うちの祖父は耳が遠いので、電話をしても呼び出し音が聞こえないらしく、電話を受けてくれません。
聴覚障害者をテーマにしたテレビドラマを以前見たのですが、電話やインターホンが鳴ったとき、回転灯の様な物が光っていた気がします。
あれは、どこに売っているのでしょうか?また、いくらくらいするのでしょうか?
ご存知の方、もしくは現にご使用になられる方が居られましたら教えてください。
他にも便利グッズ等があれば教えていただきたいです。
よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

私は聴覚障害者です。


年配の知り合いに回転灯を付けた方がいます。
回転する時間が長いので、電気代がかさむそうです。
今はフラッシュするやつが多いです。(「ピカピカピカピカピカ」と5回位光る)
お祖父さんが「電気代はかかってもいいから、回転炉の方がいい」と言うのであれば、回転炉でもいいと思います。
とりあえず、フラッシュする奴を下記URLに貼り付けました。

もし、お祖父さんが携帯をお持ちでしたら、
ボイスワープ(NTTに申し込み要)を使えば、自宅にかかってきた電話をあらかじめ指定した携帯電話などへ転送できるサービスなので、便利だと思います。

参考URL:http://www.ntt-west.co.jp/kiki/consumer/welfare/ …
    • good
    • 2

パトライトはFA(ファクトリーオートメーション)商社が取り扱いをしています。


パトライトの最寄の営業所に聞けば紹介してくれます。
http://www.patlite.co.jp/network/network.html

DH-02・DT-02・DLF-02が確当の商品です。
http://www.patlite.co.jp/product/sensor.html

パトライトのWEBショップ
http://www.patkuru.com/index.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。
参考いたします。

お礼日時:2001/07/12 23:50

 シルバーホン ふれあいS は最大音声18倍になります。

近くのNTTに相談すれば、買取、レンタルどちらで可能です。フラッシュベルも可能です。
(ふれあいS)
http://www.ntt-east.co.jp/ced/products/fukushi/f …
フラッシュベル
http://www.ntt-east.co.jp/ced/products/fukushi/s …

参考URL:http://www.city.yokosuka.kanagawa.jp/j/yakusyo/h …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。
参考いたします。

お礼日時:2001/07/12 23:53

電話の回転灯は「パトライト」と言うようですね。

検索で見つかったものを下に載せておきました。
参考URLの2番目のページ「B生活情報(来客感知など)」のところにいろいろな商品名がありました。商品名だけで問い合わせ先がないのですが、少しでも参考になれば……。

参考URL:http://www.rakuten.co.jp/patkuru/415952/416001/, …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。
参考いたします。

お礼日時:2001/07/12 23:55

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q聴覚障害者のための電話

英語文化圏の会社などで、電話による customer service の案内で "speech and hearing impaired customers only" という注意書きがある電話番号があることがありますね。あれはどうやって要件を伝えられる仕組みになっているんでしょうか?日本にも同様のサービスはありますか?あれば同じ仕組みになっているんでしょうが。

Aベストアンサー

 TTY(テレタイプライター)のことでしょうか?

 もちろん私は使ったことがないのですけど、キーボード付のテレタイプマシンを電話線に接続して、キーボードをパコパコ叩くと、その内容が接続している相手のテレタイプマシンに伝わる、て仕組みらしいです。

 日本の場合は、聴覚障害者にはFAXが普及しました。漢字の多さがテレタイプに向かなかったのでしょうか。

Q聴覚障害者への携帯電話の普及率

私は、手話教室の講師(ろうあ者)で、携帯電話を片手に手話をしている人を見ました。動画つきの携帯電話を使っているようです。

メール機能を使って通信する「聞こえない人」は多いと思います。

FAXやメールは聴覚障害者にとってどのような効果をもたらしているのでしょうか?

普及率を知りたいです。

また、これらは健聴者とのコミュニケーションをとるにはどうでしょうか?

Aベストアンサー

子供が難聴です。まだ小学校低学年なのでさすがに携帯は持っていません。
ただ聾学校に通っているので、難聴の親御さんもいらっしゃいますが、メールはかなり情報伝達に有効な手段だそうです。仕事でもプライベートでも最近はコミュニケーションが飛躍的にとりやすくなったと言ってました。

FAXは当然活用しています。障害の程度にもよりますが自治体から費用負担してくれるところが多いと思います。

ごく新しい調査は発見できませんでしたが、参考程度にご覧下さい。

参考URL:http://www.ehime-iinet.or.jp/techno/lifesupport/whats_uni_2.htm

Q聴覚障害者の等級

障害の程度に対して「障害の等級」ってありますよね。その等級で聴覚障害の等級には1級と5級がないのですが、何故なのでしょう?
分かる方教えてください。

Aベストアンサー

『何故』という部分のお答えにはなりませんが・・・
5級は、平衡機能障害のみ
1級の場合は、ろう者で言語障害が加わると
1級に認定される場合もあります。
最近の聴覚障害者は、発語訓練等もされていますので
1級に認定される方は、少ないですね。

