪いバクテリアが発生し好いバクテリアを殺してしまいます。
ですので、こまめに排出物を掃除する方がいいと思います。
水質の変化で色が飛んだり、黒ずんだりといろいろ現象は起きます。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qランチュウ水槽(2) 投げ込み式/底面式/水中ポンプ.......

普通の水槽数本で金魚を色々飼っていましたけど、
いわゆる【ランチュウ水槽】は使ったことがありません。
水位を低くしてレギュラー水槽で飼うよりも、見た目も良い感じがしますので、
60cmレギュラーではなく、60×30×26cmのランチュウ水槽を検討しています。

底砂は粗目の大磯砂、側面と背面はバックスクリーンか保温ボードで覆って、
金魚が落ち着けるようにしたいと思います。
屋外で曝殖?した浮き草各種を入れたいと考えています。

この環境でフィルターは投げ込み式(複数)が良いのでしょうか?
エアーポンプの静音タイプ(あるいは水中ポンプ)と底面式というのは静かな気がするのですが、
どうでしょうか?

絶対に考えていないフィルターは外掛け式くらいで、色々な種類のフィルターの
メリットとデメリットを再確認しつつ、ランチュウ系金魚に良い環境(ガラス水槽での)を
試行錯誤して見出して生きたいと思っております。

どうかお知恵をお貸しくださいませ。

Aベストアンサー

前問の補足を読みました。
素晴らしい桜ですね。市場に出回る桜は形が悪く、これほどまでに整った形の桜は私自身見たことがありませんでした。この桜を横見で飼育したい質問者様の気持ちはよく理解できます。また金魚を見る目があると感服いたしました。

再度飼育可能かどうかの問いには、私の飼育経験上狭い水槽でも小さな頃から育った環境でしたら大丈夫でしょうが、広い所で育った魚を狭い水槽に移し飼育する事は避けたほうが無難です。ましてやあれだけ素晴らしい桜は次に手に入らないのでは無いでしょうか。おそらくあのレベルの桜は市場には出回りませんね。

横見でガラス水槽飼育がしたいのは質問者様のエゴで金魚にとっては狭い所に移されて迷惑と思います。桜がもし人間の言葉を理解して、どちらが良いと聞いたら広い方に住みたいと答えるでしょうね。(笑)

濾過方法ですが、私の使用している3段式底面濾過を用いても濾過が出来上がるまで一ヶ月かかります。砂の厚さは合計7センチ位で一番下が極小リング、次に大磯、一番上にソイル系のアマゾニアを使用してエアリフト方式ですね。ガラス面にコケを出す為30センチのエアカーテンを使用。このセットだと高さ26センチの水槽では水深が浅過ぎそうですね。

私の土佐金は30センチ水槽で水作一つ底砂にアマゾニアを使用して前面以外コケだらけ水換えはいつしたか忘れるくらい足し水だけで、水面にはサンショウ藻が増え放題です

魚を導入してから濾過方法を考えているのでしたら、60水槽を止めてプラ船で飼育される事をお奨めします。
本当に素晴らしい桜を見せていただきました。頑張ってください。

前問の補足を読みました。
素晴らしい桜ですね。市場に出回る桜は形が悪く、これほどまでに整った形の桜は私自身見たことがありませんでした。この桜を横見で飼育したい質問者様の気持ちはよく理解できます。また金魚を見る目があると感服いたしました。

再度飼育可能かどうかの問いには、私の飼育経験上狭い水槽でも小さな頃から育った環境でしたら大丈夫でしょうが、広い所で育った魚を狭い水槽に移し飼育する事は避けたほうが無難です。ましてやあれだけ素晴らしい桜は次に手に入らないのでは無いでしょう...続きを読む

Q底面濾過+水中ポンプは可能?

はじめまして、以下の内容ですがアドバイスをお願いいたします。
 
90*45*45のアクリル水槽を頂いたのですが、
この他に現在大型水槽があり、90の水槽にはあまり予算をかけれません。
大容量の外部式や上部式は予算内に収まらない為、底面式を組もうと考えています。
そこで質問なのですが、水中ポンプ(Rio1100やRio200)等と
底面濾過(ハイドロフィルター900やその他の商品)を接続する事は可能でしょうか?
 
