紀元前200年から紀元前300年に作られたアンティキュテラ島のコンピュータ
アンティキュテラ近くの沈没船から発見作られた候補地は、ロードス島では無いかと言われているが、噴火前のサントリー二島かクレタ島クノッソスと私は思いますが、貴方の考えを教えて下さい。

質問者からの補足コメント

  • うーん・・・

    ギリシャ以外を考えると、エジプトかエフェソス、ヨルダンとイスラエルも考えられる。

      補足日時:2017/12/06 19:32

A 回答 (1件)

アンティキュテラ島のコンピュータの話ですよね、エーゲ文明の遺物ではないかとのお考えでしょうが、サントリー二島の噴火は紀元前1628年頃といわれています。

この噴火及びそれに伴う大津波によりクレタ島を中心とするエーゲ文明は崩壊しました。

ですので、時代から言うと、アンティキュテラ島のコンピュータが作成されたのはエーゲ文明のあとのギリシャ文明だと思いますよ。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

うーん・・・

サントリー二の噴火前地震が続き島民は逃げ出し、イラクリオンでも島民は内陸へ、一度高度な文明は消え何処へ行ったのでしょうか、このコンピュータは青銅と彫金で保護されています。つまりアテナかロードス島に絞られますか?う~ん

お礼日時:2017/12/06 08:11

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報