「いつか晴れた日に」のラストシーンがわかりません。
2女のマリアンヌの結婚式に遠くから、ウィロビーが丘の上から微笑みながら、見送って去っていきました。
あれは、どういう意味なんでしょうか?

散々考えて、展開を想像するかぎりでは・・・・・・・・

(1)やっぱり、マリアンヌを愛していたが、自分は結婚できないので、相手の幸せを願いながら去っていく。どうしてウィロビーはあの村へ行った(戻った)のか、何故あそこにいたんでしょう?

(2)やはり、金持ちの令嬢からも逃げ出したあと、戻れるはずはないと思いながら、あのコテージでの生活を思い出し村へ戻ったが、もうマリアンヌは結婚していた。そして(1)につながる。

(3)舞踏会で再会した時の動揺から、ウィロビーはマリアンヌが大切な人と気づき、「もしかしてもう遅いかもしれない。でも、もうこれ以上は自分の気持ちにうそはつきたくない」と感じ、すべて投げ出し、裸一貫で自由の身になった後、マリアンヌを迎えに行った。

このように思えないこともないのです。

最近の映画にはない、内面的な感情をとても繊細に表現していて、ヒューグラント、アランリックマン、エマトンプソンと、キャストも魅力です。

特にアランリックマンは、ダイハード、ロビンフット、からのファンです。
悪役なんですが、目をむいてあきれた顔なんてすごくかわいいです♪ラブアクチュアリーも、もちろん見ました♪

本題に戻りますが・・・・
このような場合、みなさんはどのように解釈しましたか?

(前回同じ質問をさせて頂いたのですが、タイトルを間違えてしまい、再度質問させて頂きました^^;)

よろしくお願いします♪

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

私もリックマン氏のファンで、『いつか晴れた日に』のDVDも持っています。



ウィロビーはプレイボーイでさんざん遊びまわっていました。あげくに、ブランドン大佐が元恋人(親に反対されて引き離された後、身を持ち崩し、私生児を産んで死んだ)に託された娘を妊娠させるに至ります。それを知ったウィロビーのおばさん(遺産をウィロビーに残すことになっていた)が激怒して、遺産相続の話がなくなってしまいます。それで、ウィロビーは持参金をたくさん持ってくる金持ちの娘と愛のない結婚をせざるをえなくなり、マリアンヌとの結婚をあきらめることになります。←このあたり詳細はちょっと自信がありませんが。

ウィロビーがマリアンヌに急に冷たくなったのは、そういう事情があったからで、いままでの悪い行いがもとで、せっかく見つけたマリアンヌとの真実の愛をもあきらめざるを得ない……という、自業自得の結末となるわけです。

あのラストシーンでのウィロビーは、けっしてほほ笑んでいたわけではないとも思います。いままでさんざん遊びまわってきてその報いを受けて愛のない結婚をせざるを得ないバカなウィロビーが、それでもマリアンヌへの思いを断ち切れなくて、かと言って結婚式に出るわけにも行かず……だから、せめて丘の上から人知れず……というわけです。

あのシーンを見ると、ウィロビーも決して悪いヤツではなく、ただひどく愚かだっただけだったのだと分かります。ただ、そのおかげで真実の愛を永遠に失ってしまったのです。

ひたすら堪え忍んで真実の愛をつかんだエリノア、悲しみのどん底でずっと自分を温かく見守ってくれていた人の存在にやっと気づいたマリアンヌ、ひたすら紳士らしさを貫いたブランドン大佐だけを描くのではなく、ひとり人生最大の失敗してしまったウィロビーを最後に登場させることで、「人生の皮肉」と「清く正しく生きることが最後には強いということ」、そして「根っからの悪人はいない」ということを際立たせているのだと思います。

さて、余談ですが、『裏切りの Kiss』という作品、ご覧になりましたか? リックマン氏のほか、エリノア役のエマ・トンプソンさん、ウィロビー役のグレッグ・ワイズ氏がなぜかアメリカ人に扮している、へんな作品です。B級なので内容は期待しないでほしいのですが、『いつか晴れた日に』を見てから見ると、妙に笑えます。

