現在マーティンD-35AJを所有しておりますがオールドの35が欲しいと思っております、そこでマーティンの「AJ」と「SQ」について教えて戴きたいと思います、「AJ」は音が良くないとか「SQ」はネックが反った時調整出来ないとか色々な噂を聞きますが実際の所どうなんでしょう?オールドになると「SQ」になるのでメンテが気になってこのままの方が良いのかと迷ってます。日本国内で使用するのであればどちらがよいのでしょうか?どなたかお教え下さい、お願いします。

A 回答 (1件)

まず、AJはネックを直すときのロッドが入っているものです。


で、SQは入っていないタイプです。ですから反ったときの調整は基本的にはやっぱりできないようです。

音に関しては「木」そのものの「鳴り」を考えると何も遮るものが無い方が「鳴る」とは思います。でも、オールドのSQで使われていた環境、状況で音にはだいぶ差があると思います。新品のAJの方がいい場合もあるハズです。

弦のゲージを変えるだけで、ネックは結構簡単に変化しますよね。
弦のブランドによってもテンションが違いますしね。
微調整は楽器屋さんじゃ厳しいと思います。
もしSQでネックが反って「直したい」と思ったら、結構大掛かりなリペアになるでしょう。(フレットはずして、指板をはずして、調整するとか。10万以上かかるんじゃないでしょうか?そして何ヶ月も。)

D-35をお使いになってて、ギターの調子はどうでしょうか?
国内でも土地柄で結構違います。寒い地方の方がメンテは大変だと思います。
今お使いの35が調子よく使えているのなら、SQでもイケルと思います。
でも、細かい調整にこだわるのであればSQじゃ無い方がいいかもしれませんね。

高~~~いお買い物ですので、よく選んでいい物と出会えるといいですね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

大変貴重なご意見有難う御座いました、十分参考にさせて戴きます。

お礼日時:2001/07/14 23:19

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qエレキギター ネック スカーフジョイント ネックのスカーフジョイントについての質問です。 何ヶ月か前

エレキギター ネック スカーフジョイント



ネックのスカーフジョイントについての質問です。

何ヶ月か前に似たような質問を
させていただきましたが
また質問させていただきます。

自分が所有するギター
DEAN ML79なのですが

ネック裏のスカーフジョイントの部分が
亀裂?が入ってるような気がします。

以前質問した際よりも
亀裂というか引っかかる感じが
強く感じられるようになりました。

傷になっているので
気にしすぎてそのように
思っているのかもしれませんが笑

実際スカーフジョイントの部分は
簡単に割れたり、剥がれたりは
するのでしょうか?

一応ネック裏には塗装がしてありますが
塗装の浮き?なのでしょうか……

アドバイスと言うか、慰めというか
わかる方いらっしゃいましたら
回答の方よろしくお願いします...泣

Aベストアンサー

>実際スカーフジョイントの部分は
簡単に割れたり、剥がれたりは
するのでしょうか?

・・・う~ん、なるほど。
 多くの方が思い違いをしているところなので、まずはスカーフジョイントについて。

 スカーフジョイントは元々、ヘッド強度を上げる為に考案されました。決して木材の歩留まりを上げてコストを下げる為ではありません。(スカーフジョイントを使わないギブソン系のネックは・・・一般機械構造用部材として見た場合、ひどい木目の取り方をしています。あれはヘッド強度を少しでも得る為に妥協してああいう繊維の方向になっているワケですが、それでも特に薄く削られている`60年代初期のネックでは、ヘッド折れはもはや風物詩の域ですよね。ギブソン社は、後にナット裏にボリュートを設けてネッド強度を上げる様に設計変更しましたが、しかし木取りに問題がある以上、根本的な解決にはなっていません。この種の問題を一気に解決するには、機械強度が高くネバリのあるメイプル材などでヘッド角度を付けずに削りだすか~フェンダー社のネックがまさにコレ~、或いはヘッド、ネックそれぞれで最大の強度が得られる方向に木目を通した材を別々に作り、それを貼り合わせて使うか~これがスカーフジョイント~です。)

 またスカーフ部の接着強度に関しては、接着していないワンピースの木部よりも丈夫なぐらいです。
 ギターに限らずバイオリンやチェロやウッドベースなどで、高価なモデルでは将来的にバラバラにしてリペアが出来る様、分解可能な接着剤(具体的には水蒸気で温めると緩むアニマルグルー)を使って全てを組み立てますが、相当高価なギターでさえ、スカーフ部だけは事実上非分解となる強力な合成樹脂系の接着剤を使います。

 っというワケでスカーフジョイントは本来、強度的には有利な設計とされています。

 問題は設計・製造時に予測が困難な、木材の経年変化です。
 繊維の方向が全く違うスカーフジョイントでは、木材の収縮による段差が発生し易いのと、繊維の方向が違うということは塗料の吸収性が違うので、塗膜の乾燥が進むと引っ張られて塗膜の表面にヒビが入り易いということです。

 で、長くなりましたがここからが回答です。

>アドバイスと言うか、慰めというか

 ヘッドが起きてきた、サスティンがおかしい、チューニングが安定しなくなった、ヘッドをつかんで少し動かすとミシミシ音がするなどの自覚症状が出ていなければ、接合部に段差が出来てもスカーフ部の接合強度自体は十分保たれていると考えられます。
 対策としては№1様ご回答の通りで、

※接着部面が損傷していないなら、ヘタに修正しない方がよいでしょう。(スカーフに限らず例えばアコギのブリッジの接着面などでも、スキマが出来た→しかしトーンやチューニングには影響が見られない・・・という状態では特に修理せず、トーンを保ったまま50年間も放置されている例も沢山あります。)