外部式+底面式はいくつかのサイト拝見させて頂いて、
試されている方が居られるそうなのですが。。
当方Rioを使った事が無く、吸い込み口の構図など詳しい事が分からないので
接続できるか不安でまだ購入してません。
また、この場合90*45*45の水槽に対してRio水中ポンプですと、
どの程度のサイズが妥当でしょうか?
 
以上の質問ですが、内容が分かり辛いかも知れませんが、宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

カミハタのHPに底面フィルターと直結する使用例が載っています。
http://www.kamihata.co.jp/power/p_0101.html
パイプの径の違いによる接続に関しては、短く切ったホースや異径パイプを間に入れることで簡単に接続できますので、あまり心配はいらないと思います。
通常、底面フィルターはエアリフト対応になっており、太めの立ち上がりパイプを使うことが多いです。20mm~25mmくらいでしょうか。
ですので、そのまま接続できるか、吸い込み口側にシールテープを巻いたり、Oリングを入れるだけで大丈夫なことが多いと思います。
ポンプの流量ですが、底面との接続のように水中で使用する場合は揚程による抵抗はなく、底面で使用する底床が詰まってきた場合の抵抗だけを考えればよいので、あまり必要ありません。とはいえ、Rio200では少々弱すぎですので、400か600位はあってよいと思います。
あとは、飼育される魚種によって水流を好むのか、嫌うのか、その辺を考慮に入れて選択されるとよいと思います。

Qビーシュリンプ、最適のフィルターと底砂は?

今現在10匹足らずのビーシュリンプを

45cm水槽
砂利
上部フィルター(45~60対応)

で飼育しているのですが、60cm水槽を知人からもらうことになり、それに引っ越そうと思っています。

どうせ引っ越すなら底砂やフィルターを換えるのも今がチャンスと思っているのですが、ビー繁殖にはどういう組み合わせがいいのやら、ネットでも見解は千差万別。どうすればいいのか分かりません。

ビーは以前より飼っており、一時は抱卵個体までいたのですが、運悪く不慮の体調不良で長いことまともなメンテナンスもできないままほぼ全滅させてしまいました。

次こそは失敗せずやりたいので、アドバイスを頂きたいのです。


ポイントは以下の通り。

1)今ある物は60水槽と上部フィルター。

2)底砂は、砂利、ソイル、ベアタンク、一体どれがいいのか。
ソイルの繁殖のしやすさを100とすれば、その他はどの程度になるか。
上部フィルターのみでベアタンクは可能か。

3)大雑把な作業にかける手間は厭わないが、慎重さを要する作業はどちらかというと苦手。例えば、プラナリアが大量発生した場合、砂利だと掃除しやすいので好みではあります。

4)ソイルだと年1の交換が必要になると思うが、リセットのリスクを加味してもソイルを使うメリットは大きいのか。

5)何年もソイル交換せずに順調に飼育できている人もいるらしいが、どういう条件が揃えばそんなことが可能になるのか。

6)引っ越しの際のもらい水(元のビー水槽またはメダカ水槽)にプラナリアがいる場合、上澄みやフィルターから出る水を掬えばプラナリアは回避できるか。


以上はあくまで疑問や要望ですので全てに答えて頂く必要はありません。
どうかアドバイスをお願いします。

今現在10匹足らずのビーシュリンプを

45cm水槽
砂利
上部フィルター(45~60対応)

で飼育しているのですが、60cm水槽を知人からもらうことになり、それに引っ越そうと思っています。

どうせ引っ越すなら底砂やフィルターを換えるのも今がチャンスと思っているのですが、ビー繁殖にはどういう組み合わせがいいのやら、ネットでも見解は千差万別。どうすればいいのか分かりません。

ビーは以前より飼っており、一時は抱卵個体までいたのですが、運悪く不慮の体調不良で長いことまともなメンテナンスもできない...続きを読む

Aベストアンサー

> 1)今ある物は60水槽と上部フィルター。

> 2)底砂は、砂利、ソイル、ベアタンク、一体どれがいいのか。
> ソイルの繁殖のしやすさを100とすれば、その他はどの程度になるか。
・ソイルは、フミン酸やタンニン酸を豊富に含むため、誕生直後のマダ親と同じ餌が食べられない稚エビ(生後5日まで)の初期飼料である原生動物(ゾウリムシやツリガネムシ)が繁殖しやすい。

