高校の物理なんですが、
電位を山であらわしますよね。
+q1があったとしたら、その山の斜面の傾きが電界とのことなので、微分すると全体で負になって
そこで、F=q×Eと言う式にいれて、F=+q2×Eをすると、
負になるのですが、正同士のqなら斥力ですよね。
考えていたら何かよく分からなくなってきました。
教えてください。お願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

brogieです。

 2回目のレスです。
もう少し、物理的に考えてみましょうか?
等電位線を頭に浮かべながら考えて下さい。

電荷+qから距離sでの電位をV、電界をE(ベクトル)とします。
距離s+Δsでの電荷V+ΔV、電界をE+ΔE(ベクトル)とします。

+1クーロンの電荷が、この間を移動するとき、その電荷+1が電界からされる仕事は

EΔs    (1式)

これは電位の定義(+1クーロンの電荷が移動したときにされる仕事が1Jのときの電位差を1ボルトという)から

ΔV

電位は明らかに、小さくなっていますから、符号をあわせるため、これに-をつけて

-ΔV   (2式)

(1式) = (2式) ですから

EΔs = -ΔV

E = -ΔV/Δs

Δs → 0 の極限をとって、sの方向は明らかに、直径の方向に取った方が最大ですから

E = -dV/ds

となります。

このように、あなたが考えておられるように、矛盾しないように、電位は定義されています。
山の傾きが電界ですから、というところが、実はそれに、-を付けたのが電界です。ちょっと勘違いかナ?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるほど!
分かりました
分かりやすいアドバイスありがとうございます。
どうも私の参考書の傾きと言うのは、
傾きの大きさのみをあらわしていたみたいです。
教えていただいたように考えると、分かりやすく
理解できますね。
本当にありがとうございます。

お礼日時:2001/07/07 22:28

siegmund です.



すみません,ミスタイプがありました.
(1')は
(1')  V = - q1/4πε0 r
と訂正してください.

> 電位の方の符号を変えると、
>  r=0 で V=-(無限大) になるわけですね

そのとおりです.

> 上に向かって転がるのは変ですものね。

やっぱり,低いところに落ち着く,というのが自然ですよね.
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。
またよろしくお願いします。

お礼日時:2001/07/08 21:51

物理的内容は brogie さんの書かれているとおりです.



+q1 の電荷があったとすると,その位置に向かって電位が高くなっていきます.
+q1 の電荷からの距離を r とすると,電位Vは
(1)  V = q1/4πε0 r
です.
つまり,+q1 の位置が電位の山の頂上(無限に高いけれど)になっています.
で,oriva さんの質問にあるように,山の斜面の傾きを電界と思ってしまうと
電界との関係がうまくいきません.
もともと,電界とは,単位電荷(+1クーロン)に作用する力です.
我々の自然な感覚として,ものは低いところに行きたがる,ということがあります.
電位を山だとすると,「もの」の代表である単位電荷は電位の低いところに
行きたがり,正電荷同士が反発することと話が合うようになります.
このためには,brogie さんの書かれたように
(2)  E = - dV/ds
あるいは,(1)の即していうなら
(3)  E = - dv/dr = q1/4πε0 r^2
とすればよいわけです.

他の可能性として,電位の方の符号を変えて(2)式の負号を省いてしまっても
つじつまは合います.
でもこれだと,(1)は
(1')  V = q1/4πε0 r
で,電位は q1 の位置で無限に深いすり鉢みたいなものになりますから,
単位電荷は勝手に高いところに登っていくことになります.
煙じゃないんだから,どうも勝手に高いところに登っていくというのは
いただけない.
正しい記述の仕方ではあるのですが,やはり我々が通常目にするような現象との
類似性が成り立つような選び方の方を取りたい.

