人気マンガがだれでも無料♪電子コミック読み放題!!

障害施設B型で働いたら失業手当はもらえなくなりますか?

A 回答 (1件)

雇用保険の取扱要領の中の認定日における就職した日または自己の労働による収入があったかどうかの確認についての記載として



次の場合は、1日の労働時間にかかわらず、自己の労働による収入とみなして取り扱う。
…(中略)
④障害者が授産施設や小規模作業所等での就労によって得た賃金

というのがあります。
本来なら1日4時間以上労働した場合は就職とみなされその日は基本手当の支給が収入金額によらずなくなるのですが、上記に該当する場合は時間は関係なく自己の労働となり収入金額による減額計算をした基本手当が支給されることになります。
計算方法やご自身が上記に当てはまるのかなどの詳細はハローワークで直接ご確認ください。
また、わからないことは今後はハローワークに聞くようにした方がいいですよ。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

助かりました

ハローワークで失業手当をするよう促されたりB型で働くよう促されたりしたので私は本当は失業手当はもらわず一般雇用で働きたいのですが、一般雇用を紹介してくれないので困ってました。B型で働くと少ない賃金でやっていけないので失業手当をもらえないと生きてもいけません。
あとはハローワークで聞きたいと思います、ありがとうございます。

お礼日時:2017/12/26 13:47

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q発達障害があります。 失業保険を受給するのに、認定日に就労移行支援を利用している、というのも求職活動

発達障害があります。

失業保険を受給するのに、認定日に就労移行支援を利用している、というのも求職活動に入りますか??

Aベストアンサー

その就労移行支援というのは、「企業で働きたい方を対象に働く為に必要な知識・能力を身につけられる場所」ですね。
「求職活動の中には、公的機関等が行う各種講習」というものがあります。
これに該当するものと思われますので、求職活動に入れてもよいのではないでしょうか。

Q就労継続支援A型と社会保険加入義務

A型は社会保険加入義務があるという記事をみたことがあるのですが
未加入で1日4時間で求人を出している事業所があります。

実際のとこ法的にはどうなってますか?

条文等ご存知の方がいればお願いします。

Aベストアンサー

ちょっと違いますね‥‥。
『社会保険加入義務がある』というのではなくて、『原則として雇用契約を結ぶ必要がある』というのが正解です。
ということは、雇用保険(失業保険のこと)には入ります。
また、普通のサラリーマンなどと同じで、労働基準法などの労働関係の法令も適用されます。
これをむずかしい言い方で『労働者性』といいます。

ところが、盲点があります。
普通のサラリーマンでもそうなんですが、1日8時間・週40時間という労働基準法の決まりをはずれていなければ、たとえば、1日4時間勤務であってもいいんですね。雇用契約が結ばれていれば。
とすると、1日4時間で週5日の勤務だとすると、週20時間。
このとき、実は、社会保険(健康保険や厚生年金保険のこと)に入る義務はないんです。
(普通の働き方(一般に週40時間)をする人の4分の3以上の働き方をして、初めて社会保険に入れるようになっています。)

ですから、A型で1日4時間勤務・社会保険なし‥‥などというのは、ざらにあります。
つまり、雇用保険はあるけれど、社会保険はないんです。
違反でもなんでもないので、そういうもんなんだと割り切るしかないです。

ですから、会社の健康保険(組合健保とか協会けんぽ)や厚生年金保険ではなく、親の健康保険で扶養してもらったり、自分で国民年金の保険料を払う必要が出てきたりします。
要は、失業保険の面ではメリットがあるけれども、社会保険の面ではメリットがありません。形だけのサラリーマンみたいなものでしょうかね。

ちょっと難解なんですが、法的根拠などを説明している通達や論文に、以下のようなものがあります。
よければ、パソコンで見てみて下さい。

http://joshrc.org/~open/files2/20061002-002.pdf
http://www.ritsumei.ac.jp/acd/cg/ss/sansharonshu/462pdf/04-01.pdf

