ふと昔聞いた話を思い出しました。その記憶が正しいのか知りたくて質問しました。その話とは、「ハチは一匹の女王バチが巣を作り始め、その後生まれた働き蜂も協力して巣をつくる。その後女王バチは産卵にはいりその卵から生まれるのは一匹の新女王バチと多数の働き蜂である。」というものです。この話はあっていますか?
また一つの疑問が浮かび上がりました。一匹の女王バチはどのように決められるのですか?(働きバチと女王バチはどのようにしてきめられるのですか?)昔聞いた話では新女王バチ候補の卵がいくつかあり、最初に生まれたハチが新女王バチになり後の女王候補の卵は殺されると聞きました。

A 回答 (8件)

>スズメバチなど新女王蜂候補がたくさん生まれる...


>これらの蜂は生まれるとすぐに巣を出ていくのですか?

種類によります。
アシナガバチ、スズメバチ、クロスズメバチなんかは、
わりとすぐに出て行きます。
寒くなるまで待つとか、そういうことはありません。
冬眠とはいうものの、季節はまだ秋です。

>ミツバチの場合、卵が産み付けられた巣房のいくつかが
>王台に仕立てられるということは
>何匹も新女王蜂が誕生してしまいませんか?

先の回答にも書いてありますが、
新女王蜂は他の王台をつぶちゃいます。
また同時に羽化した場合、
殺し合いで勝った方が女王蜂になります。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

色々教えていただき本当にありがとうございました。これまで自分が持っていた疑問が解決できました。本当にありがとうございました。

お礼日時:2001/07/11 21:28

ほぼ間違っているといえます。


一匹の女王蜂からスタートし、
働き蜂も含めて生活するようなハチは、
スズメバチ、クロスズメバチ、アシナガバチ、マルハナバチなどです。
しかし、いずれの場合も女王蜂はたくさん生まれます。
女王蜂が羽化すると交尾をして越冬に入り、
次の春、また一匹から巣を作り始めます。

ミツバチは集団で越冬しますので、
女王蜂が巣作りすることはありません。
卵が産みつけられた巣房のいくつかが、
働き蜂によって王台に仕立てられ、
ロイヤルゼリーを与えられると女王蜂になります。
新女王蜂が羽化する前になると、
旧女王蜂は分蜂(巣分かれ)してどこかに去ります。
このとき、巣の半分の働き蜂を連れて行きます。
新女王蜂が羽化すると、交尾飛行に出ます。
そして、他の羽化していない王台をつぶして、
その巣を維持するか、あるいは、また分蜂します。
これは群勢によります。
何度も分蜂できるほどの勢力があるかないかで、
二次分蜂するかどうかが決められます。

ちなみに私は、ニホンミツバチ、セグロアシナガバチ、
オオカバフスジドロバチを飼っています。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。もう少し詳しくお聞きしたいのですが、スズメバチなどのグループは新女王蜂候補がたくさん生まれるのですよね。これらの蜂は生まれるとすぐに巣を出ていくのですか?また、ミツバチの場合、卵が産み付けられた巣房のいくつかが王台に仕立てられるということは何匹も新女王蜂が誕生してしまいませんか?一つの巣に女王蜂は一匹ではないのですか?

お礼日時:2001/07/10 11:46

卵自体に「女王候補」と「その他」の」区別はなかったはずです。


女王にならない多数の卵からうまれたのは働きバチになりますので、殺されることはないでしょう。
ローヤルゼリーをもらって女王バチになれる子どもの選択は・・・、たまたま、運じゃないでしょうか。

ミツバチは「単為生殖」で、メスしかいない、というのを、高校のときにきいたことがあるのですが、西洋と日本で違うかもしれません。(たんぽぽはちがう)
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございました。英語の本で女王蜂候補の卵があり、最初に生まれた蜂がまだ卵の女王蜂候補を食べるというのを友達が読んだと言っていたのですが・・・。

