タンパク質分解酵素についてですが、確か酵素の主成分もたんぱく質ですよね。なんでその酵素自体を分解してしまわないのでしょう?あともうひとつ。酵素は基本的(pHも温度も最適として)に二酸化マンガンのように無くならないと習ったのですが、それでは酵素が永遠に増え続けてしまいませんか?学校の先生はそれは体機能で調節してるからないとは言いますがよくわかりません。一体どういう機能が働いているのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

再びhebikeraです。


abt-594さんの説明では失活した酵素を体外に排泄できなくなってしまいます。
たしかにタンパク質分解酵素は特定のアミノ酸配列を認識して切断しますが、
タンパク質分解酵素にも切断される個所はあるのです。
したがって失活した酵素はタンパク質分解酵素によってアミノ酸に分解され、
その一部は再びタンパク合成の材料として用いられるわけです。

参考URL:http://leo.aichi-u.ac.jp/~kunugi/question1-2.html
    • good
    • 0

タンパク質分解酵素はタンパク質中のある特定のアミノ酸配列(タンパク質はアミノ酸がたくさんつながったものですよね)の切断を触媒するものであって、タンパク質をやみくもにバラバラにするものではないので自分自身を分解するようなことはまずありません。


(そういう自分自身を分解する酵素が存在しても良いのですがそんな酵素は何の役にも立たないので我々が知らないだけです.)

酵素は化学反応を触媒するものなので、化学反応の前と後で姿形が変わらないのですが、長い時間がたてば酵素もまた(その酵素が触媒する化学反応とは別の要因で)壊れてしまいますので永久に…っていうことにはなりません

この回答への補足

答えていただきありがとうございます。ここでもうひとつ質問なのですがその壊れてしまった酵素というのはどういう経路で排出されるのですか?そこら辺をもう少し詳しく回答いただけるとうれしいのですが...

補足日時:2001/07/10 23:15
    • good
    • 0

ごもっともな質問だと思います。

どうして学校の先生って言うのはつっこんだ質問に対してきちんと説明しない人が多いのでしょうか・・・

タンパク質分解酵素もタンパク質ですから分解の対象にはなり得ます。でも一般に酵素の量よりも基質の量の方が多いので反応を行う上ではあまり問題になりません。

また、酵素は触媒の一種であるため、一度の反応ではなくなりませんが、非常に不安定なので最適pH・温度の条件下であってもそのうち失活してしまいます。活性のある酵素が少なくなり、代謝系がとどこおりそうになると新しい酵素が生産され、また、充分な量の酵素がある場合には酵素の生産が行われない(フィードバック機構)ため、常に最適な量の酵素が体内には存在しているのです。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qマンガン電池の中身は二酸化マンガン?酸化マンガン?

40年程前にマンガン電池の構成物に二酸化マンガンと記憶していた。最近高校科学の本を読むと酸化マンガンとなっていた。二つは別のものと承知しています。会社、時代によって変化してきたのか?マンガン電池は2種類あるのか?酸化マンガンという言葉がこの程度の内容では二酸化マンガンの代名詞となっているのか、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

#1w-palaceさんの通り、「酸化マンガン(IV)」と表記されているはずです。最後の"(IV)"は省略して言いよと言うカッコではありません。酸化マンガン(IV)でようやく一つの物質を表せます。
括弧内のローマ数字はマンガンの酸化数を表しています。

なお40年前でしたら、FeOを「酸化第一鉄」、Fe2O3を「酸化第二鉄」、CuOを「酸化第二銅」などの呼び方をしていたと思いますが、現在ではどちらも不適当な呼び名です。金属の酸化数を表す方法で順番に酸化鉄(II)、酸化鉄(III)、酸化銅(II)と表記するのが正式です。
これは「第一ナントカ」と言っても、金属の種類によってその価数が違っているため、統一性に欠けるためです。

Qキウイのタンパク質分解酵素って何であるんですか?

キウイにはアクチニジンというタンパク質分解酵素があるそうですが、あれ自身をキウイは何のために利用しているのでしょうか?またなんであんなに大量に(ハムが5,6時間でドロドロになるぐらい)入っているのでしょうか?

Aベストアンサー

たしか、まだはっきりとした説はなかったように思います

カビ、細菌、昆虫などに対する防御物質ではないかという仮説はあるらしいですが

QMnO2(二酸化マンガン)について

高校3年の化学の家庭教師をしているものです。

よく触媒として用いられる二酸化マンガン。
教科書によってはMnO、または、MnO2と明記されているそうです。わたしも詳しいことは分からないので、教えてください。お願いします☆☆☆

Aベストアンサー

教科書にMnOと書かれているのでしたら、それはミスでしょう。
高校レベルで、MnOの触媒作用について議論するはずがありません。

ただし、実際に、MnOが触媒作用を示すかどうかはわかりません。
過酸化水素の分解は非常に進みやすい反応ですので、MnOの作用によって進むかもしれませんし、進まないかもしれません。
はたまた、No.4のご回答のようにMnO2に酸化されてそれが触媒作用を示すかもしれません。
また、こうした結果はpHの影響を受けるかもしれません。

ただ、こうした議論は高校生の化学には関係のない話であり、現実がどうであったとしても試験でMnOと書けば誤答とされる可能性が高いと思います。

いささか歯切れの悪い回答ではありますが、実際に実験して確認することができないのであれば、現実的な対応をせざるを得ないと思います。

Qたんぱく質を分解するメリット(なぜ分解する必要があるのか)はなんですか?

たんぱく質を分解するメリット(なぜ分解する必要があるのか)はなんですか?

Aベストアンサー

タンパク質をアミノ酸に分解することによって、体にとって必要なタンパク質を再び形成する必要があるからです。
生物の成長にともなってその時その時必要なタンパク質の役目や量は変わってきます。つまりある時に必要なタンパク質が、別の時には不必要になったりします。そうした役目の終えたタンパク質を分解して別の役目をもったタンパク質を作り出す。そうやって生命は維持されていくのです。

Q二酸化マンガン+過酸化水素水で酸素を作った際の

二酸化マンガン+過酸化水素水で酸素を作った際の、過酸化水素はかなり薄めますが、高濃度で行うと、どうなりますか?実験したら危険でしょうか?濃度24%程度の場合はどうなりますか?

Aベストアンサー

まず、24%の過酸化水素水は発売されていないのではないでしょうか?
消毒用のもので2~3%、実験用のもので10%前後だと思います。

MnO2触媒で酸素を発生させる場合の過酸化水素水の適正濃度は1~2%くらいです。
この反応はかなりの発熱を伴います。
濃すぎると反応速度が上がり、それによって溶液の濃度が上昇してさらに反応速度が上がり、
連鎖的に反応速度が上昇します。

反応速度が上がりすぎると溶液が飛び散ります。
0.1%の濃度の過酸化水素水は手についても大丈夫ですが、目に入ると失明の危険があります。
10%を超える過酸化水素水は手に付いただけでも危険です。

Qタンパク質分解酵素は自分自身を分解するのか

 タイトルの通りです。よろしくお願いします。もし,分解されにくいしくみがあれば併せて回答をお願いします。

Aベストアンサー

基本的には相当のスピードで自己消化するものと思いますが…

酵素試薬は,グリセロールに酵素を入れ-20℃で保存します。グリセロールは凍結防止剤の作用もしますから,-20℃でも凍りません。

室温保存しますと,急速に酵素活性が落ちます。低温保存は熱による変性防止と自己消化防止のためであると思います。

試薬として販売されているプロテアーゼは化学修飾しまして自己消化を防いでいます。それでも自己消化は進むようですが…

Q多孔質材料の比表面積の測定について

多孔質材料(発泡ガラス,軽石等)の比表面積を測定したいのですが,私が知るところBET法,水銀..法でサンプルも1mmサイズのものしか測定できないそうです。1mmサイズに加工すれば孔のサイズも変わり,現実的ではありません。多孔質材料はせいぜい40~60mmサイズを使用しようと考えていますが,そのサイズで表面積を測定する方法は何かありますか?お教えください。

Aベストアンサー

比表面積の測定をしたことがあります。
>多孔質材料はせいぜい40~60mmサイズを使用しようと考えていますが…
とのことで、求める回答に沿わないかもしれませんが、粒度分布から比表面積を求める方法もありますよ。

Qタンパク質分解酵素

タンパク質分解酵素には大きく分けてエンド型酵素とエキソ型酵素の2種類があると思うのですが、このエンド型酵素とエキソ型酵素ってどんな違いがあるのですか?定義などを教えていただきたいのです。
どの酵素がエンド型かエキソ型かは自分で調べることができます。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

蛋白質は、アミノ酸が分子のない鎖状に重合した分子です。
エキソ型酵素は、末端から1残基ずつ分解していきます。
エンド型酵素は、中央部分をいきなり切ることができます。

エンドというと、endつまり、終わりを連想してしまいがちですが、
実はラテン語(?)のendoです。意味が違うようです。

------------------------------------------------------------
以下は大嘘かも知れません。

・interior インテリア、内装
・exterior エクステリア、外装
などの言葉があるからもあわせて考えると、endo はむしろ英語の in に近く、
中央とか内部とかの意味があるような気がします。

Q多孔質モデルについて

数値解析に用いる多孔質モデルとは何ですか?また、どのような基礎式を用いるのですか?誰か教えてください。お願いします。

Aベストアンサー

何を求めるために、数値解析をするつもりなのでしょうか?
多孔度?比表面積?細孔分布?
パラメータは何を想定してますか?
実際のサンプルの測定法は?

多孔質モデルにもいろいろなケースがあります。
補足お願いします。

Qたんぱく質をアミノ酸に分解する仕組みを何といいますか?

たんぱく質をアミノ酸に分解する仕組みを何といいますか?

Aベストアンサー

「消化」


人気Q&Aランキング

おすすめ情報