植物の組織培養でアデニンとBA(ベンジルアデニン)を使うのですが
この2つの分子量がよくわからないのでぜひ教えてください。

A 回答 (2件)

 


自分が使う試薬の構造や簡単な物性は知っておいた方が良いと思います。構造が判れば分子量は計算できます。

アデニンの構造は生化学の教科書にのっていると思います。ag-azeolite さんがお書きの通りで,分子式 C5H5N5 で分子量は 135 です。

ベンジルアデニンの構造は,どのN原子がベンジル化されているかで,いくつか考えられます。が,アデニン → ベンジルアデニンでは,-NH → -N-CH2C6H5 の変化が起こっています。ですので,分子式は C12H11N5 で分子量は 225 です(つまり ag-azeolite さんがお書きの通り)。

 
    • good
    • 0

化学大辞典に載っていたものをそのまま書きますと、


アデニンはC5H5N5で分子量は135.13。
核酸、アデノシン3リン酸、等の構成塩基として存在する。
水に溶けにくい。融点360~365℃。

ベンジルアデニンは載っていなかったのですが、
ベンジル基がベンゼン環とCH2なので、
アデニンの1つのHのかわりにベンジル基を入れれば分子量は求まるでしょう。
たぶん225かな?
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q植物組織培養 植物ホルモン 購入方法

植物の組織培養をしてみたいと思っています。サイトカイニンやオーキシン等の植物ホルモンは何処で買えますか?また幾らぐらいしますか?
組織培養を解りやすく書いたHPや参考図書があれば教えて下さい。

Aベストアンサー

>無菌室は持っていません
絶望に近いですよ。1部屋の壁や床をビニールシートで張って(床が木造では腐るので腐らないように適切な対応が必要).電気集塵機で0.1ミクロン以上の埃を除去して.1ミンロン以下の埃を除去するフィルターを吸気口につけて.(埃一つがばいちにつくと絶滅)。
ホルモン剤による薬害(皮膚炎をおこしたりする)を防ぐために.殺菌用ガスバーナーの排気のためにドラフト(局所排気装置)をつけて.
ぐらいやらないと。最低でも.日常生活の場所とは隔離した部屋を用意してください(薬品による中毒を防ぐため)。簡易ドラフトとしては.未熟児看護用の小屋が低価格です。

細菌培養の綿栓を作る練習だけはしてください。これが出来ないと埃が入って腐ってしまいますから。

ばいちの製造会社をお知らせします。会社のサイトからご近所の代理店を見つけてください。
和光純薬
関東化学

水用のフィルター会社です。水から細菌を除去するためのフィルターを使用します。代理店ではおそらく他の器材の販売をしていますので参考になるでしょう。
東洋ろ紙

参考図書としては.細菌培養の本が入門でしょう(麹や乳酸菌がなんといっても楽)。それと.内科か胸部外科の本を探して.結核病棟のホルマリンを使用した殺菌方法を探してください(厚生省の通達に合ったような気がします)。これは.雑菌が生育して培養が失敗した時に.室内全体を一括殺菌するために必須の方法です。植物培養のつもりが麹菌培養になったり.納豆培養・乳酸培養(培養が失敗した時に発生する菌はこの3種類が食品関係では多いです)になった時の対応として知っていないと困ります。

器材全般としてはご近所の理化学器材販売店を探してみてください。どなたかがこのサイトで本社のアドレスを記載しています。探してみてください。

私は.しんとう器購入と無菌室建設で挫折しました。

>無菌室は持っていません
絶望に近いですよ。1部屋の壁や床をビニールシートで張って(床が木造では腐るので腐らないように適切な対応が必要).電気集塵機で0.1ミクロン以上の埃を除去して.1ミンロン以下の埃を除去するフィルターを吸気口につけて.(埃一つがばいちにつくと絶滅)。
ホルモン剤による薬害(皮膚炎をおこしたりする)を防ぐために.殺菌用ガスバーナーの排気のためにドラフト(局所排気装置)をつけて.
ぐらいやらないと。最低でも.日常生活の場所とは隔離した部屋を用意してください...続きを読む

Q植物の組織培養に用いる植物ホルモンについて

植物の葉、根からカルスを形成する時のホルモンについてですが、オーキシンやサイトカイニンにもいくつか種類があり、どれを組み合わせればよいかわかりません。2,4-DとNAAの働きの違い、BAとカイネチンの働きの違いを教えてください。

