隣地との間にブロック塀もしくはこれに準じたものを建てようと考えていますが、隣地の土地所有者とは、長年折り合いが悪く、当方にて一方的に建てようと考えています。
 この場合、材質や高さなど法的な規制があれば、お教えください。樹木なども植え、できるだけ高い樹木、高い塀と考えていますが、人道的なものと法的なものの決定的な違いがわかりません。できれば、近隣とは上手く付き合いたいのですが、行動をおこす前に確認しておきたいと思っています。
 純粋に法律ではどうなのかを参考としてご教授願えれば幸いです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

建築基準法では防災の面で、ブロック塀については、原則として2.2m以下となっていますが、住宅地区においては、生垣とか見通しのよい垣に限る旨、条例で規制できますので、県または市の建築課で確かめてください。

また、樹木の制限はありませんが、根または、枝、落葉、虫の面で新たな問題が生じる恐れがあります。

参考URL:http://www.inh.co.jp/~tokada/blockman/tenkai.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

非常に参考になりました。参考URLも確認しました。改めて心から感謝します。
今後ともよろしくお願い致します。

お礼日時:2001/07/11 00:10

#1の補足です。



隣地との間の塀などを作る場合、双方が合意した場合は、塀は双方の敷地の間に作れますが、一方が合意しない場合は、作る側の敷地内に設置しなければなりません。
この場合、費用は設置する側の全額負担となります。
    • good
    • 0

 民法では相隣関係といって、相隣者の権利についていろいろ定められています。

それによりますと所有者はほかの所有者と共同の費用を持って境界に囲障を設けることができると規定しています(民法225条1項)そして、塀は板塀または、竹垣にして高さ2mとすると規定しています。また、囲障の設置および保存の費用は相隣者平分して負担し、一方が225条2項の材料(板塀、竹垣)よりの良好な材料を用いたり、または、2mより高い塀の構築を希望した場合、その物が「費用の増額を負担」することを規定しています。もちろん、これは100年も前にできた法律ですので、この趣旨は常識な物であれば、等分し、豪華なもので折りあいがつかなければ、超過分は主張した人の負担という意味です。   

参考URL:http://www.cebko.co.jp/user/saitech/page5.htm

この回答への補足

早速回答をいただいて、大変ありがたく、感謝しています。
質問の仕方が悪かったようです。
今回の塀は、私の負担で私の敷地内に設置するつもりでいますが、建築基準法などに照らして、塀の高さはどの程度まで、許容されるのか、また、樹木の高さは、どの程度まで許されるのか、地域地区などにより許容範囲の差異はあるのかどうか、そういうところが今ひとつ理解できないのです。業者に聞いてもよいのですが、穏便に常識の範囲でなどということではなく(まさに公序良俗に反しない程度にというのはわかるのですが)、その具体的基準はあるのか否か。まさにそのことをお教え願いたいと思います。ぐだぐだと書きましたが、よろしくお願いします。

補足日時:2001/07/09 23:40
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q境界のブロック塀の両面について

先方所有の境界のブロック塀があります。そのブロック塀のこちらの面に月極駐車場の看板をはり付けたら違法になりますか?またそのブロック塀のこちらの面に、先方が看板を付けたら違法になりますか?
ご回答お願いいたします。

Aベストアンサー

>そのブロック塀のこちらの面に月極駐車場の看板をはり付けたら違法になりますか?

違法です。他人の所有物(ブロック塀)に勝手に自分の所有物を張り付けることはできません。

>そのブロック塀のこちらの面に、先方が看板を付けたら違法になりますか?

