数年前にドイツへ旅行し、その時からいつかドイツに住みたいと考えていました。
去年の12月からドイツへワーキングホリデーに行けるようになったと聞きました。
手続きの方法、費用など、詳しい事を知っている方、ぜひぜひ教えてください。
よろしくお願します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

ドイツ語、どの位勉強しましたか?私は93、94年の夏に旅行で3ヵ月づつ、その後95-96年にオペアで同じ場所に住んだんですが、最後はオペアの1年プラス出国での3ヵ月観光ビザ滞在2回で1年半、合計2年分住みました。



最初の時はまるで話せなかったけれど言葉が面白くて勉強を始めました。
オペアの前にドイツ政府援助の赤坂のドイツ文化会館の一番時間数の多い入門コースで勉強したんですが、それがすごく役立ちました。予習復習しないと大変ですが、密度の高い勉強でいい教材です。料金もその時1時間に換算すると600円位で一番安い英会話学校の半額位。あまり話せないままドイツに行っても、学校に通わないとたった一年の滞在で話せるようになるのは難しいです。

luputaさんの場合は住みたいと書いてある位だから、本気で思い入れがあると思うので、ドイツ行きをギリギリまで引き延ばしても、ある程度ドイツ語に自信を持てるよう準備してから行った方が、仕事の可能性も広がるし現地で楽しめるはずです。私が赤坂のクラスに通った時同じクラスだった人の1人には、中級コースまで受講して、成績が良かったので奨学金で現地上級コースに行き、そこで仕事を見つけて労働ビザで今も住んでる人がいます。

南独の日本人観光客相手の店では、労働ビザ取得にもなれているらしく、ビザ申請を手伝ってくれる会社もあるようです。私は友人とその家族と暮らしていて役所での手続きを手伝ってもらったり、付き添いがいたため、いつもスムーズに何でもこなせて助かりました。オペアの時は、正式にはまず1年間の一部が短期ビザとしてもらえて、その後もう一度更新しに行くという形でしたし、住んでいる場所とか外国人としての滞在手続きはいろいろ大変です。そういう点でも、学生ではなくワーキングホリデーで自分で行く場合は自分でしないといけない書類手続きも当然ドイツ語だし、何をするにも話せない人は苦労します。

私は外国人として住むにはドイツは大変な国だと思いました。書類手続き等、よく日本政府は外国人に厳しいって言うでしょ?その法律等、日本が見本にした国がドイツ。何でこんなに堅いのかと思いますが、そういう点日本とドイツは似ている為、想像はしやすいのですが自分の為にしない事になるとそう単純に言ってもいられません。

もし日本でこれから学校に通う時間が無いようだったら、大学の休暇中に行われる外国人向けドイツ語クラスを受講するといいと思います。DAADという大学内の機関があり、そこが双方向の留学生の世話もしているのですが、夏休み期間中学生がいない期間を利用して集中ドイツ語コースが開かれ、比較的安い金額で授業が受けられて滞在する場所も確保されている場合が多いです。これから今年のサマーコースは時間的に無理ですが、来夏なら問題ないだろうし他にもコースはあるはずです。
    • good
    • 0

各国のワーホリ情報が記載されているHPをごらんになったらいかがでしょうか?



http://workingholiday-net.com/Deutschland/

http://www.jawhm.or.jp/jp/index.html

参考URL:http://www.jawhm.or.jp/jp/index.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

luputaと申します。
granny-smithさん、今回は、ドイツのワーホリについて
回答ありがとうございました!!
とても助かりました。
いろいろ調べて、近いうちにドイツへ旅立とうと思います。

お礼日時:2001/07/09 23:47

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qワーキングホリデー

 ワーキングホリデーのビザというものはそう簡単に取れるものなのでしょうか?
ちなみにフランスです。先着順なのでしょうか?

Aベストアンサー

ワーキングホリデー協会のサイトで詳しい情報を得られます。
先着順ではなく、審査によってビザが発行されるようです。

参考URL:http://www.jawhm.or.jp/

Qワーキングホリデーへの不安

女友達が今度ワーホリでニュージーランドに行きます。私はワーホリのことはよく知らないので、とても不安です。うまく生活していけるのかどうか、英会話もできないようだし・・・など。1ヶ月はホームステイするみたいなのですが。
ワーホリに行ってよかったことや失敗だったってこともあると思います。そのへん、教えてはいただけないでしょうか?
それから、何に気をつけたらいいのでしょうか?

