1ドル100円の時に100万円をドルで外貨預金して、1ドル150円の時に円に戻したとします。すると手元には150万円が入って、その人は差し引き50万円得したことになりますが、預金先の銀行としては、1万ドル預かって1万ドル払い戻しただけで損得無し。では一体、50万円分は誰が損をしているのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (8件)

面白い質問ですね。


(1)時間軸(いつからいつまでを損得として勘定するのか)(2)プレーヤ(ドルを売り買いする当事者)(3)ドルのポジション(まだ誰かがこのドルを持っているのかいないか)(4)銀行は預かった瞬間に誰かにそれを売ったのか、または、ある期間もっていたのか、によって回答はいろいろあります。
1.(一番単純なケース)
プレーヤがあなたAさん、銀行B、一万ドルをBから買って、また、そのドルをBに売ったCさん、とします。
答:Cさんが損をしてAさん、Bが得をしています(BがCにいくらで売ったか、BがCからいくらで買ったかによります。正確にはこれに金利がつきますのでCさんは必ずしも損をしていません、なぜかっていうと50ドルを利息として稼いでいれば損はしていないのでした・・・つまり、金利が高いところにおカネが流れるわけで付随的な理由はいろいろありますが基本的には円でいくら利息を稼げるか、ドルでいくら利息を稼げるかで為替レートが決まってきます、金利ってそのくらい威力があるのですね、ついでにいうと為替レートだけでなくって株価も金利が基本になりますので株式投資をする人はある程度は金利を読めなければ結局損をしてしまいます)
2.(少し複雑)
プレーヤがあなたAさん、銀行B、一万ドルをBから買ったCさん、一万ドルをBに売った人Dさんのとき
答:B,C,Dのドルの合計になります。ただし、Cさん、Dさんは評価損益でまだ損得は確定はしていません、また、金利収益もありますのでこれも合算します。
3.(もっと複雑)
この期間にこのドルを売り買いした当事者の円とドルのバランスシートを作ってそのときの為替相場で評価して、金利収入も入れて見れば分かりやすいと思いますがスペースがありませんので・・・(結局、外国為替とかの外国為替持高評価損益のお話になってしまいますので詳しくは専門書をご覧ください、ものすごく面白いですよ)。
    • good
    • 0

みなさんとは回答が違いますが,この疑問はありました.


1.銀行,両替商が損をしていると思います.手数料で儲けていると思いますが,
 50円の差では儲けは飛んでいくでしょう. 決算の時にはドル表示ではなく日本円 の表示ですから,その決算の時に持っているドルが決算期の期首の価値と期末との価値との差が出てきます. 期首=期末の手持ちのドル と同じとすればと
期首 $1=\100  期末$1=\150 ならば儲け
期首 $1=\150 期末 $1=\100 ならば損 
 銀行の決算では単なる持っているだけで,為替差損益金が出ますが,実際に円に交換しているわけではないので.帳面上の損益です.ところで仕入が $1=\115を117円で客に売れば2円の儲け,しかし$1=\152で買取れば2円の手数料を引くと150円-115円=35円の損です。 こう考えると銀行などが損をしていると思います.逆に得するときもあります。 たとえば同じ銀行で手数料は省いて考えます・
7/1売り$1=\120 7/3 買い$1=\120   120-120=損失\0
   "  7/3 買い$1=\150  -150+120(7/1に売った受け取り金) =損失\30 しかし実際には,毎日多数の出し入れがあるので,こんな単純ではないでしょうか

2.客も損得あるでしょう. $1=\100 を買ったものを$1=\90 で売ればは自分が損をするし,$1=\150で売れば儲かると,その逆に$1=\90で買った人が $1=\80なれば損をするし$1=\120になけば得するし,まあ、先のことはわからないでしょう。売り買いする人(銀行など)が損得をしていることになるでしょう.

