エンジンオイルが漏れてます。漏れの場所は特定できていませんが、オイルパンまわりではなくてもっと上の方のようです。車庫のセメント床にオイルのシミができていますが、量的にはたいした事はなく、オイルゲージでは数カ月たった現在でも減りが確認できない程度です。
きちんと修理すれば良いのですが、面倒腐そうな場所のようなので結構工賃をとられそうな気がしております。とりあえず応急処置みたいな事ができるのならやってみたいと思っております。
シール効果のあるオイル添加剤のようなものはあるのでしょうか。御存知の方がいらっしゃいましたら教えて下さい。宜しくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

少量の漏れ(にじみ出る程度)であれば、オイルの漏れ止めがカーショップ等で販売されていますのでそれの使用をお勧めします、但しエンジンオイルの同時交換をした方がよいです効果が現れるのは300~500程度走行後です。

それで止まらない場合は修理に出した方がよいです。場所により修理費は高額になります止まって欲しいですね。車庫も汚れますしね。
私の場合、漏れは一時的に止まりましたが半年位してまた漏れ出したので(もともと漏れが多かったのが原因)車検時に修理しましたデイストリビューター部のOリング交換をしました部品と工賃で7千円位でした。今はまったく漏れません。
 
    • good
    • 17
この回答へのお礼

mura6993さん、ありがとうございます。
早速カーショップで見つけてきて今日入れました。全く知らないメーカーの商品で、容器に使用法等が書いてあるだけで 特に説明書のようなものも入ってませんでした。
ガソリン・ディーゼル共用、なんて書いてあったけど、大丈夫かいな、という気もしております。私の車、古いけど一応ターボ車なんです。
ま、300~500キロ、期待に胸を膨らませて様子を見てみようと思ってます。
しかし、オーリング交換だけで済んだ mura6993さん、羨ましいです。私のはちょっとややこしいところみたいです。脱着工賃だけ考えても恐ろしいものがあります。はは。
とても参考になる御回答をどうもありがとうございました。

お礼日時:2001/07/09 20:27

 オイル漏れに関しましては他の御回答通りですので・・・・



>オイル漏れの場所が特定できたら外側から塗り込んで塞いだりするものも無いでしょうか。

・・・・について考えてみましょう。

 普通に考えますと、まず液体ガスケットとゆぅ事になりますね。
 シリコンであれば潤滑油はオッケーなので、シリコン系のおフロの液体シーラーでも大丈夫かもしれません(おフロ用は、ちょっと鋼へのクイ付きが悪いですが)。

 次に容易に入手可能としますと、エポキシ樹脂、でしょうか?ただ、粘度が高い、或いは粘土状になっているモノでなければリーク部に充填出来ないかもしれません(普通はかなりシャブい樹脂なので、硬化前にスキマから流出してしまいそぅ)。
 エポキシの場合、耐熱温度も要チェックでしょう(例えば、エポキシ接着剤は耐熱温度が低いので、この手の補修には向かないと思います)。

 この他、入手性がよい充填モノとしましては・・・・デブコン、ぐらいでしょうか。

 上記3種類では、やはりデブコンが適材なんじゃないか?とゆぅ気もします(レースの現場では、割れたラジエタなどもデブコンで強引に埋めてしまう事がありますが、気密性は問題ありません。ただ、硬化時間だけはどぅにも・・・・)。
 デブコンなら結構カンタンに入手出来ますし、適度なネバネバで作業がしやすいと思いますが、しかしコイツでリーク部をガッチリ固めてしまうと、もしその後正規の修理を行おうとした場合が問題です(硬化したデブコンは、ウリ文句通りほとんどアルミ塊と化してしまうので、撤去は一筋縄ではいきません)。
 もっとも、リーク部分がフランジのクラック(!)等だとしましたら、デブコンをクラックに詰め込む事はほとんど永久的な修理と言えますが。

 ・・・・う~む、正直なところ、どれもイマイチな気がしますね~(vitamin-power様であれば、或いはいずれも御存知では?思われるモノばかりしか思い付きませんでした・・・・)。

