1、トランジスタの増幅原理について
2、FETについて
3、CR発振の原理について
4、TTLの基本回路について
以上4つの内の1つでもわかるなら、ぜひ教えてください。
お願いします。

A 回答 (1件)

ここに書ききれる量じゃないんで・・・・


とりあえずトランジスタならココ
http://www.rohm.co.jp/en/index-j.html

Googleって検索エンジンが賢いからココにキーワード入れて絞り込んでみてください。それなりに出てくると思います。
http://www.google.com/intl/ja/

例えば「トランジスタ 増幅 原理」と3つのキーワードを入れれば上のアドレスが引っかかりました。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

アドバイスありがとうございました。
大変役に立ちました。

お礼日時:2001/07/11 23:06

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QBINDのゾーンファイルでのTTL設定について

BINDのゾーンファイルについて質問させていただきます。

BINDのゾーンファイルで、全てのレコードに適用されるデフォルトの
TTL設定として、
 $TTL 86400
のようにディレクティブを記載するかと思います。

ここで教えていただきたいのですが、特定のレコードのみTTLの値を
変更したい場合は、特定のレコードにTTLを以下のように明示的に記載
すればよろしいのでしょうか?
 www  3600  IN  A  0.0.0.0

TTLを明示的に記載した場合、$TTLで設定した値よりも優先されると
いう認識で間違っていないでしょうか。

ご教示いただければと思います。
よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

制御エントリである$TTLは、以降に現れる資源レコードのデフォルトTTLを指定する。
以降の資源レコードは明示しない限り同じTTLになる。
この書き方はBIND8.2で導入されたものであり、BIND8.1までは個々の資源レコードにTTLを指定する必要がある。
だそうです。BIND8.2以降であれば、認識に間違いないと思いますよ。
っていうか、8.1までは$TTLって無かったような…

QCR発振の原理

トランジスタのCR発振の原理について説明が出来る方、おおまかでもよろしいのでお願いします。

Aベストアンサー

No.2のymmasayanです。補足です。
移相回路で180度遅らせると書きましたが、参考URLの場合は180度進ませるです。
(移相回路がCRの接続の仕方で2種類あります)
進みでも遅れでも180度で反転ですので結局は同じことなのですが。

QPINGのTTLについて

PINGのTTLについてですが、
-iスイッチを使って指定した数と
帰ってきた数が違うのはどうしてでしょうか?
どなたかわかる方お願いいたします。

例)PING -i 5
Replay...........TTL251
例) PING -i 2
Replay...........TTL expired in transit

共に相手に届いていると言うのはわかりますが、
-iスイッチで指定したTTLの数と
ReplayのTTLは、違うのですか?
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

お使いの ping は Windows の ping なんですよね。

-i に続ける数値は、通り抜けられるルータの数だと思ってください。

例としてあげてもらった相手は、ルータ3個以上をまたいだ向こうだ
ということです。

なので、

例) PING -i 2
Replay...........TTL expired in transit

は相手に届いていないです。二個目のルータが、もう届けられないよ、
という返事です。


次に、ping が表示する TTL の数値は、相手が返してきた
Time To Live フィールドの数値です。

最初の回答の方が

> TTL 251 と言う事は相手から応答が来るまでに4つの
> ルータを通過していると言う事

というのは BSD系の unix は 255 を TTL フィールドに
入れて返します。ルーターを通る度にひとつずつへって行く
ので、自分(ping を打った側)に返ってきたときには
251 になってる、つまり 255 - 251 で、4つ通ってきた
ということです。

でも、255 を入れて返さなければいけない、ということが
決まっているわけでは無いので、相手次第で、この数字は
変わります。

WindowsNTだと多分128、他にも64で返すunixを知ってます。


ちなみに、いわゆる unix 系に実装されている ping では
-t のオプションが TTL の指定です。

参考URLには linux の man を示します。TTLの詳細という
項が参考になると思います。

参考URL:http://www.linux.or.jp/JM/html/netkit/man8/ping.8.html

お使いの ping は Windows の ping なんですよね。

-i に続ける数値は、通り抜けられるルータの数だと思ってください。

例としてあげてもらった相手は、ルータ3個以上をまたいだ向こうだ
ということです。

なので、

例) PING -i 2
Replay...........TTL expired in transit

は相手に届いていないです。二個目のルータが、もう届けられないよ、
という返事です。


次に、ping が表示する TTL の数値は、相手が返してきた
Time To Live フィールドの数値です。

最初の回答の方が

> ...続きを読む

Qトランジスタ増幅回路

出力電圧を取り出すためにコンデンサをつかう理由を
詳しくおしえてください。

Aベストアンサー

電気の波(交流)はプラスとマイナス成分で成り立っていますが、トランジスターはそのどちらかしか増幅できません。
そこで、直流のバイアス電圧をかけて波をプラス側に持ち上げて増幅し、最終的に直流を通さないコンデンサーで直流成分をカットして交流を取り出します。