・原生動物の繁殖率は、ソイルに比べて砂や小砂利は、パーセンテージは不明(資料がない)ですが、半減だと思います。
・半年~一年程度、小型魚を飼育した底砂や小砂利には、スラッジが堆積しているので、原生動物(ゾウリムシやツリガネムシ)もソイル並に繁殖しやすくなっています。

・ベアタンクにおいての原生動物(ゾウリムシやツリガネムシ)は、どうしても少なくなります。
低床材は、5mmでも構わないので、極薄くでも敷いた方がエビ飼育には有利です。

> 上部フィルターのみでベアタンクは可能か。
・流木やウイローモスなど、必要な設備があれば問題ありません。
ただ、稚エビの餌の総量が少なくなるだけです。

> 3)大雑把な作業にかける手間は厭わないが、慎重さを要する作業はどちらかというと苦手。例えば、プラナリアが大量発生した場合、砂利だと掃除しやすいので好みではあります。
・同感。
私も、最近、エビ飼育にソイルは使いません。

> 4)ソイルだと年1の交換が必要になると思うが、リセットのリスクを加味してもソイルを使うメリットは大きいのか。
・60cm(57L)水槽の場合、18ヶ月~24ヶ月は持つハズです。
メリットは前記の通り、稚エビの初期飼料である原生動物の繁殖率です。

> 5)何年もソイル交換せずに順調に飼育できている人もいるらしいが、どういう条件が揃えばそんなことが可能になるのか。
・底面濾過の吹き上げ式は、比較的、長期間ソイルが使えます。

> 6)引っ越しの際のもらい水(元のビー水槽またはメダカ水槽)にプラナリアがいる場合、上澄みやフィルターから出る水を掬えばプラナリアは回避できるか。
・そのままでは回避は出来ない。
プラナリアなどの不快生物の侵入はコーヒー用のドリップ紙などで漉せば防げます。

> 1)今ある物は60水槽と上部フィルター。

> 2)底砂は、砂利、ソイル、ベアタンク、一体どれがいいのか。
> ソイルの繁殖のしやすさを100とすれば、その他はどの程度になるか。
・ソイルは、フミン酸やタンニン酸を豊富に含むため、誕生直後のマダ親と同じ餌が食べられない稚エビ(生後5日まで)の初期飼料である原生動物(ゾウリムシやツリガネムシ)が繁殖しやすい。

・原生動物の繁殖率は、ソイルに比べて砂や小砂利は、パーセンテージは不明(資料がない)ですが、半減だと思います。
・半年~一年...続きを読む

Q底面フィルターで底砂上部を掃除する際、生体は取り出してやった方がいいですか?(淡水・海水それぞれ)

30センチキューブ×2でろ過は底面フィルターを仕様、
淡水の方は底砂の最上部は川砂で、海水の方は最上部は
サンゴ砂の1ミリくらいのです。

底砂のクリーナーはジェックスのクリーナーポンプを購入済みで、
一度海水水槽のサンゴ砂を洗ってみました。

その際気になったのですが、淡水・海水はライブロックや流木などは
当然としても、それぞれの生体も全部水槽から取り出して
掃除(&ついでに少し水換え)した方が良いのでしょうか?

生体は

淡水:ネオンテトラ10匹・トランスルーセントキャット2匹
(その内エンゼルのそれなりに大きめのを一匹入れたいです)

海水:ハタタテハゼ・カクレクマノミ・ニセモチノウオ・マンダリン・
キイロサンゴハゼ・アカスジモエビ・サンゴモエビ・ヤドカリ2匹に
あと最低でも小型ヤッコはその内一匹入れます。