 しかし塗布部をうまく脱脂出来ないと、どれも定着性・気密性は望めませんし、第一リーク部が完全に特定出来ていないと、この『スキマを埋める』作戦はうまくいかない可能性大、です(それほどオイルがリークしている様でしたら、リーク部の完全脱脂はちょっと難しいのではないか、とゆぅ気もします)。
    • good
    • 5
この回答へのお礼

loftybridgeさん、御回答有り難うございました。
昨日車のしたにもぐって見たのですが、どうも場所が特定できませんでした。オイルミストで飛び散ったのか、かなり広範囲が汚れてました。いちおう綺麗に拭きあげてはみたのですがダイナモやエアコンのコンプレッサーなんかが邪魔で手が入らず、いちばんアヤシイところがチェックできませんでした。外側からのシールというのも私の力では場所も見つけられないという始末でして、いやはやお恥ずかしい。
>vitamin-power様であれば、或いはいずれも御存知では?
とんでもないです。デブコンって初めて聞きました。最近の車の事は知らない事だらけです。
あ、それと、「様」なんてのはお願いですからよしてください。そんないいもんじゃありませんから。これ、「自信あり」です。
勘違いからポンコツ車を買ってしまって、他にもいろいろ問題を抱えてます。また質問させて頂くと思いますので、今後とも是非宜しくお願いします。

お礼日時:2001/07/09 20:42

確か、ワコーズからシール保護活性剤のような添加剤が出ていたような気がします。

効果のほどは分かりませんが・・・違ったらごめんなさい。
後、ユノカルのオイルはシール類の保護をする成分が多いとかしっかりしていると言う噂を聞いた事があります。私も使っています。(5W-30)新車から6年目の軽ですが、そろそろにじみが出てもいいと思うのですが今のところにじみや漏れは起きていません。

その漏れ方では心配は無いと思いますが、どうにも気になるのであればオイルメーカーを替えてみたはいかがでしょうか?
固めのオイルを使う手もありますが、効果は?です。
基本的には修理した方がいいと思いますが・・・

参考URL:http://www.kc-trading.com/76oil.html
    • good
    • 6
この回答へのお礼

FK-PROJECTさん、有り難い情報を有り難うございます。
今日カー用品店にでかけて物色してみたところ、ワコーズのものは置いてなかったのですがオイル漏れ対策というコピーのついた商品を見つける事ができました。
昨日下回りのカバーをはずして点検して見たのですが、パーツがこみいってる部分があやしかったものの、漏れ箇所の特定までは出来ませんでした。できるだけ汚れを拭き取っておいたのですが、今朝やっぱり一滴床に垂れてました。
1480円ってどうなんですかね。効果があると嬉しいんですが。

お礼日時:2001/07/09 20:12

ないと思います。


仮にそんなものが、あったとしても、一ヶ月で、0.5リットル
減るのでなければ、問題ありません。

コンクリート床に、ある油染みは、黒い色をしてますか?
黒ければ、オイルがたれた後に、土ホコリが乗っかった状態なので、
時間がかかるオイル漏れです。
安心して、乗ってください。

オイル染みが、光ってるなら、要注意です。
エンジンオイルではなく、ミッション、パワーステアリングオイルも、
疑ってください。
    • good
    • 6
この回答へのお礼

早速御回答頂き、ありがとうございます。
やっぱ無いですかね。自分で質問しておいてなんなんですが、そんな効果があったらオイル本来の性能に支障がありそうな気もします。
オイル漏れの場所が特定できたら外側から塗り込んで塞いだりするものも無いでしょうか。一度ジャッキアップしてきちんと調べてみようと思うのですが、調べただけで何もできないと悔しいのでそんなものがあれば使ってみたいんですが・・。
オイルのしみはまっくろけです。光沢も無いです。神経質にならなくてもいいのかもしれませんが、訪問先の駐車場を汚してしまうのではないか、と気になったりするものですから。
カムチェーンのカバーのあたりからエンジンが油で汚れてたのでエンジンオイルと思ったのですが、他から伝わってきているかもしれませんね。近いうちに、他の場所も含めて調べてみることにします。ありがとうございました。

お礼日時:2001/07/08 00:56

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q【ブルーシートの謎】ブルーシートは防水じゃないですよね? 防水じゃないので荷物の上にブルーシートを

【ブルーシートの謎】ブルーシートは防水じゃないですよね?

防水じゃないので荷物の上にブルーシートを被せても雨が降ると荷物は濡れます。

ブルーシートの役割ってなんですか?

物を外から見えなくするのがブルーシートの役割ですか?

雨を通さないのがブルーシートの役割じゃないですよね?

