人に聞けない痔の悩み、これでスッキリ >>

物理の質問です
このクーロン力の向きの考え方がわからないので教えて頂きたいです。(因みに、答えは13→-4、14→3、16→-3、17→-16です)

「物理の質問です このクーロン力の向きの考」の質問画像

A 回答 (1件)

何が分からないのでしょうか。

「クーロン力」の方向が分からないのか、ベクトルの合成が分からないのか、その「方向」の表し方が分からないのか。
何が分からないかを書いてもらえれば、そこを詳しく説明できるのですが。

ACは同種の電荷なので「反発力」です。ACを結ぶ直線上で、互いに離れる方向です。電荷の大きさは方向には関係しません。
ACを結ぶ直線の「傾き」は「-3/4」ですから、AがCに及ぼす力は「斜め左上方向」で (-4, 3) ということになります。

Bに働く力は、異種の電荷なので「Aからの引力」と「Cからの引力」とのベクトル合成です。
力の大きさは、電荷の積に比例し、距離の2乗に反比例するので、「Aからの引力」は「12 × (1/3)²」、「Cからの引力」は「4 × (1/4)²」で、その比は (12/9) : (4/16) = (4/3) : (1/4) = 16 : 3 です。
要するに、下向き(y のマイナス方向)に 16、左向き(x のマイナス方向)に 3 というベクトルの合成ですから (-3, -16) になります。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

詳しい説明ありがとうございます。解決できました!!

お礼日時:2017/12/21 16:53

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qe^-2xの積分

e^-2xの積分はどうしたらよいのでしょうか…。e^xやe^2xsinxなどはのってるのですがこれが見つかりません。お願いします。

Aベストアンサー

いささか、思い違いのようです。

e^-2x は、 t=-2x と置いて置換してもよいけれど、牛刀の感がします。

e^-2x を微分すると、(-2)*( e^-2x )となるので、

e^-2x の積分は、(-1/2)*( e^-2x )と判明します。

Qx,y座標での電界の問題

[問題]
x軸上の点A(-2,0)に2.0×10^-8Cの点電荷、点B(1,0)に5.0×10^-9Cの点電荷がある。
電界の強さが0である点の座標を求めよ

[答え]
(0,0)

[解説]
電荷はいずれも正だから、電界の強さ0の点はA,Bの間にある。その点の座標を(x,0)とすると
(2.0×10^-8)/(x+2)^2=(5.0×10^-9)/(x-2)^2


とあるのですが、
>電荷はいずれも正だから、電界の強さ0の点はA,Bの間にある
の理由が分からないのですが、そもそもx,y上での点電荷による電界の図形のようなものは
どのような図になるのでしょうか?それがイメージできてないのでこの解説も理解できないのだと思います・・・

自分としては正と正の電荷なので合わさった箇所は決して0にならないイメージがあって
正と負なら打ち消しあって0になる箇所がありそうなのは想像できるのですが

Aベストアンサー

>>>だとすると自分のイメージでは、谷といっても2つの山のふもと(地表よりも少し高い地点)での
>>>位置なので地表(0V)よりも高いイメージがあるのですが、

そんなことは関係ありません。
山と山の間の谷にパチンコ玉を置くと、転がらずに静止しますよね。

>>>そもそも電界とは電位の高さのことではないのでしょうか?

全く違います。
電位というのは、山の高さのことで、単位は V (ボルト)です。
電界というのは、1メートル歩くごとにどれだけ標高(電位)が変化するかという割合を表すもので、
単位は V/m です。

Qアニリンの臭素化反応

アニリンにHClを加えてアニリン塩酸塩にし、その後、臭素水を加えると、どんな風に反応が進んで何と何にわかれて白色沈殿ができるのでしょうか?
白色沈殿はFe(OH)3なのでしょうか。
参考書を見てもあまり詳しい事が載ってないみたいで、困っています。

Aベストアンサー

フェノールのナトリウム塩に臭素水を作用させると,
2,4,6-トリブロモフェノールの白色沈殿を得ます.
アミノ基もヒドロキシル基と同様o,p-配向性ですから,
同様の反応が期待されます.

QTLCの重ね打ちスポット

TLCで試料を比較するときに重ね打ちスポットを作って展開するのはなぜですか??('' ?

