教えて! goo のコンテンツに対する取り組みについて

きょう渋谷のパタゴニアショップで色々と物色したのですが、どの製品もかなりの値段なのでとても手が出ませんでした。そこでパタゴニアの製品を実際に現在着ているもしくは前に着用していた人に聞きたいのですが、値段相応の価値はどの程度のものなんでしょうか?色々な人の意見を聞きたいです(他のメ~カ~の製品とも比較したいので・・)

A 回答 (12件中1~10件)

登山用途で見た場合、ベースレイヤーやミドルレイヤーは優秀な製品が多いです。


ハードシェルに関しては、パタゴニア独自のH2Noという防水素材を使用しており、Gore-Texと同等近くの性能を持っていると謳っていますが、他ブランドのハードシェルと大差ないかと思います。

ただ、アウトドアでも街着としても着られるデザインはすばらしく、性能とデザインを両立している点が一番支持されているポイントではないでしょうか。

参考URL:http://quadrant356.blog41.fc2.com/
    • good
    • 6

初めまして。

このウェブサービスを利用した初日であり、慣れるためにも回答させてください。

私は質問者の方と同じ疑問を持っていて、明確な答えはいまだ持てていませんが、とりあえずのところとして自分を納得させている現状の考えを述べさせていただきます。
なお、私のアウトドア趣味度は多くて山(坂道)へは月に1回、時間にして純粋な歩行時間3~4時間程度、日帰り必須で、内70~100%は舗装された道をてくてくハイキングする程度の非常に軽いものですので、街着としてパタゴニアというブランドをとらえた意見です。

以下の書き込みは、ファッションやアウトドアの素人である私の素人知識による書き込みですので、誤解しているものが含まれるかもしれませんのでお許しのほどを。


パタゴニアはブランドのポジション取りが上手だという感想を持っています。
まず、他ブランドと比べてより深く環境に配慮しているイメージです。パタゴニア製品を買って使いこむことは、経済的事情では決してない環境的な理由でハイブリッドカーを選択するような、豊かで贅沢な選択ともいえそうな、一種の意思表明に近いものがないわけではないような。よくわかんないですけど、むにゃ。イメージ作りや宣伝が上手だからなのかもしれません。
また、店内の雰囲気や写真であったり、サポートしているアスリート達からは、アーティスティックな側面を感じさせることが多いように思えます。例えば、ロッククライミングに禅的な観念を感じさせるアーティスティックなPRがかつてあったような…。(記憶おぼろげ)
また私の知る範囲だけがそうなだけなのかもしれませんが、パタゴニアで働いている人のスポーツマン度の高さがあり、そこから発生するスポーツマンがスポーツ用品売ってるし信頼できそうという漠然とした感覚も、他のブランドの追随を許さない感じがします。

パタゴニアは理念を消費者に届ける活動が上手だからか、実際に理念が高いからなのか、そこはわかりませんが自社の理念の高さを由来とするブランドイメージの高さで、他アウトドアブランドの競合よりも頭一つ飛びぬけていて、パタゴニアのライバルってほんとに少ない気がします。
だからちょっとくらい高くても買う人も出てくるし、ああいう価格帯なのかと私は考え、無理やり納得しています。


品質については、限界状況で利用したことがないのでわかりません。ただ、街着として見るなら、及第点は軽くクリアしているように思います。アウトドアブランドだったら、全てがそうだと言ってもいいと思いますが、動きやすい布の継ぎ合わせ方や、ダウンなど一部除いて取り扱いの簡易さや、皮膚に負担のなさそうな着心地の良さがあります。
生地の質は、生地を見る目がないのでよくわからないんですが、決して悪いものではないと思います。フリースひとつとっても絶対とは言えないと思いますが、確かに他のパタゴニアより安いアウトドアブランドよりも、肉厚で身が詰まってるって感じです。縫製の質は十年ほど使用しないとわからないので、答えられませんでした、すみません。
ですが値段相応とは思えず、やっぱりちょっと高いと私は思います。
ですが、高いなりの理由は色々あるんだと思います。価格が同程度かそれ以上のアウトドアブランド(アークテリクスとか)だってあるわけですし。


価格が高い最後の理由として、といっても理由になっていないかもしれませんが、もはやアイデンティテーとすらなってしまっているほど貧乏を自負している私が、何か買うなら高い価格のパタゴニア製品を視野に入れる理由として、ファッション的な耐用年数が高い点が挙げられます。
ファッションをどのように捉えるかは人それぞれですが、最低限必要な社会的な礼儀という意味のドレスコードとしてファッションを捉えた場合「そこそこ品が良くて、そこそこ趣味が良さげなもの」さえ適当に着ていたら多分日本ではオッケーなはずで、カジュアルなファッションでいうならパタゴニアはうってつけです。
適度に流行を取り入れるファッションをした方が社会に与える印象はいいとは思いますが、それにはそれなりの予算が毎年必要になってしまい私にはできません。
一方パタゴニアは、デザインに奇抜なものが殆どなく、また流行に過敏な様子も見えませんが、デザインに適度に配慮していると思われて、ファッション的にダメな感じはないと思います。
そして、数年経過してダサくなることもないと思います。これが個人的に大きくて、先に挙げたイメージの高さがあり、多くの人にとって良いイメージのブランドで今後もあり続けると思われるので、余程汚れていなければ数年前のものを着ていてもダメな印象を与えないように思います。デザイン面でも、もともと流行と距離を置いたデザインなので購入時と同じ印象のままありつづけるはずです。生地も悪くはないと思うので着込んでくたびれた感じでも、「イイ味でてるでしょ」みたいな顔でもしておけば、疑惑から免れることも不可能ではないと思います。

そんなファッションという意味合いまでの含めての耐用年数を考えると、結果的に長い間着続けられる場合が多く、長い目で見ると安い買い物になる場合もあると考えていて、パタゴニアには値段相応の価値がある場合がないことはないかもしれないなあ、などと高価格に納得しています。だけど、基本的にセールでしか買わないですけどね!貧乏だし!


あと、デザインさえ気に入るものがあれば上で述べた側面でコストパフォーマンスが優れているのはモンベルじゃないかと思います。日本のブランドだし手に入れやすいし余計な関税がかかって居なさそうです。長い文章になって申し訳ありません。失礼します。
    • good
    • 3

 私はパタゴニア大好きです。

環境配慮などいろんな会社の取り組みはへぇ~すごいな~程度ですので、単に製品が好きなのですけどね。

 やはり、家の洗濯機で洗えるというのが一番の魅力です。

 Tシャツ1枚にしても、丈夫ですし、ウィメンズなどのカッティングラインだったり、素材の伸縮性が好きです。

 ありそうでなかったラフで着心地のよいものって感じでしょうか。
 

 
    • good
    • 1

パタゴニアですか。

気になるメーカーですね。
カタログはこまめにチェックしていますが、デザイン・素材のよさに比例して値段は高いですね。
たしかアメリカフリークライミング創生期に活躍したイブォン・シュイナードが設立したクライミングギア製造会社(鍛冶工場)でしたよね。
30年ほど昔にコットンダックのクライミングパンツを買いました。
色も抜けて生地も薄くなってしまいましたが現役で2本あります。
良い物は永く使えるというこどですか。 本当に良い物をつくっていましたね。 現在もハードシーンの物は良い物だと思いますが、全体としてのイメージはマイルドでフェミニンな感じかな。
山へ行かないアウトドアマンこれも時代の流れですか。・・・・
    • good
    • 2

所有欲を満たせる商品群だとは思います。


しかし、カバン(私の場合ウエストポーチ)の防水内張り?などは
経年劣化で普通にボロボロになったりします。
高価で気に入って使うものほど駄目になったときの落胆が大きいので
過度な期待はせずご購入されるのがよろしいかと。