ブルーシートの本当の役割って何なのか教えてください。

ブルーシートは防水じゃなくて、防水はホワイトシートというのが別にあるんですね。

青いブルーシートはノー防水。白いホワイトシートは防水。

Aベストアンサー

ブルーシートはビニールシートですので、防水ですよ。

「荷物の上にブルーシートを被せても雨が降ると荷物は濡れます」
これは横や斜めから降る雨によって濡れているのだと思います。きっちり雨が入らないようにブルーシートで巻いていましたか?

wikiから参照しましたが、ブルーシートは元々
建築や土木工事一般の工事現場で用いていた資材の一つで、工事現場の周囲を囲って埃の飛散を防いだり、乾燥中のコンクリートが雨風に曝されないようにするため、建築中やリフォームなどでまだ屋根の防水が終わっていなかったり、部分的に屋根を剥がした建物の屋根代わりに、あるいは既に内装が済んでいる建物内で床などを汚れから守るためなど、様々な用途に用いられています。

ですので間違いなくビニールシートは防水です。

知恵袋でも同じような質問がありました。
http://m.chiebukuro.yahoo.co.jp/detail/q14130206619

Qカーエアコンのレシーバーからのガス漏れオイル漏れ

カーエアコンのレシーバーからのオイル及びガス漏れについて
お尋ねいたします。今年の5月頃エアコンが効かなくなり、オートショップで調べてもらったところガスを入れれば使えるとのことで、4本か5本入れていただきました。その後効きはマイルドでしたがそれなりに利いていましたが、8月頃一週間ぶりに駐車場で車を動かして乗ろうとしてレシーバーからのオイル漏れに気づき、エアコンが効かなくなりました。ここでお尋ねしたいのは、真空引きせずにガスチャージしたことにより、内部に含まれていた水分によりレシーバーからのオイル及びガス漏れは起こりませんでしょうか?それならばレシーバー交換真空引きガスチャージでエアコン復活とならないでしょうか?エアコンは18年ものです(ガス抜けの原因はあるでしょうがとりあえずの対策です)。
宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

>真空引きせずにガスチャージ・・・ガス漏れは起こりませんでしょうか?

直接の関係はないと思います。

>レシーバー交換真空引きガスチャージでエアコン復活とならないでしょうか?
>ガス抜けの原因はあるでしょうがとりあえずの対策です

ガスがどの程度残っているかで判断が分かれると思います。
ガスの補充だけで OK な場合もあります。
どれだけの漏れがあるかは、一旦補充をし、効きが悪くなるまで漏れるのに
どれだけの時間がかかるかで判断するしかありません。
前回の補充で約4ヶ月持ったとしても、今回は一週間てな事もあり得ます。
それを承知での補充ならどこでもやってくれると思います。
それでは困ると言うのなら、きちんと点検をしてもらう方が良いでしょう。

>オイル漏れに気づき、エアコンが効かなくなりました。

オイル漏れ→A/C 効かないと言うのがチョット微妙な表現ですが、
A/C が効かない原因は他にも考えられますよ。

18年も経った A/C を「効かない」、「オイル漏れがある」だけで
ガス漏れ、ガスの補充と進むのは無謀でしょう。
専門家に実際の車両を見てもらい、相談するのがベストだと思います。

#余計な事かもしれませんが、↓の質問にも回答がついてますよ。
何のコメントもしないで、新たに質問を建てるのはまずいですよ。

http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=2412166

>真空引きせずにガスチャージ・・・ガス漏れは起こりませんでしょうか?

直接の関係はないと思います。

>レシーバー交換真空引きガスチャージでエアコン復活とならないでしょうか?
>ガス抜けの原因はあるでしょうがとりあえずの対策です

ガスがどの程度残っているかで判断が分かれると思います。
ガスの補充だけで OK な場合もあります。
どれだけの漏れがあるかは、一旦補充をし、効きが悪くなるまで漏れるのに
どれだけの時間がかかるかで判断するしかありません。
前回の補充で約4ヶ月持ったと...続きを読む

Q雪国の屋根にブルーシート

雪国に住んでいるために毎年この時期は屋根の雪降ろしが大変です。
それで今年の冬が本格的になるまえに何とかしたいと思っています。

今考えているのが、屋根一面にブルーシートを張って雪の自然落下を促したいと思っています。

そこで悩んでいるのが、どのようにしてブルーシートを張るかです。
屋根の端なら屋根の両端のブルーシートを紐で結べばいいかなとは思ってはいるんですが・・・
両端以外はどうしようかと悩んでいます。

何かいい方法はないでしょうか?
また、ブルーシート以外で何かよい雪の自然落下を促す方法があれば教えてください。

Aベストアンサー

同じく、多雪地域(札幌)在住です。

まず、敷地内に落雪スペースが十分にありますでしょうか?
無い場合は、落雪屋根にすると非常に危険です。
当方も敷地は十分あるのですが、落雪事故防止や近隣でのトラブル防止のため、逆に、落雪させないよう、地区協定で屋根にスノーストッパーを付けることが義務付けられています。
屋根に溜まった雪は、融雪装置で融かしていきます。

ちなみに、屋根のブルーシートについてですが、長岡市災害対策本部が昨年2月1日に発出した「お知らせ」に以下の記載がありました。

---以下、抜粋
 ブルーシートなどで覆った屋根からの落雪に注意しましょう。
ブルーシートで屋根を覆った場合、屋根雪がまとまって落下しやすく大変危険なため、軒下などでの落雪事故に十分注意しましょう。
---

確かに、滑りやすそうですが、かえってそれが危険を増長するものになりかねません。
また、突風でブルーシートが煽られ、屋根を壊す可能性もあります。
屋根に被ったブルーシートというのも、シーズン中延々と補修工事をやっているようでお世辞にも見てくれが良いとは言えませんし。

恐らく、もう雪も降り始めている頃かと思いますので、ペンキを塗り替えるのは既に困難でしょう。

長年住まわれる家でしたら、屋根に融雪装置を付けて強制的に雪を溶かすことをお勧めします。

拙宅では装置が約20万、200Vの電源工事で数万の費用でした。

同じく、多雪地域(札幌)在住です。

まず、敷地内に落雪スペースが十分にありますでしょうか?
無い場合は、落雪屋根にすると非常に危険です。
当方も敷地は十分あるのですが、落雪事故防止や近隣でのトラブル防止のため、逆に、落雪させないよう、地区協定で屋根にスノーストッパーを付けることが義務付けられています。
屋根に溜まった雪は、融雪装置で融かしていきます。

ちなみに、屋根のブルーシートについてですが、長岡市災害対策本部が昨年2月1日に発出した「お知らせ」に以下の記載がありまし...続きを読む

Qどうもオイルが漏れているようなのです・・・

今年7年目のRVRを所有しています。
走行距離は既に先月100,000キロを越え、近いうちにタイミングベルトの交換が必要なのですが、最近止めているガレージにオイルの漏れたような跡がありました。
2日前にオイルの補充をしたのですが、修理には6万円前後かかるとのこと…
タイミングベルトにも5万円かかるので計11万円の出費になります。
今後乗りつづけるのであればキチンと修理すべきなのでしょうか?

車に詳しい方の回答を待っていますm(__)m

Aベストアンサー

今年7年目で10万キロですか。よく走りましたね。(^^
愛着もあることでしょうし、手放すには惜しいと思うかも知れませんね。

修理に計11万円かかるとの事ですが、それはディーラーでの話でしょうか?それとも、町工場の話かな?
念のため、他の町工場の自動車屋さんにも聞いてみるといいですよ。部品代は一緒でも、お付き合いや店によって工賃でばらつきが結構あるものですよ。

タイミングベルトの交換はそれほど、難しくありませんが、手間と工具と知識は必要になりますので、経験のある方や車に乗れなくてもいい期間が長ければ自分でやってみるといいかも知れません。

今後、乗り続けたい気持ちがあれば、ぜひ、修理をお勧めします。(私の場合は修理してまで乗りますよ)

修理したら20万キロを目指して走ってくださいね。

Qブルーシートと接着剤

ボート用品のシーアンカーを自作しています。
生地はレジャーなどに使われるブルーシート(ポリエチレン製)を用いています。
従来は、縫って加工・成型していましたが、作業を簡素化するために、
ブルーシート同士を接着剤で繋ぎたいと思っています(補強目的)。
その接着剤なのですが、セメダインだったかな?「PPX」という商品を使おうかと思っていますが、接着剤として適当でしょうか?

また、ブルーシートの製造元では恐らく1.8m*1.8mのサイズを幾つか繋ぎ合わせて、より大型のブルーシートを製造していると思われますが、その際の接着方法をご存知でしたら教えてください。
例えば、熱圧着させているとか?

Aベストアンサー

ブルーシートのメーカーは7m幅のシートを1.8x1.8などに切り出しています

小さい物を繋ぎ合わせてなんて手間と時間とお金の掛かるような事はしません。

ブルーシートでシーアンカーなんか作ったら邪魔ですよ、小さく畳めないから、また海水に接する場合はいつのまにか剥がれてきます接着面の隙間から

Q多走行車用のオイル添加剤は?