3.ドル同士の取引で円交換しなけれは損得はないでしょう.しかし円を交換するときもありますから,損益が出ます。

4.税金で為替益金が減りますね.銀行などは商売ですから,損失計上もできます。

5. 銀行や証券会社や商社が 為替の失敗で潰れたり,事業縮小したところがありましたね.損がないならば,潰れないと思います.
    • good
    • 0

1ドル150円以上で外貨預金をした人が損をしています。


ただ、円に変えなければ損失は実現しないで、評価損となっているだけです。
その人も、1ドル160円になれば利益が出ます。

極端な話、誰も預金しただけでは、利益も損失も無いのです。
買い戻したときに、利益と損失が実現します。
    • good
    • 0

1)銀行が手数料でもうけているのは、下記の方々が言われる通りです。



2)さて、あなたがドルを売って円を買えば、逆に円を売って貴方が売ったドルを買っている人がいるわけです。この人が損するか得するかは、その後の為替の動きと、この人の逆売買のタイミングによります。

もし円が下がり続ければ、この人も逆売買でもうけます。しかしマクロでは、ドルがだぶつき、円がタイトになるので、為替レートの動向が反転するプレッシャーが働き、貴方のような売買行動で損する人が続出するでしょう。

円・ドル為替市場がクローズドで、マネーの新しい供給が起こらないと仮定すれば、こうしたメカニズムとなります。
    • good
    • 0

>>特定の人はいません。


>>為替マーケットの参加者全体



は、直接的には正しいのですが、円が安くなる(\100/$ ⇒ \150/$)のですから、その(50万円分)は、間接的には日本国民全体が負担していると言えます。

 \150/$ の時にドルで買い物をしようとする人にとって、100万円分の価値はその分下がっています。$6,622 分しか買うことが出来ません。
    • good
    • 0

 つまり、あなたが為替差損を蒙ったとしても、銀行は為替手数料分だけは利益を上げているので、全くリスクが有りません。

それゆえ、外貨預金をするように勧めている訳です。

 リスクが無く利益が上がるのですから銀行としては大いに外貨預金を勧める理由が分かります。
    • good
    • 0

>>銀行としては、...損得無し




は、実際の為替取引きにおいては間違っています。

 銀行の為替手数料として、TTS-TTB ($の場合 往復で \2/$、つまり、$9,900 x \2 = \19,800) 分だけ、日本円であなたから利益を上げています。し、あなたは、その分だけ為替差益が差し引かれています。




中値
=======
100 \/$   ドル買いレート(TTS)  \101/$  $9,900.99
150     ドル売りレート(TTB)  \149/$  \1,475,247


銀行手数料
$9,900.99 x \2/$ = \19,801.98
    • good
    • 0

特定の人はいません。


為替マーケットの参加者全体が共同で負担して
いるともいえるし、マーケットの敗者が負担して
いるともいえます。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QNZドル為替動向

最近、円がNZドルに対して強くなっています。
半年前から三ヶ月前までは
1NZドル81~85円くらいで動いていたのですが
最近円高が加速し80円を突破、一気に75円くらいまでに
なっています。
これは何かNZで起こっているのでしょうか?
NZは景気落ち込んでいるのか利下げをしてますよね?
(預金金利が下がったので勝手にそう思ってます。)
それにより通貨の魅力が下がったのが原因でしょうか?
全体的に見ても円は
NZだけでなくUSや他の通貨に対しても
高くなっているようです。

特にNZドル
の今後の動向はどうなるのでしょうか??
もちろん、為替を先見を正確に
予告するのは不可能ですが
詳しい方がいらっしゃいましたら
ご意見をいただけないでしょうか??

Aベストアンサー

1ドル40円台前半の時代にNZD建て外貨預金を経験しているので、
怖いものしらずです。
個人的には、1NZD=65~75円のレンジが
妥当で、今はむしろ円安の名残なのかと
思っています。

Q「1ドル=?円」、「1円 =?ドル」じゃなぜダメ

日本では「1ドル = ? 円」と報じられます。

アメリカやEU諸国など多くの国では為替を外貨建てで報じたり、議論したり、ニュースになったりする国はほとんどありません。
今はもうなれましたが、当初はなんで日本で日本の通貨価値を「1円 =?ドル」や「100円=?ドル」とか解説してくれないの?混乱の元だし、実際なれるまでだいぶ混乱しました。
なぜ日本は通貨価値を皆が外貨のドル建てなどの基準で表記し、議論するのでしょうか?

