小3の母です。四国の中の田舎に住んでいます。こちらは私立高校の方を滑り止めに、公立高校を本命に受験する地域です。子供自身が偏差値70の公立高校受験受験を希望しています。運動系の習い事で知り合った先輩方の殆どがその学校へ進学するので影響されたんだと思います。(希望校にはその運動系の推薦はありません。)こちらの公立高校は中学の内申点と受験の点数で計算して合否が決まりますから、中1から成績はオール5に近い感じで合格という感じです。よく、質問コーナーやサイトを見ると、公立ならトップ高でも私立の様な問題も出ないし、教科書準拠だから塾なしで中学から進研ゼミ一本で大丈夫!みたいな記事もチラホラ…。そんなもんなんでしょうか?本人が運動が好きなので週に5日夜は7時~2時間程運動系の習い事に行き10時位まで帰ってきます。今のところは受験研究社さんのハイクラステスト、ハイクラスドリルが公立小学生レベルの少し難しいかな位なので使って問題集家勉のみです。この問題集は9割位は自力で解いてます。トップクラス問題集も算数のみやってますが、中身が三段階に内容がなっていてるんですけど一番難しいトップクラス問題集は解けませんし、トップ問題は私立中学受験向けかなぁと思ったりしてやらせてもいません。中学からも塾なしで大丈夫なら問題集と本人の自由な時間に出来る通信講座で、進研ゼミかなと。Z会も気になりますがこちらは教えないと解けない良問ぞろいで私立向けかなとか思っております。運動はやりたい限りはさせてやりたいし、本人の成績は今のところケアレスミスで一問落とすか100点で音楽以外はオール5に近いですが、公立だし、小3の成績にすぎないしで…。公立トップ高校行かれた方、家勉と通信で行けますか?運動減らして塾の時間確保なもんですか?

A 回答 (3件)

うーん、愛媛ならトップの松山東高校で県の入試で220/250くらいでしょうか。

9割近い相当な高得点が要求されます。つまり出題難度はさほど高くありません。落とすための手の込んだ試験とは思えない、到達度テストの性格のほうが強そうです。しかも入試本番(学力検査)の合否判定における配点は近年上げられて6割とか。平素点とその他で4割を占めます。

私立トップの愛光に中学受験で進む(合格最低点は7割に満たない、難問系の試験を通過する)のとは準備の種類が違う、ということは理解しておくべきでしょう。

今のところはトリッキーなものではなく、あくまでオーソドックスな選抜だろうということです。お子さんが受験の数年後にはまた制度もいじられているかもしれませんが。「寺子屋」などを見ても塾のコースは公立トップ向きと難関私立向きとは別の構成になっているように見えます。そして四国で難関私立と言えるのは愛光だけでしょう。トップ層の多くは公立に進む文化のようです。首都圏と関西以外のほとんどの道県はそんなものです。
    • good
    • 0

自治体、県によりますとしか言えません。

公立高校の入試問題がどう作られているか、によります。#1さんは大阪府の例を挙げてありますが、四国の田舎の県にはあてはまらないでしょう。

入試問題が全県統一なら平易な基本問題で間違えなければ(満点近くをとれば)、そして内申書におかしなことが書かれていなければまず合格です。高校独自の出題だったり難易度別に複数の出題があるようなところは、基本問題では差がつかないので難度の高い、落とすための試験になるでしょう。その場合は塾に通って情報収集するなどの特別な対策が必要になってきます。

塾のメリットは授業の効率というよりは中学にはそれほどいないライバルと一緒に中学では見たこともないような演習ができることでしょう。その必要がない県なら、少々要領がよければ普通にやっているだけでトップ公立校くらい受かります。逆に言うとそういう高校にはそういう子、まだ磨かれない子が集まってきます。ただしその要領のよさは小三では判明しないでしょう。

県の高校入試について調べてみることです。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとう

回答ありがとうございます。こちら愛媛です。県内統一のテストなので基礎から発展までどの教科も大問の中に難易度の異なる問題を4つ5つ設けていて。『これが解けたらこの学校に受かるんだろうな』とランク分けされる振り分けられるようなsnapora2さんの仰っている落とす為の試験のようです。市内の塾も中1から偏差値別と言うよりは志望校別にかなり細かくクラス分けをしているのを広告で見たことがあります。自学で内申点とれても入試本番難しそうですし、仮に志望校に受かってもそれからが大変になりそうですね。中学になったら塾の時間を確保したいと思います。同じレベルの子達の中でやらせて自分の位置、我が子のレベルを正確に把握したいと思います。

お礼日時:2017/12/03 19:56

公立高校の入試制度は都道府県によって全然異なります。


例えば、大阪だと国・数・英の3教科はA(基礎)~C(発展)の3パターンから各高校が実情に合わせて選択することになっていますし、C問題は重厚な難問が多く、高度な問題練習が必要となります(数学は難問が多いですし、英語は全問英問英答でリスニングが配点の3割を占めるといった特徴の強い形態)。
他の地域だと滋賀(特に社会)は文章記述式問題の比率が極めて高かったり、東京都立も難関校あたりになると自校作成問題を使ってきたりと地域によって実情は様々です。
逆に兵庫の社会のように採点ミスを恐れて文章記述を全廃したようなところもあります。

そういう地域的な事情も絡んでくるので、こればかりはもうちょっと地域がはっきりしないと何とも言えません。
塾なしで公立最上位を突破できるのは、保護者の方がお子さんをきちんと自学自習できるように教育できてきた方ぐらいだと考えておいた方が賢明だとは思います。
現在小3とのことですから、お子さんが興味を持ったことにはきちんと取り組まさせることとか、きちんと自分から進んで机に向かうことと今後も自学自習できるようにお子さんを仕向けていくことが、今質問者さんにできることなのかなと思います。

通信教育に頼る場合はお子さんが周囲にダラダラ流されないように仕向けないと消化不良を起こしますから、その点には注意が必要です。
Z会も公立向けのコースはあると思いますよ(Z会がこなせるなら進研ゼミよりはZ会の方が良いとは思いますけどね)。
国語に関しては、まだ発刊途中(現在小4まで発刊済)のシリーズですが、出口汪氏の「はじめての論理国語」シリーズあたりを取り組まさせてみるのも一手でしょう。

それ以外に他教科でもヤフオクとかのオークションサイトでたまに塾用教材が出品されていたりしますので、ちょっと値は張りますがそういうのを狙うのも一手かもしれません。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報