自分のお店を開く時の心構えとは? >>

派遣会社の寮に暮らしてて
急に辞めることになった場合
寮も出ることになりますが新しい住まいが
見つかってないとき、一時的に友人の家や
漫画喫茶に住む場合
住民票は、うつさないでも問題ないでしょうか?

A 回答 (1件)

冷静に考えて、他企業の寮の住所で就職活動を行うのですか?


質問者さんが大丈夫でも、雇用者側にとっては問題外なのでは?
    • good
    • 2

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q派遣会社の寮からの退寮日について

知人が派遣会社を退職することになり、
退寮日についても担当と話をしていたそうですが、退職届の提出後いきなり
「来週の火曜には出て行って欲しい。(退寮日の)約束をした覚えはない」
と言われ、火曜日(15日)に退寮を迫られているそうです。

知人は、現在次の転居先も決まっておらず、途方にくれている状態です。
残念ですが、私自身も遠方に住んでおり、手を貸すことが出来ません。

居住権を盾に居座ることが出来るか、とも考えましたが、
居住権を主張できるのは、「正当な賃借権を持っている場合」と、某サイトに記載があり、「無断転貸、無断増改築、賃料不払いで契約が解除された場合は、居住権を主張できない。」とも併記されていました。

会社で寮として借り受けているマンションだそうで、無断転貸ではないものと思います。

ただ、このサイトの内容からは、「無断転貸」でない場合の居住権が、現在の居住者(知人)が主張できるものか、現在の借主(派遣会社)が主張できるものなのかが判然としませんでした。

時間もなく、知人も懐に余裕があるわけでもないので
弁護士や司法書士を雇う、相談する、というのは少々難しい状況です。
あくまで、長期間居座るためのものではなく、次の会社の入寮日(半月ほど)まで自身と荷物を置けるようにして欲しいということだそうです。

どなたかお詳しい方がいらっしゃれば、アドバイスをお願いします。

知人が派遣会社を退職することになり、
退寮日についても担当と話をしていたそうですが、退職届の提出後いきなり
「来週の火曜には出て行って欲しい。(退寮日の)約束をした覚えはない」
と言われ、火曜日(15日)に退寮を迫られているそうです。

知人は、現在次の転居先も決まっておらず、途方にくれている状態です。
残念ですが、私自身も遠方に住んでおり、手を貸すことが出来ません。

居住権を盾に居座ることが出来るか、とも考えましたが、
居住権を主張できるのは、「正当な賃借権を持っている...続きを読む

Aベストアンサー

はじめに、居住権というのは、正式な法律用語ではありません。したがって、場面によりいくつかの異なる意味で用いられています。

この点、oros-laboさんのご質問の趣旨から判断すれば、民法上の使用収益権を指していらっしゃるのではないかと思われます。そこで、これに関して検討してみます。

まず、「会社で寮として借り受けているマンション」とのことなので、派遣会社とその知人の方との契約関係は、知人の方がその派遣会社の派遣社員であることを条件とし、派遣会社を転貸人、知人の方を転借人とする転貸借契約と考えられます。

そうすると、「知人が派遣会社を退職することになり」とのことなので、この退職日が問題となります。仮にこれが「火曜日(15日)」ないしそれ以前であったとしたら、原則として、会社のいう火曜日までに退寮しなければなりません(例外の場合については後述)。

次に問題となるのが、退寮に関する規程(規約)の定めです。一般的に、退寮日については、規程に定められているものです。これに照らして退寮日が「火曜日」になってしまうのなら、それに従わざるを得ません。他方、これに照らして「火曜日」よりも後になるのであれば、規程を根拠にして火曜日の退寮を拒否することが出来ます。(先に「後述」とした例外の場合も、ここに含まれます。すなわち、退職後○日以内などと定められている場合に、現実の退職日を当てはめて退寮日が火曜日を過ぎるのであれば、火曜日の退寮は拒否できます。)

