最新閲覧日:

マジェスティー(黒)に乗っているのですが、先日前面パネルの側面に塗装が剥がれる程の引っかきキズをつけてしまいました。
ここで補修の仕方を調べたのですが、より詳しくお聞きしたいので質問しました。
補修の手順としては、
キズをとる>パテで埋める>磨く>サーフェーサー>塗装
でよろしいのでしょうか?
また、テクニック等を教えて頂けたら助かります。
よろしくお願い致します。

A 回答 (2件)

 傷にもよりますが、どの程度の補修の出来具合を希望しているのでしょう? 目立たない程度でしたらマジックで塗るのもひとつの手です、まったくわからないように修理したいのであれば前面パネル全塗装をお奨めします。

    • good
    • 0

傷をとる、というよりは汚れとゴミと油っ気をとる(脱脂)というのが第一段階ですね。

シリコンオフなどの脱脂剤を使います。傷の中にパテを埋めるのですから最初の段階で傷が無くなるまで削ってしまうと無駄に広範囲を塗装する事になってしまいます。

パテは材質にあったものを選び、中に空気溜まり(気泡)ができないように施工する事が大事です。塗装の剥がれた部分を被って綺麗な部分にかぶさるように当てます。完全乾燥後に耐水ペーパーなどでパテをならして、元の塗装面と補修面の段差が無いように丁寧に仕上げます。ペーパーはホルダーを使った方が面が綺麗に出ます。ペーパーだけを当てて削っていると「なかへこみ」になったりしがちです。

塗装は「薄く何回も」が基本です。一度に欲張って塗料が垂れたりしたらだいなしです。
ホコリやゴミが飛んできて付着するといけませんから、塗装ブースのように風が入り込まない環境が大事です。また、スプレー塗装の場合、塗料は空気中に舞いますので、マスキングは全体的にやっておきましょう。極端な話、塗装している反対側(裏側)にもミストになった塗料は付着します。
塗り重ねる回数は多い程よいですが、最低でも5回位はやりましょう。
塗り終わったら、コンパウンドか極細のペーパーでならします。8000番以上くらいのものでないと、塗装が薄いですからすぐに下地が出てしまいます。
コンパウンドの方が無難ですね。極細目で磨き込んで塗装面のざらつきをとります。そのあとに超微粒子のコンパウンドで磨いて艶と深みをだします。

色があわないのが素人塗装の一番の悩みです。近い色を選択するのは当然ですが、塗り終わった時に色の違い書きになる場合には磨き込む前にボカシ剤を使っておくといくらか見やすくなります。クリアーで仕上げてやると色の深みが演出できます。まあ、あまり完璧を求めない事ですね。

異論があるかもしれませんが、プラスチックに塗装する場合、サフェーサーは必要無いと思います。しっかり脱脂をしておけば、あとから塗装が剥がれたりする事はほとんどありません。錆び止めの配慮もいらないわけですから。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます!!ペーパーは1500番のものを使おうとしていたので、危うくキズを広げるトコロでした。丁寧にお教え頂き、ありがとうございました。

お礼日時:2001/07/08 02:16

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