参考URL:http://joshrc.org/~open/files2/20061002-002.pdf

ちょっと違いますね‥‥。
『社会保険加入義務がある』というのではなくて、『原則として雇用契約を結ぶ必要がある』というのが正解です。
ということは、雇用保険(失業保険のこと)には入ります。
また、普通のサラリーマンなどと同じで、労働基準法などの労働関係の法令も適用されます。
これをむずかしい言い方で『労働者性』といいます。

ところが、盲点があります。
普通のサラリーマンでもそうなんですが、1日8時間・週40時間という労働基準法の決まりをはずれていなければ、たとえば、1日4時間勤務で...続きを読む

Q障害年金で無職なのに国民健康保険を支払うこと。

私は現在、精神障害者2級で無職で自立支援で病院に2500円を基本として支払っています。

無職で年金額は年間79万円ぐらいです。

でも区役所の調査書類に、昨年、「家族に食べさせてもらっていた」と書類に書いたところ、
毎月、国民健康保険料が、2300円か2800円引かれています。
びっくりします。医療費は3割負担で、ほかの病院にも通院しているので、年金だけでは赤字で苦しいです。

ときどき、母親が70歳で年金を受給していますが、私の医療費が足りないので、私のために借金をして、それが膨らんでいっています。とても不安です。

なぜ収入がないのに、障害年金から、国民健康保険料が、月に2300円か2800円も引かれなければならないのですか。区役所に抗議したほうがいいですか。

こんなに夜遅くなっても、将来が不安で眠くなりません。

ご存知の方、教えていただけると幸いです。

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

少なくとも、障害基礎年金2級を受給していて無職なら、国民年金保険料は無条件(所得と関係なし)で全額納付免除(法定免除)ですよ。
法定免除っていうのは、回答1の申請免除とは違います。
回答1は、これをごっちゃにして説明してますけれど、違った説明になっちゃってます。
法定免除を受けられるときはそっちのほうが優先されるので、わざわざ申請免除(こっちは所得によって、受けられる・受けられないが決まる)をする必要はないんです。

障害基礎年金1級か2級を受けてて、無職(厚生年金に入ってないということ)の人だったら、障害年金をもらえるようになったときから、障害年金を受けられることを役所に届けるだけで、免除されます。
質問者さんは、そうやって法定免除になってはいませんか?

一方、国民年金保険料というのは、質問者さんの所得だけじゃなくて、家族全体(世帯)の所得を見て決まります。
市区町村によって計算式は違うものの、ざっくり言って、(1)所得割(世帯の所得に応じて計算する)、(2)資産割(世帯の資産[持ち家とか土地とか]に応じて計算する)、(3)均等割(その国民健康保険に入っている人1人あたりいくら、として平等に負担する額)、(4)平等割(1世帯あたりいくら、として平等に負担する額)という4つの部分の合計で成ってます。
要は、質問者さんの障害年金は非課税所得だけれども、ほかの家族の課税所得とか資産があったりすれば国民健康保険料は生じるし、みんなで平等に負担するしくみだからやっぱり国民健康保険料はどうしても生じてしまう、っていうしくみになっています。

こういうしくみになってますけれど、でも、質問者さんが障害年金を受けてて無職なんだ、っていうことはちゃんと反映して、その結果で国民健康保険料を計算してますよ。
なので、正直、障害年金を受けてない人なんかとくらべたら、ずっと保険料は低くなってます。
均等割と平等割の部分を「減額」する、っていうしくみで、全国共通のしくみ。国民年金保険料でいう法定免除に相当するものです。
なお、それでも生活がしんどい、というときは、市区町村によって基準がばらばらなんですけれど、さらに減らしてもらえることもあります。こっちは「減免」といいます。
いろいろ心配なら、「減額」や「減免」のことを市区町村に確認したほうがいいでしょう。
ただ、どっちにしても、ちゃんとしくみを理解しないでぎゃあぎゃあ抗議しても、はっきり言ってお門違いになってくるので、そこは勘違いしないでくださいね。

そのほか、市区町村に重度障害者の医療費減免制度はないですか?
自立支援医療(精神通院)とはまた別で、障害者手帳(身体、精神、知的のどれか)を持ってれば、どの科・病院でも医療費自己負担分が軽減される、っていうしくみです。
もしこれが利用できれば、精神科以外の通院の医療費が軽くなると思います。
これまた市区町村によって基準はばらばらですけれど、精神の人も利用できることが多いので、ちゃんと問い合わせて説明をしてもらって、もし利用できるなら利用したほうがいいと思います。

少なくとも、障害基礎年金2級を受給していて無職なら、国民年金保険料は無条件(所得と関係なし)で全額納付免除(法定免除)ですよ。
法定免除っていうのは、回答1の申請免除とは違います。
回答1は、これをごっちゃにして説明してますけれど、違った説明になっちゃってます。
法定免除を受けられるときはそっちのほうが優先されるので、わざわざ申請免除(こっちは所得によって、受けられる・受けられないが決まる)をする必要はないんです。

障害基礎年金1級か2級を受けてて、無職(厚生年金に入ってない...続きを読む

Q就労継続支援A型で働いています。法改正について教えてください。

就労継続支援A型で働いています。職員から「法改正によって働き方等々変わることがあります」と言われましたが、詳しい説明がありません。

ネット検索しても情報が得られません。

詳しい情報が分かる方がいたら教えて下さい。

Aベストアンサー

回答No.1への補足を拝見しました。
いろいろな問題点が考えられると思います。

さて。障害を持つ方が1日にこなせる仕事量には限りがあると思います。
たとえば、ある人の1日の仕事量が10だとします。
いま5時間勤務の短時間利用でそれをこなすとすると、1時間あたりの仕事量は2となりますね。
ここで、全体の仕事量を変えないまま、減算を避けるために、勤務時間数を6時間に増やすとしましょう。
そうすると、1時間あたりの仕事量は1.66へと減ってしまいます。
つまり、この人は1時間あたり2の仕事ができ得る人なのに、勤務時間数を増やすことでかえって1.66の仕事しかさせられなくなりますから、逆に非効率になってしまいます。

こうなってくると、この人の勤務時間数を増やすよりも、最初から1時間あたり2の仕事ができる人を雇って6時間勤務をさせれば、1日にこなせる仕事量は12となり、プラス2の増収になりますよね。

要は、減算を避けるためには、いまいる短時間利用者の勤務時間数を増やしても意味がない、ということになってきてしまいます。障害の重さゆえに働ける時間数に制約がある=1日にこなせる仕事量がいっぱいいっぱいの状態である‥‥という事情があるからです。

したがって、はっきり言って勤務時間数が増えるようなことにはならず、逆に、一般企業でいう首切り・人員整理のような状態になってしまうのではないかと思います。
「ほかの所に移っていただくことになります」「やめていただきます」ということになってしまうのではないでしょうか。
「働くのに困るような状態になるかもしれない」というのは、そのようなことを指しているような気がしてしかたがありません。

「短時間利用のままで、行政にはフルタイム勤務をしているように見せかけて報告する」という不正が相次いでいることも、実は、今回の改正の背景になっています。
行政監査なども厳しくなりますから、まさか、このような不正をしてまで減算を避けるようなことはしないでしょう。
やはり、何らかの形で「確実に働ける人だけの事業所にする」という方向に走り、「障害が重いために短時間利用で働かざるを得ない」という人が切り捨てられてしまう、と思われます。

おそらく、所長さんからも同様の話があるかもしれません。
A型施設はあくまでも、利潤を追求するという点では営利企業と同じですから、考えようによっては、障害を持つ方の働き方の限界には、必ずしも配慮しているとは限らないのです。

