中小企業の働き方改革をサポート>>

Professor: Why do some companies maintain a functional organization instead of organizing around projects?

Student: To eliminate redundancy’s probably one of the biggest factors in an organization. So that there’s standards for uniformity and efficiency in the organization.

Professor: OK. And that’s probably the primary reason for functional organization right there.

教授:なぜいくつかの企業は機能別(=構成員の専門分野別)に組織を編成しようとするのだろう、プロジェクト中心に編成するのではなく。
学生:無駄を取り除くことは組織における重要な要素です。よって組織の中の統一性と効率性を保つための基準があるのです(=~だからです)。
教授:いいだろう。そしてそれ(=統一性と効率性を保つための基準が必要なこと)が、組織を構成員の専門分野別に分ける主要な理由だ。(私のデタラメの訳)

分からないのは最後の文のright thereです。このthereは何を指しますか、どういう働きですか。
「まさにそこに、~という理由があるのです」という意味の「まさにそこに」という意味であれば、There’s probably the primary reason for functional organization right there. とか、Here’s probably the primary reason for functional organization right there.とすべきではないですか。物の存在を表すThere isが、どこに位置するかを表すためにright thereが使われていると思ったのですが。

ご意見をお聞かせ下さい。

質問者からの補足コメント

  • どう思う?

    このright thereですが、たとえばthere is~「~がある」というとき、thereは漠然と物の存在を示すだけで、
    あえて逐次的に「そこに」と訳さないですよね?
    それと同じ原理でright thereもあえて「ちょうどそこに」とは訳さないで、
    That'sに呼応して「まさしくちょうどそれが~という理由です」となるのではないかと思うのですが。
    その場合right thereはexactlyに実質的に等しいかと思った。
    ただNo.3さんの御意見「some companiesを指している」に関して、
    論理的に反論できません
    これはsome companiesを指しているのでしょうか?

      補足日時:2017/12/19 14:39
  • へこむわー

    知人のバイリンガルの方は、これは「まさしくそれが」という意味でthat'sに意味が掛ると仰っております。私もその方に同感です。でもNo.3さんの御意見「some companiesを指している」も一理あると思い、立ち往生してます。助けて下さい

      補足日時:2017/12/19 14:42
  • どう思う?

    実はこのパラグラフは私は全文を掲載していません
    長すぎて回答者の負担とならないよう、適当な長さに省いて質問しました
    最初の文のsome companiesと最後の文のright thereまでは実は相当の距離があります

    http://www.bigear.cn/restext-1424-7777700042090. …

    こちらのサイトに全文が掲載されてます

    なので、some companiesではないと思うのですが、
    しかしそれを否定するに足る論理的な理由がありません。
    これについてはいかが思われますでしょうか、
    是非お考えをお聞かせ下さい。

      補足日時:2017/12/19 14:53

A 回答 (4件)

1行目の、some companies を指すのではないでしょうか。

「まさに機能別組織を維持し続けている会社では、~ が、おそらく主な理由だろう」
    • good
    • 1
この回答へのお礼

今回、運よく、英語ネイティブの方と、言語能力に関して信頼のおけるバイリンガルの方の双方が、
私に連絡をとってくださり、
それによれば、これは直前に生徒が言ったことを参照しているとのことです。
つまりthat'sに意味がかかっており、日本語に敢えて訳すと、
やはり「まさしくそれこそが、そこにこそ」的な意味合いのようです

今回、様々な方がそれぞれ、別々のことを仰っていたため、当方も混乱しておりました。
とはいえ言語というものが抽象概念である以上、
当方としましては、ネイティブやバイリンガルの方の感覚を最優先せざるを得ません。

しかしタカゼンさんの御回答は、論理的には矛盾点が見当たりません(少なくとも私が観る限り)
それが正しいか否かは英語のゲシュタルト構造をもっている方でないと、知りようが無い事なので、
これが分からなかったタカゼンさんに落ち度は全くありません。
アインシュタインだって朝鮮語を話せたかというと、話せませんでした、
そしてその理由は単に朝鮮語のゲシュタルト(言語化できない抽象概念、たとえば色とか音などに伴うイメージ)を持っていないからです。
それでも真剣に突き詰めて考えて、回答くださったタカゼンさんをはじめ他の回答者の皆様に心より感謝いたしております。
皆さんの色々な見方の1つ1つが私にとってためになるものでした。
私の学習は皆さんの善意と熱意と深い見識によって、いつも支えられています。
タカゼンさんをはじめ他の回答者の皆さんのお力を、次回もまた是非お貸しいただければ幸いです。

お礼日時:2017/12/19 16:06

right there で「ドンピシャ」という熟語です。



    • good
    • 2
この回答へのお礼

すみません、忙しくて動画を観れませんので、該当する歌詞の部分を引用していただくことは可能ですか?
このright thereですが、たとえばthere is~というとき、thereは漠然と物の存在を示すだけで、
あえて逐次的に「そこに」と訳さないですよね?
それと同じ原理でright thereもあえて「ちょうどそこに」とは訳さないで、
That'sに呼応して「まさしくちょうどそれが~という理由です」となるのではないかと思うのですが。
その場合right thereはexactlyに実質的に等しいかと思った。
ただNo.3さんの御意見「some companiesを指している」に関して、
論理的に反論できなくて、困っています。 いよいよノイローゼになりそうだ
どなたか助けて下さい。 苦しい

お礼日時:2017/12/19 14:36

「まさにそこにある」の意味で良いと思います。



ここでは、functional organization を後ろから修飾しています。

functional organization (that is) right there
= まさにそこにある機能別組織
= 実際に存在する機能別組織
のようなニュアンスでしょう。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

どうも、ありがとうございます。

あれっ? functional organizatioを後置修飾? 

私は次の様に考えたのですが、どう思われます?

例えば仮にThat's exactly the primary reasonの場合、exactlyはThat もしくはisを修飾しているのだと思います。それがそれと同じように、right thereもthatかisを修飾しているのだろう、と予想がつきます。ただ、right thereは物の位置を表すわけだから、that(それ)とうまく繋がらずに混乱してしまって・・・・ 「つまりそれが、~という理由だよ」という単純な英文だったのに、なぜそれが分からなかったのかが自分でも分からないです

お礼日時:2017/12/19 13:19

ここでのRight there は、学生が言った要因の一つのそのものに対し、「そのとおり」という意味合いもあります。


that’s probably the primary reason right there.とするとすっきりしますね。 「おそらくその理由が主なピンポイント的理由です」みたいな意味合いになります。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

どうも、ありがとうございます。
私が思うに、これはright thereがthat'sに掛っていて、
「これこそがまさに、~という理由である」という意味ではないか、
そしてright thereを直訳して「まさにそこ」と敢えて逐語的に訳さず、
thereは漠然と物の位置を示すくらいの働きで、rightと合体してthatの意味を強調しているのかな、くらいに解釈します。
すなわち
right thereはここではexactlyと実質的に同意かなと。

お礼日時:2017/12/19 13:30

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング

おすすめ情報