うちの金魚が白点病になったので、前田薬品の
グリーンFクリア(無色透明)を水槽に入れた
ところ、翌日には体の色が抜けたような感じに
なって、みんな(金魚2匹+メダカ3匹)死んで
ました。

入れる量が多すぎたのかと思って、次に買った
金魚が病気になった時は量を減らして薬を入れ
たら同じように体の色が抜けて全滅。

これは使い方が悪いのでしょうか?

水槽にそのまま入れても大丈夫な薬ということで
買ったのに2度も起こるともう使う気がしません。

だけど、この時期病気が多いので薬は使いたいし、
同様の経験が有る方、理由の分かる方教えて下さい。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

始めまして、まず白点病の治療に二酸化塩素(グリーンFクリアーなど)


は使用可能なのですが、危険です
メチレンブルー(青色の色素剤(代表的な、チアジン染料 Methylen-Blue)を薄めて使用したり、マラカイトグリーン(ヒコサンなど)(青緑色の色素剤(トリフェニル・メタン染料の一種Malachite-Green))に短時間浸けたりした方が良いですよ
又塩化ナトリウム(家庭用の精製塩でも構いませんが、出来れば「粗塩」のほうが良いです)でも初期の白点病の治療にも効果が有りますよ
    • good
    • 0
この回答へのお礼

有り難うございました。
二酸化塩素は強い薬ということでしょうか?
水草等にも大丈夫と進められて購入したのですが。

お礼日時:2001/07/08 22:10

二酸化塩素について下記HPを参照してください、あまり詳しく説明はしたくないです


オ◯◯の様な所が加工使用した場合少し不安ですから



参考URL:http://www3.justnet.ne.jp/~kkikuike/Nw3/25disinf …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

有り難うございました。
難しすぎてよく分かりませんでした。

お礼日時:2001/07/09 21:57

症状は、イクチオフティリウスの寄生が原因で、ヒレなどに白い斑点ができ、またたくまに全身に広がる。

蔓延が早く、処置が遅れると金魚が全滅することもある。
といった感じでよろしいでしょうか?


治療法は、水100リットルに塩酸キニーネを3g入れ、12時間おきに1gずつ投薬すると、7~10日で駆除が可能です。
または、1%の食塩水に一週間入れておくのも良い。・水温を30℃以上にするとより効果的です。

予防法については早期の治療が大切。日頃からよく観察することに心がけ、
発病した場合は金魚、水槽、器具等を消毒し、水温を少し高めにします。

金魚専門サイトもご紹介しておきます。
掲示板を見ると詳しそうな方がたくさんいらっしゃいますので、ここでご相談されるのもよろしいかと思います。

参考URL:http://ip.tosp.co.jp/i.asp?i=kingyo2000
    • good
    • 0
この回答へのお礼

どうも有り難うございました。
URL確認してみます。

お礼日時:2001/07/08 22:08

この薬は金魚用なんですよね?


以前うちで買っていた金魚は白点病というか,体の表皮ががよくどろどろにはがれるような症状が出てました。
このときには金魚を長く買っている人か聞いて「塩」を
入れたこともありました。(病気に効くといってました。)あと「オンセンス」という入浴剤をチョコっと入れるとホントに良く効きました。
塩は良くなった記憶はありませんが,この「オンセンス」はすごく良く効きました!
確かに量は気をつけないといけないとは思いますけど。
余談でした。スミマセン!
    • good
    • 0
この回答へのお礼

有りがとうございました。
オンセンスというのも探してみます。

お礼日時:2001/07/08 22:06

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q水槽を立ち上げて間もないですが、金魚2匹を新しい水槽に移したい

観賞魚の飼育に詳しい方、よろしくお願いします。

4cmの丹頂(金魚)を2匹飼い始めて18日目です。金魚の飼育は初心者です。
この金魚を、現在飼っている水槽から、別の水槽に移そうと思っています。

(現在の水槽)
・容量7リットル
・外掛けフィルター(生物ろ過材を追加)
・エアストーン1個
・アンモニアは最近減ってきた
・亜硝酸の濃度が高いので毎日1/4ずつ水換えしている
・砂利は3cm敷いている