なんか右肩下がりの円高悪、右肩上がりの円安善、のように誘導されているようにすら見えてしまいます。
実際には何らかの理由があるのだろうと推測しますが、どんな経緯から日本では通貨価値を円基準ではなくドル基準などの外貨基準になっているのでしょうか?

Aベストアンサー

詳しいいきさつは知りませんが戦争に負けそのときのレートが1ドル=360円。
つまり円は360°からヒントを得たとかいうまことしやかな話しが根拠じゃないのでしょうか?
それが時代が下ってもいまなお慣例に従って1ドル=xx円が定着したものと思われ。

Q豪ドル/円のよい為替情報サイトありませんか。

豪ドル/円のよい為替情報サイトありませんでしょうか。

ここ数日、豪ドル/円が円安気味です、
本日は豪の経済消費者指数がよい発表があったようです、
そのためなのか、円安更新中です。

豪ドル/円の為替を見極めるためによい為替情報サイトありませんでしょうか。要人の発言等も分かると助かります。

Aベストアンサー

メジャーな通貨ではないので無料の予想サイトなどはあまりないような気がします。

一応、
http://www.bk.mufg.jp/rept_mkt/gaitame/index.htm
ここの今月の為替相場見通し、今週の為替相場見通しで月間、週間の予想レンジが見られます(内容はかなりアバウトですが)。
後、パートナーズFXに口座を開くと、毎日だいまん氏のレポートが見られるようです。
僕が知ってるのはこれくらいです。

Q日本にとっては1ドル円安の160円・適正の120円・円高ドル安の80円

日本にとっては1ドル円安の160円・適正の120円・円高ドル安の80円のうちどれが好ましいですか?
また、逆に日本にとっては1ドル円安の160円・適正の120円・円高ドル安の80円のうちどれが一番痛手ですか?

円安
1ドル=160円
日本の株式市場の株価が上昇して、輸出企業の業績は良くなるが、ガソリン代・輸入品が高くなる・ドル圏の土地が高騰するため、アメリカの不動産も高騰する。

適正
1ドル=120円
輸入と輸出のバランスがとれている。

円高ドル安
1ドル=80円
ガソリン代・輸入品が安くなる・ドル圏の土地を安く買えるためにアメリカの不動産も安く買えるようになり、アメリカ都市圏郊外に広い庭付きの一戸建て(土地面積4000m2 建物面積200m2程度)を購入することができるがその分日経平均が下がり、輸出企業の業績が悪化し、そこで働く人の給料が減ってしまうor日本に職場がなくなる。

Aベストアンサー

どの選択肢でありましても意識しておくべき事があります。それは、経済はバランスが大事であるという事です。バランスをイメージする為に、飛行機で例えさせて下さい。

飛行機を2つからなると見立てます。

一つは縦のラインで人が乗るところですね。これを中心軸で見立てます。
もう一つは横のラインで羽の部分ですね。これを両翼で見立てます。

飛行機は、中心軸と両翼のバランスがとれる事がとても大切です。

左に傾いたり、右に傾く事は何も問題ではございません。左に傾いたり右に傾く事で、目的地へと舵取りをする事が出来るからです。では両翼だけで飛行機が目的地へ到達するかと言いますとそうではありませんね。

中心軸が必要です。中心軸を通して、両翼のバランスをとっていく時に最も飛行機は安定します。この飛行機の中心軸と両翼のイメージを借りて質問内容に入っていきたいと思うのです。

質問者様の質問内容は、飛行機の羽の偏りをどの様にセットするのか?というものとして観る事が出来ます。例えば、円安=左、適正=真ん中、円高=右、ですね。それで日本にとって(好ましい・痛手)なのは、飛行機の機体をどうバランス取るのが良いのでしょうか?という質問ですね。

飛行機の中心軸が大切です。

そして、今まではどこからやって来て目的地はどこであるから、現在地がここだったら今からはこちらだよ、との判断が付きます。つまり日本にとっての(好ましい・痛手)を判断するためには、日本は

(1)今まではどこからやって来て
(2)目的地はどこで
(3)現在地がどうであるから

が認識できる時に、何をどの様に判断したら良いかが見えてくるかと思います。

「日本は」、が主語である事が大切です。

そこでお聞きしたいのですが、質問者様は日本の現在地について(1)~(3)をどの様に認識していらっしゃるのでしょうか?認識によって判断は変わるのではないかと思っております。

どの選択肢でありましても意識しておくべき事があります。それは、経済はバランスが大事であるという事です。バランスをイメージする為に、飛行機で例えさせて下さい。

飛行機を2つからなると見立てます。

一つは縦のラインで人が乗るところですね。これを中心軸で見立てます。
もう一つは横のラインで羽の部分ですね。これを両翼で見立てます。

飛行機は、中心軸と両翼のバランスがとれる事がとても大切です。

左に傾いたり、右に傾く事は何も問題ではございません。左に傾いたり右に傾く事で、目...続きを読む

Q株式市場と為替の関係について 新聞等で、 日経平均上昇→円安ドル高 日経平均下落→円高ドル安

株式市場と為替の関係について

新聞等で、

日経平均上昇→円安ドル高
日経平均下落→円高ドル安

NYダウ上昇→円安ドル高
NYダウ下落→円高ドル安

という相関関係が前提とされている記事を見かけるのですが、そのメカニズムがわかりません。教えてください。

Aベストアンサー

Moryouyouです。

端折った書き方になってしまいました。
すみません。
諸説あるのですが、海外投資家やファンド
は、日本株の株価下落のリスクヘッジを
するため証拠金などの信用取引に必要な
資金をドル資金から(引き上げて)円資金
にして、いわば追証をするということです。
そのためドル売り円買いとなり円高となる。
といわれています。

逆に日本株高となる場合は、そうした円
ポジションは低金利、マイナス金利の
状況で余計な資金を円でおいておくのは
機会損失となるため、ドルに買い戻す
流れ(ドル高円安)となるということです。

QIMFへの10兆円の融資は円で?ドルで?

日本政府と国際通貨基金との間の融資取極(仮訳)
http://www.mof.go.jp/jouhou/kokkin/imf_210214.pdf

これについて、円で支払うとありますが、外貨準備金を使っているという意見も聞きますし、麻生元首相が嘘をついたと言う意見も聞きます。

詳しい方がいらっしゃいましたら、実際どういう仕組みなのか教えて頂けないでしょうか。

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

たびたびすいません.No.2です.

NO.2の回答のお礼を見ずにNo.3を書き込んでしまったので,No.2の「この回答へのお礼」に対する回答を.


おそらくNo.2で書き込んだ流れが正しいならば,

_________________________________________
(1)日銀のIMF勘定というIMFへの窓口がある。
(2)政府は外貨準備に計上されている米国債を担保に日銀にIMF勘定の積み上げを依頼する。

→政府がドル建ての外貨準備高を担保に日銀から円を借り、その円を日銀にIMF勘定へ積み上げてもらう。
→あくまで担保なので為替は変動しないし外貨準備高もそのまま。

(3)日銀はピポパ(帳簿操作)でIMF勘定を増やす。(これが日本円で支払われるということ)

→ピポパ(帳簿操作)でIMF勘定を増やす=実質的にはその分の円を発行したことになる(?)
→拠出は円だが、もちろん税金は使われていない。

(4)貸出が決定した国にIMF勘定から円や他のハードカレンシー通貨に換えてIMFが融資する。

→ハードカレンシー又はSDRで融資(IMFサイトより)し、利息と返済をSDRで受け取る。
→元本分のSDRは円に戻され、利息はSDRのまま(?)政府と日銀で分ける。結果的に外貨準備高のSDRが増えることになる。
→SDRは通信バケット制なので変換時に為替の変動が起こらない
________________________________________________________

の認識はほぼ正しいかと.(→SDRは通信バケット制なので変換時に為替の変動が起こらない は間違いですが.私のバカな書き込みが原因ですね)

ただ1つ違うとすれば
→元本分のSDRは円に戻され、利息はSDRのまま(?)政府と日銀で分ける。結果的に外貨準備高のSDRが増えることになる。



→元本分のSDRは円に戻され、利息はSDRで支払われる場合は外貨準備高のSDRに,円で支払われるなら日本政府に支払われる.

