なぜそうなのですか?と聞いても、そういう風習だからとか
みんなそうしてるからとかしか言いません。
それであなたの意見はないの?と聞いてもこれが意見だと言われました。
お前は何を言っても否定しかしないなと言われたので
私は根拠をもって意見を述べているのにあなたは根拠がない。
だから否定にはならない
根拠があるからといって否定にならないわけではない

と永遠とこんな会話が続いたのですが、こういう人ってみんなどうしてますか??

A 回答 (9件)

「根拠があるから否定にはならない」はちょっと??


根拠があって正しいと思えることを言っていても、
相手の意見と食い違えば「否定された」と受け取られることはあるでしょう。
それを「否定してない」と言い返すよりは「否定的と受け取られたんだな」と解釈して、
どうすれば否定じゃないと思ってもらえるのか言い方なり表情なりを工夫をしたほうが建設的かな。

「普通はこう」とか「みんな言ってる」とかいう人は、
そもそも自分で考えるという習慣がなく惰性で言動していることが多いので、
一番いいのは「へー」で流してそういう人と議論はしないことかな。
どうしても議論しなきゃいけない場合は、
「こうしたほうがあなたにとってお得ですよ」という論点で話すと同意を得やすいと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
正しい、正しくないにこだわりすぎるのも確かによくないですね。

ありがとうございます。

お礼日時:2017/12/08 03:57

むしろ質問者さんの方に、根拠が乏しいと感じますが・・。


悪いけど、質問者さんの方を、どうしよう?と思います。

まず、根拠を問う根拠が不明です。
根拠を言わねばならない理由があるとか、言わねばならない状況にしないと、「なぜアナタに、根拠を言わねばならないの?」と言われたら、お終いでしょう。

また、質問者さんの話術にも問題が。
そもそも「そういう風習」「みんなそうしてる」も、歴とした根拠です。
カッコ良く言えば、「慣習に裏付けされた、皆が支持する方法」であって。
「だから私も、今の方法を支持する=これが私の意見」と言う構図です。
まず、そこは認めないと、話になりません。

それと質問者さん側が、現状を変えたいワケでしょ?
現状に問題があるのか、不満があるのか判りませんが、いずれにせよ現状を「否定」しているのです。
それにも関わらず、「否定ではない」などと言うと、話がややこしくなるだけです。

現状を覆したい立場(≒現状否定派)である質問者さんは、根拠もなく「これまでのやり方を変えろ!」なんて言っても、相手にされません。
すなわち、根拠があって当たり前。

ただ、こと「変える」と言う場合、「根拠があるから正しい」ではないのです。
なぜなら、「変える」と言う行為が、コストでありリスクだから。
言い換えれば、「変える」には根拠や労力が必要ですが、「変えない」には余り根拠や労力は要らないのです。

従い、「メリットがある」のは当然で、「デメリットやリスクはない」とか「コストは短期間で回収可能」「そんなに手間や労力は要らない」など、多くの圧倒的な根拠が必要です。
それでも「面倒くさい」の一言で退けられても、全く不思議じゃありません。

更に少数派の場合、「みんな」に「自分のやり方に合わせろ!」と言ってるワケだから、並大抵の根拠では「みんな」は動きませんし、みんなに「やれ」ではなく、自分が率先してやらねば、周囲の協力も得られません。
「根拠は?」などと、言葉で言い負かしても、敵を作るだけですよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

>>まず、根拠を問う根拠が不明です。
根拠を言わねばならない理由があるとか、言わねばならない状況にしないと、「なぜアナタに、根拠を言わねばならないの?」と言われたら、お終いでしょう。

私自身の考え方を否定されるような発言をされたためです。

>>そもそも「そういう風習」「みんなそうしてる」も、歴とした根拠です。
カッコ良く言えば、「慣習に裏付けされた、皆が支持する方法」であって。
「だから私も、今の方法を支持する=これが私の意見」と言う構図です。
まず、そこは認めないと、話になりません。

納得です。

>>現状を覆したい立場(≒現状否定派)である質問者さんは、根拠もなく「これまでのやり方を変えろ!」なんて言っても、相手にされません。
すなわち、根拠があって当たり前。

現状を覆したいわけでもないし、変えたいわけでもありません。

>>ただ、こと「変える」と言う場合、「根拠があるから正しい」ではないのです。
なぜなら、「変える」と言う行為が、コストでありリスクだから。
言い換えれば、「変える」には根拠や労力が必要ですが、「変えない」には余り根拠や労力は要らないのです。

それは裏を返せば、変えることを恐れているわけですよね?