(次の水槽)
・容量55リットル
・外部フィルター
・新しい砂利を追加予定

まだバクテリアが繁殖しておらず水質が不安定ですが、金魚は元気に頑張ってくれています。
以上の状態で、どのような水槽の移し方が金魚にとって負担が少ないでしょうか?
新しい水槽と水の量が全然違いますので、悩んでいます。

今考えているのは、新しいフィルターの中に現在使っているろ材(少量ですが)を入れて、現在の水槽の水・砂利ごと新しい水槽に入れ、金魚もその中に入れたあとに新しい水を徐々に増やしていく方法です。(ただしこれだと、最初はかなり水位が低くなってしまいます)
それとも、新しい水槽にあらかじめ水を入れて外部フィルターを1週間ほど回した方が良いでしょうか?
また、現在毎日のように水換えをしていますが、その古い水を利用した方が良いでしょうか?

魚を飼育されている方、ご意見をお聞かせください。

観賞魚の飼育に詳しい方、よろしくお願いします。

4cmの丹頂(金魚)を2匹飼い始めて18日目です。金魚の飼育は初心者です。
この金魚を、現在飼っている水槽から、別の水槽に移そうと思っています。

(現在の水槽)
・容量7リットル
・外掛けフィルター(生物ろ過材を追加)
・エアストーン1個
・アンモニアは最近減ってきた
・亜硝酸の濃度が高いので毎日1/4ずつ水換えしている
・砂利は3cm敷いている

(次の水槽)
・容量55リットル
・外部フィルター
・新しい砂利を追加予定

ま...続きを読む

Aベストアンサー

こんにちは。
>新しい水槽にあらかじめ水を入れて外部フィルターを1週間ほど回した方が良いでしょうか?
この方法で水換えで捨てる水を足していく方法が最良と思います。

金魚はカルキ抜きしただけの新しい水は好みません。
外部フィルターで3日も廻せば水がコナレますので金魚も少ない数でしたら入れられます。安全策として水を廻している間に汚れた水(アンモニアでも亜硝酸でも含んだ水)を入れることでバクテリアの発生は速くなりますので、市販のバクテリアなど必要ありません。

毎日水換えしているなら10日後には金魚を移せるはずですが、亜硝酸の検査は必須でこれを測らないとバクテリアが繁殖し、濾過が立上がった事がわかりませんので必ず測ってください。

Q白点病の金魚が全滅した水槽の手入れの方法

お祭りですくってきた金魚が全部白点病で
死んでしまいました。
また金魚を飼いたいのですが、水槽の手入れはどこまでしたらいいのでしょうか?
水槽の中はホームセンターでよく売っている基本セットと水草です。砂利は入れていませんでした。

また白点病にしないためにはどのようなことに
気をつけていればいいのでしょうか?
丈夫な金魚っていますか?

Aベストアンサー

水槽は水洗いしてそのあと一度乾燥させれば大丈夫でしょう。

白点病に限らず金魚の病気は水の汚れが原因なことがほとんどです。
重要なのは定期的な水換えと水槽の大きさに適したろ過能力を持ったろ過装置です。
ホームセンターでよく売っている基本セットの付属のろ過装置というとエアポンプに取り付けるタイプでしょうかね。
金魚の数にもよりますけど、あれだけだとやや能力不足ではないかと思いますよ。

下記のサイトはいつもお世話になっているとこです。
参考にしてみてください。

参考URL:http://members.jcom.home.ne.jp/m381t/01frame.html

Q白点病になった金魚がいた水槽にいた、ヤマトヌマエビと水草について

金魚が白点病になりました。

金魚は別の水槽で、メチレンブルーで治療中です。

一緒にいた、ヤマトヌマエビと、石巻貝と、水草も、心配なので別の水槽に入れています。それぞれに寄生虫は付くものなのでしょうか?