 エンジンオイル添加剤は、数え切れない程有りますね。

 私は アテンザSW 17年式 5AT (ハイオク使用のやつ) に乗っており、
 エンジンオイルは、WAKOS の、プロステージS 0W-30 を入れており、
 2回に1回のエレメント交換時には、同じ WAKOSの、S-FV を添加しています。

 長くなりましたが、本題です。
 現在の、走行距離が、約70,000kmです。 なので、多走行車の為の と謳った
 添加剤があると思います。

 KURE モーターレブ  若しくは  シュアラスター ループ エンジンリカバリー

  この2種の場合、どちらが優れているのでしょうか?

  他にも 良い 多走行車用の添加剤が有りましたら、教えて下さい。

  宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

何か問題が有れば 症状に合わせた 添加剤チョイスが有りますが
特に問題なく 快調なエンジンなら 無理に 添加剤もいらないのでは?

KUREモーターレブ 使用した感想 可もなく不可もなく 液化チタンがエンジンに良くないとか
呉というメーカーは、個人的に信用してません

ケミカル添加剤業界で 信用でき効果が期待できるのは、ワコーズとバーダルだと感じます。


シュアラスターループエンジンリカバリー 圧縮比が落ちたエンジンには、有効 S-FVを入れているなら
不要でしょう
シュアラスターの添加剤は、バーダル製です。

添加剤にばかり注目せず 洗浄を考えた方が良いですよ 
まず。燃料系 ワコーズ フューエル1を燃料タンクへ投入 アクセルが軽くなります
次に スロットルと バルブ系の洗浄 ワコーズのRECSか バーダルDACで 燃焼室の洗浄を 行うと
長年付着した カーボン徐行ができます。
なお この燃焼室洗浄を行うと RECSは白煙 DACは黒煙が出るほど 強制的に 不純物を燃やし 排出させるので プラグとエンジンオイル交換をのちに おすすめします。
プラグは、まず絶対に交換した方が良いですよ すすけちゃってますから。
RECSもDACも 知識と経験あるショップで 行ってもらうこと 途中で スロットルクリーナーをスプレーで 噴射したり テクニックも必要です。

洗浄すれば エンジンオイル交換だけでも快調に軽く 走る体感受けれます。

※ ワコーズプロステージS それほど良いオイルではないと個人的には、受けます(自分の車のエンジンに合わな)
ワコーズは、ケミカル屋(添加剤)でありオイルメーカーではない
 ワコーズのエンジンオイルは、あまりよくないベールオイルを仕入れ添加剤を混ぜて作ってるので 高性能ではない レース用の高いオイルも 耐久性が短い(添加剤の分子劣化すれば寿命)添加剤が多いので 価格が高くなる

エンジンオイルは、油田を持つメーカーが 一番純度の高い良いベースオイルを使用し エンジンオイルを作ります。ベースオイルが高性能なので添加剤が少なくて済み 高性能で高耐久性で 抵コストで製造可能
 余りを 他メーカーへ売る形 
価格が高いエンジンオイルが高性能とは言えません。
また レーススポンサーしてるオイルメーカーも 品質の割に 高い販売価格で スポンサー料を稼ぐ仕組み
一概で 価格で 良いオイルとも言えず 一番は、エンジンに相性が良いかどうかが重要 

相性が良いオイルで NAなら 5~7千km毎交換していけばよいでしょう たまにエレメント交換と同タイミングで添加剤を入れればOK

何か問題が有れば 症状に合わせた 添加剤チョイスが有りますが
特に問題なく 快調なエンジンなら 無理に 添加剤もいらないのでは?

KUREモーターレブ 使用した感想 可もなく不可もなく 液化チタンがエンジンに良くないとか
呉というメーカーは、個人的に信用してません

ケミカル添加剤業界で 信用でき効果が期待できるのは、ワコーズとバーダルだと感じます。


シュアラスターループエンジンリカバリー 圧縮比が落ちたエンジンには、有効 S-FVを入れているなら
不要でしょう
シュアラスター...続きを読む

Q【ブルーシートの#3000というタイプなら水は染みにくいのはなぜですか?】この#3000の意味するこ

【ブルーシートの#3000というタイプなら水は染みにくいのはなぜですか?】この#3000の意味することは何ですか?

この#3000ブルーシートと普通の安売りのブルーシートの違いは何が違いますか?

Aベストアンサー

http://image.orange-book.com/orange_pdf/2013-3-1338.pdf

Qオイル添加剤の効能と使用理由について教えてください。

こんばんは。
カー用品店には各種オイル添加剤が売られているのですが、それら商品の謳い文句は本当でしょうか?
また、パッケージに書いてある効能を体感若しくは実感することができるのでしょうか?また、本当にエンジンの為に良いのでしょうか?
一度だけ「モーターUP」という商品を使用したことがあるのですが、自分が鈍感なためか効能が実感でしませんでした。
確か説明書きには「継続使用してください」みたいなことが書いてあったのですが、経済的な理由もありその後は使用はしていません。
エンジンに良いのであれば、また使用することも考えています。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは。

この前の、「メーカーが指定しているオイル交換サイクルではだめですか?」
で回答させていただいた者です。

前回書いたように、車の添加剤に関してはほぼ百害あって一利あるかどうかです...