Aベストアンサー

薄層クロマトグラフィーでは、原点からのスポットの移動距離/原点から展開液の先端間での距離(=Rfつまり移動度)によって化合物が同一のものかそうでないのかかを判断しますが、スポットする場所や、スポットする量によって展開の条件も微妙に異なります(同じ化合物でも微妙にRfが異なる。TLCプレートの端のほうが、Rfは大きくなりやすいことが多いなど)
このため、本当に同じ化合物なのかどうか、比較したいサンプルをそれぞれ単独でスポットしたものと同時に、比較したいサンプルを同じ所にスポットして(つまりこのレーンでは比較したいサンプルすべてが同じ条件で展開されることになります)展開することがあります。

Q物質の同定方法

物質の同定方法には様々な方法があります。NMR,クロマトグラフィー、分子量測定、粘性、吸光度、成分分析、電気泳動などですが、いまいち体系だっていないような気がします。どなたか体系だった同定方法の大略についてご存知の方教えて頂けたらと思います。

Aベストアンサー

 質問の意図がわかりかねるのですが、必要に応じて変わってくるのではないのでしょうか?

 例えば、無機化学系の研究室でのセラミックや鉱石類に対する同定の仕方、有機合成化学系の研究室での天然物の同定・構造決定の手順や新規合成化合物の同定方法、分子生物学系の研究室でのDNAやタンパク質分子の同定・構造決定方法、科学捜査研究所など刑事事件に関するサンプルの同定方法など、それぞれ全く異なる目的あり、対象物質の物性もまったく異なるために、必要な手法は変わってきます。

 ちなみに、有機合成化学系の研究室で合成してたサンプルの同定は普通は、TLC、1H NMR、13C NMR、各種相関NMR、(必要ならばその他の核のNMR)、MS、(HR-MS)、IR、元素分析、これに、色素ならUV/Vis、高分子なら各種平均分子量、ミセルやナノ粒子ならDLSやSEM、TEM、AFM、光学活性物質ならCDを測定し、それぞれのデータで矛盾が無いことを個別に確認します。

 仮に、一般的な手順に関することを述べるなら、大抵は非破壊検査から破壊検査という順番になります。
 もし、私の前に全く未知のサンプルをそれなりの量提出され、このサンプルの同定をおこなってくれと言われたら、サンプルが気体、液体、固体の何れか、光や熱に対する安定性はどうか?急性毒性や放射能は有するか?などを初めに調べます。その後に、無機物か有機物か?混合物か純物質かを考え、無機物なら蛍光X線かICP-MS、粉末X線あたりを調べ、有機物なら融点測定、各種NMR、各種MS、UVやCD、IRと測定してから、その後の測定手順を考えます。

 質問の意図がわかりかねるのですが、必要に応じて変わってくるのではないのでしょうか?

 例えば、無機化学系の研究室でのセラミックや鉱石類に対する同定の仕方、有機合成化学系の研究室での天然物の同定・構造決定の手順や新規合成化合物の同定方法、分子生物学系の研究室でのDNAやタンパク質分子の同定・構造決定方法、科学捜査研究所など刑事事件に関するサンプルの同定方法など、それぞれ全く異なる目的あり、対象物質の物性もまったく異なるために、必要な手法は変わってきます。

 ちなみに、有機...続きを読む

Q再結晶のとき。。。

ナフタレンの再結晶時にメタノールと水を加えました。最初メタノールにナフタレンを溶かし、少量の水を加えました。(水は加えても結晶が溶けてる程度)ここで水を加えるのはなぜですか?
ナフタレンは無極性で水には溶けにくいので冷やしたときに結晶が析出しやすくするためですか?
また、冷ますときは放冷ではなく氷水で急冷するとよくないことはあるのですか?

Aベストアンサー

ご質問のように、再結晶の際に2種類の溶媒を混合する操作はしばしば行われます。順を追って説明します。
(1)ナフタレンを熱いメタノールに溶かす。この操作である程度濃い溶液を作ります。飽和である必要はありません。
(2)熱いままの状態で水を少しづつ加えます。水が入ることによって、ナフタレンの溶解度が低下します。
(3)水を加えていくと、ある時点で、濁りが生じます。この時に、溶液は飽和(あるいはわずかな過飽和)になっています。
(4)この飽和溶液をゆっくりと冷やすとナフタレンの結晶が生じ、再結晶が行われたことになります。ゆっくり冷やすことによって、より大きく、純度の高い結晶が得られます。急冷すると、結晶が急速に成長し、その際に不純物が取り込まれることがあり、純度が低下する場合があります。

なお、メタノールだけで再結晶することも可能ですが、1種類の溶媒だけでは、溶解度が高すぎて、溶質に対して溶媒が少なくなりすぎ、操作が困難になる場合などに上述の方法が使われます。また、飽和溶液が作りにくいとか、再結晶溶媒の選択に困って、やむを得ず使う場合もあります。

ご質問のように、再結晶の際に2種類の溶媒を混合する操作はしばしば行われます。順を追って説明します。
(1)ナフタレンを熱いメタノールに溶かす。この操作である程度濃い溶液を作ります。飽和である必要はありません。
(2)熱いままの状態で水を少しづつ加えます。水が入ることによって、ナフタレンの溶解度が低下します。
(3)水を加えていくと、ある時点で、濁りが生じます。この時に、溶液は飽和(あるいはわずかな過飽和)になっています。
(4)この飽和溶液をゆっくりと冷やすとナフタレンの結晶が生じ、...続きを読む

Qヨウ化銀がなぜアンモニア水に溶けないのか

硝酸銀水溶液に希ヨウ化カリウム溶液を加えて作ったヨウ化銀水溶液に、沈殿は濾別せず、溶液に6Mアンモニア水を加えたところ、「銀イオンとアンモニアイオンが錯体を生成して、沈殿は溶解する」という予想と違い、白色沈殿が生成されました。これはどうしてなんでしょうか?

Aベストアンサー

一般的にはヨウ化銀の溶解度が著しく小さいためということで説明されるように思います。また、ヨウ化物イオンが共存した状態であれば、溶解度積の関係から、なおさら溶けにくくなるはずです。影響は小さいかもしれませんが。

なお、個人的な感想として、塩化銀の場合であっても、塩化物イオンが共存している状態では、少々溶けにくいような気がします。

また、ヨウ化銀の沈澱は黄色とされていますが・・・

参考URL:http://www33.ocn.ne.jp/~mizuho_h/mfc_online/complex.html

QNNジメチルアニリンについて

NNジメチルアニリンは無色液体なのに、空気に触れると黄色になるのは何故ですか?あと、そもそも可視光を吸収する原理がわかりません。

Aベストアンサー

過去問(関連話題)あり。↓
http://oshiete1.goo.ne.jp/qa2601311.html
アニリンもN,N-ジメチル体も電子豊富な化合物なので酸素で容易に一電子酸化されてしまいます。特に光があると速いです。
芳香環が付いているので色が出ます。パーキンの名前をご存じですか? 初めてアニリンから工業用染料を作った人です。
(Sir William Henry Perkin 1838年3月12日 - 1907年7月14日)

Q積分で1/x^2 はどうなるのでしょうか?

Sは積分の前につけるものです
S dx =x
S x dx=1/2x^2
S 1/x dx=loglxl
まではわかったのですが
S 1/x^2 dx
は一体どうなるのでしょうか??

Aベストアンサー

まず、全部 積分定数Cが抜けています。また、積分の前につけるものは “インテグラル”と呼び、そう書いて変換すれば出ます ∫

積分の定義というか微分の定義というかに戻って欲しいんですが
∫f(x)dx=F(x)の時、
(d/dx)F(x)=f(x)です。

また、微分で
(d/dx)x^a=a*x^(a-1)になります …高校数学の数3で習うかと
よって、
∫x^(a-1)dx=(1/a)*x^a+C
→∫x^adx={1/(a+1)}*x^(a+1)+C
となります。

つまり、
∫1/x^2 dx=∫x^(-2)dx
={1/(-2+1)}*x^(-2+1)+C
=-x^(-1)+C
=-1/x+C

です。

Q2,4-ジニトロフェニルヒドラゾンについて

アセトンと2,4-ジニトロフェニルヒドラジン試液との反応で、
2,4-ジニトルフェニルヒドラゾンが出来ると聞きました。
しかし、化学反応式がわかりません。
どなたかわかる方いらっしゃいましたら、教えて下さい!
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

はい、図を貼ります、なお2,4-ジニトロフェニル基は書くのが面倒なのでArと書きます。芳香族の基を略すときは良く使うので覚えていても良いでしょう。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング