複雑系などの新しいシステムで取り上げられる概念のうちのどれか1つについて、従来のシステムの考え方とどう違うかについて具体例をあげて、教えて下さい。
私は文系学生なので、解りやすくかみ砕いて頂けると嬉しいです。
実は、授業でそういう課題が出たのですが、何をどう調べたら良いのかもう解らなくなってしまいました。

どうぞ、よろしくお願いします!!

A 回答 (2件)

 難しいですね(^_^;



 「複雑系」というのは、「理論上未来が予測できない」システムのことをいいます。
 ただし、ここでいうシステムとは、「動く物」すべてを指すことが多いです。
 具体的には、「ある無関係な複数の事象がお互いに影響を及ぼし合うとき、その動きはごく近い未来しか予測できない」というものです。

 複雑系を使ったソフトウェアには自己学習型AIなどがあげられますが……こんなの、プログラムを組んだ本人は「複雑系のソフトを組んだ」という意識はないんです(^_^;
 複雑系は日常生活の中に普通に存在している概念なので、とりたてて意識することではないのです。

 複雑系に関してはいろいろと本も出ているので、調べるのでしたらそのものズバリな本をまず手に取るといいかと思います。

参考URL:http://www.yahoo.co.jp/Science/Complex_Systems/

この回答への補足

お騒がせしましたが、このレポートは「収穫逓減・逓増の法則」でなんとか作り終えました。

ご協力ありがとうございました m(_ _)m

補足日時:2001/07/09 23:10
    • good
    • 0
この回答へのお礼

degleさん、アドバイスありがとうございます。
教えて頂いたアドレスを元に、色々なサイトを見てみました。
>複雑系は日常生活の中に普通に存在している概念なので、とりたてて意識する
>ことではないのです。
そうですね。なのに学問にするとなんだか難しく感じてしまいます。う~ん。

>難しいですね(^_^;
す・・・すみません!!範囲が広すぎました(=_=;)ヾ
えーと、今は「ホロン」「パラダイム」「収穫逓減・逓増の法則」に絞りました。で、今はその考え方がそれまでの考え方とどう違うか、という事を調べている最中です。本当は1つに絞りたいんですけど、見つからなかったら困るのでこんなにあります(笑)

もし良かったら、こちらの方のアドバイスもよろしくお願いします。

お礼日時:2001/07/09 14:53

理化学辞典第五版に「複雑系(complex system)」という項があり(あらかたの予想にたがわずもちろん多少曖昧性がありますが)定義と思われるところが載っています。

図書館でその記述を参照されることをお薦めします。その趣旨と思われるところを、箇条書きで引用しますが、やや不定形なものの特性を箇条書きにすると、ちょっと間が抜けた感じになりますね。ただ初学の方には参考になるかと思います。

複雑系[complex system]
必ずしも同一ではない要素が多数集まって複雑に絡み合い,非線形的に相互作用してまとまっているような系をいう.

典型的な例
・脳を初めとする生物の組織や生態系
・地球環境
・人間社会

特徴
・局所的な相互作用の形あるいは構成要素の個性からは予測できない多様な特性が自己組織的に発現したりする可能性がある.
・系内のごく些細なできごとが系全体にわたるほどの大きな変動に発展する可能性がある.

歴史的背景
・非平衡系における散逸構造や自己組織化
・カオス,フラクタルの研究の発展と
・計算機技術の飛躍的進歩


研究対象
単純な平衡理論や最適化理論あるいは要素還元主義的なアプローチでは理解できない現象
・生物組織の発生・分化による機能の発現
・免疫系
・脳のメカニズム
・生態系での生物の適応や進化のメカニズム
・人間の政治,経済,文化的現象

繰り返しになりますが、上の記述は、理化学辞典第五版からの抜粋です。

この回答への補足

お騒がせしましたが、このレポートは「収穫逓減・逓増の法則」でなんとか作り終えました。

ご協力ありがとうございました m(_ _)m

補足日時:2001/07/09 23:08
    • good
    • 0
この回答へのお礼

finetoothcombさん、あろがとうございました。
今の私の脳はパニック脳なので、普段よりも理解力が落ちていますが、それでも大分参考になりました。

えーと、今は「ホロン」「パラダイム」「収穫逓減・逓増の法則」に絞って、その考え方がそれまでの考え方とどう違うか、という事を調べている最中です。本当は1つに絞りたいんですけど、見つからなかったら困るのでこんなにあります(笑)

もしこちらの方で知っている事などありましたら、良かったらまた回答をください m(_ _)m

お礼日時:2001/07/09 14:59

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q解析的に解くと言えば、一般解や厳密解を求めることでしょうか。

解析的に解くと言えば、一般解や厳密解を求めることでしょうか。

FEMのような数値解析は、解析的に解くとは言わないんでしょうか。

英語で論文を書いているのですが、

FEMによる方法を
numerical analytical methodと書こうと思ってますが、

方程式の一般解を導いた方法は英語で何と書けばよいのでしょうか。
単に,analytical method でよいのでしょうか?
analytical method と書いたら、numerical analytical methodのことも
含みますか?