一言で言っても理解してくれないだろうから、面倒なので回答をやめようかと
思ったんですが、添加剤を入れてエンジンが壊れても、原因をオイルのせいだと
誤解されては悲しいので書きます。
しかし、決して私はオイルで飯を食べている者ではありませんので(笑)

これだけは言っておきますが、もし、添加剤を入れるくらいなら、
その分オイル交換してください。
しかし、交換サイクルについては前回書いた通りですので...

そして、下の話しが信じられなければ、ご自分でアメリカに行って調査するなり、
添加剤を入れたオイルを、ご自分でお金を払って分析に出してみて下さい。
きっと驚愕するような事実がいくつもわかると思います。


私が不思議に思う事に、アメリカでは自動車メーカーが、添加剤を使用した場合、
保証期間であっても保証しませんとはっきりと取り説などにも書いているのに、
日本では同じ会社のディーラーでその添加剤を取り扱っていたりしています。

カー用品店に行くと沢山棚に並んでいますが、裏の成分などじっくりと読んだ事は
ありますか? 多くは、化学等を専攻した人から見れば、よくこんなでたらめな事
と言うような能書きが書いてあると思います。


比較的値段の高い添加剤の成分として、テフロン系 = PTFE系があります。

代表商品は マイクロロン、スリック50、QMI SX6000などがあります。

これらは、テフロンの開発元であるデュポン社が、テフロンは極圧潤滑に向かない
と発表して、自動車用として供給を行っていない事からも怪しい物とわかります。

調べると、アメリカでは添加剤への使用として発売していませんが裏ルートで入手
した業者が添加剤を作り、アメリカ国内で販売出来なくなったものを日本 などで
販売していると言う実態がわかると思います。

また、これらの広告には○○研究所の・・・、○○工科大学の実験、アメリカ空軍
認定品という宣伝文句がありますが、これらは嘘であると断言してもよいです。

実際には存在しない研究所や、許可なく勝手に大学名や研究機関名を使用し、広告
を見た大学や研究所がそのような実験は一切行っていないと否定し、メーカーに訴
訟を起こしたケースもアメリカでは多数過去にありました。

実在しない研究所の例を上げると、大手カーショップでも堂々と棚に陳列している
「QMI SX6000」の広告にGottolab調査技術という研究機関の名前
が出てきましすが、このような研究機関は実在しないことが判明しています。

その他、軍、NASAが採用と書かれているものもほとんど嘘です。

現在日本では一番良いと言われている、由○さんも広告に出ているマイクロロン
(テフロン/PTFE樹脂ベース添加剤)」には、広告やパッケージに 「軍の認定品」
と書いてありますが、テフロン/PTFEの効力については、1991年にアメリカ軍
が実際に検証し、オイル添加剤の原材料には相応しくないという結果が公表され、
「軍事施設には一切使用していない。」と正式に発表されています。
(これらの添加剤によって空軍機が墜落した事が調査のきっかけとなりました)

その他にも、GMなども独自に調査を行い、軍の調査結果と同じく、
テフロン/PTFEはやはりオイル添加剤の原材料には相応しくないという結論を
だしています。

そして、1993年にはテフロン/PTFE入りの添加剤を使用した車は、
例えディーラー保証期間中であっても保証対象外になることをアメリカ国内全土の
GM車販売ディーラーに通達しています。

それなのに、日本でGM車の販売を行っているヤナセ(現在は販売権がなくなりま
したが)は、全国のディーラーでテフロン/PTFEを原材料としたマイクロロンを
推奨のごとく販売しています。

大体、テフロン系の添加剤の能書きを信じるならば、シリンダー内面はテフロンが
付着してピストンとの固体潤滑になってしまいます。これはわざわざシリンダー内面に
オイルが乗るように細かい傷を加工しているそもそもの潤滑理論を否定するものです。

マイクロロンをオイルに添加すると確かに静かになり、抵抗が減ったように感じますが
試験を行うと粘度がかなり落ちています。大げさに言えば水みたいになっています。
是非、ご自分の車で試してみてください。

そして、エンジンをばらしてみてください。決して能書きのような状態にはなって
おらず、テフロンがオイルパンに沈殿し、フィルターに溜まっているのがわかると
思いますから...