あと、『いつか晴れた日に』でブランドン大佐がマリアンヌに一目ぼれするシーン、あの部屋にいるほとんどの俳優さん(マリアンヌと妹を除く)がハリー・ポッター映画に出演していますよ。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

mrs_snapeさんすごくわかりやすい解説ありがとうございます。
思わず『うん、うん』納得してしまいました。特にウィロビーの顛末のあたりです。
>いままでさんざん遊びまわってきてその報いを受けて愛のない結婚をせざるを得ないバカなウィロビーも、決して悪いヤツではなく、ただひどく愚かだっただけだったのだと分かります。ただ、そのおかげで真実の愛を永遠に失ってしまったのです。

このへんは、本当に見落としていた心理で、なるほどというほかありません。
ジェーン オースティンは、この作品で2作目なんですが、何度読んでも(見ても)奥が深く、また人物描写が
巧みなので、ついついストーリーにばかり気を獲られてしまいます^^;

『裏切りの Kiss』という作品は全然知りませんでした。B級というあたりが気になりますね(笑)
登場人物がハリー・ポッター映画にけっこう出演しているのは、すぐわかりました。
エマ トンプソンの前夫ケネス プラナーもハリーポッター前作に出演してましたね。

原作を注文中なんですが、届いたらしっかり読んで見たいなと、思っています。
読み終わってから、またmrs_snapeさんの回答もふまえ
て再度DVD『いつか晴れた日に』を見たいです♪
そのとき、どんなふうに感じるかな・・・と楽しみです。
★mrs_snapeさん回答頂き本当にありがとうございました★

お礼日時:2004/09/27 02:46

「いつか晴れた日に」


大好きな映画っす。

映画を見ての解釈を、という質問ですね?
ただ私は映画より前に原作を読んでいて
(オースティンのファンなもんで)
原作よりの解釈にどうしてもなってしまいますが・・・

ウィロビーがもう一度マリアンヌと復活、ということはありえません。
ウィロビーはたしかにマリアンヌのことが好きだったでしょう。愛、と呼べるかどうかはわかりませんが。
でも彼は愛よりもお金を選択したのです。
「お金」というとえげつないので「生活」と言ってもいいでしょう。
当時紳士階級が普通の生活を維持するためには、自分自身の財産が必要で、ウィロビーには金持ちの妻が絶対に必要なのですから。その点リックマンの方は自分自身に財産があるので、自由に妻を選べます。

ウィロビーは、当時、ごく普通の振る舞い方をしただけ。
原作者オースティンは別の小説のヒロインにこう言わせたことがあります。(そのヒロインは、マリアンヌと同じように持参金の少ない娘でした)
「私は、賢い人と結婚したい。
でも私と結婚するような人は馬鹿なので、馬鹿な人とは結婚したくない」
これが当時の(もしくはオースティンの世界の)一般常識でしょうね。

というわけで、原作者も映画監督も、ウィロビーはそんなに悪い奴じゃない、って解釈を示していると思います。
原作の最後では、ウィロビーは金持ちの娘との結婚生活を続けますが、しょっちゅう今は幸せな人妻になったマリアンヌの噂をし、素敵な人だ美しい人だ夫人の鑑だ、みたいなことを言っては奥さんに怒られてたらしい。だからといって、現在の生活をなくす気はウィロビーにはなかったし・・・ともはっきり書いてありました。

原作からの説明ですみません。
(でも私もアラン・リックマン大好き。「ギャラクシー・クエスト」見ました?)

この回答への補足

この『いつか晴れた日に』でいろいろな感想や、解釈が回答する方によって
違うと思いますので、もう少し締め切らずにいたいと思います。

補足日時:2004/09/25 12:54
    • good
    • 2
この回答へのお礼

uzumaki-koさん原作の方を読まれたんですね。
わたしも今注文中なんです。
『いつか晴れた日に』を今ほぼ毎日見ている状態です。
・・・・がしかし、このラストに関しては、この解釈が映画なので、どうとでも取れるように、見れてしまいます。
わたしの浅い観察力では、とてもわかりませんでした。
ウィロビーはマリアンヌが好きで好きで、仕方がないが、財力に勝てないが、マリアンヌは忘れきれないというジレンマがあった、のでは?と踏んでしまいました。
映画では、マリアンヌが「わたしたち、愛し合っていたわ」というセリフがあり、わたしも「ウン、ウン」と思ったからです。