要は、例えばプラス1ボルトからマイナス1ボルトで変化する交流に直流の2ボルトを加えると、プラス3ボルトからプラス1ボルトで変化する交流(正確には脈流)になります。こうする事でトランジスターは交流電圧(電流)を増幅しています。
この時の2ボルトの直流電圧の事をバイアス電圧と言います。
最終的にこのバイアス電圧(電流)を除去するためにコンデンサーを使います。

かなり簡単に書いたつもりですが、お判りいただけたでしょうか。

Qプルアップ抵抗(TTL+CMOSの接続法)

TTLとCMOSの接続について質問です。
信号入出力レベルの違いからTLL出力端子 → CMOS入力端子とする場合に注意が必要なことがわかりました。
TLLの出力論理が「1」のとき、CMOSの入力が「0」と認識しないように接続にはプルアップ抵抗を使うとのことでした。
質問を進めるにあたり、一般にTTLの論理が「1」のとき出力電圧Min=2.7V、CMOSの入力が3.5V以上で「1」と認識することを前提に致します。
〔質問〕
TTL出力「1」= 2.7Vのとき、5Vにつられたプルアップ抵抗を介せば、CM0Sの入力はやっぱり2.7Vの電圧がかかって、CMOSは入力は「1」とは認識できないのではないかと思うのです。うまくいく説明をしていただければと思います。

うまくいかないと思う理由
TTL出力「1」=2.7のとき、電流は5Vから抵抗を介してTTL出力=2.7Vに流れます。TTL出力とCMOS入力は常に接続されていて、なおかつ電流が流れていてもTTL出力は2.7VであるのでCMOS入力も2.7Vとなり何もメリットがあるようには思えません。

TTLとCMOSの接続について質問です。
信号入出力レベルの違いからTLL出力端子 → CMOS入力端子とする場合に注意が必要なことがわかりました。
TLLの出力論理が「1」のとき、CMOSの入力が「0」と認識しないように接続にはプルアップ抵抗を使うとのことでした。
質問を進めるにあたり、一般にTTLの論理が「1」のとき出力電圧Min=2.7V、CMOSの入力が3.5V以上で「1」と認識することを前提に致します。
〔質問〕
TTL出力「1」= 2.7Vのとき、5Vにつられたプルアップ抵抗を介せば、CM0Sの入力はやっぱり2.7Vの電圧がか...続きを読む

Aベストアンサー

大学の課題問題でしょうか?
今どきTTLとCMOSを接続するようなこともないと思います。

>論理が[1]のときは、Q3のエミッタがリークによりわずかながら電圧降下を生じたほぼ5Vとなり

ちょっと違います。リークがあると出力電圧は 5V になりません。リークがあると Q3 が動作してしまい、出力電圧が 3.5V~3.7V くらいの下がってしまいます。プルアップ抵抗をつけることで 出力端子の電圧が 5V に引き上げられるので Q3 が OFF になります。

ただし注意しまければならないのは、出力端子にCMOSをつないでいるときは出力電流がほとんど流れないのでそうなるのですが、出力電流が 100μA 程度流れると電圧が 3.5V~3.7V に下がってしまいます(プルアップ抵抗が 10kΩの場合)。したがって、CMOS以外のものとつなぐときはプルアップ抵抗の値を変える必要があります。

ちなみに「出力電流が 100μA 程度流れると電圧が 3.5V~3.7V に下がる」というのは、回路シミュレータで [1] の回路をシミュレーションした結果で、出力電流が 1μA 未満なら電圧は 5V でした。

大学の課題問題でしょうか?
今どきTTLとCMOSを接続するようなこともないと思います。

>論理が[1]のときは、Q3のエミッタがリークによりわずかながら電圧降下を生じたほぼ5Vとなり

ちょっと違います。リークがあると出力電圧は 5V になりません。リークがあると Q3 が動作してしまい、出力電圧が 3.5V~3.7V くらいの下がってしまいます。プルアップ抵抗をつけることで 出力端子の電圧が 5V に引き上げられるので Q3 が OFF になります。

ただし注意しまければならないのは、出力端子にCMOSをつないで...続きを読む

Qトランジスタによるエミッタ接地増幅回路において

エミッタバイパスコンデンサCeの容量を小さくした場合、
低周波数域で増幅率が下がる理由を教えてください。
できれば式とともに教えていただきたいです。お願いします。

Aベストアンサー

No.1の回答で完璧ですが、別の見方で概念的に理解してみましょう。
まず、エミッタバイパスコンデンサの目的は、バイアス電圧発生用の
エミッタ-アース間の抵抗をバイパスし、エミッタ-アース間の交流
インピーダンスを0に近づけ、負帰還による増幅率低下を抑えること
にあります。
コンデンサが小さすぎると低域での交流インピーダンスが増え、エミッタの抵抗による交流電圧(電圧降下)が発生します。この電圧はベースへの入力電圧を妨げる方向に働き、増幅度が下がるわけです。低周波数ほど増幅度が下がるのは当然です。

Qttlについて…

学校の課題でc++でpingを作れと言われました。プログラムを作って表示するところでWindowsで普通にpingを通すとReply form bytes time ttlを表示するので、自分のプログラムもこれらを表示するようにしました。ですが、先生にttlは何故必要なのか?と言われあんまり考えていなかったので答えられませんでした。なぜttlは必要なのですか?少し噛み砕いて教えていただけたら幸いです

Aベストアンサー

こちらを読めば解決しますよ。
http://www.tef-room.net/main/icmp.html
下のほうにある「TTLってなに?」を読んでください。

Q移相形CR発振回路について教えてください。

移相形CR発振回路についてできれば詳しく教えてください。

Aベストアンサー

以前にこの欄で同様の質問に答えた事があります。
読んで見てください。わかりにくければ補足下さい。

参考URL:http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=165460

QTTL変調

レーザー関連でTTL変調って事をよく見ますが
TTLとはなんの事ですか?
ネットで調べても、専門的な説明しかないのでよくわかりません。


http://www.bblaser.com/bbl_item/bbli002_align.html

Aベストアンサー

TTLとは
http://ja.wikipedia.org/wiki/Transistor-transistor_logic#.E3.82.A4.E3.83.B3.E3.82.BF.E3.83.95.E3.82.A7.E3.83.BC.E3.82.B9
>Transistor-Transistor-Logic (TTL) はバイポーラトランジスタと抵抗器で構成されるデジタル回路の一種。
であり、扱う信号の基本単位は0か1かの2状態のみです。

一般的なレーザー発振器で「TTL変調ができます」という場合

別の装置のTTL出力をレーザー発振器のTTL変調入力に繋げば、0か1かの2状態に応じた
レーザー発振制御ができます。ってだけの事です

http://activeray-sci.com/Products/Laser/Green/TECGL-XX-532-TTL.html
の下のほうのTTL変調の説明図が解り易いかもしれません。

単純にON,OFFか、機器によってはHi,Lowか、という違いはありますが
いずれにせよ2状態のどちらかを選択制御です。

TTLとは
http://ja.wikipedia.org/wiki/Transistor-transistor_logic#.E3.82.A4.E3.83.B3.E3.82.BF.E3.83.95.E3.82.A7.E3.83.BC.E3.82.B9
>Transistor-Transistor-Logic (TTL) はバイポーラトランジスタと抵抗器で構成されるデジタル回路の一種。
であり、扱う信号の基本単位は0か1かの2状態のみです。

一般的なレーザー発振器で「TTL変調ができます」という場合

別の装置のTTL出力をレーザー発振器のTTL変調入力に繋げば、0か1かの2状態に応じた
レーザー発振制御ができます。ってだけの事です

http://activer...続きを読む

Q接合トランジスタ、プレーナトランジスタ、点接触トランジスタ

接合トランジスタ
プレーナトランジスタ
点接触トランジスタ

これらのトランジスタって一体どういったものなんですか??

Aベストアンサー

点接触、接合、プレーナ型へと進化したのかな

参考URL:http://www.nanoelectronics.jp/kaitai/transistor/1.htm


人気Q&Aランキング

おすすめ情報