次に、モーターUP、ミリテック、GRPに代表される塩素系ですが、
これは、実はカナダの某社が製造している同じ物です。

塩素系はエンジンの金属を腐食させること、高温にさらされるとダイオキシンなどの
猛毒が作られることが懸念されていますが、正式な調査結果は残念ながら知りません。

メーカーによると、腐食に関しては応モリブデン等も配合して問題ないレベルであり、
生成される毒物に関してはアメリカからの報告は無いと言っていますが個人的にはい
かがなものかと思っています。

上記の物は、ペンシルバニア州フィラデルフィア市内に、SAVECO
Environmental Serviceというダミー会社を設立して名前を変え
て売っています。日本に入って来ているMicro X2もモーターUPと中身は同
じです。


他に多いのは(有機)モリブデン系です。

これは、歴史は古く有効性が認められて多くの高性能オイルはブレンドされています。
ですから、添加剤を買うなら、その分を足した1ランク いいオイルを入れるように
するのがいいかと思います。

前回も書きましたが、エンジンオイル自体が添加剤の集合みたいなところがあり、
あとからわざ わざお金を使って入れるなら、はじめからオイルメーカーが研究を重ね
発売しているいいオイルを入れるか、まめに取り替えた方がいいです。

そもそも、そんなにいい添加剤が存在するならなぜ、初めからメジャーオイルメーカー
がオイルにブレンドしないんですか?
スリック50(アメリカでは粗悪添加剤の代名詞で幾多の裁判を起こされています)は
添加した物を売っていますが、それはオイルメーカーがやっていることではありません。

ついでに、オイルは安い物を2回換えるか、高いものを長く使うかと言う議論もあり
ますが、type0さんはどうだと考えますか?

私が、実験などから得た経験では、安いオイルは元々の性能が低いので、ある程度良い
オイルで、メーカー推奨距離毎に変えるのが良いと考えています。

これは、決して安いオイルでメーカー推奨距離大丈夫だから、高いオイルは倍もつと
言う意味ではありません。

メーカー推奨距離の中で、安いオイルを2回変えるなら、高いオイルで1回の方が
エンジンに良いと思うと言う意味です。
(この理論に確信はありませんが、8000km使用した高級オイルより、新品の
安いオイルは前回書いた試験項目で悪い物が多々あります)
ですから、私はエステル系の100%化学合成オイルを、メーカー推奨距離(私の
車の場合は25000km)毎に交換しています。


type0さんは、オイルを気にされているようですが、例えば10000km使ったと
して、平均時速100km/hならたった100時間、日数にして4日程度。
渋滞で30km/hとしても約340時間足らずです、2週間程度なのです。

前回の回答で、オイルの性能は別物のように良くなったと書きましたが、
元を辿れば軍事技術からのフィードバックと言う点が大きいです。

それは、原子力潜水艦で、一度有事が発生すると食料の補給だけで1年以上航行
する事が可能なものです。優に車の20倍以上の時間、潤滑しなければなりません。

当然、原子炉の循環機系やスクリューの軸受けはオイルによって潤滑されていますの
で、オイルへの添加剤や、オイルを分析して軸受けメタルの寿命を判定したりする
トライボテックスと言う技術が発達し、オイル作りに生かされました。

原子力潜水艦での潤滑はエンジンオイルと違いますが、例えば日本のディーデルの潜水
艦はエンジンオイルですが、たった2週間程度で交換が必要で、エンジンが壊れたら使
い物になりません。

これらには当然、化学の進歩も大きいです。話しは飛びますが、日産のエクストロイド
CVTのために開発されたトラクションオイルの技術には目を見張る物があります。

今回も話しが色々と飛びましたが、ここで質問するよりもご自分で実験をして本当の
回答を見つけてください。
車の設計の素晴らしさ、オイル技術の高さ、世の雑誌のいい加減さがわかりますから。

こんにちは。

この前の、「メーカーが指定しているオイル交換サイクルではだめですか?」
で回答させていただいた者です。

前回書いたように、車の添加剤に関してはほぼ百害あって一利あるかどうかです...

