gooIDシステムメンテナンスに関するお知らせ

宮沢賢治が銀河鉄道の夜で伝えたかったこととは、なんでしょうか?
ジョバンニが最終的に考えたほんとうの幸とはなんなのでしょうか?
人のために自分を犠牲にすることなのでしょうか?
それとも自分が助かる見込みが無かったら相手は助けるなってことなんですか?
自分なりに色々考えた結果がこうだったのですが、なにか教えていただけるとこの上なく嬉しいです
試験とかじゃないです

教えて!goo グレード

A 回答 (2件)

宮沢賢治の童話は謎めいた部分が多いので面白い。

これまでもいろんな解釈が出されています。その中で出色の出来は別役実の「イーハトーボ行き軽便鉄道」。銀河鉄道の夜に隠されていた驚愕の真相!に圧倒されます。(それが正しい解釈なのかどうかは、また別問題なのですが・・・。)

詳しくは読んでからのお楽しみにしておきますが、「ジョバンニとカムパネルラとザネリとは、一種の三角関係だったのだ」と言う解釈が原点にあります。これはなかなか鋭い見解で、だからこそこの3人を単純に善玉悪玉に分けられないような仕掛けが作中にはまぶされていて、読者を戸惑わせる要因となっています。

あと、(あだち充の)『タッチ』との類似性を述べる人もいますね。タッチの兄弟が一卵性双生児だったように、ジョバンニとカムパネルラは実は本質的に同一の存在の裏表で、カムパネルラの死によってジョバンニの成長が始まる、と言うような考え方。

まあ、いろいろつきつめて考えると結構面白いので、ぜひ悩んでください。

イーハトーボゆき軽便鉄道
https://www.amazon.co.jp/%E3%82%A4%E3%83%BC%E3%8 …
    • good
    • 0

こんにちは。



小説から受ける印象は十人十色ですので、正解は宮沢賢治本人にしかわからないでしょうね。
私自身とても好きな小説ですので、個人的な感想を。

そもそもジョバンニは幼い子供ですし、子供心に心に浮かんだ頃柄を表現しているにすぎないと考えます。
子供の尺度で物事を感じたまま表現しているという点に、この小説の素晴らしさがあると考えます。
大人(賢治)が子供心を忘れておらず、全てが興味と驚きに満ちた少年の心を描けていることに真髄があるのではないでしょうか。
あえて登場人物を少年に設定したことから分かる通り、瑞々しい感情を表現しているだけでしょうね。

人生経験の乏しい少年に自己犠牲のほんとうの意味は理解できませんし、
理解できないながらも必死に友を思う姿に、皆惹かれる作品なのではと感じます。

近年多く見受けられる、大人の感情を子供に代弁させて若年層に訴えかけるという作品とは違うと考えます。
何故なら、物語の終わりで、ジョバンニは父親が帰ってくることを知り、無邪気に駆けていくという終わりからも
理路整然とした大人の考え方とは大きく異なるということが見て取れるからです。

子供心を思い起こす、そうした作品として読むことが出来るのではないでしょうか。

ではでは。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

子供心ですか…!
思いもよらない発想でした、非常に参考になりました
ありがとうございます(*^^*)

お礼日時:2017/11/27 15:59

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

教えて!goo グレード

人気Q&Aランキング