※手触りで段差があるのは精神衛生上?よろしくないので、塗装の修正はアリです。
 スカーフジョイントの境界線に沿って段差が発生しているのであれば、塗装を修正してもやがてまた段差が発生することが多いですが、しかししばらくは段差を意識しないで済みます。

・・・スカーフの接着面が剥がれるとネック剛性が急に低下し、トーンやチューニングに明確な影響が出ます。そういう影響が出るまでは、スカーフ自体の段差そのものは放置でよい様に思われますが・・・但し。
 ワタシは現物を見ていないので、実際のところワタシの判断が正解かどうかは判りません。塗装の修正の為にリペアショップにギターを持ちこむ時、クラックの有無や、クラックが入っている場合はその成長の状態などをチェックしてもらえば安心出来るでしょう。

>実際スカーフジョイントの部分は
簡単に割れたり、剥がれたりは
するのでしょうか?

・・・う~ん、なるほど。
 多くの方が思い違いをしているところなので、まずはスカーフジョイントについて。

 スカーフジョイントは元々、ヘッド強度を上げる為に考案されました。決して木材の歩留まりを上げてコストを下げる為ではありません。(スカーフジョイントを使わないギブソン系のネックは・・・一般機械構造用部材として見た場合、ひどい木目の取り方をしています。あれはヘッド強度を少しでも得る為に妥協して...続きを読む

Qネックの後ろの膨らみはネック反り?

見た感じネックは反ってないと思うのですが、
ギターのネックの裏側を触って感じネックが腫れてたらそれはネック反りなんでしょうか?
ちなみに家はうちはギターとベースのネックの後ろが腫れてます。

Aベストアンサー

楽器のランクや「腫れ」の場所や範囲…っていうか、最終的には有識者が現物見ないと何とも言えないですけど、『反り』自体はネック裏ではなく指板面が平坦なら「反ってない」ってことにはなります。

とにかく、わかる人が現物を見て触らないと、確かな事は言えないと思いますので、気になるならショップに持ち込んで聞くしかないんじゃないかなと思いますね。
ただ、かなり質の悪いギター/ベースでない限り、材の節やその他で「触って明確にわかる不自然な膨らみ」なんてのは無くて当たり前なので、写真掲載して貰って見てわかるくらいなら、ちょっと異常だと思います。
だけど、写真でわからないくらい(触ればわかるが目に見えないくらい)だと、文字であれこれ言っても確定的な事は言えないですから。

Qナローネック、スリムネック、ミディアム・スケール

私は成毛滋がずっと提唱してきた、「ナローネック、スリムネック、ミディアム・スケール」を採用したギターを探しています。(現行モデル)


今までは、GRECO EG-420のセミオーダー品やSTM-Dr.Siegel Custom使っていましたが、
車上荒らしに合い盗まれてしまったのでお教えていただければ幸いです。

Aベストアンサー

FENDER-JPのST57M-US、ST62M-USって違いましたっけ?
NUT幅が40mmなのは公式で確認できますね。
ただ、スリムネックという情報がうろ覚えです。ごめんなさい。


イシバシ楽器に問い合わせた人がいて、回答を頂いたそうです。

石橋楽器さんからの回答がきました。
・ネック厚に関して
→1フレット部で21.5mm、12フレット部で23.5mmです。また、ウルトラスリム・ネック、スリム・ネック、という公式に採用されている規格、名称は無いようでございますが、握った感触としては'68タイプストラトに近い様です。

・グリップエンドに関して
→約56mmです。 ※この箇所に関しては手作業でペーパー掛けにて微調整を行うので若干の誤差が生じます。

・ブリッジに関して
→通常通り10.8mmピッチです。

・ボディーサイズに関して
→以前のSTMと同等サイズでございます。

http://room314danwasitu.green.coocan.jp/?m=listthread&t_id=350

Qギターの弦についてです。このマーティンの弦(EX light)はコーテ

ギターの弦についてです。このマーティンの弦(EX light)はコーティングされてるのでしょうか?
また使いやすいですか?
知ってる方教えて下さいっ!

Aベストアンサー

コーティング弦ではありません。

あと、張った時は良いのですが劣化が早いような気がします。

同じ価格帯ならダダリオがお勧めです。

QB.C.richのネックをkillerのネックに交換ってできるのですか?

と、友人が聞いてきたのですが

実際どうなのでしょうか?

楽器屋で聞けばいい話しなのですが、
ちょいと頭のおかしいやつなので。。

お優しい方お返事お待ちしております。

交換の際詳しい説明など添えてもらえれば幸いです。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

絶対に不可能とは言えませんが、それなりの問題はあるでしょう。

たとえばスケールが同じであっても、ネックとボディが接続している部分(ネックポケット)の形状はメーカーによってまちまちなので、この部分の「はめ合い」が必ず問題になります。

すき間があるとネックの横方向がズレてしまうので、なるべくピッタリ収まる加工をする必要があります。もしネックポケットよりもネックが大きければ、ネックポケット側を削れば(もちろん慎重に)済みますが、その逆の場合は別な木材で埋めるなどして、すき間を少なくしなければなりませんし、しかもこの部分の見栄えは「ああ、やったのね」となります。

B.C.richのネックに何の不都合があるのか分かりませんが、トータル的に考えてみると、大工事でkillerのネックに交換するよりも、今のネックをリペアショップで丁寧にメンテナンスしてもらう方が、弾きやすいギターになって愛着が持てると思いますし、費用もその方が安いはずです。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報