お恥ずかしいですが、こんな低レベルで論文を書こうとしていますww
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

>解析的に解くと言えば、一般解や厳密解を求めることでしょうか。
YES

>FEMのような数値解析は、解析的に解くとは言わないんでしょうか。
NO.数値的解法です。

>FEMによる方法をnumerical analytical methodと書こうと思ってますが、方程式の一般解を導いた方法は英語で何と書けばよいのでしょうか。
Analytical or exact method/solution

>analytical method と書いたら、numerical analytical methodのことも含みますか?
no.numerical analytical methodとはいいません。analyticalとは解析解で,FEM等の数値解法を含みません。

Q1/x(複雑系?)

1/fゆらぎと言うのが一時期流行ってたと思うのですが、
経済の企業の所得の分布も1/xに比例すると聞いたことがあります。
他に1/xに比例するものがあったら教えていただけませんでしょうか?

Aベストアンサー

ご質問の内容は、パレートの法則(80-20の法則)に近いのではないでしょうか。

いろいろありますよ。

売り上げの8割は全顧客の2割が生み出している。よって売り上げを伸ばすには顧客全員を対象としたサービスを行うよりも、2割の顧客に的を絞ったサービスを行う方が効率的である。

売り上げの8割は、全社員の内2割の社員の働きに由って得られる。

プログラムの処理にかかる時間の80%はコード全体の20%の部分が占める(この20%を「ボトルネック」と言う。)。

全体の20%が優れた設計ならば実用上80%の状況で優れた能力を発揮する。

仕事の成果の8割は、費やした時間全体の内2割である。

故障の8割は、全部品の内2割に原因がある。

所得税の8割は、課税対象者の2割が払う。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%91%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%83%88%E3%81%AE%E6%B3%95%E5%89%87

参考URL:http://www.mitsue.co.jp/case/marketing/01.html

ご質問の内容は、パレートの法則(80-20の法則)に近いのではないでしょうか。

いろいろありますよ。

売り上げの8割は全顧客の2割が生み出している。よって売り上げを伸ばすには顧客全員を対象としたサービスを行うよりも、2割の顧客に的を絞ったサービスを行う方が効率的である。

売り上げの8割は、全社員の内2割の社員の働きに由って得られる。

プログラムの処理にかかる時間の80%はコード全体の20%の部分が占める(この20%を「ボトルネック」と言う。)。

全体の20%が優れた設計ならば実用上...続きを読む

Qエネルギーの概念について

エネルギーの概念について


エネルギーとは具体的にどういうことを指すのか。

  物質(原子より更に小さいミクロな世界)とは呼ばないのか?。

Aベストアンサー

エネルギーにも最小単位があり、「量子」という粒子と
して扱われています。
その波長によっては、“見る”ことができ、それを
「光子(光量子)」と言うのです。
高速の粒子が急に曲げられた時、その運動エネルギー
だけがつんのめって、光として飛び出すことがあり、
「シンクロトロン放射」と呼ばれます。

それを「物質」と呼ぶかというと、光子に静止質量はなく、
運動エネルギー分だけが質量となっているので、粒子では
あっても「物体」と呼ばれる事は多くありません。
そもそも、超弦理論(ないしその発展形のDブレーン理論)
において、全ての素粒子を量子から導いており、「物質性」
とは、階層現象を表面的に捉えた時に、本質的量子性
(不確定性波動性)が相殺されて派生する、非本質的な
ものとなっています。

では、その「光量子」とは何でしょう。
全ての存在は、量子的な不確定性に基づいており、無限につめこむと存在確率の山が平らになって、無と等しくなります。
この「絶対無=不確定性無限」において、その無限のゼリーの中に、仮想的な認識体の断面(=自我仮説)を切ると、その認識体にとって、不確定性原理や不完全性定理を伴う存在による宇宙(=時空仮説)が見えるのです。

量子(光子)相互作用は、原理的には、瞬間作用とされます。
「静止」している(無の不確定性無限の潜在としての)自我仮説性の方が、光速で移動(プランク定数の収束の時系列化)する事で無の闇は、相対的な光の風になります(光とは闇なのです)。
四次元時空を記述する式において時間項にはC(光速)が掛けられています=時間は光速で過ぎる。
自我仮説の相補としての、時空仮説に対する無の射影なのです。