違法ではありません。ただし貼り付けたものが、厚みのないものであり、貼り付けた結果でも質問者さんの土地の上空を侵害していない場合に限ります。(たとえば厚み10cmのものを張り付け、自分と土地の上空にそれがはいっていたら、それを辞めさせる権利はあります。)

なお蛇足ですが、極めて薄い看板を自分の敷地内に納まるように相手が設置したならば質問者さんは何の文句も言えませんが、それが見えなくなるように自分の敷地内に高い塀をたてても。相手から文句を言われる筋合いはありません。

Q隣地との塀について

お知恵を拝借したいと思います。(過去に似たような質問もありまたが)

当方現在の土地に居住して40年以上となりますが、
この度隣地が売却され、新しい方が新築されることになりました。

現在隣地との間には、旧所有者が構築した塀が先方の敷地内に
建っておりますが、新所有者は費用は負担するので
境界線上に新たに塀を構築したいと言ってきております。

現在の塀はかなり古いブロック塀ですが、すぐに崩れるといった
状態にはありません。(塀の長さは25mほどあります。)

当方としては、塀の半分の僅かな幅ですが、現状より敷地が
狭くなること、また境界一杯に門柱等が建っておりますので、
従来どおり先方敷地内に塀を構築いただき、
これをお断りしたいと考えております。

民法では塀は両者の境界線上に費用折半で立てると規定されている
ようですが、当方は長年居住しており、新たな要求の出現に
戸惑っております。近隣の住宅の境界をみますといずれも境界線上
ではなく、どちらかの敷地に塀が建てられているようです。

拒否可能とお考えの方又は無理とお考えの方も
その論拠を明確にアドバイス頂けると幸いです。

よろしくお願いいたします。

以上

お知恵を拝借したいと思います。(過去に似たような質問もありまたが)

当方現在の土地に居住して40年以上となりますが、
この度隣地が売却され、新しい方が新築されることになりました。

現在隣地との間には、旧所有者が構築した塀が先方の敷地内に
建っておりますが、新所有者は費用は負担するので
境界線上に新たに塀を構築したいと言ってきております。

現在の塀はかなり古いブロック塀ですが、すぐに崩れるといった
状態にはありません。(塀の長さは25mほどあります。)

当方としては、...続きを読む

Aベストアンサー

民法第225条、第226条にて規定している費用については「板塀又は竹垣」の場合であり、これを上回る塀の場合(ブロック塀など)にはその費用はやりたい人が出すことになっています。(同法第227条)

またこの民法の規定は、あくまでその地域にそれと異なる(つまり強化以上には塀は設けない)という習慣がある場合にはその習慣が優先されます。(同法第228条)

ご質問の場合は費用の問題ではなく境界線上への築造が問題のようですから、民法第228条を根拠に境界線上への築造という習慣はなく、どちらかの敷地に築造する習慣であると主張することになります。

Qブロック塀と鋼材の接合方法

コンクリートブロック塀(高さ1.5m)を支えるために、
幅2mごと程度に縦にL型鋼材(またはH型)を設置しようかと思っています。

ちなみに下地はコンクリートです。

ブロック塀とコンクリート下地とを鋼材で接合する場合、
どのような方法があるのでしょうか?

ブロック塀×鋼材はアンカー?
コンクリート下地×鋼材は埋め込みまたはアンカー?

Aベストアンサー

倒壊防止でしたら、控壁( https://www.google.com/search?hl=ja&q=%E3%83%96%E3%83%AD%E3%83%83%E3%82%AF%20%E6%8E%A7%E5%A3%81&gws_rd=ssl&tbm=isch )でないとまったく意味ないどころか、かえって危険になります。
 地震などで崩れるのではなく一緒に全部がまとまって倒壊してしまいます。

 あくまで控壁か、鋼材を使って筋交い形の補強をします。
https://www.google.com/search?hl=ja&q=%E3%83%96%E3%83%AD%E3%83%83%E3%82%AF%20%E6%8E%A7%E5%A3%81%20%E9%8B%BC%E6%9D%90&gws_rd=ssl&tbm=isch

 新設時でしたら鉄筋に効かす事ができますが、既設ブロック塀の場合はブロックに強固にアンカーを施工する事はできません。そのために貫通させて挟む必要があります。上記リンクに様々な例が書かれています。