Aベストアンサー

 ホルモンに関してですが、昔私がやっていたときはNAAでカルス誘導および発根誘導、2,4-Dでカルス継代をしていました。BAとカイネチンの使い分けは口伝によるでした(イネです)。おそらくどの組み合わせでも適当な濃度加えれば脱分化はします。
 脱分化はあまり細かいことを気にせずにやることです。条件をふるために、10も20も条件検討するのは賢明とはいえません。5段階くらい…何なら3でも、条件をふって無理なら素材をかえる方が賢明です(ただし脱分化させて培養細胞ラインを作るという目的でなければ)。
 脱分化は細分化と違って非常に起こりやすいイベントなので、文献二つほど読んで適当にやっても上手く行きます。再分化は試行錯誤と忍耐が必要です。私はギシギシという変な植物の脱分化もやりましたが適当にやって上手く行きました。

Q培養中の植物の定量データを取る方法

試験管内で培養している植物体やカルスの、重さや生長を定量的に測定したいのですが、どのような方法があるのでしょうか?

Aベストアンサー

先に書いたのは工学的な手法です。

製造装置を作るときなどで、パターン認識が必要になるときがあります。ヘッドの位置決めとか、ベースの傾き検出とか色々な目的で画像処理することがあります。
このとき、装置メーカではそれだけのノウハウを持っていないので画像処理専業メーカにユニットを発注します。
画像処理メーカはカメラ等のハードウエアと画像処理のためのソフトウエアユニット(輪郭強調とか、面積測定とか・・・)を組み合わせて特注品を作ってくれます。
三次元的な測定も可能です。
例:半田付けしたときの半田の量とか、表面状態を測定する。

この技術が使えるのではないかと思います。ただ、この分野には詳しくないので、どの程度(誤差)の計測が可能なのかはわかりません。メーカによって技術レベルがかなり違うようなので、その方面に詳しい人のアドバイスを求めた方が良いと思います。
>これは培養機器メーカーなどで販売しているのですか?
これもわかりませんが、大学などからの要望は大きいはずですので情報は持っていると思います。問い合わせされていないなら聞いてみるべきです。

先に書いたのは工学的な手法です。

製造装置を作るときなどで、パターン認識が必要になるときがあります。ヘッドの位置決めとか、ベースの傾き検出とか色々な目的で画像処理することがあります。
このとき、装置メーカではそれだけのノウハウを持っていないので画像処理専業メーカにユニットを発注します。
画像処理メーカはカメラ等のハードウエアと画像処理のためのソフトウエアユニット(輪郭強調とか、面積測定とか・・・)を組み合わせて特注品を作ってくれます。
三次元的な測定も可能です。
例:半...続きを読む

Q市販のキノコの一部分を切除して、組織培養を行い、収穫ができますか?

お世話になっています

スーパーに行くと、シメジやエリンギなどのキノコが売っていますが、
それらの部分を切除して、培養することはできますか?

自分の頭の中で思い描いてることでは、
滅菌したカッターナイフで新鮮なきのこの部分を1cmほど切除し、
圧力鍋で滅菌した寒天培地に乗せて、ラップをかけて放置しておいたら、
培地に菌が蔓延します。
そいつをまた、滅菌した穀物培地に植えつけて拡大させて、
そのうちキノコがにょきにょき伸びてくる、、、と、想像しています。

可能でしょうか?
培養の経験などはありませんが、きのこの成長する様子を見てみたいです。
可能でしたら、実験してみたいです。

Aベストアンサー

確かに簡単ではありませんがキノコをつくることは可能だと思います。

キノコの一部分を切除して、組織培養する手法を組織分離といいます。
コンタミネーション(雑菌汚染)の可能性があるので、新鮮なキノコを用いて分離を行うこと、分離の際はキノコを半分に割り、雑菌汚染がない内部組織を滅菌したカッターなどで採取、寒天培地に置床するようにすれば分離は成功しやすいと思います。

ただこの分離・培養した菌糸を種菌培地に植菌しなければきのこを作ることが出来ません。

分離はコンタミしないように頑張ってください。

Q植物プランクトンの分離・培養方法

湖水にいる多くの植物プランクトンの中から対象とする植物プランクトンだけを培養したいのですが、
その方法などが書かれた書物があれば教えてもらえませんか?

Aベストアンサー

書籍ではありませんが、自分であればこうします。

まず、プランクトンネットで湖の水を漉くってプランクトン系を集めます。

しかし、目的の植物プランクトンのみを選別することができないと思います。

よって、下記作業をすることになります。

集めたプランクトンをある程度、湖の水で希釈して、シャーレに播きます。

顕微鏡下において、ガラスキャピラリー(直径1ミリのガラス管をアルコールランプで引いたもの)を
装着した吸引チューブで目的のプランクトンを採取、別のシャーレに移す。

培養する。

これで単離されているので、順調に増えれば、目的のプランクトンのみになると思います。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報