Aベストアンサー

こんにちは
ワーキングホリデーは全ては自分自身にかかっていると思います。私は日常会話程度しか英語はできませんでした。はじめの一ヶ月は語学学校に行き、ホームステイをしました。それから自力でフラットを探したりしました。その中で、現地の男の人と付き合うことになりました。このことについてはよかった点とそうでなかった点があります。よかった点は現地の人との交流によって、表面だけではなくいろんな視点から見れたということと、英語力が格段に伸びたということです。その他にもいろいろよい点はありました。失敗したという事は彼氏以外になかなか友達を作らなかったことです。そのこと以外に特に後悔することはありません。全ては自分次第だと思います。
失敗することなど考える事は時間の無駄です。大変なこともあると思いますが、積極的になんでも挑戦することがいいと思います。楽しく過ごせるようにお友達を励ましてください。

Qワーキングホリデー

オーストラリアにワーキングホリデーをする予定です。
私は英語が話せないのではじめの1ヶ月ほどは、語学学校とホームステイ先を日本で決めていきたいと思っています。
現地で探した方が安いとも聞きますが、どれくらい違うのでしょうか。
色々と情報を集めているのですが、自分一人では見落としなどありそうで不安なこともあり、最初の手続はエージェントにお願いしたいと思います。どこか安くて親切なところがあれば教えてください。
とりあえずメルボルンからスタートして(根拠はありません)気に入れば延長、又は ブリスベンあたりに移動して語学学校に3ヶ月通う予定です。
そのあとはラウンドする予定ですが、ここは見ておくべき!!という場所があればそれも併せて教えてください♪

Aベストアンサー

2年ほど前にワーキングホリデーでオーストラリアへ行きました。
シドニーからスタートし、現地で学校を決めました。

●おすすめの場所
ダーウィン、タスマニア、エスペランス、ブルームなどの西オーストラリア、ケアンズの北側

●違い
日本のエージェントは仲介手数料がかかる
現地ではその手数料を学校側が負担、エージェントの懐に入る→学費だけでよい 

日本からでも手続きできると思いますので、参考URLを載せておきますね。

ちなみにメルボルンでは、語学学校の生徒でも学生料金でトラムなどのチケットが買えます。シドニーは対象外でした。

がんばってください。

参考URL:http://www.dengon.com.au/

Qワーキングホリデーと留学とホームステイについて

行きたい国はアメリカのカリフォルニア州です。私は英語は、ほんの少ししか話せません。ワーキングホリデーに行くなら、どこで調べて問い合わせをすれば良いですか?留学でホームステイする場合も、どこで調べて問い合わせをして申し込みしたら良いですか?実績と信頼性が有り低料金の会社を知っている方いたら詳しく教えてください。

Aベストアンサー

行きたい国はアメリカのカリフォルニア州です。私は英語は、ほんの少ししか話せません。

アメリカに行きたいなら語学学校に申し込めばよいのでは?
「アメリカ・カリフォルニア、語学学校」で調べれば沢山出てくるでしょうし、留学の雑誌でも調べられるでしょう。


ワーキングホリデーに行くなら、どこで調べて問い合わせをすれば良いですか?

ワーキングホリデーならアメリカは対象外です。
人気のオーストラリア・ニュージーランドなどはWebでVisaの申請が出来るようです。
これも雑誌やWebでサーチをかければ沢山出てきます。

まず自分で調べることから始めてください。
MSNでもヤフーでもサーチ出来ます。

自分である程度Visaの条件や学校の条件などが判っていないと現地で困ります。
斡旋会社に頼めば自分は何もしなくても良いと考えているのであればかなり大きなリスクを負うことにもなりかねません。
入国の際、斡旋業者が入国者に代わって審査を受けてはくれないです。

Qワーキングホリデービザがもらえるまで

こんばんは。
私は年内にはワーキングホリデーに行きたいと思っているのですが、
ワーホリビザってもらえるまでに時間がかかるんですか?
知り合いの方は、
「昔は半年、一年はかかった」
と言っていました…

半月か一ヶ月くらいでもらえると思ってたんですが、実際どうなんでしょうか?
今から申請したんじゃ、年内はむりですか…?

Aベストアンサー

ワーキングホリデービザは、国により毎年の発給数が決まっています。また毎年どのぐらい発給するかは非公開となっていて、翌年以降データが公開されるという仕組みです。ちなみに、オーストラリアの2005年~2006年の発給数は113,936件(全世界からの申請に対して)でしたが、2008年の通貨危機(いわゆるリーマン・ショック)以降は、申請数も発給数もうなぎのぼりになり、2012年~2013年では210,369件も許可したそうです。
http://www.workpermit.com/news/2013-09-02/australia-issues-more-working-holiday-visas

つまり、ビザ発給審査は、日本からのみならず他の国からの申請件数とも密接に関係しますので、早い場合もあれば、時間がかかる場合もあるとご理解ください。
下記のオーストラリア留学センターの記事によると、発給まで早ければ3日、遅ければ2ヶ月となっています。昔と違って今はオンラインでの処理も進んでいますが、それでも申請者が殺到すれば時間はかかると推察いたします。なので、思い立ったら出来るだけ早く申請なさるのが一番宜しいかと存じます。
http://www.aswho.com/workingholiday-visa

ワーキングホリデービザは、国により毎年の発給数が決まっています。また毎年どのぐらい発給するかは非公開となっていて、翌年以降データが公開されるという仕組みです。ちなみに、オーストラリアの2005年~2006年の発給数は113,936件(全世界からの申請に対して)でしたが、2008年の通貨危機(いわゆるリーマン・ショック)以降は、申請数も発給数もうなぎのぼりになり、2012年~2013年では210,369件も許可したそうです。
http://www.workpermit.com/news/2013-09-02/australia-issues-more-working-holiday-visa...続きを読む


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報