野菜好きはベジタリアンですが、肉好きで肉ばっかり食べてる人のことを
このようにカタカナで表す表現はないのでしょうか?

日本語なら、肉食主義とか肉好き人間とか、
まぁいろいろ言い方はありますが‥

すばり、ベジタリアンの対義語がわかれば一番良いです。

辞書でいろいろ調べてはみたのですが、どうにもわかりません。
よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

アメリカ人の友人に尋ねたところ、英語でベジタリアン


の対義語があるそうです。
それは、 carnivore。 カーニヴォア(?)と発音するみたいで、
意味的には、肉食のという意味があるそうです。

Gooの便利ツールからのコピーです。
car・niv・o・ra 
 
(<L.) n.pl. 【動】 食肉類; 食虫植物. 
carnivore 
 
n. 肉食動物; 食虫植物. 
carnivorous  
 
a. 肉食性の. 

参考URL:http://dictionary.goo.ne.jp/cgi-bin/dict_search. …
    • good
    • 2
この回答へのお礼

ちゃんと対義語があったんですね。
スッキリしました。どうもありがとうございました。

お礼日時:2001/07/11 03:54

meat-eater


名詞
肉食動物 (carnivore)
《食事で》 肉を食べる人, 肉食者.



cf. flesh-eater, grain-eater
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ミートイーターって言うのが
日本的には一番いいような気がしますね。
ありがとうございました。

お礼日時:2001/07/11 03:54

「人食い」という意味で使われている「カニバリズム」


という言葉がありますが、もっとシンプルな「肉食」の
意味もあるようです。

というワケで、ずばり「カニバリスト」(^^;)。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

カニバリズムって、一部分だけの意味が日本に伝わってるんですね。
ありがとうございました。

お礼日時:2001/07/11 03:53

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

関連するカテゴリからQ&Aを探す

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q「正位置」の対義語

他サイトとのマルチになってしまってすみません。

「正位置」の対義語は何でしょうか?

良い言い回しが思いつかないので助けてください。

Aベストアンサー

#1さん書かれているように、タロットでは、NormalとReverseの訳語として、正位置、逆位置を使います。タロット以外で、「正位置」をある決まった用途に用いる例というのを知りません。もし決まった用途がないなら、すでに存在する「言い回し」というのはないかもしれません。(もしその用途が一般的でないなら、シチュエーションによって、対義語も考えざるを得ないかもしれませんね。)

その場合、そこで使っている「正」がどういう意味の「正」なのか?によって対義語も変わるかも。

タロットでのように、「正位置」が「順位置」の意味なら、対義語は、「逆位置」になるでしょう。「正」が文字通り「正しい位置」の意味なら「邪位置」「誤位置」、「ゼロより大きい位置」なら「負位置」、「別に正しくも間違ってもいないが、最初に決まっている位置」という意味なら、「反位置」、反対ではなく、正位置以外の位置を指すなら「副位置」など、思いつきます。みんな造語です。

Q太宰治がいった、罪と罰は対義語ではないか?

以下は『人間失格』での一節なのですが、

もしもドスト氏が、罪と罰をシノニムと考えず、アントニムとして置き並べたものとしたら?罪と罰、絶対に相通ぜざるもの、氷炭相容れざるもの。罪と罰をアントとして考えてたドストの青みどろ、腐った池、乱麻の奥底の、……ああ、わかりかけた、いや、まだ

→ その後、主人公の絶望シーンへ。シノニム(同義)←→アント。

僕は「罪と罰」は、普通に同義語だと思ってたのですが。だって罪のないところに罰は、在ってはならない。在るとすれば、それは間違った罰、つまり冤罪になる。濡れ衣。

確かに罪は、犯罪者に利益をもたらす。
一方、罰は、犯罪者に損害をもたらす。
   けどその損益は対応してる。お互いが当然の報いでつながる。
無罪の人が受ける「罰」は、存在しない。
無罪の人が受ける、損害は、ただの事故だと思う。
   そして損害という事実を、「罰」と呼ぶか「事故」と呼ぶかは、
人間の主観に過ぎない。
   で要するに、罪と罰は、普通の主観上、互いに対応する、兄弟みたいな同義語じゃないですか。

太宰治が、「わかりかけた」仮説?罪と罰の対義語説?ってどんな可能性がありうるのでしょう?ただの悲劇の主人公の言い逃れ?
自分は罪を犯してきたのに、まだ罰を受けていない?
自分は罪を犯してないのに、なぜ罰を受けるんだ!
絶対に相通ぜざるもの、ドストの青みどろ…って?

僕は「罪と罰」も「人間失格」も両方読みましたが、どんな解釈ができるのでしょう?長く考えてみたいので、締め切りも遅めにします。ご協力ねがう。

以下は『人間失格』での一節なのですが、

もしもドスト氏が、罪と罰をシノニムと考えず、アントニムとして置き並べたものとしたら?罪と罰、絶対に相通ぜざるもの、氷炭相容れざるもの。罪と罰をアントとして考えてたドストの青みどろ、腐った池、乱麻の奥底の、……ああ、わかりかけた、いや、まだ

→ その後、主人公の絶望シーンへ。シノニム(同義)←→アント。

僕は「罪と罰」は、普通に同義語だと思ってたのですが。だって罪のないところに罰は、在ってはならない。在るとすれば、それは間違った罰、つ...続きを読む

Aベストアンサー

「罪」の問題は、『人間失格』のなかでも根本的な問題としてあります。

『人間失格』は何を描いた話かというと、罪を負った人間は許されるのか、ということになるでしょう。
罪を負った者は、主人公(大庭葉蔵)です。
そうして、その罪を咎める者、許す者が登場します。