>>従い、「メリットがある」のは当然で、「デメリットやリスクはない」とか「コストは短期間で回収可能」「そんなに手間や労力は要らない」など、多くの圧倒的な根拠が必要です。
それでも「面倒くさい」の一言で退けられても、全く不思議じゃありません。

それは不思議ですね。

>>更に少数派の場合、「みんな」に「自分のやり方に合わせろ!」と言ってるワケだから、並大抵の根拠では「みんな」は動きませんし、みんなに「やれ」ではなく、自分が率先してやらねば、周囲の協力も得られません。
「根拠は?」などと、言葉で言い負かしても、敵を作るだけですよ。

やり方に合わせろとかは一言も言っていません。
敵になったらそれはそれで構わないです。

お礼日時:2017/12/08 04:04

なぜそうなのですか?と聞いても、そういう風習だからとか


みんなそうしてるからとかしか言いません。
   ↑
1,そういう風習がある、皆がそうしている、という 
 根拠を示すべきです。
 そうでなければ、そういう風習があると思う、
 みながそうしていると思う、というだけで
 ただの感想に過ぎません。

2,風習がある、皆がそうしているのが、どうしてその
 根拠になるのかを説明すべきです。
 そうでなければ、やはりタダの感想に過ぎません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

お礼日時:2017/12/08 03:57

ふーん、そーなんだ。

すごいね。
この三つを繰り返すしかないですよ。

相手は会話を望んでませんから取り合えずほめながら逃げるしかないです。
注意点は、相手に言質を取られるような発言をしないことです。

敵に回すのはもちろん避けるべきですが、味方になったと勘違いされて粘着されるのが一番めんどくさいです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
こちらも、考え方を直接否定するような言い方をしてしまったので
非はあります。

お礼日時:2017/12/08 03:56

主題も不明で、議論なのか雑談なのか相談なのか、話の趣旨がわからないと判断しきれないのですが。



要するに意見が合わない、お互いの価値観のズレです。
許容範囲なら流しますが、無理なら関わりを薄くします。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
そうしました。

お礼日時:2017/12/08 03:55

性格の不一致



価値観や話が合わない人とは平行線と思います。

付き合いません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
そうしました。

お礼日時:2017/12/08 03:55

仕事なら根拠(指示書、資料)を自分で持ってきますね


書いて有るでしょって

友人なら適当に合わせます

「今日は寒いね~」という意見
仕事なら「何度以下ではこの仕事が発生するから何度で寒いか明確にしろ」
雑談なら「そうだね~」です
雑談で「私はそうは思わない。根拠を示せ」なんて言わないですね
後、「寒い」という主観に関するテーマに根拠は無いと思っています
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
考え方について話してて、納得できないところがたくさんあったため聞き返しました。
寒いについては私もよくわかりません。

お礼日時:2017/12/08 03:54

全ての発言に根拠などを求めていたら会話ができなくなります。

多少は仕方ないかと思います。根拠を聞いて、言えないようならデマの可能性もあるので、自分で調べるか、聞き流すのがいいかと思います(´ω`)

そうしてあげないと、周りから人がいなくなります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
離れられても構いません。

お礼日時:2017/12/08 03:52

なんか「皆してる」とか「風習」って言葉で返されてる時点で主は常識がなってない人って気がするんですが、


まぁそれはさておき。
根拠がない人に大体あるのが、
「根拠はあるが説明ができない」
ですね。頭のレベルの問題です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
なるほどですね

お礼日時:2017/12/08 03:52

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報