 ブロック塀に貫通穴をあけて両サイドからボルトではさみます。一方から施工できるターンナットもありますが・・

>ちなみに下地はコンクリートです。
 床・基礎はコンクリートと言う事ですが、そのために作られたコンクリート床でない場合、ほとんど効果はありません。床がはがれて一緒に倒壊する。
 あくまで、基礎工事は必要です。

 ブロック塀は
【引用】____________ここから
控え壁
 控え壁(控柱)は、塀が風や地震で倒れないようにするものです。塀高さが1.2mを超えるときは、長さ3.4m以内ごとに基礎と塀と一緒につくってください。(下図:控え壁の間隔参照)
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ここまで[安全なブロック塀とは | ブロック塀大事典( http://www.jcba-jp.com/daijiten/c02/ )]より

 これがされていない場合、いわゆる古いブロック塀の場合は、改めて作り直したほうが安くできると思います。

倒壊防止でしたら、控壁( https://www.google.com/search?hl=ja&q=%E3%83%96%E3%83%AD%E3%83%83%E3%82%AF%20%E6%8E%A7%E5%A3%81&gws_rd=ssl&tbm=isch )でないとまったく意味ないどころか、かえって危険になります。
 地震などで崩れるのではなく一緒に全部がまとまって倒壊してしまいます。

 あくまで控壁か、鋼材を使って筋交い形の補強をします。
https://www.google.com/search?hl=ja&q=%E3%83%96%E3%83%AD%E3%83%83%E3%82%AF%20%E6%8E%A7%E5%A3%81%20%E9%8B%BC%E6%9D%90&gws_rd=ssl&tbm=isch

 新設時でし...続きを読む

Q隣地との塀について

はじめまして。
ただ今、隣地との塀について問題が起きそうです。
その塀は50年以上前に立てられた物で、幅が20センチ位の立派な物ですが、誰が立てたという証拠となるものが有りません。
そこで面倒なのが、両者がそれぞれ境界線がその塀の20センチ向こうと言って譲らないことです。
このような場合は、どうなって行くのでしょうか?
※最近、隣家が勝手に測量して印を押せと言って来ました。放って置いても構わないでしょうか?
家では、馬鹿には構うな。と言ってはおりますが、後から面倒なのも考えものなので・・・
以上、宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

こんにちは。

隣接地の所有者が「勝手に」した測量とはどのような内容なのでしょうか。境界の唯一の専門家である「土地家屋調査士」が介在しているのであれば、境界として認定した経緯あるいは疑問点を充分に時間をかけて確認してください。

土地家屋調査士が介在していない場合は、「専門家を交えての話でなければ意味が無いので同意できない」と伝えればいいです。

境界は塀の「所有者」のみで判断できるものではなく、その土地の属する区域・地域により様々な資料や、実測結果などを総合的に精査してなおかつ利害関係人が納得できる合理性が必要であると言えます。

納得できる要素がないのに、同意(承諾)をする必要はありませんが、これを機に専門家を交え、境界紛争の決着を図るのも今後のことを考えると質問者様家にとってもメリットがあるでしょう。

尚、境界紛争の解決制度としては、

1.土地家屋調査士に依頼し、調査測量の結果により協議を整える

2.裁判所の民事調停による「所有権の範囲の確認」

3.都道府県単位にある土地家屋調査士会が運営している(全都道府県ではありませんが)「境界相談センター」などの裁判外紛争解決組織に依頼

4.法務局に申請して境界線を決めてもらう「筆界特定制度」

5.境界確定訴訟

などが考えられます。どうしても合理性のある境界と認められない場合は、担当土地家屋調査士と相談の上、いずれかの手段をとられることをお勧めします。しかし、今現在、境界確定を必要としているのは質問者様の方ではなく、隣接者のようですから、解決の方法などは隣接者へのアドバイスとなるのかもしれません。

こんにちは。

隣接地の所有者が「勝手に」した測量とはどのような内容なのでしょうか。境界の唯一の専門家である「土地家屋調査士」が介在しているのであれば、境界として認定した経緯あるいは疑問点を充分に時間をかけて確認してください。