が正解でしょう.
しかしながらIMFが円で支払うとなるとIMFが持つドルや金を売り払って円を調達しなくてはなりません.それよりも自分たちが(ある程度は)勝手に発行できるSDRで返済したほうがローリスクなため,おそらくはSDRで支払っているとは思いますが.

たびたびすいません.No.2です.

NO.2の回答のお礼を見ずにNo.3を書き込んでしまったので,No.2の「この回答へのお礼」に対する回答を.


おそらくNo.2で書き込んだ流れが正しいならば,

_________________________________________
(1)日銀のIMF勘定というIMFへの窓口がある。
(2)政府は外貨準備に計上されている米国債を担保に日銀にIMF勘定の積み上げを依頼する。

→政府がドル建ての外貨準備高を担保に日銀から円を借り、その円を日銀にIMF勘定へ積み上げてもらう。
→あくまで担保なので為替は...続きを読む

Q為替相場(円/ドル)についての問題

為替相場(円/ドル)について、これから年末にかけてどう動くか、あなたの予想とその理由を教えてください。

Aベストアンサー

日銀は年内中は政策金利を現状維持するとのうわさがあります。真に受けるとすれば、外国の金利政策が影響を与えてくるでしょう。チラッと見たニュースですとアメリカFRBは次の利下げをいつするかということに関心が向けられているそうです。そうすると、日本の政策金利とアメリカの政策金利の差が縮まるので円高に振れそうですが、前回の例でアメリカの政策金利引下げを歓迎しドル買われました。今回もそのような現象とまでは行かないにしても、極端な円高に振れることは少なくともないと思います。

政策金利以外にも円キャリートレードの再燃もありえるので、円高要素自体は総合的に見ると少なそうに思います。

よって、日米の為替レートは現状~円安という感じになるでしょう。

なお、私ど素人の意見なので、ご参考までということでご了承ください。

Q2012年の今 もしもドル円の為替が120円なら

資源価格の高騰により日本は今よりダメージを受けるでしょうか?

輸出企業もリーマンショック前と違い物が売れなくて円安の恩恵もさほど受けれないですかね?

歴史にもしもはありませんが。

宜しくお願いします。

Aベストアンサー

多くの人が勘違いしていると思います。問題は「円高」とか「円安」ではないのです。

リーマンショック後、なぜ日本の景気が悪くなったのか。当時のニュースをよく覚えている肩ならわかるはずです。

「急激な円高の影響で、株式が急速に下落した」

から企業経営が苦しくなったのです。そりゃそうです。資本の絶対量が、大幅に値下がりしたのですから。

麻生内閣では積極的に財政出動を行って、内需の活性化を図りましたから、すぐに株式も回復し、一時8000円を下回るまで値下がりした日経平均株価も、一気に回復して、10000円を上回る水準にまで回復しました。金入機能強化法の延長や雇用調整助成金などを使って、企業の連鎖倒産を防ぐ方法もとっていましたしね。

ところが、政権交代が行われて以降は、こういった国内の企業に向けた財政出動や法整備化は全くと言っていいほど行われませんでした(唯一亀井静香氏によって行われた金融モラトリアム法位のもの)から、円高に引きずられるようにしてどんどんと国内企業の株式は値を下げ、同時に国内企業の体力も削り取ってしまいました。

国内企業に体力の余裕が生まれない以上、外に向けて進出するための体力など、当然生まれませんから、円高はいつまで待っても円高のまま。景気も全く回復する素振りを見せません。

これは、水準が円安になった場合も同じだと思います。
為替がドル当り120円になったと言っても、これがどのようなプロセスをたどってそこまで下落したのか、ということが一番重要だと思います。

例えば(例が不謹慎ですが、実際に起きた例ですので、ご容赦ください)、今回の震災のように、大規模で、国家の資産を根こそぎさらっていうような事件が起きた場合。

国内の株式を保有しているのは、売り相場の33%、買い相場の33%が外国人投資家ですから、彼らが「日本という国はもうだめだ」と感じて、株式を一斉に売り払い、資金を根こそぎ国内から引き上げたせいで円安になったとしたらどうでしょう。

企業としても、なすすべがないと思います。それこそ、日銀が鬼のように紙幣を刷りまくって、市場に投下しないかぎり、大幅な資金不足に陥って、給与も支払えず、倒産する企業が相次ぐのではないでしょうか。