でも、違ったんですね・・・・・・
>原作からの説明ですみません。
いいえ、とんでもないです。こちらこそ、ありがとうございました。
『いつか晴れた日に』が早く届いて、uzumaki-koさんの回答してくださった箇所をじっくり読んでみたいと思っています。

>(でも私もアラン・リックマン大好き。「ギャラクシー・クエスト」見ました?)
いいえ、恥ずかしいのですが、レンタルで見かけるたびに、手を伸ばすんですが、まだ見たことがないんですよ。
今回、回答を拝見してこちらも、是非是非★見てみようと思います。
話しがそれますが、アラン リックマンって声も素敵ですね。
いつも話すときの、あのアクセントの強調の仕方が、大好きです♪

★uzumaki-koさん回答本当にありがとうございました★

お礼日時:2004/09/25 02:28

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q香港映画と中国映画の違い。

映画ど素人の質問ですみません。
中国の映画には、中国映画と香港映画とわかれていますよね。
なんで2つにわけているんでしょうか?
見た作品でくらべると、「インファナルアフェア」とかの香港映画は近代的な映画中心にやっているけど、「HERO」とかの中国映画は古典的な映画を中心にやっていますよね。
全く2つの映画は同じ中国映画でも違うもんなんでしょうか?
あと、台湾映画もありますよね。

Aベストアンサー

日本映画と中国映画が全く違うことはおわかりでしょう。
同じアジア圏にあるからといって「東洋映画」で一括りに出来るものではありません。
旅をすると判りますが、中国から香港へ入る(またはその逆の)際には、出入国審査があり、パスポートの提示と出入国カードの記入が必要です。また台湾と中国を行き来する際にも同じ手続きを経なくてはなりません。
つまり、中国、台湾、香港は、それぞれ歴史も文化も異なる別個の国であり、映画会社も台湾や香港では資本主義の民間会社ですが、中国は国営スタジオですので共産党の意に反した映画は一切作れません。
日本や香港の映画俳優が中国映画に出演することもありますが、これはあくまでも客演(スペシャルゲスト)にとどまります。
ことほど左様に異なりますので、三者を区別しない方が不自然でしょう。

Q氷の微笑 の犯人は?

今頃 質問ですが、
氷の微笑(シャロン主演)の犯人は誰だったのですか?
詳しく教えて下さい。
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

この質問は非常に多いので過去ログもどうぞご覧下さい☆
ちなみに、私はシャロン・ストーンだと思いましたが・・・。
この映画は続編が作られる予定だったのですが、
出演者の関係などから、流れてしまいました。
だから、犯人があやふやでも仕方ないんだと思います。

Q映画祭が主催して映画を作ることはあるの?

世界各国、さまざまな映画祭がありますが、映画祭がお金を出して映画を作ることってあるんですか?
カンヌ映画祭やベルリン映画祭が映画を作ったなんて話は聞いたことがありませんが、他の映画祭ではこんなことはあるのでしょうか?

Aベストアンサー

「それぞれのシネマ」という映画がそうです。
カンヌ映画祭60周年に合わせカンヌ主催で作った映画です。
http://www.allcinema.net/prog/show_c.php?num_c=330555

調べないとわかりませんが、他の映画祭でも節目節目で作った作品があると思います。

QDVD ★モーリス Maurice ヒューグラント★

かなり以前から、英国の俳優「ヒュー・グラント」のファンで、既に彼の作品は多く観てきたものです。
中でも15年以上も前の作品である「Maurice ~モーリス~」は私的に大好きな作品なのですが(別に私は同性愛主義者ではありません)、このDVDは巷にはないのでしょうか? 色々とネットで検索してみたものの、既に「廃盤」になっているとか・・・。

どなたかご存知ないでしょうか?

Aベストアンサー

こんばんわ。
ジェームズ・アイヴォリー監督の作品の良いですよね。
(もちろんH.グラントも好きです)

さて、お探しのDVDですが、No.2の方のおっしゃる通り、
どうも現在は「廃盤」のようです。
一般的にですが、映画など映像作品は、販売会社が著作権者から
販売権を一定期間買い取って、その間にビデオやDVDとして販売します。
この契約期間がすぎれば、つぎに日本国内での販売権を獲得する
会社があらわれない限り、商品化されることはありません。
(つまり、早々には「在庫切れ」が解消されることはありません)

こうなると手に入れるは方法は一つです。
中古や新品の売れ残り(店頭在庫)です。
根気よく、地方のお店だとか、中古ショップを覗いてみてはいかがでしょうか?

なお、知るかぎり、最終のDVD化は、98年の冬です。
このときセル用とレンタル用とプレスされているようですが、
そう中身に違いはないようです。

見つけられるといいですね。
(また、どこかの会社がこうしたニーズをキャッチして権利を
 獲得してくれるといいんですが)

こんばんわ。
ジェームズ・アイヴォリー監督の作品の良いですよね。
(もちろんH.グラントも好きです)

さて、お探しのDVDですが、No.2の方のおっしゃる通り、
どうも現在は「廃盤」のようです。
一般的にですが、映画など映像作品は、販売会社が著作権者から
販売権を一定期間買い取って、その間にビデオやDVDとして販売します。
この契約期間がすぎれば、つぎに日本国内での販売権を獲得する
会社があらわれない限り、商品化されることはありません。
(つまり、早々には「在庫切れ」が解消されるこ...続きを読む

Q「映画館」が出てくる映画ってないでしょうか?

「映画館」が出てくる映画ってないでしょうか?
できれば、背景にエキストラのような感じで出てくるのではなく、ちゃんと「映画館」が物語に関わってくるものがいいです。

たとえばアニメなのですが、クレヨンしんちゃんの「カスカベボーイズ」という映画では、
映画館にやってきたしんちゃん達が、映画のスクリーンの中の西部劇の世界に吸い込まれる、というストーリーです。

このように、その映画のタイトルと、その映画にどのように映画館が出てくる(絡んでくる)のかを教えてください。
洋画カテゴリーですが、邦画でもアニメでも、なんでもいいので教えてください。

Aベストアンサー

↓に一覧がありましたので、ご参考にどうぞ。
http://sapporo.cool.ne.jp/jojo129/gallery/theater/theater.htm

Q映画『マリアンヌ』で…

映画の冒頭、マックスは「あなたの『妻』の目印は、紫色のドレスにコマドリだ」と言われますが、マリアンヌは紫色のドレスを着ていましたが、コマドリって何のことだかよく分かりませんでした。

たいしたことではありませんが、目印のコマドリって何のことでしょうか?

Aベストアンサー

コマドリじゃなくて「ハチドリ(humingbird)」です。紫色のドレスを着た彼女が座っていた椅子に大きなハチドリがプリントされたシルクの上着がかかっていましたよね。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8F%E3%83%81%E3%83%89%E3%83%AA
http://columbia.jp/artist-info/komadori/prof.html

Q「死霊の盆踊り」という映画がサイテー映画とは

「死霊の盆踊り」という映画の批評で、
「サイテー映画と呼ぶに恥じない映画」とか書いてありましたが、
「サイテー映画」とはどういう映画でしょうか。
またなぜ「死霊の盆踊り」という映画がそうなのでしょうか。

Aベストアンサー

厚いファン層の支持を得ているヨタ・カルト映画『資料の盆踊り』ですね。

私は何年も前に全編を通して見ましたが、かなり見応えのあるサイテー映画です。「呼ぶに恥じない」とは、よくぞ言いました。世の中には1円で売られている有名スター主演の映画ビデオがあるにもかかわらず、中古でもサイテー1980円からしかないのが賛辞の証拠です。

前置きが長くなりました。

>「サイテー映画」とはどういう映画でしょうか。

この場合は主に、芸術性、すじがき、カメラワーク、演技、照明や音声など各種技術のレベルがゼロという意味です。色彩と女優さんたちの容姿はそれなりに美しいです。

>またなぜ「死霊の盆踊り」という映画がそうなのでしょうか。

死霊が盆踊りをするだけの映画だからです。以下の解説も言い得て妙だと思いますよ。
http://www.allcinema.net/prog/show_c.php?num_c=11171

Qラブ・アクチュアリーで映画の中で流れていた曲

ラブ・アクチュアリーで映画の中で流れていた曲のタイトルとアーティスト名(アルバム名)がわかりましたらお教え下さい。

注:特典映像の曲紹介では対象になっていませんでした。

状況:出版社の社員サラとカールがクリスマスパーティの時に、チークダンスを踊る場面で流れていました。

カントリーソングっぽくて、バラード調です・

歌詩の出だしは、「Like a Flowar Wating・・・」

Aベストアンサー

Turn me on / Norah Jones でしょう。

映画のサントラに収録されています

参考URL:http://www.amazon.co.jp/%300c%30e9%30d6%30fb%30a2%30af%30c1%30e5%30a2%30ea%30fc%300d%30b5%30a6%30f3%30c9%30c8%30e9%30c3%

Q映画の思い出、映画館の思い出・・

好きな映画、子供の頃に観た映画、タイトルが思い出せない映画、
観たかったけど観られなかった映画、はじめてデートで観た映画、
レンタルで観た映画、映画館であったこと・・。
映画にまつわるお話はありますか?
出来れば楽しいお話で。
良かったら教えてください。

(文章が下手なので、短く拙いお礼しか出来ませんが思いますが、
「それでもいいよ~と」思われたら、回答お願いします。)

Aベストアンサー

ありゃ忘れもしない、私が小学生の時ですよ。「キング・コング」がリメイクされて上映となった時に少年誌で盛んに書きたててるものだから、私が「観たい観たい」と親にせがんだんですね。そしたら父さんが切符を買ってきてくれたんです。前売り券ってやつですか。嬉しかったですねぇ。ところがどっこい、うちの兄貴が意地悪で私にこう言ったものです。「キングコングが映画から出てくるんだぞ~」って。脅かすんですよ。映画なんて物心付いてから「東映マンガまつり」だけでしたから観たのは。そんな訳で内心ビクビクもので父親に連れられて行ったんです。父は盛んに「怪獣なんて飛び出して来ないから」と言うんですが、私はもうドキドキ。で、映画館に着きました。ところがですね、ここでまた問題が起きたんです。後から考えたら問題だったんですが。普通、映画を観に行く時って上映開始時間に合わせて行くものですよね?ところが父はそんな事お構いなし。映画の上映途中で映画館に入ったものだから、既に映画は始まっていたんですね。だから途中から観たんです。途中で観たもんだから私はチンプンカンプン。丁度あれは、コングがタンカーで運ばれるところからでした。で、コングが撃たれて死んでしまうまで、つまりラストシーンまで観たは良いんですが、肝心の話の初めが解らない。で、もう一回最初から見直したんです。当時は切符1枚で何回も観れましたから。飛び出して来ないと解り、私はもう夢中になって観てたんですが、父は横でグゥーグゥー。そして最初に入った時に観たシーンに入ったんですが、普通は最後まで観るでしょう。せっかく1枚の切符で観放題なんですから。ところが父は「さぁ、こっからは最初の続きだから帰るか」。子供心に「あらららら・・・」。子供だから筋なんてどうでも良い。ただ怪獣が好きだったので、コングが観れれば良かったんですが、何となぁく変な気がしました。何だか今から考えると愉快な思い出です。

ありゃ忘れもしない、私が小学生の時ですよ。「キング・コング」がリメイクされて上映となった時に少年誌で盛んに書きたててるものだから、私が「観たい観たい」と親にせがんだんですね。そしたら父さんが切符を買ってきてくれたんです。前売り券ってやつですか。嬉しかったですねぇ。ところがどっこい、うちの兄貴が意地悪で私にこう言ったものです。「キングコングが映画から出てくるんだぞ~」って。脅かすんですよ。映画なんて物心付いてから「東映マンガまつり」だけでしたから観たのは。そんな訳で内心ビク...続きを読む

Q映画「ラブアクチュアリー」の曲名を教えてください。

ヒュー・グラントの出ていた映画「ラブアクチュアリー」の最初のシーンで往年の歌手(おじいさん)が
何度も失敗しながら歌っている歌が耳について離れません。曲名を知っておられる方いらっしゃいましたら教えてください! なんだか古いくさい感じの曲なのですが、ほんわかして癒されるんです。

Aベストアンサー

Christmas Is All Aroundかな?

http://www.youtube.com/watch?v=meU4cxhdjJI

http://www.youtube.com/watch?v=meU4cxhdjJI


人気Q&Aランキング

おすすめ情報