土地家屋調査士が介在していない場合は、「専門家を交えての話でなければ意味が無いので同意できない」と伝えればいいです。

境界は塀の「所有者」のみで判断できるものではなく、その土地の属する区域・地域により様々な資料や、実測結果などを総合的に精査して...続きを読む

Q隣との境界のブロック塀について

私と隣の境界線の内側つまり私側にブロック塀を私の費用にて設けております。このたび隣の土地に新しく新築され引っ越しされてきました。問題なのはそのお隣さんが当方に何の相談もなく私の所有物であるブロック塀にコンクリートを当てる形で犬走りを施工しました。当方のブロック塀は境界線より5mm内側にあります(ブロック基礎部分が境界線一杯です)のでそのコンクリートがブロック塀に当たることは境界を越えていることになります。境界線は間違いありません。相手が故意か知らずにかは不明ですが声もかけずに一方的に行う行為に強い疑念を生じました。私としては相手側にも塀を設けていただければと考えていますがそのような請求は可能なのでしょうか。仮に塀がだめな場合、越境分のコンクリートの撤去の請求は正当でしょうか。気分的には私がお金を掛けて建てたブロック塀を勝手に使われること自体不愉快ですが皆様のお声とご意見をよろしくお願いいたします。なお私のブロック塀への費用などを請求する気はありません。あくまで塀は私の所有物としたいのです。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

恐らくNo1回答の方の言われる通り施工業者の判断で
行われたものかも知れません。
しかし一言断りがなかったのは、先方の落ち度と言っ
ても仕方がありませんが、これから末永くお付合いす
るお隣様ですのでお互いに納得できる解決方法を探る
ように仕向けないと事が大きくなって後々大変ですね。

塀はお互いの境界から数センチ控えて立てることがほ
とんどですね。その塀と塀の間は、土を入れるんです
が、雨等で流れてしまうのでコンクリートを打つ場合
もあります。当然互いの了解の元です。

現況の状態からだと越境部分の土間の撤去より隣地側
にフェンス、塀又は境界ブロックを設置して貰うほう
が良いかなと思います。

家を新築する時は結構気持ち的に一杯一杯で近所に心
配りが出来ないこともあります。本当はそんなんじゃ
いけないですけどね。
また改修するにも金銭的な余裕もないかもしれません
が、ここは一つ強く言うより促す形で解決できればそ
れに越したことはないかと思います。

Q隣地との塀が強風で壊れました

隣地との塀のことですが
先日の台風による強風で隣地との板塀が根元から倒れてきました。
とりあえず紐でうちの家側にくくりつけて倒れないようにしています。
かねてより木が腐っていたと思われます。

隣地は駐車場で持ち主は人に貸しています。
持ち主は古家を購入しこの塀は前に建っていた家が設置した塀で整地してからも残していました。

当方は塀の修理を要求しました。
とりあえず補修してもらわないと今のままではちょっとの間しか持たないと思います。
隣地は誰が出入りするかもわからない駐車場ですし、防犯上の理由からも早く修理して欲しいと思っています。
もちろん、境界線上にある塀なので塀の設置費用は当方と相手方とで折半するつもりでした。
しかし、相手方は「修理する必要は感じない」といってきました。
自分の方では塀は無くてもなんら不都合は感じないと。
「塀を作られるのならあなたの家の敷地の中で勝手に作られたらいかがですか」
と言うのです。

そうするほうがいいのでしょうか?
なにか相手に言うことはあるでしょうか?

Aベストアンサー

#2です。ご質問にお答えします。

>ところで相手が塀は不要だと言えばこちらが自分の土地に作らねばならないのですか?

不本意でしょうが、その通りです。塀は、土地の境界線に必ずしも必要なものではないからです。例えば田畑には塀をめぐらしませんよね。
従って、他人の敷地に食い込んで塀を建てることはできません。他人の不動産の侵害になってしまいます。

では、普通は何故お互いの敷地に渡って塀が出来ているのかといいますと、双方の利益が一致しているからです。どちらも塀があったほうがいいとの考えが一致しているから、境界線の中心に塀を立てているわけです。通常は、費用も折半です。

従って、今回のケースは塀に対する利害が一致していませんので、立てたい側は、隣地の承諾なしに立てることの出来る、自分の敷地内に立てざるを得ません。

但し、費用はこちらで全額負担するから、境界の中心に塀を立てさせて欲しいと申し出てみたらどうでしょうか。(拒否されればそれまでですが)

Q建築条件付きの分譲地で、境界線は元々ブロック塀で仕切られていました。

建築条件付きの分譲地で、境界線は元々ブロック塀で仕切られていました。
もうすぐ新居が完成予定で、外構の打ち合わせをしていると、隣地所有のブロック塀が私の土地の境界線内に作られていることが判明しました。不動産屋はブロック塀の所有を私にするか、壊して隣地に作り直すと言っています。
ブロック塀は北側なので建物の裏手になるわけですが、土地の契約は済んでますし、もうすぐ完成するのに今更そんなこと言われても困るのですが、どう対応するのがベストでしょうか?教えて下さい。

Aベストアンサー

不動産屋がちゃんと提案してくれているので、どちらかを選ぶか、塀を撤去してもらってはいかがでしょうか。
塀なんか必要ですか?隣地の境を明確にするという意味であれば、その色気の無いブロック塀は撤去してもらい、自身の敷地にもっと素敵な塀を作るのがいいかと思います。

Q隣地との境界となっているブロック塀の撤去費用

今回の震災で、隣地との境界となっているブロック塀の撤去、再築が必要となりました。
境界のブロック塀は、50年ほど前、私の家で建てたものですが、撤去費用は私の家で負担する必要があるでしょうか?それとも隣家との折半でよいでしょうか?
境界のブロック塀なので当初誰が建てたかにかかわらず、共有物という扱いで折半しという認識で問題ないでしょうか?
法律上の観点と、一般慣習としてはどうなのかの2点からお教えいただけると助かります。(法律上はどうかだけでもお教えください)

Aベストアンサー

>境界のブロック塀は、50年ほど前、私の家で建てたものですが

ということであれば、ブロック塀は質問者様の所有物なので、質問者様の負担で撤去しなければなりません。


>境界のブロック塀なので当初誰が建てたかにかかわらず、共有物という扱いで折半しという認識で問題ないでしょうか?

そのような法律論も慣習も聞いたことがありません。
自分の所有物がいきなり他人との共有物になんてなりませんよ。

Q隣人から我が家のブロック塀をどうにかしてほしいと

お世話になります。
我が家のブロック塀をどうにかしてほしいというクレームが、隣に住んでいる人からありました。
そこで以下にに要点をまとめますので、どのように対処すべきか、ご教示いただければ幸いです。

・隣人が、我が家に対し、「こちらの方にお宅のブロック塀が徐々に傾いてきているから、ブロック塀を取り壊すなどして、どうにかしてほしい」というクレームを寄こした。
・我が家のブロック塀と隣家の間は50~60cmほど。
・肉眼で見ると、確かにブロック塀が隣家の方に(5cmくらい?)傾いている箇所がある。
・どれくらいの月日で、どのくらい傾いているのかは不明。また、いつごろから傾き始めたかも不明。
・震度5強以上の地震が何回かあっても崩れなかった(だからといって今後も崩れないだろう、とは言えないと思うし、もしかしたら地震が原因で傾いているのかもしれないが、傾いた原因は詳しくは不明)。
・我が家は築50年以上経っており、ブロック塀もその時建てたもの。もちろん、初めから傾けて建てたとは思えないので、「徐々に傾いてきている」という隣人の言葉に嘘はないと予想できる。
・隣家と我が家、どちらが先に建っているかは不明。