お礼日時:2001/07/10 11:36

1匹の女王蜂が巣作りから始めるのはスズメバチ科のハチですね。



冬眠から目覚めた新女王蜂は、それぞれが1匹で巣作りから第一世代の働き蜂の子育てを行います。
第一世代の働き蜂が成虫になった後は、巣の運営は協力して行いますが、産卵だけは女王1匹が行います。

で、秋になって最後の世代になると、♂のハチが生まれてきます。
この♂と同世代の♀は生殖能力を持ち、交尾の後に次年の女王蜂として冬眠に入ります。

なお、この生態はスズメバチ科の概ねの種(スズメバチやアシナガバチ等)に当てはまります。
但し、ヤドリホオナガスズメバチなどの特異な生態を持つものは、この限りでは在りません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。蜂について全く知らなかったので蜂の種類によって色々違うということを初めて知りました。

お礼日時:2001/07/10 11:32

 私の知人が趣味で日本みつばちを飼っています。



 その人から聞いた話であり、また専門が日本ミツバチなので、西洋ミツバチとは違うところがあるかもしれませんが・・・

 蜂は春になると分蜂(ぶんぽう)といって群れが別の巣を作ります。
 この時出て行くのは旧女王蜂です。(たくさんのお供を連れて)
 今まで住んでいた巣に新しく生まれた女王が残ります。
 ですからとりあえず最初の1回は先輩からのもらい物の巣です。
 巣作りは女王はしません。

 ここの巣でどんどん卵を産みます。普段からどんどん産んでます。
 働き蜂の寿命はそんなに長くないそうで、どんどん入れ替わっているのです。
 死んでいく個体数より増えていく方が多いので、少しずつ群れは大きくなっていきます。
 働き蜂はメスだと言っていた気がします。

 そして今度は自分が出て行くことになるそうです。
 分蜂のシーズンには同じ巣から2~3群れが分蜂するようです。

 女王の決定はちょっとわかりません。話し合いでしょうか?(笑)
 冗談はさておき(すみません)もともとの個体は同じで、ローヤルゼリーを食べて育った個体が女王になると聞いたのですが、その決定方法はわかりません。

 以上、他人の受け売りで(しかも真剣に聞いてない)自信はありませんが、参考になれば幸いです。

 下記のURLも参考にどうぞ。

参考URL:http://member.nifty.ne.jp/smk/
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。

お礼日時:2001/07/10 11:30

こんばんは。



確か一匹だけ家出するんじゃなくて、沢山の働き蜂を連れていくと聞いたことがあります。確か分蜂(ぶんぽう)というと思いましたけど。

私も↓みて驚いたんですけど、家出するのは、新しい女王じゃなくて古い女王だそうです。

参考URL:http://user.cnet.ne.jp/h/harunaos/15.htm
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。蜂について全くしらなかったのでかなり驚きの連続でした。

お礼日時:2001/07/10 11:29

Riten さん、こんばんは~☆



【受精卵は一緒】
女王蜂の体重は働き蜂の約3倍、寿命は働きバチが通常期1ヶ月、
冬場でも6ヶ月のところ、女王蜂はなんと約3年。

でも面白いことに、こんなにも違う女王蜂と働き蜂ですが、
実は受精卵の段階ではまったく一緒なんです。
ただ、育てられ方の違いで、女王蜂と働き蜂とに分れるというわけです。

詳細は、『佐々木正己先生』のHPに、詳しく解説されております。

【ミツバチの行動を解明する】


ではでは☆~☆~☆

参考URL:http://www.athome.co.jp/academy/entomology/ent03 …
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございました。この参考ホームページはとても役に立ちました。