金魚が治り次第、特に何もしないで、一緒にもどしていいのですか?

良い方法があればアドバイスお願いいたします。

Aベストアンサー

 金魚もヤマトヌマエビも別の水槽なら、元々あった水槽は今はどんな状態なのでしょうか?その水槽の中こそ、白点病の元がうようよしているのです。
 一番いいのはもともとの水槽の水を1/3交換します。そこに金魚を戻してメチレンブルーで治療します。それと平行して水温を少しずつ上げていき30度までにします。
 水温をあげたら真夏と同じ頻度で1/3水替えをしてください。新しい水の薬の濃度は水槽と同じ状態にしてから、入れてください
こうすると水槽の中の寄生虫が死滅します。金魚が治ったら、ろ過装置に活性炭を入れます。この活性炭が薬の成分をなくしてくれます。

 もし、もともとの水槽の水がないなら、いまの金魚の水槽の水に市販のバクテリアを入れるか、小まめに2~3日に一度1/3水替えをしましょう。

 ヤマトヌマエビや石巻貝は無脊椎動物なので白点病の寄生虫はつきません。普通の水の中にも寄生虫は多少はいるので、金魚が治ったら元の水槽に戻せば大丈夫です。ただし薬が残っていたり、水温が30度もあるとヤマトヌマエビは死ぬので、元の状態に戻してからにしてくださいね。

 金魚もヤマトヌマエビも別の水槽なら、元々あった水槽は今はどんな状態なのでしょうか?その水槽の中こそ、白点病の元がうようよしているのです。
 一番いいのはもともとの水槽の水を1/3交換します。そこに金魚を戻してメチレンブルーで治療します。それと平行して水温を少しずつ上げていき30度までにします。
 水温をあげたら真夏と同じ頻度で1/3水替えをしてください。新しい水の薬の濃度は水槽と同じ状態にしてから、入れてください
こうすると水槽の中の寄生虫が死滅します。金魚が治ったら、ろ過装置...続きを読む

Q金魚の白点病治療薬・メチレンブルーの使用について

飼っている金魚が白点病にかかってしまいました。
メチレンブルーで治療したいのですが、いくつか疑問点があります。

1.フィルター等はつけたままで良いのでしょうか。

2.ヒーターで水温を25℃位に保つとよいと聞いたのですが、私の持っているヒーターは水温調節が出来ないタイプです。今の水温は18℃なのですが、急に25℃まで水温を上げても大丈夫でしょうか。

3.水草には良くないようですので取り出しましたが、エアーをかけて保管した方が良いのでしょうか。

4.取り出した水草、流木等に病原体などは付いていないのでしょうか。

その他、気をつけたほうが良いなどございましたら教えて下さい。

水槽は 幅39.8cm×奥行25.4cm×高28cm
金魚は五匹で中くらい一匹、小さめ四匹です。

Aベストアンサー

尾ぐされ病の件についてお答えします。

尾ぐされ病は白点病とは菌が違いまた、死亡率感染率ともにとても高い病気です(症状が悪化してしまうと治すのがとても困難な病気です)。メチレンブルーではたいした治療効果は期待できないと思います。

白点病の金魚と一緒に治療してやるのであれば(どちらとも治せる治療方法です)水温をできれば28度以上にしてやります(方法は前の回答の方の1日に2度くらいずつ上げる方法がベターです)。

フィルターは活性炭など吸着性の高いろ材は避けてください。

次にできれば人工海水が良いのですが天然の荒塩などを全体水量の約3%入れてやります。

次に近くのペット専門店などでエルバージュという薬かグリーンFゴールド(こちらがオススメ)という薬を購入し規定量どうり投薬してください。

これでたいていの場合は治ると思います(さらにメチレンブルーも入れるとなお良いという方もおりますが私はオススメしないです)。

もちろん水草は別容器などに移してください。

その後の換水は病気が回復するまで1ヶ月に1回くらい1/5くらいの量でよいかと思います。

尾ぐされ病の件についてお答えします。

尾ぐされ病は白点病とは菌が違いまた、死亡率感染率ともにとても高い病気です(症状が悪化してしまうと治すのがとても困難な病気です)。メチレンブルーではたいした治療効果は期待できないと思います。

白点病の金魚と一緒に治療してやるのであれば(どちらとも治せる治療方法です)水温をできれば28度以上にしてやります(方法は前の回答の方の1日に2度くらいずつ上げる方法がベターです)。

フィルターは活性炭など吸着性の高いろ材は避けてください。

次にで...続きを読む

Q金魚すくいですくった金魚のことなんですが、今6匹の金魚がプラスチックの

金魚すくいですくった金魚のことなんですが、今6匹の金魚がプラスチックの水槽(?)大きさ約30×20×20cmに入れています。濾過フィルターもらくらくeフィルター(正確な名前は忘れました)の活性炭とごついやつが入ってます。ブクブクはホースを直接入れました。ヒーターはありますがまだ入れてません。

現状はこれなんですが、2個質問があります。
1つ目は水槽の大きさはこれでも支障はありませんか?水に濁りは現状はありません。

2つ目は1匹背鰭を閉じて元気が無さそうに見えます。急に水質が変わったからでしょうか?水は一晩くみ置きしたやつで塩分濃度は0.0%です。

滅茶苦茶な長文申し訳ありません。どなたか回答おねがいします。

Aベストアンサー

> 1つ目は水槽の大きさはこれでも支障はありませんか?水に濁りは現状はありません。
・30×20×20cm(11L)水槽だと、3cmくらいの小さな金魚ならば6匹飼育出来ます。
ただ、5cmの金魚を6匹は飼育出来ません。

この水槽に6匹だと、飼育開始後5日目あたりから猛毒のアンモニアが発生します。
金魚はアンモニア中毒死する可能性があります。
飼育開始後12日目あたりから、今度は、亜硝酸も発生し始めます。
金魚は亜硝酸でも中毒死する危険性もあります。
この、アンモニアと亜硝酸を無毒化する濾過バクテリアが水槽内の底砂など繁殖定着するのが飼育開始から3~4週間目。
水槽水量の割に飼育数が多いので、飼育開始後一月間は、少しマメに水替えを行い、有毒物が致死量を超えないように管理する必要があります。

金魚は成長も早く、大きくなります。
来年の今頃には10cm以上に成長し、3年後には20cmを超えます。
早めに大きな水槽へ引っ越しする事をすすめます。
60cm規格水槽(60×30×36/57L)は安価で購入出来ます。
オールガラスでも2000円
http://www.shopping-charm.jp/ItemDetail.aspx?tid=14&catId=1111100700&itemId=55811

> 2つ目は1匹背鰭を閉じて元気が無さそうに見えます。急に水質が変わったからでしょうか?水は一晩くみ置きしたやつで塩分濃度は0.0%です。
・おそらく、水あわせの失敗でしょう。
金魚を水槽に移す際に、水道水は塩素抜きしたと思いますが、丁寧な水あわせを行いましたか?
新しい水にチャポンと移すと、ショックにより体調をこわしたり、死亡したりします。

水あわせの方法は下記URL。
http://www.kingyoan.com/kin-topic05.htm
金魚の飼育方法
http://www.gex-fp.co.jp/kingyo/index.html

> 1つ目は水槽の大きさはこれでも支障はありませんか?水に濁りは現状はありません。
・30×20×20cm(11L)水槽だと、3cmくらいの小さな金魚ならば6匹飼育出来ます。
ただ、5cmの金魚を6匹は飼育出来ません。

この水槽に6匹だと、飼育開始後5日目あたりから猛毒のアンモニアが発生します。
金魚はアンモニア中毒死する可能性があります。
飼育開始後12日目あたりから、今度は、亜硝酸も発生し始めます。
金魚は亜硝酸でも中毒死する危険性もあります。
この、アンモニアと亜硝酸を無毒化す...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報