そういうわけで,brogie さんの説明の様な選び方をしているのです.
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 アドバイスありがとうございます。
電位の方の符号を変えると、
 r=0 で V=-(無限大) になるわけですね。
電荷は、ボールみたいなイメージなので、
上に向かって転がるのは変ですものね。
現実的な現象だと考えやすいです。

お礼日時:2001/07/08 11:40

電界E(ベクトル)を微分して-を付けたのが電位Vです。



V = -dE/ds

微分は最大勾配方向sへしたものです。
これは大学の教養程度の教科書にはどれにでもかいてあります。

電界は3次元ですから、3次元で書くと

V = -(i∂E/∂x+j∂E/∂y+k∂E/∂z)
  = -gradE

ただし、i,j,kは単位ベクトル
∂E/∂xなどは偏微分

もし、あなたが高校生なら難しいかもしれません。御免なさい。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

低電位」に関するQ&A: 電蝕について

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q電界の強さE=D/εとE=V/dの使い分け

電界の強さはE=D/ε(D:電束密度、ε:誘電率)とE=V/d(V:電圧、d:極板間隔)の2通りがありますが、以下の問題(電験3種過去問題)を解いていて意味が解らなくなりました。

問題(1):http://www.jikkyo.co.jp/kakomon/denken3_kakomon/h22/riron/h22r_no02.html
解答(1):http://www.jikkyo.co.jp/kakomon/denken3_kakomon/h22/riron/h22r_no02_kaisetsu.pdf
問題(2):http://www.jikkyo.co.jp/kakomon/denken3_kakomon/h21/riron/h21r_no02.html
解答(2):http://www.jikkyo.co.jp/kakomon/denken3_kakomon/h22/riron/h22r_no02_kaisetsu.pdf
問題(3):http://www.jikkyo.co.jp/kakomon/denken3_kakomon/h21/riron/h21r_no17.html
解答(3):http://www.jikkyo.co.jp/kakomon/denken3_kakomon/h21/riron/h21r_no17_kaisetsu.pdf

問題(1)では電界Eは誘電率と無関係に電極の形状と位置関係で決まっているのに
問題(2)、(3)では誘電率が影響していると解答にあります。
考えれば考えるほど混乱します。果たしてどちらなんでしょうか?

電界の強さはE=D/ε(D:電束密度、ε:誘電率)とE=V/d(V:電圧、d:極板間隔)の2通りがありますが、以下の問題(電験3種過去問題)を解いていて意味が解らなくなりました。

問題(1):http://www.jikkyo.co.jp/kakomon/denken3_kakomon/h22/riron/h22r_no02.html
解答(1):http://www.jikkyo.co.jp/kakomon/denken3_kakomon/h22/riron/h22r_no02_kaisetsu.pdf
問題(2):http://www.jikkyo.co.jp/kakomon/denken3_kakomon/h21/riron/h21r_no02.html
解答(2):http://www.jikkyo.co.jp/kakomon/denken3_kakomon/...続きを読む

Aベストアンサー

均一な電界なら、どちらも同じです。
計算に使う場合、どういう条件があるか(電束密度Dが一定、あるいは電位差が等しい、など、どのパラメータが先に決まるか)で、どの関係を使って計算するのが楽か、が決まる程度かと思います。

1.は平等電界で、電位差が決まっているのでVを使って計算するのが楽です。
3. は電極間を貫く電束(密度)が一定なので、Dを先に決めて計算するのが楽になります。

Qこの問題の解き方をお教えください。 %R=9.6×10/10×6×6=0.267 i=10×1000

この問題の解き方をお教えください。
%R=9.6×10/10×6×6=0.267
i=10×1000/100=100
この先わかりません。

Aベストアンサー

線路のインピーダンスを%Zwで表すと
%Zw=(10×10³/6000²)×(9.6+j3.6)×100=0.27+j0.1(%)・・・①
したがって
%抵抗:0.27(%)
%リアクタンス:0.1(%)
変圧器の%Zt=1.7+j2.5(%)・・・➁
だから合成インピーダンス%Zは
%Z=①+➁=1.97+j2.6(%)
∴❘%Z❘=3.26(%)
また、基準容量での変圧器二次側の定格電流Inは
In=10×10³/100=100(A)
したがって、低圧側の短絡電流Isは
Is=In/❘%Z❘×100=100/3.26×100=3067(A)
になります。