淡水・海水どちらかだけでも結構ですので、ご回答&底砂クリーナを
する際のアドバイスをよろしくお願い致します。

Aベストアンサー

こんばんは!
「カクレとハタタテハゼの混泳について」という質問をさせて頂きましたsakuran934です。その節はお世話になりました。
私は上部フィルターなので、この質問に答えるのは失礼かと思ったのですが、少しだけ知ってることがあるのでレスさせてもらいました。
というのも私の水槽、底砂を敷いてるので、それを掃除する時に生体をどうするべきかを他の掲示板で質問したんですよ。
その時に経験者の方からたくさんの回答を頂いたのですが、ほとんどの回答は
「出すほうがいいけど、実際には出せない」というものでした。
底砂の中には病原菌がいるから、底砂をかき混ぜることでその病原菌が水中に舞う→その時に水中に生体がいると病原菌が生体につく。
という理由で出した方がいいという結論になるみたいです。
でも魚を追いかけ回したら、魚にいらないストレスをかけるし、実際には出さずに掃除してる人が多いみたい・・
余談ですが、病気に強い魚を作るためには「ラクトフェリン」という成分が入ったエサを与えるのが良いんですって。
私はホームセンターでラクト入りの金魚用のエサを買いました。
それを海水魚用のエサと混ぜて与えてます。
これを与えて10日ほどしたら、魚の体表がツヤツヤしてきて、
一回り大きくなりましたよ。
掃除の時に生体を出さないのだから、病気に強い魚になってもらわないといけませんからね。強い魚を作るために日々努力するつもりですw
それよりuroiさんがお持ちの3800円もする飼育書には底砂掃除について
どのように書かれてますか?
いらない事を聞いてすみません(^^ゞ
ちょっと気になったもので・・・

こんばんは!
「カクレとハタタテハゼの混泳について」という質問をさせて頂きましたsakuran934です。その節はお世話になりました。
私は上部フィルターなので、この質問に答えるのは失礼かと思ったのですが、少しだけ知ってることがあるのでレスさせてもらいました。
というのも私の水槽、底砂を敷いてるので、それを掃除する時に生体をどうするべきかを他の掲示板で質問したんですよ。
その時に経験者の方からたくさんの回答を頂いたのですが、ほとんどの回答は
「出すほうがいいけど、実際には出せない」...続きを読む

Q水中フィルター(ポンプ)でエアレーション

いろいろ調べてるんですが、なかなか希望のものが見つかりません。
エアーポンプではなく、水中フィルター(ポンプ)でエアレーションできる機種がありますか?

Aベストアンサー

GEXとニッソー、エーハイムから水槽サイズに合わせて3機種ずつ発売されています。
GEXとニッソーの製品はシャワーパイプを水面上に出して、水面方向へ叩き水(落水)させると効果的にエアレーションが可能です。
エーハイムの製品は、ディフューザーによるエアレーションです。

・GEX イーロカ
http://www.shopping-charm.jp/ItemDetail.aspx?tid=10&catId=1003090000&itemId=51252
http://www.shopping-charm.jp/ItemDetail.aspx?tid=10&catId=1003090000&itemId=11989
http://www.shopping-charm.jp/ItemDetail.aspx?tid=10&catId=1003090000&itemId=51472

・ニッソー フリーフロー
http://www.shopping-charm.jp/ItemDetail.aspx?tid=10&catId=1003090000&itemId=13722
http://www.shopping-charm.jp/ItemDetail.aspx?tid=10&catId=1003090000&itemId=13723
http://www.shopping-charm.jp/ItemDetail.aspx?tid=10&catId=1003090000&itemId=13724

・エーハイム バイオパワー
http://www.shopping-charm.jp/ItemDetail.aspx?tid=10&catId=1003091000&itemId=79536
http://www.shopping-charm.jp/ItemDetail.aspx?tid=10&catId=1003091000&itemId=79538
http://www.shopping-charm.jp/ItemDetail.aspx?tid=10&catId=1003091000&itemId=79540
*バイオパワーは、電源周波数別に各々50Hzと60Hzの製品があります。

*注意点*
・水中フィルターの濾過能力は、ハッキリ言って低い部類の濾過器です。
生体飼育数の少ない水槽向きの濾過器になります。
・GEXとニッソーの製品はシャワーパイプを水面上に出して、水面方向へ叩き水(落水)させるため、落水音が発生します。
・水中ポンプは発熱源です。
水中ポンプ式濾過器は水温を上昇させるため、夏場の高水温時期は高水温対策(冷却ファン設備など)で頭を悩ます可能性もあります。

GEXとニッソー、エーハイムから水槽サイズに合わせて3機種ずつ発売されています。
GEXとニッソーの製品はシャワーパイプを水面上に出して、水面方向へ叩き水(落水)させると効果的にエアレーションが可能です。
エーハイムの製品は、ディフューザーによるエアレーションです。

・GEX イーロカ
http://www.shopping-charm.jp/ItemDetail.aspx?tid=10&catId=1003090000&itemId=51252
http://www.shopping-charm.jp/ItemDetail.aspx?tid=10&catId=1003090000&itemId=11989
http://www.shopping-charm.jp...続きを読む


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報