中小企業の働き方改革をサポート>>

母子加算削減や増税、医療や介護が厳しいです。

なのに何故
生活が厳しくなり

その原因が自民党にあっても

選挙で自民党に入れる人がいるのでしょうか?

A 回答 (12件中1~10件)

二回目です。

近隣3か国系の代議士の沢山おる社民党・民進党・希望の党の立憲民主党入党候補者・二重国籍問題のメタ二人ガソリーヌフリーヌスト・日本共産党・オザーと剥げ太郎の中核・核マル過激派活動の奴・辺野古の中国韓国のスパイ工作員達に、沖縄県外のあらゆる組合員・日教組・本来は公僕の自治労等等は早く、解体することが、日本の国益に繋がります‼️
    • good
    • 1

自民党が悪いわけではない。


パヨク脳ですね
    • good
    • 0

何故、自民党なの?

    • good
    • 0

金持ちに靡くから仕方ないのです。


所詮金がすべて。仕方ないんですよ。
    • good
    • 0

これは、あくまで私の推測ですが、まず、自民党には組織票と言う物が有ります、自民党の政策がその組織にとって有利だと思えば、その組織に所属し、かつ政治にあまり関心のない人間は自民党に投票することになると思います。

自民党の政策は主に大企業にとっては都合の良い物が多いというと言いう事です。また、国民の人気集めのようなものも多いので、これもあまり政治に興味のない人の投票を促す事になっているのだと思います、最近自民党の支持率が下がって来たのも、政治に関心を持つ人が増えて来た為だと思います。余談ですが、公明党も同じようなものだと思います。年金に関していえば、私も速く貰い始めればもうすぐ年金生活者になりますが、そうなるころには支給年齢が引き上げられていて、引き上げられた支給年齢になるころには、また、引き上げられと、結局年金は貰えずに終わってしまいそうです。
    • good
    • 0

野党に入れたら、もっとヒドくなるからです。

    • good
    • 2

日本人は根本的に総体的な見方や長期的見通し、客観的見地に立てない民族なので、こうなるのは致し方ないところです。


つまり、「こういう規制がいずれ形を変えて自分のところにもやってくる」
「弱者を切り捨て続けた果ての日本の姿」
「自分が何らかのきっかけで弱者に転落する可能性」
こういうことが想像すらできないわけです。
そこを政権は巧みに突いてきますから、現在の状況はある意味愚か者の必然ですね。

ちなみにこの後は軍事費が増えていきますから、社会保障はますます減らされます。
扶養手当もかなり怪しくなってるでしょ。
将来年金が78歳以上支給になったとき、「生活保護減らせ」と今言ってる人たちが何を言い出すか楽しみです。
    • good
    • 1

要するに、医療介護に金が掛かり過ぎるんですね、それを全て国で賄うのは無理がありますよね。


何処かで調整しないと財源が出来ないですから、生活保護で働きもしない外国人を養っていることが間違いなんです。
それを無くすだけでも随分と違いますよ、あとは在日の税金は2倍にするとかして嫌なら母国に帰らせるとかね。
売春婦に10億もタダで取られるし、まだまだ大金を貸しているのに払おうとしないんですよ。
それを庇護しているのが、社民党、民進党、立憲民主党、希望の党などです、自民党だけの責任では無いって事ですね。
あとは無理やり医療で長生きさせ過ぎです、そこそこの年で機械に頼らなければ生きられない人には延命しない処置が必要ですね、保険とか掛かり過ぎです。
残酷なようですが、外を歩けずに床ずれが出来て死んでいくよりは良いですよ。
    • good
    • 1

増税されるのは母子加算受けるようなシングルマザーではありません。



年収850万円ももらってる世帯の生活が厳しいわけないじゃないですか。
医療や介護が厳しいのは老人人口が多いからです。
そもそも手厚過ぎる医療が無駄に老人を延命させるから問題なのです。
その老人問題が起きたのは、戦後のベビーブームがあったからで、現在が第一次ベビーブーム世代で、20年後に第二次ベビーブーム世代の老人過多が起きます。

鯨飲は自民党でなくて、野党。
野党がイカレポンチだから自民党が勝つだけ。

そもそも野党が共産主義者ばかりなのが、この国のおかしなところです。
なんでまともな野党が維新しかいないのでしょう。

全部紛らわしいから共産党で良いと思うんですけどね。
そうすれば、もっとまともな議員が出て来ると思います。
    • good
    • 4

逆に弱者を切り捨てたいという国民の総意を与党が汲み取っていると考えるべきでは?

    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング

おすすめ情報