その罪というのはいったいどのようなものなのか。
まず、この角度からもういちどこの作品を読み直してみます。
幼いうちから、葉蔵は自分を偽ってきたことを述べていきます。

それはどうしてか。
手記の冒頭に、こんな文章があります。

>「自分には、人間の生活というものが、見当つかないのです。」

これは重要な点です。
つまり主人公は生活者ではないのです。

太宰治の作品には『ヴィヨンの妻』や『斜陽』にも出てくるように、「生活者」対「芸術家」を二項対立させていく図式が見て取れます。
ここで葉蔵は「芸術家」であるのだけれど、幼い頃から自分をほかの人間と同じ「生活者」であるふりをしてきた、とある。
内心ではその一員でありたいと望みながら、芸術家である自分は、そのなかに入ることができない。そのくせ、自分を偽ってきた。その「偽り」が、主人公の考える自分自身の罪です。

だからこそ

> 果して皆の大笑いになり、自分も苦笑しながら起き上ってズボンの砂を払っていると、いつそこへ来ていたのか、竹一が自分の背中をつつき、低い声でこう囁きました。
> 「ワザ。ワザ」

と偽りを見破った竹一の存在を怖れるのです。
竹一は「咎める者」として登場する最初の人物です。
以下、生活者にはなれない主人公を咎める人物(すべて男性)がつぎつぎに登場してきます。

一方で生活者たちは、つぎつぎと罪を犯していきます。堀木、ヒラメ、画商。この罪は欲望を抱いた生活者の罪で、主人公の考えるような観念的な罪とは異なったものです。
このような欲望をもとより抱くことのない(主人公は空腹を知りません)主人公は、こうした罪とは異なった位相にある。

その二種類の「罪」を念頭に置いておいてください。

ドストエフスキーの『罪と罰』における「罪」は老婆殺しを当然指しています。

ラスコリニコフもまた、生活者ではなく、欲望のために罪を犯したのではない。
人間は凡人と偉人にわけられ、偉人は社会の道徳を超越する権利をもつ、と考えたからです。

葉蔵と一種パラレルな位置にあることはわかりますね。

> もしもドスト氏が、罪と罰をシノニムと考えず、アントニムとして置き並べたものとしたら?

罪と罰をシノニムとすると、「老婆殺し」と「罰」は同義語、つまり老婆を殺したから罰を受けた、と直接に結ばれます。
これはむしろ一般的な道徳観といえるでしょう。

「老婆殺し」が罰の対義語であるとはどういうことなのか。
葉蔵の問題意識に引きつけると、老婆殺し、すなわち生活者を殺すこととは、生活者の一員ではないことを自他共に認める、ということにもつながっていきます。
つまり、偽ることをやめることです。
それは、罰の対極にあることではないのか。
救済とは言えないのか。
偽らなければ、よいのか。
偽らなければ救済がえられるのか。

そのように考えている場面であることが読みとれます。

『人間失格』というテクストは構造がものすごくはっきりしているので、構造を取り上げながら細かく読んでいくと、大変におもしろいんですが、あんまり書くとわたしの問題意識になっちゃう。
だから、ここらへんでいったん切ります。

納得がいかない点、もっと知りたい点があればどうぞ。

「罪」の問題は、『人間失格』のなかでも根本的な問題としてあります。

『人間失格』は何を描いた話かというと、罪を負った人間は許されるのか、ということになるでしょう。
罪を負った者は、主人公(大庭葉蔵)です。
そうして、その罪を咎める者、許す者が登場します。

その罪というのはいったいどのようなものなのか。
まず、この角度からもういちどこの作品を読み直してみます。
幼いうちから、葉蔵は自分を偽ってきたことを述べていきます。

それはどうしてか。
手記の冒頭に、こんな文章があ...続きを読む

Q名前の間に「・」とか「=」とか入れる人居ますよね。

名前の間に「・」とか「=」とか入れる人居ますよね。
特に外国の方に多いと思います。
たとえば、エリザベス・テラーとか、そんな感じです。

この場合、「・」と「=」の違いって何でしょうか?

急いでいませんので、わかる方回答をよろしくお願いします。

Aベストアンサー

スペースで単語を区切っている場合は・
-で複数の単語をつないでいる場合は=

両者が復号した例として、スター・ウォーズのオビ=ワン・ケノービ(Obi-Wan Kenobi)を挙げておきます。

Q返却の対義語は?

なかなか出てこないので
教えてください
返却の対義語は何ですか?
よろしくお願いします

Aベストアンサー

1.「受領」:もらう場合
2.「借用」:借りている
どちらもあり得ます。

Q「迷惑」の対義語

人に質問されたのですが、
「迷惑」の対義語ってありますか??

Aベストアンサー

『迷惑』をどういう意味で使うかにもよりますが。
迷惑:(他人からの言動から)不利益や不快な気持ちになる事。

「迷惑している」という等に使う場合は
(#5さんの回答のように)
【感謝】がよいかと
感謝:(他人からの行為を)ありがたいと思う事。
「感謝している」

また「感謝」の類義語に
【感恩】かんおん:他人から受けた恩をありがたく思う事。
【謝恩】しゃおん:恩に感謝する事。
というのがあります。
謝恩は「謝恩セール」とかに使われます(最近は言わないかも…)



また、「迷惑を与える」とか「迷惑を受ける」とかの場合は、
【恩恵】(おんけい)与えられて、利益や幸福となるもの。めぐみ。
「恩恵を受ける」「恩恵を与える」

「恩恵」の類義語には、【恩沢】というのもあります。

私が考えるに、多分迷惑の対義語は、ハッキリ定義できるものは無いと思いますが、しいて言うならこのように考えますが、いかがでしょうか?


人気Q&Aランキング

おすすめ情報