一言で言っても理解してくれないだろうから、面倒なので回答をやめようかと
思ったんですが、添加剤を入れてエンジンが壊れても、原因をオイルのせいだと
誤解されては悲しいので書きます。
しかし、決して私はオイルで飯を食べている者ではありませんので(笑)

これだけは言っておきま...続きを読む

Qブルーシートのハトメを自分でつけたい

ブルーシートのハトメを自分でつけたい

今度自転車で旅行をするのですが、テントのグラウンドシートを自作しようと考えています。
ブルーシートをちょうどいい大きさにカットするだけなんですが、四隅に金属製のハトメもつけたいです。
ホームセンターとかに行けばあの金具が売っているのでしょうか?
また、ハトメは自分でつけられるもんなんでしょうか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

No.4です。
ダイソーのハトメは、エッジ部分が鋭くて刃物のような感じ、なのでハトメのふちで押さえる筈が、
ふちで切るような感じになってしまいました。

そうそう、ダイソーのハトメは片側でしたが、ホームセンタでは2枚で挟みこむようなハトメがありました。

穴あけはハサミでも暇さえあれば・・ と回答しましたが、
後のほつれを心配するなら、ボンドで補強したり、ハンダコテで仕上げたりするのはどうでしょう?

Qタービンオイル漏れ

中古購入したRX-7(FD-3S(2)型)
なのですが、タービンオイル漏れの問題に頭を悩ませています。
こんなご経験のある方、アドバイスをお願いします。

「これまでの経緯」
(1)オイル漏れ発見
 →一般の修理工場に持ち込み、タービンの交換が必要と診断され、
  中古オーバーホール品のタービンに交換。
(自分としては、この選択は誤りだった・・・。約20万円の出費。。
 このとき、ディーラーに新品交換依頼をしていた方が結果として
 安やすかったのかも知れない。)
(2)オイル漏れに改善見られず
 →(住まい最寄の)ディーラーへ持ち込み、タービン周りのパイプの
  ジョイント部に問題ありと診断され、パイプ類交換。
(3)車体下部及びエンジンルーム内から白煙!!
 →(実家最寄の)ディーラーへ持ち込み、タービン周りのパイプの
  ジョイント部からのオイルが漏れが白煙の原因となっていると診断される。
  現在、修理依頼中。。見積もり2万円程度・・・。
  (この時、前回修理したパイプ接続部が正規のパーツでジョイントされて
   いるのではなく、接着剤的なもので接続されていると指摘された。
   また、今回修理しても、他の弱いジョイント部からまたオイル漏れを
   起こす可能性はありますね、と言われてしまいました。)

足回りがちょっと固めのショックを装備しているのですが、こういったことも関係あるのでしょうか?車体の歪みが原因になるとか?個人的には純正サスに交換しようという予定も考えているのですが。

中古購入したRX-7(FD-3S(2)型)
なのですが、タービンオイル漏れの問題に頭を悩ませています。
こんなご経験のある方、アドバイスをお願いします。

「これまでの経緯」
(1)オイル漏れ発見
 →一般の修理工場に持ち込み、タービンの交換が必要と診断され、
  中古オーバーホール品のタービンに交換。
(自分としては、この選択は誤りだった・・・。約20万円の出費。。
 このとき、ディーラーに新品交換依頼をしていた方が結果として
 安やすかったのかも知れない。)
(2)オイル漏...続きを読む

Aベストアンサー

タービンのオイル漏れということですが、これはタービン外部への漏れと認識して良いでしょうか?もしそうであれば、それらの部分の結合にはシートガスケット(スーパーシートなどの紙製ガスケット)またはメタルガスケット(鋼製のシートにグラファイトなどが塗布されたもの)または銅製のリング状のガスケットが使用されているはずです。間違っても接着剤のようなもの(液体ガスケットと思われる)を使用することはありません。液体ガスケットは冷却水通路や、シリンダーヘッドカバーなどに単独で使用されることはありますが、潤滑油の油圧が直に掛かるところや、タービン周辺のような高温にさらされる部分に使用することはありません。

上記に上げたガスケットを使用していてオイル漏れを生じる場合は、ガスケットを挟んでいる両側の辺り面に傷がないかゆがみがないかを点検することになります。歪みや傷が軽微な物であれば、ラッピング(砥石で研いで平滑にする)で対応できます。

タービン外部へのオイル漏れではなくタービンシャフトから排気系または吸気系へのオイル漏れであればタービン自体の交換に以外には方法は無いかと思われます。

タービンのオイル漏れということですが、これはタービン外部への漏れと認識して良いでしょうか?もしそうであれば、それらの部分の結合にはシートガスケット(スーパーシートなどの紙製ガスケット)またはメタルガスケット(鋼製のシートにグラファイトなどが塗布されたもの)または銅製のリング状のガスケットが使用されているはずです。間違っても接着剤のようなもの(液体ガスケットと思われる)を使用することはありません。液体ガスケットは冷却水通路や、シリンダーヘッドカバーなどに単独で使用されること...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報