Q聴覚障害者への配慮について

今度、ボランティアで聴覚障害者の方々のところへいってみることにしたのですが、いくつかみなさんに聞きたいことがあります。
私たちがこのサイトを利用し、便利だと感じているのだから、聴覚障害者の方々も健常者のようにPCを使いこなしたいと思っているのと思うんです。ですが、現状、聴覚障害者にとって不自由な点が多々あるのではないかと思っています。
今度ボランティアに行くときに、この点について聴覚障害者の方々と話し合ってみたいと考えています。
そこでですがみなさんが思いつく不自由な点やこうしたら良いのに・・・というアイデアがありましたら、ぜひぜひ教えてください。

Aベストアンサー

PCに関しては、あまり聴覚障害はハンディキャップにならなくて、むしろPCは聴覚障害の不便さを補う手段になっているぐらいです。ですから、あまり聴覚障害だからということで、PCの使い方に差はないと思って構いません。
一応気をつけた方がいいことは、ビープ音などが聞こえませんから、操作を間違えてPCがピーピー鳴っていても全然気がつかないことがありますので、そういうときは教えてあげるぐらいでしょう。
あと、これは聴覚障害者に限ったことではありませんが、日本語が不得意な人がいるので、文字入力は「かな入力」の方が使いやすいという人が多いと思います。

Q聴覚障害者のセミナー参加に関して

こんにちは。
ビジネスでセミナーを開催します。
聴覚障害者の方からセミナーに参加したいとの要望があり、
パソコン等で同時タイピング等で通訳を求められています。

普通の方ではとてもタイピングが追いつかないと思いますし、
専門化が必要なると思っていますが、
ビジネスの観点で考えると、
聴覚に対する通訳ができる方を雇うとなると、
大幅なコストが発生し、
もともとほとんど利益がないので、
恐らく赤字になると思います。

しかし一方で、断るのもなんか申し訳ないし。

社会ではこういったケースは
どう対応するのが一般的なのでしょうか?


また、自己責任の年の強い私は、
障害者、健常者と差別するのではなく、
障害がある方も平等に自己責任の原則で、
自ら必要な環境を整えるべき
と思ってしまうのですが、
これはかなり極悪非道な考え方でしょうか?
(もちろん何も手を差し伸べないと言うわけではなくて、
 専門家を必要とするのであればという意味です。)

Aベストアンサー

ビジネスとして考えると、成り立たないとのご意見、もっともです。

私は、パソコン要約筆記で入力する立場ですが、原則として謝礼は受け取ります。が、払う側に余裕がない場合は、こちらも無償で協力することがあります。

話をちょっと戻しまして、一般的な問題として、パソコン要約筆記を、聴覚障害者の方からと、セミナーの主催側のどちらから依頼するのが問題になるかと思いますが、基本的にはセミナーの主催者側です。
依頼主がなぜに問題になるかというと、聴覚障害者から公的派遣を使って依頼すると、金銭的負担が聴覚障害者にもセミナー主催者にもほとんど発生しないか軽いためです。一方、セミナー主催者側だと全額負担です。公的派遣は、営利目的の場には断ることが多いか、実費請求することが多いです。

パソコン要約筆記は、公的派遣制度がほとんどありませんから、実態として、聴覚障害者自身が、つてや知り合いをたぐって連れてくることになると思います。関東であれば、東京の派遣協会がなんとかしてくれるかもしれません。

障害者は通訳などを自腹で負担することもあるので、そのためにも年金制度などがあるわけですが、通訳を依頼してはビジネスとして成り立たないとの同様、いつも自腹をしていては年金なんで吹き飛んでしまいます、障害者自身の生活が成り立たないほどの過負担になります。

お金が関わることは、きれい事だけは解決しません。おっしゃる通りです。難しい問題ですね。

参考URL:http://www.normanet.ne.jp/~zenyoken/Q&A/Q&A.html

ビジネスとして考えると、成り立たないとのご意見、もっともです。

私は、パソコン要約筆記で入力する立場ですが、原則として謝礼は受け取ります。が、払う側に余裕がない場合は、こちらも無償で協力することがあります。

話をちょっと戻しまして、一般的な問題として、パソコン要約筆記を、聴覚障害者の方からと、セミナーの主催側のどちらから依頼するのが問題になるかと思いますが、基本的にはセミナーの主催者側です。
依頼主がなぜに問題になるかというと、聴覚障害者から公的派遣を使って依頼すると...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報