利用規約の変更について

教えてください。

出欠 会費 会社名
○ 5,000   A社
×  10,000 B社
×  5,000  C社
○ 10,000  D社

上記のようなリストで、
会費別で出席者(○),欠席者(×)の人数をもとめる関数は
どれを利用するのが最適でしょうか?

よろしくお願い致します。

A 回答 (1件)

EXCELのバージョンが不明ですが


COUNTIFS関数では
https://dekiru.net/article/4514/

=COUNTIFS(会費のセル範囲,"5000",出欠のセル範囲,"○")
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お礼がおそくなり、申し訳ありません。

教えていただいた関数で解決しました。
ありがとうございました。助かりました。。

お礼日時:2017/11/30 13:20

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q宴会の会費を男女別に計算したい

宴会の幹事を引き受けたのですが
参加人数が流動的で、会費の計算に苦労しております。
居酒屋でコースで注文するので金額は決まっていますが、
追加注文があれば、会費も変わってきます。
ちなみに男性3200円女性2800円子供600円です。
最後の会計の時に合計金額から
男性○名・女性○名・子供○名で
金額を割り出せるような方法があれば
教えていただきたいと思います。

参加人数の構成(男女・子供)もバラバラで、
事情によりだいたいの金額での支払いは駄目なので、
なんとか数式などにあてはめて表が作れればと考えております。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

追加注文分の金額を大人の人数の(子供は無視して)頭割り(人数割り)するのが一番公平で、計算も楽ですよ。

変に男女の差を求めないほうが楽です。(^_^)v


人気Q&Aランキング

おすすめ情報