『ボヘミアン・ラプソディ』はなぜ人々を魅了したのか >>

なぜ高価な一眼レフをスチール撮影メインではなく動画メインで使うのでしょうか?
デジタルビデオカメラのほうがムービー専用機だし、値段も安いと思うのですが。

A 回答 (5件)

今後4Kとか8Kが一般的になってくると


今のビデオカメラじゃレンズの性能が追い付いていかないんです。
その要求に合わせた静止画が撮れるような高性能のレンズを使いたければ
今の時点では一眼レフや同等のミラーレスカメラしかないから
それを使っているんでしょう。

それと、35ミリサイズカメラで撮った映像は
センサーサイズが従来のビデオカメラよりも大きいことがあって
ピントが合った場所の前後が適度にボケて
結果として立体感や遠近感が違って見えます。
そのあたりも選ばれる理由として大きいと思います。
    • good
    • 0

私も同感です。

安物ならともかく、高価な一眼レフで動画も撮れるようにするなんて、発狂しているとしか思えません。
    • good
    • 1

動画用として万能ではないが、画質についてはコストパフォーマンスが高いようです。

    • good
    • 0

比較が違います。


どちらかと言うなら一般市場に出回ってない業務用デジタルビデオカメラ との比較でしょうね。
価格的には30万(最安の部類でレンズ一体)から100万程度(レンズ交換式本体のみ)くらいでの比較が妥当かと。

一般量販店で見かけるデジタルカメラだと20万位がハイエンドのイメージがあるかと思うのですがこの辺りで比較するならコンデジでしょうね。
コンデジに強烈な手ブレ補正を付けたりマイクを少し良いものとしてみたり、、

業務用と呼ぼれるものですとlog撮影ができたり4k60pなども比較的対応しています。
反面、センサーサイズは1型程度におさまったり安価(30万~)なタイプはレンズ交換も出来ません。

logというのは早い話が撮影後に編集を前提とした撮影方法です。ここでは細かく説明しませんが、高品質だと思って下さい。
一眼でも5dmk4だとC-log SONY機もS-log などは搭載されていますがこういった動画部分に関してはやはりビデオカメラの方に分があります。
言葉よりも見たほうが早いと思うので

「一眼 ウエディング 動画」などを見ていただくとわかりやすいかと思います。(一眼のボケなどの有効利用)

あと、「花火」なども一眼とビデオカメラ(ハンディタイプの20万くらいまで)の比較で夜空のノイズ量がハッキリわかりますし鮮やかさが違います。(センサーサイズの利点、レンズ交換の利点)
ジンバルやリグを組まないなど三脚固定程度の撮影なら一眼の方が画質比率でコスパは安いです。
    • good
    • 0

理由は様々。


ビデオカメラでは得られない浅い被写界深度・視覚を超えた超広角の世界。
何より、大サイズイメージセンサーの持つ広ダイナミックレンジで高画質な絵が撮れる事でしょう。
    • good
    • 2

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング