中小企業の働き方改革をサポート>>

自殺してはいけない根拠を教えてください。
自殺しようとしているわけでも、自殺をすすめているのでもありません。皆さんの意見をお聞きしたいです。

世間では自殺はいけないと漠然と考えられているように私は感じます。しかし、その根拠はどこにあるのでしょうか。自分自身の身体や生命に関して争う余地のの権利を持っているものは、この世に自分自身以外ないということは明白に思えます。

下に反論とそれに対する意見を書きます。上記の問いや反論に対する意見を教えてください。

反論 親や友人が悲しむからいけない

答え 何人にも職業選択の自由があるように、たとえ、親でも子供の生命に対して制限する権利は有していない。また、職業選択と生命では程度が違う言うかもしれないが、ここで言っているのは自由の権利であって程度の問題ではない。親や友人が悲しむからと言う理由を認めれば、個人の生命は親や友人が持っていることになる。


反論 自殺の方法として公共の福祉に反しないものがない(他人に迷惑をかけない自殺方法がない)

答え 確かに、死体の処理や戸籍処理などを考えると、他人に迷惑をいっさいかけない自殺方法は無いように思える。しかし、他人に迷惑(苦労や労働)をかけない死に方があるだろうか?事故死や病死、老衰などどのような死に方なら、他人に迷惑をいっさいかけず
死ねるだろうか?つまり、この理由を認めると人間は死ぬことができなくなる。


反論 宗教上の立場から(一神教の即ちユダヤ系の宗教)

答え しかし、旧約聖書にも新約聖書にも、自殺に関する禁令はなんら出ていないし、それを否定する言葉さえ見いだされない。そして、神学者たちが自殺を非難するのに用いるのは自殺に対する憎悪の表現のみであり、哲学的講義の基礎はない。


反論 刑法の立場から(自殺幇助や自殺教唆は罪とされるのだから、自殺は罪に問えないが悪いことであるから)また、自分に対する殺人と考える場合

答え タバコと同じように(タバコの場合は未成年だが)他人に強要するのは罪になるが、個人の自由において認められる。また、自殺の性質からして罪に問えないと言うかもしれない。しかし、殺人未遂と同様に自殺未遂を罪と考えても、自殺未遂の罪は自殺をヘマしたことによる罪になってしまう。


反論 自殺を認めれば自殺が蔓延して、社会全体に悪影響を及ぼす。

答え これを認めると個人の自由を損なうことになる。なぜなら、節約や自給自足を促すと市場経済が停滞し、社会全体に悪影響を及ぼすから、節約や自給自足を禁止すること同様だからだ。また、社会全体に悪影響を及ぼすというのは自殺の間接的な影響である。例を出すと、殺人やテロは目的として直接的に社会に悪影響を及ぼす。これに対して、自殺は間接的であり、社会に影響を及ぼすことを目的としていない。


反論 自分の生命は自分だけのものではない

答え では、自分の生命は何が有しているのだろうか?
社会や国家か、家族や友人か、または、先祖から受け継いだ血脈か?どれも当てはまらない。


上記以外にも、反論はありますが省略しました。ご指摘があればその都度意見を出したいと思います。

A 回答 (25件中11~20件)

なんか、ロースクールとかでありそうな議論ですね。



>上記の問いや反論に対する意見を教えてください。

了解。では、反論の方を私は考えてみます。

1. 自殺を認めれば自殺が蔓延して、社会全体に悪影響を及ぼす。
>これを認めると個人の自由を損なうことになる。なぜなら、節約や自給自足を促すと市場経済が停滞し、社会全体に悪影響を及ぼすから、節約や自給自足を禁止すること同様だからだ。

ここは論理的に整合性がつかない説明です。
まず個人の自由は、ある程度の制限がかけられます。個人の自由だと持ち出して、全てが通るわけではないのです。問題はむしろ、制限の範囲内か、範囲外か。これを考えていかないとならない。
殺人やテロとは比較にならないとも思います。加害者は自由意志に基づいて、他人に対して行為を働いている。しかし自殺は、自由意志に基づき、自分に対して行う行為です。比較が成立しない。

2. 自殺の方法として公共の福祉に反しないものがない
>しかし、他人に迷惑(苦労や労働)をかけない死に方があるだろうか?事故死や病死、老衰などどのような死に方なら、他人に迷惑をいっさいかけず死ねるだろうか?つまり、この理由を認めると人間は死ぬことができなくなる。

これも具体的に考えていけば、議論の穴が見つかります。例えば、事故死や病死や老衰は損害賠償金が多くの場合は発生しない。発生したとしても、200万円程度の部屋の模様替え費用です。ところが飛び降り自殺となると、マンション一棟立て替えることになったりします。一億円の賠償請求が来ることもあるのだとか。自然の中でやったとしても、捜査費用が多額です。電車の飛び込みも、莫大な請求がきます。
具体的に金銭を考えていくと、比較が成立しないことがご理解いただけるでしょう。

質問者さんの議論は一見、論理的に正しいように思えるが、具体的に詰めていくと比較が成り立たず、反論が有効ではないことが明らかになってくると言えるでしょう。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

返答ありがとうございます。

1、についてですが、出した例がまずかったかもしれません。回答者さんがおっしゃる通り殺人やテロは他人に対しての行為で、自殺は自分に対して行う行為であると思います。そして、個人の自由で自分に対して行う行為は何物かによって制限されるかといることです。つまり、公共の福祉に反しないうちの個人の自由権の行使の内に自殺は含まれるかといです。(もちろん自殺方法ら他人に迷惑をかけない方法)

2.これも例の整合性を聞いているわけではありません。ここで言いたいのは、自殺も自然死も死後の処理やその費用が発生する場合があると言うことです。つまり、そのような手間を必要とするから自殺を認められないとするならば、費用や死後の処理を必要とする自然死は認められないということになります。

例の説明不足を多く失礼しました。

お礼日時:2017/12/06 21:32

たとえばクレジットカードとか教えると危険です。

    • good
    • 1

自殺してはいけない根拠を教えてください。


  ↑
人間は社会で育たないと二足歩行もできません。
人間にとって社会は必須です。
その社会を維持するためには、秩序が必要です。

秩序維持にプラスなモノを「善」と名付け
マイナスを「悪」と名付けました。

悪と名付けて、秩序維持によくないモノを
抑制しようとしたのです。

自殺は、秩序維持にマイナスです。
従って自殺は悪です。
自殺を善として奨励したら、社会は崩壊します。




自分自身の身体や生命に関して争う余地のの権利を持っているものは、
この世に自分自身以外ないということは明白に思えます。
   ↑
これは、自分の生命は自分が100%権利がある
という考え方です。 
しかし、その生命は親によって与えられたものです。
人格は親や社会が与えたものです。
100%権利がある、という訳にはいきません。 




答え しかし、旧約聖書にも新約聖書にも、自殺に関する禁令はなんら
出ていないし、それを否定する言葉さえ見いだされない。
そして、神学者たちが自殺を非難するのに用いるのは自殺に
対する憎悪の表現のみであり、哲学的講義の基礎はない。
  ↑
キリスト教の神は創造神です。
つまり、人間の命も神が創ったことになります。
だから、神の承諾なしに、人間が勝手に自殺してはいけない
という論法になります。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

返答ありがとうございます。

社会秩序やその維持は公共の福祉に含まれると思います。また、その内では個人の自由を行使してよいと思います。
反論ですが、回答者さんのように秩序維持を基準に善悪を決めるのは間違いだと思います。そのようにかんがえると子供ができない独身は、秩序維持やその元となる社会の維持にマイナスとなるので悪となります。

二つ目の意見に対してですが、指摘の通り、私はリバタリアンの立場から意見を言っています。
しかし、自分の生命や身体が100%が自分のものでなく、親や社会のものだとしたら育てた恩によって個人の生命の権利を一部をもっていると言うことでしょうか?

三つ目ですが、これは明確に間違っています。キリスト教の神の考えは聖書に載っていることであり、自殺に反対する文言は載っていません。
また、神が人間に自殺する能力を与えたと考えることもできませんか?

お礼日時:2017/12/06 22:03

疑問なのですが、上のように、意思や意義のある自殺は認めるが、むやみに自殺することは認めないと言うことでしょうか?


ではないですよ。・・・・自殺も、自然死も病死も、全ては無に帰します。
自分で命を絶つのも結局は、自然の流れであって、自分の意識で行ったことではなく、そこへ持って行かれたと、考えればどうでしょうか。余談ですが・・・

現生は、様々のしがらみとマインドコントロールが、混在します。
宗教や神社は、古くから、それを理解し、信者へのマインドコントロールをして、幸福感と引き換えに金を稼ぎます。神社や政治も同じです。
人は、それを昔からの風習という言葉で偽善化しています。しかし、目には見えず、拘束されない、ナワバリです。

その中で、生業を見つけて、延々と営みを繰り返します。そこで、自分の命を絶つことは、営みを止めることです。その時点で、迷惑と感じる人はたくさんいるでしょうが。
それが、問題定義であったり、医学への貢献であると、断定する人はいないでしょう。時が経てば、貢献しているということです。たとへ自殺でもね。

つまり人が、生を受けると言う事は、なにがしかの社会的意義が有ると、言うことを伝えたいのです。生きているうちには成し得なかったから自殺で問題定義すると思えば、自殺も全てが、つじつまが合います。

地球という小さな星で、人間と言う、考え歩き、コロニーをつくる動物、しかも、延々と持ち続ける、本能と理性、理性は教育の賜物ですが。本能は、生きることや自分の子供を残して、意志を延々と繋ごうとします。

その存在は文明という厄介なものを作り、コロニーの拡大を図り、本能のままに拡大しようと、様々の画策をします。そんな厄介な動物が存在することこそ、地球にとっては迷惑千万ですよね。動物社会でも問題でしょうね。そこで、自然淘汰が始まり、人間の間引きが起きていると考えると、限界集落、人口減少、などの、世界規模で起きる、人類の自然淘汰にも納得がいきませんか!?

そこで、自殺もいいですが、自分のできる、存在意義を探すのは、成功のカギになると思います。少し話がそれましたが、人類の存在意義と未来への道しるべ、探してみてください。
    • good
    • 1

自分が言った自殺権がないについてですが。


もしかすると、自殺をすると選択権が奪われるからかも知れません。
人には選択権があります。
自殺してしまうとその後自分の意思を反映させることが出来ません。
選択できない状態が選択権に反するからと出来ます。
    • good
    • 1

人には自殺する権利がないからです。


自ら自殺を選択する事が出来ません。
人を助けるためであっても自分の命を投げ出す事は出来ません。
なぜかは分かりませんが、死を前提に行動すると何でもありになります。
とにかく自分の命を奪う選択権がないのです。
    • good
    • 0

ごくごく簡単な根拠で、一言で言えば「摂理に反するから」ですよ。


質問者さんは、故意にこの観点を省いてるんですかね?

それ以外の観点では、自殺をしてはいけない根拠は・・無いでしょうね。
むしろ「究極の自然権行使」と位置付けられそう。
自然権とは、本質的に生じる権利であって、あらゆる義務を必要としませんし、実際にも自殺を完全に抑止するのも困難です。

ただ、自殺に反対するのも表裏の関係か、それ以上と言うことです。
たとえば自殺を妨害したとしても、権利侵害や、まして刑法違反なども問われませんので。

「仲間を守る」と言う行為は、言わば生物的な本能であって、コチラも「究極の自然権」と言うか。
「自然権」などと言う以前に、「自然な行為」です。
従い、自殺妨害を罪に問うとか、損害賠償の対象にする例は、恐らく古今東西で存在しないのでしょうけど。

言い換えれば、自殺とは、高度に精神が発達した人間のみが選択し得る、「死」を迎える方法であって、生物学的には「極めて正しくない」ワケです。
自然界では、死を迎える直前まで、「必死に生きる」がルールであり法則であり摂理です。
まあ、こじつければ、「自然淘汰」の一環と言えなくもないですが。
あくまでこじつけであり、せいぜい「不自然淘汰」で「不自然行為」です。

最終的には「自然行為 VS 不自然行為」と言う対立構造で、「不自然行為が自然行為の上位概念であろう筈がない」と言う結論になろうかと。
逆に言えば、人為的な自然権行使に対し、人為的な概念では、太刀打ちできないだけのことです。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

返答ありがとうございます。
文の構成が上手いですね。参考にさせてもらいます。

私も以前、回答者さんのように考えていた時もありました。しかし、
私は摂理に反していないと思います。というより、自殺が起こっているのだからそれは摂理のうちみたいな。

自然淘汰から見ると不自然に思えますが、自殺も自然淘汰の内と考えます。

お礼日時:2017/12/06 22:20

>死ぬときの幸福量はどのようになりますか?また、幸福量最大の時、または、最小の時に死ぬのは損ですか?



「精神的充足量」とは、意志の強さと達成度だけでなく、認識の深さや感受性の強さ、時間的な長さも掛けた量です。
最後に計算するものではなく、その一瞬一瞬も結果であり、長期的ビジョンも結果です。
もし認識が深ければ、そうした長期的達成をあらゆる一瞬に喜べるようになるはずです。
(短絡的快楽から認識的幸福感への発展)
    • good
    • 1
この回答へのお礼

返答ありがとうございます。
興味深い意見ですね。そのような考えが学べる本などをご存知でしたら教えてください。

お礼日時:2017/12/06 14:16

人は死による幸・不幸ゼロの状態から、


幸福量の増大を求めて生きているのであり、
自殺は損である。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

返答ありがとうございます。
死ぬときの幸福量はどのようになりますか?また、幸福量最大の時、または、最小の時に死ぬのは損ですか?

お礼日時:2017/12/06 13:26

自殺も殺人も、死体処理が一番のネックになっている気がします。



なので自殺者も殺人者も「行方不明」を狙う気がします。

行方不明であれば、自殺とも殺人ともわからず、事件にはならないからです。

警察や関係機関には、この行方不明者の捜索に今以上のエネルギーをかけてほしいものです。

あ、回答から逸れてしまいました。
すみません。
    • good
    • 1

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

関連するカテゴリからQ&Aを探す


人気Q&Aランキング

おすすめ情報