これはどのようにすれば良いでしょうか。
隣人の言う通り、ブロック塀を取り壊さなければならないのか、それ相応の補強をするべきなのか、あるいは何もしなくても良いのか。
隣家の方が先に建っている場合と、我が家の方が先に建っている場合とでは、何か違いが生じてくるのか。
何もしなかった場合に、本当にブロック塀が崩れて隣家に対して損害を与えてしまった場合、賠償が必要なのかどうか。

アドバイスのほど、よろしくお願いいたします。

お世話になります。
我が家のブロック塀をどうにかしてほしいというクレームが、隣に住んでいる人からありました。
そこで以下にに要点をまとめますので、どのように対処すべきか、ご教示いただければ幸いです。

・隣人が、我が家に対し、「こちらの方にお宅のブロック塀が徐々に傾いてきているから、ブロック塀を取り壊すなどして、どうにかしてほしい」というクレームを寄こした。
・我が家のブロック塀と隣家の間は50~60cmほど。
・肉眼で見ると、確かにブロック塀が隣家の方に(5cmくらい?)傾いている箇所...続きを読む

Aベストアンサー

○隣人の言う通り、ブロック塀を取り壊さなければならないのか、それ相応の補強をするべきなのか、あるいは何もしなくても良いのか
→質問者様が補修か改修をしなければなりません。
ブロック塀は建築基準法上の建築物であり、建築基準法第8条では、建物の所有者・管理者は規模の大小に関わらず、自らの責任において、建築物の敷地、構造、防火、避難、衛生及び建築設備等(換気設備、排煙設備、非常用の照明 装置、昇降機等)について、状況に応じた補修、改修をして安全で良好な状態の維持に努める責任があります。

○隣家の方が先に建っている場合と、我が家の方が先に建っている場合とでは、何か違いが生じてくるのか
→違いは生じてきません。

○何もしなかった場合に、本当にブロック塀が崩れて隣家に対して損害を与えてしまった場合、賠償が必要なのかどうか
→民法第717 条1項は、「土地の工作物の設置又は保存に瑕疵があることによって他人に損害を生じたときは、その工作物の占有者は、被害者に対してその損害を賠償する責任を負う。ただし、占有者が損害の発生を防止するのに必要な注意をしたときは、所有者がその損害を賠償しなければならない。」と規定しており、当該ブロック塀の設置又は保存に瑕疵があることは現に傾いていることで明らかですから、これが倒壊して隣人に損害を与えると、たとえ地震や台風が原因であっても責任を免れることはできません。無過失責任です。

○速やかにブロック塀の補修または改修をしてください。費用は質問者様がご負担されることになります。質問者様の建物の価値を高めることにもなりますので、この点はご理解ください。

○隣人の言う通り、ブロック塀を取り壊さなければならないのか、それ相応の補強をするべきなのか、あるいは何もしなくても良いのか
→質問者様が補修か改修をしなければなりません。
ブロック塀は建築基準法上の建築物であり、建築基準法第8条では、建物の所有者・管理者は規模の大小に関わらず、自らの責任において、建築物の敷地、構造、防火、避難、衛生及び建築設備等(換気設備、排煙設備、非常用の照明 装置、昇降機等)について、状況に応じた補修、改修をして安全で良好な状態の維持に努める責任があります。...続きを読む

Q境界特定されている赤道に隣地の塀が建っている

お世話になっております。

祖父の土地と、隣地の間に赤道が通っているのですが、
そこには向こう側の塀が赤道すべてを占拠するような形で作られてしまっています。

また、今回別件で土地家屋調査士の方に調査をお願いしているのですが、
どうやらその赤道は境界特定は済んでいるとだということが分かりました。

境界特定が済んでいる赤道に塀を作っていることに対して、
こちらが出来る対抗処置はないのでしょうか?
せめて塀を道の中心線まで下げさせることは出来ないでしょうか?

また、こちらでの払い下げは金額の問題で難しいです。

よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

>塀を道の中心線まで下げさせることは出来ないでしょうか?

できないと思います。
何故なら「向こう側の塀が赤道」と言うことで、問題の塀は「祖父の土地」に食い込んでいないようなので、所有権の侵害にはならないからです。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報