仕事などが終わり、上司などが帰るときに、「お疲れ様でした」とか言うときは、「お疲れさまでした」なのか、「ご苦労様でした」のどちらが正しい言い方なのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (9件)

「ご苦労様でした」は少なくとも尊敬語ではありません。


詳しくは「ご苦労」の「ご」は接頭辞で美化語表現だそうです。

まぁ私は目下の者にそういわれたからといって注意するつもりもないですが
気にする人は気にするのでは?
    • good
    • 0

帰りの挨拶としては「ご苦労様でした」は使った事がないです。


うちの会社内でも聞いた事がないです。
だから「お疲れ様でした」だと思います。

新聞屋さんとかが家に集金に来た時なんかは、
帰り際にはたいてい「ご苦労様でした」って言ってますね。

僕の中での勝手な使い分けですが、
言ってる方は何もしてなくて、相手だけ疲れているような時は
「ご苦労様でした」を使ってますね。
「苦労かけて申し訳ないです」というイメージですね。
お互い様の時は「お疲れ様でした」ですね。
「疲れましたね」っていうような問いかけ的なイメージがあるから。
    • good
    • 0

正しい言い方は、目上の人には「お疲れさまでした」です。




少し前、新聞の投稿欄に載ってましたよ。

「私が先に帰る時、若い部下達が『ご苦労様でした!』と一斉に
声をかけてくれるのですが、いつもひっかかります。」って(^^)
    • good
    • 0

「ご苦労様」と言うのは昔、殿様が家来に対して言っていた言葉だそうです。


「うむ、ご苦労」ってやつですね。

なので、目上の人に対してはやはり「お疲れ様でした」が良いと思いますよ。
    • good
    • 0

どちらでも使っています。

しかし、使い分けたことはありません。挨拶としては、どっちでも良いのでは?。言葉や形式にこだわる方を除いて・・。
私の会社での場合、女性から「お疲れ様でした」の方が多いような気がしますが。
そのほうが、言い方として”ソフト”に感じます。
上司がご苦労な仕事をしている、していないに係わらず、「ご苦労様でした」でも、言葉をかけられる分はいいですが、何も挨拶を交わさないのは、困り者ですけど。答えになっていなくてすみません。m(__)m
    • good
    • 0

ところで使ってはいけない根拠ってなんですかね?


美化表現であるとすればよりよい表現が別にあるが使うべき言葉ではないという
ところまではならないと思うのですが。

漠然と使ってはいけないとは聞いたことがありますがその根拠を示されたことは
ありません。
    • good
    • 0

「ご苦労様でした」「ご苦労様」は上司が部下に対して使います。



部下が上司に云うときは「お疲れさまでした」です。

日本語は難しいですね。
    • good
    • 0

同じく、「お疲れ様でした!」です。


以前何気なく「ご苦労様でした!!」と元気良く言ってしまった時に、諭された事があります。
理由については良く分かりませんが、労をねぎらうのは上司が部下に対してする事であって決して逆ではないとの事でしょう。
私も以降は気をつけています。
    • good
    • 0

お疲れさまでした。

です。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q目上の方に「お疲れさまでした・ご苦労様でした」は失礼ですか?

言葉遣いについて、実際にあった出来事からの疑問です。

退職する上司の送別会にて、若い社員が記念品贈呈の際に「お疲れさまでした」や「ご苦労さまでした」と言いました。
これは失礼な事なのでしょうか?主人は失礼だといいます。「ありがとうございました」「お世話になりました」と言うべきだと言います。
もちろん、私もありがとう等の感謝の言葉も必要だと思いますが、「お疲れさま・ご苦労様」を使うことに対しては、失礼な事とは感じませんでした。

実際、自分も会社では、その言葉を使って送り出した場面を見たことがあるような気がします。

どなたか、言葉遣い・マナーにに詳しい方ご意見をお願いします。

Aベストアンサー

はじめまして。元研修担当のスコンチョといいます。(^_^)

ビジネスマナーでは仕事が終わった人を見送るときには
「お疲れ様でした」で送り出す習慣をつけるよう教えます。
これは、先の回答者の方たちも書かれてますが「ご苦労
様」は元来目下の人に対しての言葉だからです。しかし、
時代の流れとともに「ご苦労様でした」も容認されるレベ
ルになってきているようです。

さて、本件では退職時の挨拶として適切かどうかという問
題ですね。退職者に御礼だけで挨拶とするのか、慰労の
言葉をかけるべきかは個人の判断で、「お疲れ様でした」
が取り立てて失礼にあたるとは思えません。特に、直接的
な関わりが少なかった人から御礼だけ伝えられても心が
こもった言葉とは受け取れないでしょうし、その方の業
績に敬意を表する意味でも「お疲れ様でした」と笑顔で
送り出してあげてはいかがでしょうか。

Q市町村によって小学校の始ま(終わ)る日が違うのは何故?

大阪市の小学校に子供が通っています。
三月は24日まで、四月は8日からでした。

知り合いの子供さんが神奈川県(何市かは知りまん)の小学校に通われています。
すると、三月は大阪より遅く終わって、四月は大阪より早く学校が始まると聞きました。

親としては、1日でも多く学校に通って勉強を教えてもらえたほうがオトクやなあ、と思ってしまいます。

どなたがどういう理由で決めていらっしゃるのかしら?
ぜひとも教えて下さい。

Aベストアンサー

私は千葉ですが、もしかしたら知り合いのお子さんの学校は「2学期制」を導入しているのではないでしょうか。

うちの子の学校は、県民の日は休みなし、個人面談は夏休み中。夏休み前日まで給食ありの普通授業…代わりに秋休みが5日ほどありました。体育の日を絡めてですが。
冬休みの終わりは1月4日(5日から始業6日から給食開始)、今年度の始業も4月5日で6日から給食ありの通常授業でした。
2学期制ですので、夏・冬休み前・後に「始業式・終業式」はなく、通知表も年2回しかありません。

大阪にメル友がいるのですが「2学期制?こっちにはないよ」と言われたことがあります。

Q「さびしい」と「さみしい」。「寂しい」と「淋しい」

gooの辞書によると「さびしい」の方が元からあった言語らしいのですが、「さびしい」と「さみしい」に使い分けってあるんでしょうか?
それと同様に「寂しい」と「淋しい」にも使い分けがあるのでしょうか?
gooの辞書ではどちらで検索しても同じ内容の答えが
出てきました…

ご存知の方、お願いしますm(_ _)m

Aベストアンサー

ご覧になった辞書の通り『さびしい』が元で『さみしい』はその崩れた形ですので、比較すれば『さびしい』の方が書き言葉的、男言葉的、『さみしい』の方が話し言葉的、女言葉的という傾向になると思います
『寂』と『淋』は、寂しい(寂れた)山村、淋しい心持ち、といったように、客観的な静けさ、人気の無さにウェイトを置くときに『寂』、心細い、物足りないといった感情にウェイトを置くときに『淋』が使われることが多いと思いますが、『淋』は常用外ですので区別せずに全部『寂』で済ますケースも増えてきているのではないでしょうか

Q何という言い方が正しいか教えてください。

会社勤めの人が仕事を終えて「会社」を退けるときは「退社」。

では、医師が仕事を終えて「病院」を退けるときは何というのが正しいのでしょうか?

Aベストアンサー

正しいかどうかわからないのですが、私の知人医師は「退庁」と言っています。国立病院勤務(公務員)だからですね。かつて父もそう言っていた記憶です。別の知人医師は「明け勤」と言いますが、これはどうも造語っぽいですね。
開業医の一人は、たしか「やっと「終業」だよ」と言っていた記憶があります。

文系カテにご質問されているので、文章的にどうかけば良いかということなのだと思います・・。体験談なので、正しくはないと思いますが、ご参考まで・・。

Q「お疲れ様でした」という言葉について

先日、大学の授業が終わった時に、たまたまその授業の教授とエレベーターで一緒になったので別れ際に、お疲れさまでした、と挨拶したら呼び止められて、こういうケースでは使う言葉ではないと注意を受けました。 ちょっとカチンときたと同時にハラスメントか、とも思いました。どこか失礼にあたるのでしょうか。また、間違っているならば何と言えばいいのでしょうか。

Aベストアンサー

 失礼です。最低でも「ありがとうございました。」と、言うべきですね。就職してからこれ間違ったら偉い事ですよ。今いい加減になっているけどあなたの上司の年寄りは「お疲れ様」「ご苦労様」は相手を見下した言葉として絶対使わない頑固者もいるのです。(なぜ失礼なのかは高校までに勉強しなかったのだからここには書いても無駄だから書かない。)教授に感謝しましょう。
 もちろん、「学費を払って雇ってやっているんだからサラリーの対価としての講義お疲れさま」と考えているならどうぞ。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報