逆に、国内で何かしらの明確な目的のある財政出動が行われて、企業の株価が上昇し、利益を確保することが出来た投資家達が、利益を確定するために株式を売り、更に円を外貨に換える、という動きが起きた場合はどうでしょう。当然、株式に投資先としての魅力が生まれる訳ですから、今まで円を通貨のままで保有し、投資を行なってこなかった投資家たちが株式を買いに走ります。値が上がるから今まで保有していた投資家たちが・・・という流れが起きます。

また為替も円安にシフトしますから、安くなった円を買い、また再び株式に投資、という流れが起きます。

この両者のような事例を比較しても、結局「どのようなプロセス」で円安が発生したのか、という理由が如何に大事かがわかります。

資源価格だってそう。きちんとした外交を行って、中東の産油国との間で親密な人間関係を作り上げ、日本だけが原油を安く仕入れられるようなルートをきちんと作っておけば、原油価格が為替相場だけに影響されることはないはずです。

また、「輸出企業」って言いますけど、実際にそんな企業は存在しません。よくて貿易商くらいでしょうか。トヨタも、ソニーも、キャノンも、みんな「国内企業」であって、「輸出企業」ではありませんよ。

今は国内で消費が生まれにくい状況が作られていますから、彼らが海外に進出したがるだけで、国内の消費や産業基盤が安定しさえすれば、十分国内だけで商売は成り立つはずです。

後は余剰資金、つまり国内で儲けて上澄みが出た分だけ海外に向けて商売を仕掛ければ良いだけの話。国内で十分に稼いでいるわけですから、仮に海外で資産がうまく回転しなかったとしても、それほど大きな影響は受けにくいはずです。

要は企業に体力さえあれば、円高だろうが、円安だろうが問題はないということ。
そういう政策が必要だってことです。

多くの人が勘違いしていると思います。問題は「円高」とか「円安」ではないのです。

リーマンショック後、なぜ日本の景気が悪くなったのか。当時のニュースをよく覚えている肩ならわかるはずです。

「急激な円高の影響で、株式が急速に下落した」

から企業経営が苦しくなったのです。そりゃそうです。資本の絶対量が、大幅に値下がりしたのですから。

麻生内閣では積極的に財政出動を行って、内需の活性化を図りましたから、すぐに株式も回復し、一時8000円を下回るまで値下がりした日経平均株価も、一気...続きを読む

Q為替相場(円/ドル)についての質問

為替相場(円/ドル)について、これから年末にかけてどう動くか、あなたの予想とその理由を教えてください。

Aベストアンサー

季節的な要因から米ドルは年末から上昇する傾向が強いです。問題は、アメリカの政策金利が緩和方向にあって、金利イールドカーブが逆ザヤ状態になっているため、対日本円でも金利差からみるとそれ程魅力はないです。ユーロの動向次第では120円台の定着が困難になるように予想します。

Qドル/円が下がるとクロス円が上昇し続けていくのですか?

5月18日以降からドル/円が下がるとクロス円が上昇し続けていく傾向があります。今後もこういう形になっていくのでしょうか?

もしGMが破綻した場合はドル円に限らずクロス円も円高になっていくのでしょうか?

Aベストアンサー

ドル円と、ユーロドルがメインで実体にあるものですよ?

ドル/円 * ユーロ/ドル =ユーロ円 になります。

あくまで、ドル円とユーロドルやポンドドルなどの関係です。

GMが破綻するので、ドルが売られているのではないでしょうか?
ドルが無くなるなら、ユーロドルだったらユーロ買いますよね?

そしてドル円は日本でドルが無くなると円の信用が落ちる
だったらドルのがマシ、だから円安になっているとか
今後はドル円というよりユーロドルとポンドドル主導になるのでは?
あとユーロポンドなど

見た感じ強さが意外と ポンド>ユーロみたいですね
やはり歴史の差が出ているのか、はたまた最後の火なのかは難しい

今年はFXしない方がいいと思いますよ
へたしたら取引停止になって全額帰ってこなくて大損するし予想が難しい


人気Q&Aランキング

おすすめ情報