QF(r)=f(r)r/r のときF(x)=f(r)x/rとなる理由

時間があるので大学1年の物理を再度、深く勉強しなおしているのですが、教科書に当たり前のように書いてあることが分からなくて、しかも聞ける人もいないので質問させていただきました。

教科書の 「中心力F(r)=f(r)r/r が保存力か調べる」とあり(最後のr/rとは位置ベクトルrの単位ベクトルのことです)そのすぐ次の行には「F(x)=f(r)x/rとなるので…」と説明が始まってます。なぜF(x)がこのように求まるのでしょうか?教えてください。

Aベストアンサー

keyguy さんのご回答の通りと思うのですが,
もう少しわかりやすく書いてみますか.

keyguy さんご指摘のように,ベクトルとスカラーの表記に問題があります.
ベクトル r を 【r】 のように書くことにします.

(1)  【F】(【r】) = f(r)【r】/r
ということですね.
x,y,z 方向の単位ベクトルをそれぞれ 【i】【j】【k】とすれば
(2)  【r】= x【i】+ y【j】+ z【k】
です.
つまり,(1)(2)を合わせてみると,
(3)  【F】(【r】) = f(r)x【i】/r + f(r)y【j】/r + f(r)z【k】/r
になっていて,これは【F】の x 成分が
(4)  f(r)x/r
であることを示しています.

Q高校物理の電気の分野について質問です。静電気力(クーロン力)Fと点電荷による電界Eと点電荷によ

高校物理の電気の分野について質問です。
静電気力(クーロン力)Fと
点電荷による電界Eと
点電荷による電位Vは
どれがベクトルでどれがスカラーか教えてください!

Aベストアンサー

「点電荷が作る電界E」は、その中に「電荷」を置けば、「点電荷方向の力(引き合う力のとき)」か「点電荷と逆方向の力(反発力のとき)」のように、「方向」があります。従って「ベクトル」。

上のように「静電気力(クーロン力)F」は、近くに置かれた電荷や電界によって方向が変わります。「方向」があるので、従って「ベクトル」。

「点電荷による電位V」は、点電荷の周りに球状にできて、同じ半径なら同じ値です。「方向」はありません。従って「スカラー」。

電気の世界を、地面の山谷・アップダウンで考えましょう。
地面の山谷によって、場所によって坂の方向や勾配が異なります。その場所場所での坂の勾配の大きさが「電界」です。
そこにボールを置けば、坂の下に転がろうとします。その力が「クーロンりょく(力)」です。
「電位」は、地図の「海抜○○m」の「等高線」です。「海面からの高さ」だけを表わしていて、どっち向きの坂かは表わしていません。(標高が高いほど「電位が高い」、標高の高低差が「電位差」)

こんな説明で分かるかな?

Q正の電荷3qと負の電荷-2q

正の電荷3qと負の電荷-2qが直線上に
-------(3q)-------(-2q)-------

のように固定されているとき
この直線上にあって電位がゼロになる点が2つ存在する。
それぞれでの電場ベクトルの向きはどうなるか?

どう考えればいいのでしょうか。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

電場の向きだけでよいのなら,計算しないで済ます手もありです。

単独の点電荷qから距離rの位置の電位は,k。q/r ですから,
qは反比例のグラフをぐるっと回してできる山の頂にあると考えます。

3qは,すそ野までの全体が,高さ3倍の山をつくります。
-2qは,深さ2倍の穴をつくります。

上の2つを重ね合わせると,合計がゼロになる点が2つあることは計算しないと自明ではないのですが,2つあるのであれば-2qの左右であることは明らかで,その場所の電場の向きも「電位の下り方向」ということからすぐにわかります。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報