相対性理論の四次元時空の方程式において、時間項はマイナスになっており、そのために空間軸と時間軸の等距離点に、“ゼロの面”ができます。
それが「ライトコーン」、即ち光子の形成する面であり、光速以下の領域(未来)と超光速の領域(過去)を分ける界面原点なのです。
そして超光速においてエネルギーは虚数化し、相互作用=二乗において負=過去(時間的反転)と等価になります。

その認識体による大ざっぱな認識=階層現象表面的定性化における非光速性に基づく時空仮説に対する、無の射影が量子=エネルギーなのです。
「何かあるんじゃないの?」という自我仮説を、「もし自己が存在するならば」という相補的な時空仮説において、「ホントは無いんだけどね」という、補完的に無に還元する。
(「物理」とは、あなたが存在するための、無にまで遡った補完)

エネルギーにも最小単位があり、「量子」という粒子と
して扱われています。
その波長によっては、“見る”ことができ、それを
「光子(光量子)」と言うのです。
高速の粒子が急に曲げられた時、その運動エネルギー
だけがつんのめって、光として飛び出すことがあり、
「シンクロトロン放射」と呼ばれます。

それを「物質」と呼ぶかというと、光子に静止質量はなく、
運動エネルギー分だけが質量となっているので、粒子では
あっても「物体」と呼ばれる事は多くありません。
そもそも、超弦理論(ないしその発展形...続きを読む

Q媒体と周期という概念

媒体と周期という概念

  について皆さんはどうお考えですか?

  物理学上の「媒体」の定義といわれると直ぐには適切な表現を
  見出せないのですが、概念としては「エネルギーや情報を運ぶ
  もの」ではないかと思います。

  その昔、光が波であるならその波を運ぶ媒体(エーテル)がある
  はず。  ということでその検証のためにマイケルソンとモーリー
  が実験を行ったというのはあまりにも有名ですが...

  逆に波でないなら媒体は不要か? という疑問です。

  たとえば質量のあるものAが等速直線運動している場合、
  Aは運動エネルギーの媒体(運ぶもの)ではないでしょうか
  ?

  要は、エネルギーの運び方が異なるだけではないか?
  と...

  一個のドミノが空中を等速で飛んで運動エネルギーを運
  ぶ。これは一人が全距離を走るマラソンのようなものです。

  一方、複数のドミノが倒れるときのエネルギーを次々と伝
  えなが運んで行く。 これは複数の人間のリレー競争のよ
  うなものです。
  同じ形、同じ大きさ、同じ質量のドミノを一定間隔で並べる
  と伝播特性が均一になり一定速度で伝播するはずです。
  
  また周期性があるのでドミノが倒れる角運動が波の性質
  をもっているように見えるはずです。

  つまり波(リレー)であろうが、直線(マラソン)であろうが、
  媒体無しにエネルギー伝播は出来ないのではありません
  か?

  宇宙空間では光が波でも媒体はいらないと言いますが、
  電場と磁場が変化し、空間の物性である誘電率と透磁率
  に完全に縛られているので空間には物質とは相互作用し
  ない光の媒体が必なければならない思います。
  何か?は解りませんが電場や磁場になりうるものです。
  
  「虚無の時空間が電場や磁場になりうる」というのは論理
  矛盾ではないのでしょうか? 伝える先にドミノが無いので
  すから...

  一方光は「電場と磁場の波動自体が媒体でボールのよう
  に直線に飛んでゆく(マラソン式)」のほうが途中には媒体
  (次のランナー)がいりませんね。
  でも電場や磁場になりうるものは必須のはずです。



  周期性

  周期性についてですが、周期的に波打っているものが等速
  直線運動することはあるし、回転体が等速直線運動するこ
  ともあります。

  尺取虫や蛇は波打ちながら前進します。(尺取虫は垂直偏
  波、蛇は水平偏波です)
  
  タイヤやボールが転がることは回転体の直線運動ですが、
  回転しているので周期性があります。

  では完全な等速直線運動には「周期性は無い」といえるでし
  ょうか?
  
  ある一定時間内に進む距離が一定なのだから、それは一種
  の周期といえないでしょうか?