したがって、規程を確認すべきといえます。

規程が存在しない場合には、退職日までは居られるはずだということを主張することになりましょう。


なお、転貸人である派遣会社は、社会通念上、退寮に必要と考えられる期間の猶予(ベタにいえば荷物をまとめて出て行くための日数)を与える必要があるものといえます。しかし、退寮者が次の居住空間に移動するまでのあいだ転貸借関係を受忍しなければならない義務まで、派遣会社が負うのは妥当ではありません。すなわち残念ながら、知人の方は、派遣会社に対して「次の会社の入寮日(半月ほど)まで自身と荷物を置けるように」させることまでは、出来ないものと考えられます。

今回の場合、「火曜日」までとのことなので、猶予期間は与えられているといえましょう。したがって、もしも規程上の退寮日が「火曜日」になってしまうのであれば、それが公序良俗違反または信義則違反といえるものでない限り、もしくは権利濫用といえるのでない限り、従わざるを得ないものと思われます。(例えば、仕事が火曜日以降も続く予定であるのにも関わらず火曜日の退寮を求められているのであれば、権利濫用として拒否できるといえます。)


現実問題としては、立場の強弱がありましょうから、規程の存在の有無と、その内容とが勝負どころのひとつとなるように思います。

はじめに、居住権というのは、正式な法律用語ではありません。したがって、場面によりいくつかの異なる意味で用いられています。

この点、oros-laboさんのご質問の趣旨から判断すれば、民法上の使用収益権を指していらっしゃるのではないかと思われます。そこで、これに関して検討してみます。

まず、「会社で寮として借り受けているマンション」とのことなので、派遣会社とその知人の方との契約関係は、知人の方がその派遣会社の派遣社員であることを条件とし、派遣会社を転貸人、知人の方を転借人とする転...続きを読む

Q【派遣切り】 寮をすぐ追い出しても違法にならないの?

 テレビを見てずっと気になってた事があります。
 ご存じの方が居たら教えて下さい。

・一般の住宅の場合、多少家賃を滞納しても居住権があるので家主が追い出す事は出来ないと聞きますが、寮の場合、居住者を守る法はないのでしょうか?
 派遣契約時に「更新の有無は**日前に言う」という取り決めがあると思うのですが、住居の追い出しもそれに準拠して解雇日イコール退去日で法的に問題ないのでしょうか?
 また退去日と告知日については派遣契約時に書面か何かで明記されているのでしょうか?

 「派遣会社が」「メーカーが」「契約上問題ない」ばかりで、テレビで見る限りは雇い元のキチンとした「逃げ道」すら聞いていないです。

・実際に、何日前に出ていってと言われているのでしょうか?
 「1ヶ月後に出て行って」と、「1週間後に出て行って」では大きな差ですが具体的な事ってあまり聞かないなぁと。

・何らかの措置(急な事だから退去までに*日猶予を持たせるよ 等)は全くなかったのでしょうか?

・一般のアパート借り入れとかではなかったと思うのですが、退去させた後の部屋は、空室のまま放置(経費変わらず)なのでしょうか?

 今回の件って、どこまでがマスコミの煽りなのか、本当に起きている事なのかを知りたいのです。

 テレビを見てずっと気になってた事があります。
 ご存じの方が居たら教えて下さい。

・一般の住宅の場合、多少家賃を滞納しても居住権があるので家主が追い出す事は出来ないと聞きますが、寮の場合、居住者を守る法はないのでしょうか?
 派遣契約時に「更新の有無は**日前に言う」という取り決めがあると思うのですが、住居の追い出しもそれに準拠して解雇日イコール退去日で法的に問題ないのでしょうか?
 また退去日と告知日については派遣契約時に書面か何かで明記されているのでしょうか?

...続きを読む

Aベストアンサー

> 一般の住宅の場合、
> 多少家賃を滞納しても居住権があるので家主が追い出す事は出来ないと聞きますが、
> 寮の場合、居住者を守る法はないのでしょうか?

一般の住宅の場合、借地借家法で、居住者の権利はある程度守られていると思います。

ただ、寮の場合、
所謂ゼロゼロ物件ほど酷くはない(施設付鍵利用契約)と思いますが
「賃貸借契約ではない契約を締結」している場合が多いんじゃないかな?
(不動産物件を賃貸借契約以外で個人に貸借して言いのかは不明)

なので、入寮時にどのような契約を行なったか?
その契約内容に従うことになるのかなぁ
退寮時の内容もきっと記載されていると思います。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報