・・・と自分に言い聞かせる。
    • good
    • 2

 始めまして確かにパタゴニア製品高いですよね。


私のブログがありますので、その中のコメントを読んで見てください。

参考URL:http://blog.drecom.jp/moory/
    • good
    • 2

こんにちは、自分もパタゴニアが大好きなのですが、いかんせん高値です。


安く入手できる方法として、
パタゴニアのアウトレット(横浜・大阪・札幌で取り扱っています、モノにより半額ぐらい)
パタゴニアのセール(パタゴニアのメルマガを登録すると案内が来ます。年に2回ほどあります、モノによって半額)
正規販売店ではなく直輸入を取り扱う店(だいたい3割ぐらい安いです)
海外にて(知人等が行くときにも頼みます。正規でも国内より安いです、アウトレット等ですと激安!)
を利用して入手しています。

モノはいいと思いますが、他のメーカーと比較すると「ここまで高くなくともよいのでは?」と思ったりします。特に日本向けは高すぎるような...
    • good
    • 3

こんばんは。


ところでpatagoniaの具体的にどんなアイテムに興味をお持ち、もしくはご検討をされていますか?

コストパフォーマンス或いは他社製品との比較であれば、それによって随分答えも変わろうと思いますので。。。

ちなみに私はpatagoniaでは冬モノ_ジャケットやベースレイヤーの類しかもっていませんが、R.5は冬季の登山には特に強くお勧めできます。R2との組み合わせのたった2枚で、微風下ならマイナス10度ちょっとくらいまでは過ごせます。
ストームジャケットも現在のゴアテックス製ではありませんが、悪烈な環境下での活動において本当に頼りになる存在でした。


_私の友人には、彼等が利益の一部を自然環境保護にあてている姿勢に賛同してpatagonia製品を愛用している者もいますし、反対に、価格が高いことや昨今のファッションブランド志向を非難して嫌っている者もいます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

こんにちは、パタゴニアのどんな製品に興味があるか?ということですが、主に冬場に行うクライミングやマウンテンバイクが好きなんで、それらに対応できるジャケット、中間着などに興味がありますね。それともちろん利益の一部を環境保護活動に当てている姿勢にも共感します。返答ありがとうございます。

お礼日時:2004/09/28 19:25

REIについて補足説明・・・・



REIでパタゴニア製品を買う方が安く購入出来る事があるので、お勧めしました。

因みにREIは生協で、年間の購入金額によりキャッシュバックされます。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

REIって生協なんですかッて事はCOOPですね。
なるほどキャッシュバックの件も魅力的ですね~

お礼日時:2004/09/25 18:54

ファッションで着るのなら、何も言いませんが、


アウトドアでの実用衣料として着るなら、コストパフォーマンスは低いと思います。
性能に比べて値段高すぎます。

私もパタゴニアのフリースを10年以上着ていますが、いまだに暖かく現役です。
安いフリースは毛の密度が薄く、あまり暖かくないのですが、パタゴニアのは高いだけあっていいですね。

しかし、最近はモンベルが安くて性能の良いウェアを出しているので、そちらを買うことが多いです。
もしくは、REIか。
(REIはアメリカの通販会社ですか、オリジナルブランドもあります。インナーは安いのでたまに買いますが、ザック、グローブの出来はイマイチでした。安いからいいですけど。)
http://www.rei.com/
日本からでも買えます。ヘルプのページに日本語もあります。

スキーウェアにパタゴニアを着ていましたが、最近はコロンビアです。
安くて十分な性能で着ている人が少ない。(笑)
http://www.columbiasports.co.jp/
(ゲレンデスキーではなく、バックカントリースキーです。)

おしゃれなウェアなら、最近はホグロフスが人気ですけど、こちらも良い値段しますね。
http://www.haglofs.jp/
    • good
    • 2
この回答へのお礼

モンベルにコロンビアですか~たしかにパタゴニアの製品に比べて割安ですよね~バックカントリースキーでも十分な性能を発揮するんですか~なるほど。
ホグロフスっていうのは初めて知りましたチェックしてみますね。

お礼日時:2004/09/25 18:51

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング