中小企業の働き方改革をサポート>>

年賀状のあて名印刷で印刷開始すると、空送りとなり 紙詰まりのメッセージが出ます。紙詰まりは無いのにそのメッセージが出ます。Okを押してもやはり紙詰まりのメッセージが出ます。

A 回答 (1件)

給紙ローラーのクリーニングをしてみてください。

    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

お礼日時:2017/12/22 11:52

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qプリンタの紙送りがおかしくなりました!

 キヤノンMG6130で、年賀状の印刷を始めました。インクジェット用年賀はがきの裏面(表書きでない方)に、写真風の画像を印刷していたのですが、急に「紙詰まり」だから用紙を取り除きokボタンを押してくださいというようなメッセージが出ました。見ると、ほとんど排紙はできているのですが、1センチほど噛んだ状態でした。それを抜き取っても、同じエラーが出てしまいます。

 わたしの憶測ですが、給・排紙のローラーが葉書のコーティングのため滑っているのではと思います。200枚の内半分以下でエラーが出ました。あと、100枚ほど印刷し、宛名も印刷しなければなりません。修理に出すのも、間に合うかどうか心配です。

 何か方法をご存じの方、教えてください。

Aベストアンサー

プリンタの修理屋です。

普通紙を用紙していただき、何か適当な物を印刷してみてください。

それで問題なければ、あなたが想像している通り給紙ローラーなどの汚れでしょう。
ただ、コーティングしてあるものが剥がれて給紙ローラーに付着という現象は聞いたことがありません。
ハガキに付いている紙粉が給紙ローラーの表面に付着することはあります。
この場合、普通紙で何枚か印刷していれば取れることが多いです。


また、普通紙でも同様の症状が発生して直らないようでしたら、給紙メカの故障と考えてよいです。
状況の説明からはメカの故障と考えるほうが妥当な気もします。

問題は、出口付近で引っかかっている紙がキレイに全部印刷されているかどうか。
印刷が行われているのでしたら、その紙の印刷がほぼ完了して、次の給紙を開始しようと確認したら、正常に給紙できないと思われる状況を検出したという可能性があります。
後トレイをお使いでしょうけど、正常な状態でしたら紙を乗せるところの板が下がっていて、用紙が抵抗なく奥まで入るはずです。
稀に板が上がったままになって、紙が入りにくくなっていることがあります。
もし、この現象でしたら故障です。

少々面倒ですけど、1枚づつセットすれば印刷は継続できるはずです。
(1枚給紙して、後トレイから見えなくなったときに次の紙をセットしていきます)

これで何とかしのいでもらって、修理に出されると良いでしょう。

プリンタの修理屋です。

普通紙を用紙していただき、何か適当な物を印刷してみてください。

それで問題なければ、あなたが想像している通り給紙ローラーなどの汚れでしょう。
ただ、コーティングしてあるものが剥がれて給紙ローラーに付着という現象は聞いたことがありません。
ハガキに付いている紙粉が給紙ローラーの表面に付着することはあります。
この場合、普通紙で何枚か印刷していれば取れることが多いです。


また、普通紙でも同様の症状が発生して直らないようでしたら、給紙メカの故障と考えてよい...続きを読む

QMG6230後ろトレイからの用紙重送

MG6230の後ろトレイの給紙ではがき・写真等の印刷時用紙重送が頻発し「排紙詰まりエラー」で頻繁に停止する。都度エラーリセットし再処理をせざるを得ない。
ちなみに排紙は詰まっておらず、重送による誤検出と思われる。
ハードウェアの損傷か、ファームウエアの不良か、重送はハードと思われますが要修理ですかね?

※OKWaveより補足:「キヤノン製品」についての質問です。

Aベストアンサー

プリンタの修理屋です。

後トレイに、用紙の幅を合わせるグレーのガイドがあると思います。
それがスライドする板が上がりきって、給紙ローラーに当たったままになっていないでしょうか?

正直なところ、このシリーズでは多い故障です。

正常な状態ですと、その板は下がっていて、給紙ローラーとの間には少なくとも1cm位の隙間が空くはずです。


ほかの方も書かれているように静電気などの影響で基本的に用紙は縦走します。
どのプリンタもそれを防ぐために重送の防止機構を持っています。

この機種の場合は、その板(圧版と言っています)が上下することと、給紙ローラーの真下にあるツメと抵抗になるローラーが連動して動き、重送を防止しています。
非常に優秀で性能は高いです。

ところが、一部の部品が破損すると、この動きが連動しなくなり給紙もしない場合もありますし、重送も発生しやすくなります。
給紙動作をしても、紙が送られないことで、いろんなセンサが誤作動して、排紙部の紙詰まりエラーが発生することもあります。


基本的に修理しかないのですけど、費用の問題があります。
この機種は定額修理で、13,000円です。(税、送料別)

ほかにもトラブルがあって、そこにも手を入れるのでしたら安いくらいなのですけど、これだけでしたらかなり割高になります。
「通常修理で対応して」と交渉してOKしてくれれば、半額程度で修理可能なはずです。

プリンタの修理屋です。

後トレイに、用紙の幅を合わせるグレーのガイドがあると思います。
それがスライドする板が上がりきって、給紙ローラーに当たったままになっていないでしょうか?

正直なところ、このシリーズでは多い故障です。

正常な状態ですと、その板は下がっていて、給紙ローラーとの間には少なくとも1cm位の隙間が空くはずです。


ほかの方も書かれているように静電気などの影響で基本的に用紙は縦走します。
どのプリンタもそれを防ぐために重送の防止機構を持っています。

この機種の場合は...続きを読む

Q用紙がつまっていないのに用紙つまりのエラーが起こっています。

いつもお世話になっております。

EPSON PM790PTを使用しています。
昨日、印刷をしていたら、用紙が斜めに入ってしまい、用紙つまりのエラーになりました。
しかし、問題なく排紙され、用紙はどこにも詰まっていないのですが、プリンタが「用紙が詰まっている」と思い込んでいて、「用紙がつまっています」の一点張りで、まったく使えません。
それからずっと電源を落としていて、本日、電源を入れてみたら、問題なく起動したので、テストプリントをしたらできました。しかし、印刷後、また「用紙が詰まっています」・・・となってしまいました。

どうしていいかわかりません。
排紙ボタンを押しても、用紙が詰まっているわけではないので解決しません。
何か良い方法はないでしょうか?
かなり古いプリンタですが、まだ十分使えるので何とか直したいです。

よろしくお願いします。m(_ _)m

Aベストアンサー

他社のプリンタ専門の修理屋です。

構造的には似たようなものだと思いますが、この場合、素人さんではどうしようもないと思われます。

紙センサのレバーはシートフィーダー側から(後から)見るとかなり奥の方で、直接見えない位置にあるはずです。
むしろ、正面側からの方が見やすいはずですが、構造を熟知していなければ、場所は特定できないと思います。

また、一度はテスト印刷できたようですので、紙詰まりはないと思われます。
このような場合、センサレバーを戻すためのバネが外れていることがあります。

いずれにしても、修理対応と言うことになると思われます。

斜めに入った紙を取り出すときに、無理に力をかけたか、想定外の方向に引っ張られたことが原因と思われます。

Q紙送りローラの粘着性を復活させる方法

プリンタの紙送りローラがすべすべしてきてしまったため、スリップして紙送りが出来ず、プリントが出来ません。
ゴム製の紙送りローラの粘着度を復活させるような手段・薬品はありますでしょうか。
ウエットティッシュで拭いてみましたが紙粉や汚れが取れただけで、あまり効果ははありませんでした。
※たしかプリンタを修理する方々が薬品のようなものを使っていた記憶があるのですが、品名は忘れてしまいました。
※購入から3年経ったお安いモノクロレーザープリンタです。そのうちに修理に出す予定です。

Aベストアンサー

あります、オーエークリンという製品ですが、
えらいロットで買わないといけないので、
それはおいといて、
まず、毛羽のでないウエスに、
簡単マイペットのような二度拭きの要らない、
洗剤で軽く拭いた後、
固く絞ったウエスでよく拭き上げます。
ローラの目に詰まった紙紛や汚れが取れればかなり復活するかも。
すり減っていたり、固くなっていたら交換しかありませんが。

アルコール型はゴムを固くするので、
あまり使わない方がよろしいでしょう。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報