最新閲覧日:

科学的管理法の現代的意義を教えてください。

A 回答 (3件)

【追伸2】



さらに詳しく知りたければ、

■クレーナー『マネジメントの世紀』東洋経済(03-3246-5467)の1章

を参照して下さい。まだ本屋にあると思います。
    • good
    • 0

【追伸】



参考URLがうまく出ませんので、もう一度投稿します

http://redpine.b.kobe-u.ac.jp/home/yam/manage3.h …

参考URL:http://redpine.b.kobe-u.ac.jp/home/yam/manage3.h …
    • good
    • 0

科学的管理法といえば通常テイラーの法則を指しますが、


これは要するに、働く人を機械のように見立てて、製品を分解し、流れ作業と分業による単純作業で、製品を効率的に大量に作るというものです。これはフォードのT型モデルの生産に応用されました。100年も前に実現された「プロセス・イノベーション」で、これにより製品が安く、大量に作られるようになりました。近代工業は、この方法を基礎として発展してきたと言っても、過言ではありません。

しかし現代のように社会が成熟し、人々の趣向が多様化してくると、このような少品種大量生産方式は、時代に合いません。多品種少量生産が必要になります。これに一石を投じたのが、トヨタのカンバン方式です。さらにはネット時代になって、一人一人のニーズに合わせて生産する、one-to-one の生産方式が追求されています。

また働く人の立場に立っても、単純作業ではなく、もっと人間性を大切にした作業方式が追求されます。

したがって科学的管理法は、近代を支えた基本原理ではありますが、現代の要求とはあちこちで齟齬をきたしており、いまはそれに対するイノベーションが必要なときに来ています。

以上の論説は、↓の参考URLをお読みになっても、理解されると思います。

参考URL:http://redpine.b.kobe-u.ac.jp/home/yam/manage3.h …
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