お礼日時:2001/07/10 11:27

一般の働き蜂も「ロイヤルゼリー」を与え続けると、女王蜂のように大きくなり、卵を大量に産める体になると聞いたことがあります。

 蜂にとって、「ロイヤルゼリー」はかなり栄養価の高いものらしいですね。
ある時期がくると(女王蜂の寿命?)、新女王蜂の候補卵を産みます。
新女王蜂(女王候補蜂)は、産卵出来る体まで成長すると、雄蜂(1つの巣に20~30匹ほど)を連れて巣を旅立ち、1匹の雄蜂と交尾し、適度なところに自分1匹で巣をつくり、産卵して育て、その子らは全て働き蜂になり、それからは産卵に専念する。と聞いたことがあります。
ただ、元の巣の女王も必要な訳ですから、元の巣の新女王と他へ巣を作る(嫁に出る?)女王と居るのでは無いですか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。とても参考になりました。

お礼日時:2001/07/10 11:25

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qハチの巣とハチの事なんですが・・・

庭に1匹のハチが直径5cmくらいの巣を作っていました。
そのハチは動く気配がなかったので、駆除のついでに生け捕って観察しようと思いました。
そこで、瓶で巣を落とすと同時に確保を試みたのですが失敗してしまい、巣とそれにくっ付いていたハチは地面に落ちてしまいました。
落ちたハチが今にも攻撃してきそうに思った私は、猛ダッシュで家の中に逃げ込んでしまったのですが、これからどうすればよいでしょうか?
ハチは粛々と攻撃の機会は窺っているのでしょうか?
もう観察はどうでもいいです。私のこれからとるべき行動をどなたか教えて下さい。
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

恐らくはアシナガバチ関係でしょう。

刺されても死にはしないし、そんなに執念深くないから明日の朝にでも後片付けしましょう。

Q女王蜂と働き蜂の関係

女王蜂と働き蜂の関係について分からないことがあったので質問します


女王蜂は巣を形成し、産卵や幼虫の世話をしますよね。

そのおかげで、幼虫は成虫になることが出来ます。

その成虫にはオスとメスがいると思うのですが、そのメスの全てが

女王蜂になるのではなく、働き蜂にもなると聞いたことがあります。



そこで質問なのですが、女王蜂とはメスの蜂の中で

遺伝的な要因により産卵能力を持つことが出来た蜂のことを指すのでしょうか?

とすると、働き蜂のメスは、メスなのに産卵能力を持たないことになるのでしょうか?

また、オスの蜂は全て働き蜂ということになるのでしょうか?


拙い質問ですので暇な時に答えて下さい(笑)

Aベストアンサー

遺伝的には, 女王蜂は (自分が生まれた巣の) 他の働き蜂と同じです. ただ, どのメスも最初はローヤルゼリーを与えられるのですが, 女王になる幼虫だけはその後もずっとローヤルゼリーだけで育ちます.

また, 女王蜂は女王物質を出して他のメスが卵を産むことを抑制します. したがって女王蜂がいなくなると (女王物質が切れるので) 働き蜂であっても卵を産むことがあります. ただし, 女王蜂と違って働き蜂は交尾していないので「働き蜂が産んだ卵」は無精卵であり, 自動的にオス蜂になります.

逆に, 女王蜂がいる間は基本的に新しい女王蜂を育てることはない (これも女王物質の効果) のですが, 女王蜂がいなくなると「今育てている幼虫」の中から代役を立てることがあります. この代役が成功して新しい女王蜂になれば (そしてオス蜂と交尾すれば), その女王蜂が新たに自分の子供 (それまでの働き蜂から見れば姪) を産み始めることになります.

で女王蜂がいなくなりかつ「今育てている幼虫」もいないとどうなるかというと, オス蜂が増えるのですがオス蜂は一切働かない (本気で何もしない) ので, その巣は早晩滅ぶことになります.

遺伝的には, 女王蜂は (自分が生まれた巣の) 他の働き蜂と同じです. ただ, どのメスも最初はローヤルゼリーを与えられるのですが, 女王になる幼虫だけはその後もずっとローヤルゼリーだけで育ちます.

また, 女王蜂は女王物質を出して他のメスが卵を産むことを抑制します. したがって女王蜂がいなくなると (女王物質が切れるので) 働き蜂であっても卵を産むことがあります. ただし, 女王蜂と違って働き蜂は交尾していないので「働き蜂が産んだ卵」は無精卵であり, 自動的にオス蜂になります.

逆に, 女王蜂がいる...続きを読む

Qハチの社会が女王システムをとる利点は?

ハチやアリが繁殖を一匹の女王にまかせ、ほかの個体はワーカー
として完全な分業社会になっていますが、
その一番の利点はなんでしょうか?

新社会性の記述や血液選択説をざっと読んだのですが、
よくわかりません。
というか、まだわかっていないのでしょうか?
集団の中に、不妊の個体を持つ新社会性のメリットを
教えていただければと、思います。

Aベストアンサー

遺伝子に目的を与えるならば増殖することより生き延びることではないかと思います。生き延びる結果その遺伝子は長い寿命を持ったことになると思います。増えることと生き延びることとは矛盾することだと思います。ハタラキ蜂は子孫を残さないからこそミツバチは種として滅びないのではないでしょうか。ハタラキ蜂も自分の子供を産んだらたちまちのうちぬ全員が餓死ということになってしまうと思います。前後しますが女王蜂の意味もなくなってしまうと思います。おそらく働き蜂は体細胞、女王蜂は生殖細胞、オス蜂は精子というような比喩がある程度成り立つのではないでしょうか。

Q巨大なハチの巣

調べたらハチの巣は1シーズンで使い捨てとのことだったのですが、
田舎で巨大なハチの巣をたまに見かけますが、
あれは冬超えしているわけではないですよね?

なぜ他のハチの巣よりもずば抜けて巨大な巣があるのでしょうか?
まん丸で民家の屋根下にぶら下がったりしている奴です。

Aベストアンサー

それは杉玉のことではないでしょうか?スズメバチなら表面に独特な模様がありますし(先程の質問には写真が… ^^;)、まん丸なのも杉玉っぽいです。杉玉は新酒が出来た時に、造り酒屋とうの軒先に吊るされるものです。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9D%89%E7%8E%89
http://ww7.tiki.ne.jp/~murozono/sugidamanotukurikata.htm

ちなみに、その手の蜂は毎年同じ時期に巣別れと言って、働き蜂でない雌とこの時期だけ生まれる雄が巣を飛び立ち、他の巣の蜂と交尾して新たな巣を作ります(巣の周りが狭く数が多くなると、巣を放棄して新たに巣を作ることはあります)。なので、必ずしも毎年使い捨てではないです。
蜜蜂の場合は新しい女王蜂が生まれると、元の女王蜂は半分位の働き蜂を連れて巣を出て行き新たな巣を作ります。
http://www2u.biglobe.ne.jp/~vespa/vespa13.htm

Qオオフタオビドロバチの巣穴に来るハチは子供・親・他人のうち誰ですか?

オオフタオビドロバチの巣穴に来るハチは子供・親・他人のうち誰ですか?
毎年、(2箇所あるのですが)同じ穴に巣を作りに来ます。
昨日そのうちの1箇所から、無事「子供」が生まれ出ました。
毎日でも巣の状況を見られるのですが、毎年巣の穴が開いている(生まれてから)ことに気づくとすでに、必ずオオフタオビドロバチが巣穴の周りを伺いに飛んで来ます。
このハチは、生まれたばかりの子供なのか、生みつけた子供の親(もう死んでる?)がまた来ているのか
他のオオフタオビドロバチ(他人)なのか、生まれた子供がメスかオスかわかりませんが必ず誰かが来ます。毎年気になって仕方ありません。
子供は生まれたら、生まれた場所を見に来る(巣を確保しておく習性がある)ものなのでしょうか?
メスしか巣を作らないのでしょうか?生態をご存知の方教えて下さい。宜しくおねがいします。

Aベストアンサー

追記です。

近縁種で泥棒がおおっぴらにあるようなので、やっぱり他人の可能性が高いようですよ。

http://www.hitohaku.jp/news/docs/hm7-2.html

参考URL:http://www.hitohaku.jp/news/docs/hm7-2.html


人気Q&Aランキング

おすすめ情報