【最大10000ポイント】当たる!!質問投稿キャンペーン!

僕は、サッカーをやっているのですが試合で負け
悔しくて足につけるおもりを片足一キロずつつけ
走ろうとかったのですが、
ネットで調べてみたら体がおもくなったり、
いきなりやったら足が痛くなるだと書いてありました。
実際は、本当に足が痛くなったりおもくなったりするのでしょうか?
あと瞬発力や俊敏力などこまかいうごきなど
しづらくなったりするのでしょうか?
教えてください。

A 回答 (7件)

古い。

昭和かっ!

筋力を付けるならマシントレーニング、持久力なら走り込みも大事だよ。

で、なんでまけたの?
そこを練習しないと。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございます!
負けた理由としては自分の課題は、足技とか俊敏力とかだと思いました
あと
僕は、サッカー部のキャプテンで
チームがうまくまとまらずサボる人がいてとかが原因だと思いました

お礼日時:2017/12/22 16:05

試合に負ける毎に1Kgづつ増やしなさい


10Kgを超えるころには試合に負けることの罪の重さを実感できるでしょう
10回まけたら十字架を背負ってゴルゴダの丘に登りなさい
悔い改めなさい
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございます!

お礼日時:2017/12/22 16:05

まじで意味ないよ、やり方が古い。

昔はそういうのが漫画とかで出て流行ったりしたけど、今ほとんどやっているとこはない。それは負担がかかるわりにはあまり得られるものがないから。悔しかったのなら、自分になにが足りなかったのかを振り返ってそれを補う練習をすれば良い。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうごさいました

お礼日時:2017/12/19 18:11

サッカーの走力で大切な事は、瞬発力です。

最初の1~2歩が大切で、フェイクや、動きなおしも大切です。こんな練習には、重りは役に立ちません。関節に重力の増した回転の応力が掛かるので、危険です。早い動きを身に着ける練習には意味がありません。意味が有るとすれば、ダッシュの練習時で、負荷をかければ。瞬発力の筋肉が鍛えられます。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございます

お礼日時:2017/12/19 18:11

下半身が太くなるだけ 実際重りをつけて外した時軽いなんて錯覚

    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございます

お礼日時:2017/12/19 18:11

1キロ程度だとそんな痛くなったりなんだりしませんでしたよ。

    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございました!。

お礼日時:2017/12/14 17:38

やったら分かるよ。


僕の時代は結構皆してたし、それでサッカーの練習してましたよ。
当時は鉄の棒を入れるタイプもありましたが、練習中よりも普段からずっとつけてる同級生が多かったかな。

軽くなった気分になりますよ、基本的にネットは優しい筋肉の鍛え方を書きますからね。
後は本人の努力しだい、無理しないようにとか書いてますけど、無理しないと筋肉なんて着かないし、サッカーも上手くなりません。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございました!。

お礼日時:2017/12/14 17:37

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

専門家回答数ランキング

専門家

※過去一週間分の回答数ランキングです。

Q質問する(無料)

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q重りをつけてのドリブル練習は…

Cロナウドが重りをつけてドリブル練習していたらしいですが、重りをつけての練習は意味があるのですか?足が遅くなるのではないかと思うのですが…

Aベストアンサー

「重りをつけたドリブル」について具体的な事が説明してないので、何とも書きづらいのですが与えられた情報の範囲で考えてみます。

クリロナの練習で考えられるのは、筋肉をロックしない動作なので効果があるということ。
「筋肉をロックする」とは、例えばジムトレーニングのレッグエクステンションの動作です。
このトレーニングは、下に曲げていた足を水平の位置まで上げ(膝をまっすぐ伸ばす)、上げきったところで一時固定し、そして足を降して再び足を上げるを繰り返します。
この動作の中で「上げきったところで固定する」が「筋肉をロックする」です。
このトレーニングによって確かに筋肉は太くなり、筋力が付きますが、弊害は「筋肉の動きが遅くなる」ということです。

よく知られた話ですが、カズがブラジルから帰った後、読売ベルディに入団してからジムトレーニングを始めました。
カズの目的は筋肉を大きくしてパワーを付けることでした。
結果、確かに体が大きくなり、パワーを付けることが出来たのですが、一方で体のキレが悪くなりました。
ラモスなどからは、「体のキレを無くして何の意味があるんだ」と馬鹿にされたそうです。

清原がボンズの真似をして体を大きくした結果、故障続きで引退を余儀なくされたのは同じ過ちです。
(指導を受けたトレーナーがプロレスの専門トレーナーだったと言うのはお笑いですが)

いわゆるジムマシーンによるトレーニングは筋肉を大きくしてパワーを付けることは出来ますが、動きが悪くなるので体のキレは無くなります。

イチローが帰国した時に必ずやると言われているジムマシーントレーニングは全く別のモノで体のキレを損なうことなく筋肉を鍛えられます。
(このトレーニングは日本人が開発したのですがここでは省略します)

クリロナが重りをつけてドリブル練習をした結果、良い効果が得られたのは常に動きを止めない、筋肉をロックさせない動作を続けていたからだと思います。
イチローのジムトレーニングは同じ原理です。

蛇足ですが、今流行の加圧トレーニングはプロを目指す人は絶対にやってはいけません。
このトレーニングは筋肉を破壊する弊害が大きくて、壊れやすい体、キレの無い体を作るだけです。

「重りをつけたドリブル」について具体的な事が説明してないので、何とも書きづらいのですが与えられた情報の範囲で考えてみます。

クリロナの練習で考えられるのは、筋肉をロックしない動作なので効果があるということ。
「筋肉をロックする」とは、例えばジムトレーニングのレッグエクステンションの動作です。
このトレーニングは、下に曲げていた足を水平の位置まで上げ(膝をまっすぐ伸ばす)、上げきったところで一時固定し、そして足を降して再び足を上げるを繰り返します。
この動作の中で「上げきったと...続きを読む

Q足に重りはよくない?

足に重りをつけて運動したりするのは膝に負担がかかって良くないと聞いたんですが本当なのでしょうか。

Aベストアンサー

その人の体力ややる運動によると思うのですが、私はやはり、お薦めしません。おかしなところにおもりを付けると、バランス感覚も崩れると思います。

例えばランニングであれば、速度を変える、坂道を上り下りするといったことで、適度な負荷をかけられると思います。


人気Q&Aランキング