  例えば一機の宇宙船が宇宙空間内で地球に対し等速直線
  運動しながら離れてゆきます。
  その宇宙船のある一点の位置が時間経過とともに地球から
  見た座標系上を移動します。
  
  それを座標上にプロットしてゆくと直線にしかなりません。

  今度は宇宙船の先端P1と後端P2の位置変化を見ます。
  P1に対しP2は宇宙船の「長さ」の分だけ遅れていますが
  やはり直線にしかなりません。 

  ここで「長さ」を強調したのは意味があります。

  相対性理論によれば空間=時間です。 「長さ」は空間で
  す。
  一方、時間を一定の「間隔」で区切ったものが「周期」と定
  義できます。

  時間=空間なら、時間間隔(周期)=空間間隔(長さ)です。

  つまりものの「長さ」=「周期」ではないでしょうか?
  
  とすれば、長さをもつもの(長さが無いものはありえませんが)
  が等速直線運動すれば、その長さ分の周期を持っていること
  になりませんか?
  波動や回転はしていなくても周期性はあると...

  もしそうならば、全てのエネルギー伝播には必ず媒体が必要
  でしかも等速なら必ず周期性があるということになり、リレー
  方式(複数媒体伝播)かマラソン方式(単独媒体伝播)かの差
  しか無い。 ...となりませんか?

  よろしくお願い致します。

媒体と周期という概念

  について皆さんはどうお考えですか?

  物理学上の「媒体」の定義といわれると直ぐには適切な表現を
  見出せないのですが、概念としては「エネルギーや情報を運ぶ
  もの」ではないかと思います。

  その昔、光が波であるならその波を運ぶ媒体(エーテル)がある
  はず。  ということでその検証のためにマイケルソンとモーリー
  が実験を行ったというのはあまりにも有名ですが...

  逆に波でないなら媒体は不要か? という疑問です。

  たとえば質量のあ...続きを読む

Aベストアンサー

面白い着想ですが、議論が大雑把すぎると空論に傾く嫌いが出てくると思います。
光は簡単に引き合いに出すほど単純ではありません。光にはエネルギー(hν)のみでなく運動量(h/λ)と角運動量(スピン:h/4π)があります。媒体論を展開する前に、この光の存在形態を具体的に考える方を先に済ますべきではないでしょうか。どちらにしても、答えは分かってない訳ですけど...。
ちなみに、「光が空間の物性である誘電率と透磁率に完全に縛られている」ことはないと思います。電磁気には幾つかの単位系がありますが、誘電率と透磁率は単位系によって全く意味が異なります。現在はMKSA系が主流ですが、そこでの誘電率と透磁率は極めて人為的なものでそれらの値に絶対性はないと、私は思います。

また、"周期性"は回転運動のように運動状況が再現する場合に出現しますが、"周期"は単なる時間を示す言葉です。時間と長さの等価性から長さにも"周期性"があるとするのは乱暴です。
ただ、直線運動に周期性が表れる状況として、結晶中の規則正しく並んだ格子を電子が突き抜ける運動があります。この電子波の量子条件(h/(n?L)=mv)は、回転運動の周期性を一番端的に示す角運動量の条件(n?h/2π=mvr)と似てます(nは整数、Lは結晶格子の間隔)。回転運動と直線運動のどちらも定在波が存在すれば周期性が現れるようです。

貴兄の基本的物理概念に付いての一連の質問を興味深く読ませてもらってます。(私も含め)素人が奇妙に思う説明が基本物理には多すぎますね。そのような点を明解にするのが物理本来の役割なので、いずれの日にか本来の説明が行われるであろう事を信じてます。

面白い着想ですが、議論が大雑把すぎると空論に傾く嫌いが出てくると思います。
光は簡単に引き合いに出すほど単純ではありません。光にはエネルギー(hν)のみでなく運動量(h/λ)と角運動量(スピン:h/4π)があります。媒体論を展開する前に、この光の存在形態を具体的に考える方を先に済ますべきではないでしょうか。どちらにしても、答えは分かってない訳ですけど...。
ちなみに、「光が空間の物性である誘電率と透磁率に完全に縛られている」ことはないと思います。電磁気には幾つかの単位系がありますが、誘電率と...続きを読む

Q物理の少し複雑な計算をお願いします

どうしてもわかりませんので、どなたか教えていただけないでしょうか。(1)の式を(2)のaに代入すると(3)の式になるそうなのですがなぜなのでしょうか?何回やっても(3)にはなりませんでした。

a=M+4m分のM-2msinθ×g・・・(1)

T=2ma+mgsinθ・・・(2)

T=M+4m分の(2+sinθ)Mm×g・・・(3)

Aベストアンサー

ええとですねえ。代入して、右辺通分して分子を整理したら、ちゃんと出てきましたよ。

T={2m(M-2msinθ)g/M+4m}+mgsinθ ←代入

(M+4m)T=2mMg-4mmgsinθ+mMgsinθ+4mmgsinθ

    =mMg(2+sinθ)

注:mmはmの二乗のことです。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報