回答No.1への補足を拝見しました。
いろいろな問題点が考えられると思います。

さて。障害を持つ方が1日にこなせる仕事量には限りがあると思います。
たとえば、ある人の1日の仕事量が10だとします。
いま5時間勤務の短時間利用でそれをこなすとすると、1時間あたりの仕事量は2となりますね。
ここで、全体の仕事量を変えないまま、減算を避けるために、勤務時間数を6時間に増やすとしましょう。
そうすると、1時間あたりの仕事量は1.66へと減ってしまいます。
つまり、この人は1時間あたり2...続きを読む

Q障害者年金の、初回支給日について

今日(3月20日)に「年金決定通知書」が届きました。

通知の証書の日付が「平成27年3月12日」、支払開始年月が「平成27年2月」と
記載されているのですが、支払開始年月の欄が空白になっています。

この場合、初回振込日はいつになるのでしょうか?
お詳しい方、教えていただけますか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

到着済の年金証書・年金決定通知書をもう1度確認して下さい。
以下のURL(画像)のようなものが到着したことと思いますが‥‥。

http://www.nenkin109.com/voice/img/miho/koe_miho1-2.jpg

まず、「平成27年3月12日」ですが、これは証書の発行日付です。
実際の初回支給日とは無関係です。

次に支払開始年月ですが、「厚生年金保険年金決定通知書」の部分と「国民年金年金決定通知書」の部分とに分かれているはずです。
前者は障害厚生年金の支給を、後者は障害基礎年金の支給を、それぞれ示しています。
両方とも支給される場合は、どちらの部分にも支給開始年月が印字されています。
一方、障害厚生年金と障害基礎年金のどちらか一方しか支給されないときは、一方の部分が空白になっています。その点を再度確認していただき、障害厚生年金と障害基礎年金のどちらが支給されるのか、その障害等級は何級何号なのかを調べて下さい。

支給開始年月とは、「◯年◯月分の年金から支給されますよ」ということを示していますが、実際の初回支給日とは直接の関係がありません。
障害認定日請求が通ったときは、一般に、受給権を取得した年月の翌月になっています。
障害認定日請求であっても、遡及請求として請求が行なわれて、時効のために5年よりも過去の部分が支給されないときは、ここは翌月にはなっていません(時効の計算によって、まちまちになります)。時効に到達していない部分については、遡及して支給されます。
一方、事後重症請求で通ったときは、請求日[窓口受理日](事後重症請求のときは、この日がある月が「受給権を獲得した年月」になります。)の翌月になっています。遡及しての支給はありません。

ポイントは、証書発行日付です。
この日から数えて、おおむね50日後に、実際の初回支給が行なわれることになっています。
したがって、5月15日には初めての振込が行なわれる、と考えて良いでしょう。
なお、年金の振込は各偶数月の15日が基本で、前々月分・前月分の2か月分が振り込まれますが、初回に限っては偶数月以外でも振込が行なわれ、次回以降の分よりも前の分が一括で振り込まれます。
質問者さんの場合には、平成27年2月分・3月分が振り込まれるとお考え下さい。
その上で、6月15日以降は通常の偶数月振込となるはずで、6月には4月分・5月分が振り込まれることとなります。

初回振込の直前(通常は、年金証書・年金決定通知書が到着した翌月)には、別途に、「 初回支払額のお知らせ・年金振込通知書」が届けられます。
その書類こそ、確定した初回支給日を示すもので、初回支給日に実際に振り込まれる額も示されています。そちらの書類の到着をお待ち下さい。

到着済の年金証書・年金決定通知書をもう1度確認して下さい。
以下のURL(画像)のようなものが到着したことと思いますが‥‥。

http://www.nenkin109.com/voice/img/miho/koe_miho1-2.jpg

まず、「平成27年3月12日」ですが、これは証書の発行日付です。
実際の初回支給日とは無関係です。

次に支払開始年月ですが、「厚生年金保険年金決定通知書」の部分と「国民年金年金決定通知書」の部分とに分かれているはずです。
前者は障害厚生年金の支給を、後者は障害基礎年金の支給を、それぞれ示し...続きを読む

QA型事業所 辞めたい

就労支援継続A型事業所で利用者として働いています。
精神障害(統合失調で今症状はありません)
今現在施設外就労で、一般企業で週3日働いています。
もともと福祉のほうは自分に全く向いていなくて、
人間関係も(私が悪いのですが)よくないので、一般企業で働いて満足していました
それだけなら良かったのですが

事業所の所長が、「空いている日に施設内(福祉のほう)でも働けないか」と
ランチタイムにわざわざ来て、毎回言ってきます。
あまりにしつこかったので、一度だけ事業所のほうへ作業に行きましたが
やはり、向いていません。
ハッキリ断れない私のほうに非がありますが、
一般に就職の意思があると所長に伝えたにもかかわらず
明日来るようにと言われました。
事業所で空いている日に働いたとしても、何のメリットもなく、
わけのわからない情につけこんできて、(「事業所の皆が会いたがっているから」など)
しつこいです。

手帳を取得して半年ほどで、A型も4か月ほどです。
所長と今後関わらないために、離職の意思を示そうと思うのですが、
いろいろな手段を今まで使われたので、かなり不安です。

辞めるにしても、「自分には合わない」という理由だとすれば
何を言われて言いくるめられるかわからない。

他になにか手だてはあるでしょうか。

就労支援継続A型事業所で利用者として働いています。
精神障害(統合失調で今症状はありません)
今現在施設外就労で、一般企業で週3日働いています。
もともと福祉のほうは自分に全く向いていなくて、
人間関係も(私が悪いのですが)よくないので、一般企業で働いて満足していました
それだけなら良かったのですが

事業所の所長が、「空いている日に施設内(福祉のほう)でも働けないか」と
ランチタイムにわざわざ来て、毎回言ってきます。
あまりにしつこかったので、一度だけ事業所のほうへ作業に...続きを読む

Aベストアンサー

まず、A型の所長としては「普通の営業」ですよ。
「利用者が来て何ぼ」なのですから。

>離職の意思を示そうと

就労移行継続A型は「利用」です。「就労」ではありません。
だかえらこそ、「工賃」であって「給料」ではない。「最低賃金も守らなくてもいい」所以です。

>辞めるにしても、「自分には合わない」という理由だとすれば

それで十分です。どうしてもあなたが言い出しにくいのならば「就業・生活支援センター」の支援人に相談してはいかがでしょう?

Q医師の意見書とは?

相談します。
最寄の公共のセンターで就労支援≪障害者の≫を、うけようとしたところ、
障害によっては特に精神科ついて「医師の意見書」があるのが望ましいと言われました。
私は手帳所持者なのですが、そこでは、手帳も必要なのですが、医師の意見書のことはよくわかりません。
手帳を作るときも、市役所等通して書類を用意し、病院の窓口もいつもと違う窓口へ提出しました。
このことから、医師の意見書も、医師に直接診察のときにさらりと書いてもらえるものではないのではと、思っていますが、どうなんでしょうか?
市役所等経由の書類の用意が要るものなのでしょうか?
医師の意見書を入手されたことがアル方、また方法をご存知の方、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>最寄の公共のセンターで就労支援≪障害者の≫を、うけようとしたところ、障害によっては特に精神科ついて「医師の意見書」があるのが望ましいと言われました。

○就労支援というのであれば、主治医から「就労支援が可能か否か」の「意見書」の事だろうと思います。おそらく、「就労支援」とは、「社会適応訓練事業」と同じようなものでありますから、「就労支援」をするセンターでは、申請される方が「就労支援可能かどうか」判断する資料が必要となりますので「医師の意見書」があるのが望ましいと言われたのでしょう。
社会適応訓練事業について
http://www.mental.ne.jp/system/8/1.html

○精神障害を告知して就労する場合は(告知しないで就労する時は、勿論必要でありませんが・・・)、おおむねこの様な「就労可能かどうかの主治医の意見書」等が必要条件となります。ご質問者様が就労支援可能だと思っても、第三者の(主治医)の証明書みたいなものが必要なのです。ですから、、ご質問者様が就労支援可能な状態であれば、主治医にお願いすればすぐにでも「意見書」は書いてくれると思います。

>手帳を作るときも、市役所等通して・・・このことから、医師の意見書も、・・・さらりと書いてもらえるものではないのではと、思っていますが、どうなんでしょうか?・・・市役所等経由の書類の用意が要るものなのでしょうか?

○精神保健福祉手帳とは別とお考え下さい、ご質問者様が就労支援を受けられる様に安定している状態であれば簡単に書いてもらえますのでご安心下さい。(主治医次第ですが・・・)又提出先は市役所経由ではなく直接申請される公共のセンターに提出するものだと思います。

>最寄の公共のセンターで就労支援≪障害者の≫を、うけようとしたところ、障害によっては特に精神科ついて「医師の意見書」があるのが望ましいと言われました。

○就労支援というのであれば、主治医から「就労支援が可能か否か」の「意見書」の事だろうと思います。おそらく、「就労支援」とは、「社会適応訓練事業」と同じようなものでありますから、「就労支援」をするセンターでは、申請される方が「就労支援可能かどうか」判断する資料が必要となりますので「医師の意見書」があるのが望ましいと言われたので...続きを読む

Q傷病手当金受給期間終了後の生活費について...

こんにちは。
こちらをお借りして質問させて頂きたいと思います。宜しくお願い致します。

現在、私はうつ病にて傷病手当金を受給しながら生活をしております。
しかし、もうじき1年6ヶ月が過ぎますので、あと2ヶ月で受給可能期間が終わってしまいます。
今月、メンタルクリニックの担当の医師からは、『まだ完治は遠いです』と言われました。
確かに、まだ情緒不安定・不眠・意欲低下等、薬なしでは生活ができませんし、
睡眠薬を飲まなければ一切眠りにつく事はできません。

傷病金が貰えなくなったその後は、私は生活費はどうしたら良いのでしょうか‥。
路上生活をしなければならないのでしょうか‥。
とても不安に思っております。

義父とのトラブル(私の入浴中に覗いてくる・着替え中に部屋にノックをせずに入ってくる)等があり、メンタルクリニックの医師にも『実家は出た方が良い』と言われていますので、仕事を休職し始めてからはずっと親戚の家に居候しております。実家に帰れば生活費は問題ありませんが、母に相談した所、私の病気うんぬんよりも、夫(義父)との生活の方が大事 とあっさり言われてしまいましたので、帰る気は御座いません。

貯金も底を尽きてきました。
やはり生活保護という形になってしまうのでしょうか?
しかし、原付は持っていますし、携帯電話、パソコンを持っている場合、生活保護は受けられないとお聞きしました。

まだまだ『生活リズム保てず、就労困難』と医師から言われておりますので、
どうしたらいいのか全く分かりません。

どなたか、本当に小さな些細な事でも良いので、何かアドバイス等頂けないでしょうか‥。

どうぞ宜しくお願い致します。
必要であれば、どんな質問にも答えさせて頂きます。

こんにちは。
こちらをお借りして質問させて頂きたいと思います。宜しくお願い致します。

現在、私はうつ病にて傷病手当金を受給しながら生活をしております。
しかし、もうじき1年6ヶ月が過ぎますので、あと2ヶ月で受給可能期間が終わってしまいます。
今月、メンタルクリニックの担当の医師からは、『まだ完治は遠いです』と言われました。
確かに、まだ情緒不安定・不眠・意欲低下等、薬なしでは生活ができませんし、
睡眠薬を飲まなければ一切眠りにつく事はできません。

傷病金が貰えなくなったその後は、...続きを読む

Aベストアンサー

どうしても、気になったので、回答してみます(__)

生活保護については・・
>・・ずっと親戚の家に居候しております。
世帯単位での申告となるので、親戚が、それ相応の収入があれば、ダメ
質問者様、個人だけの申告はできません。

>あと2ヶ月で受給可能期間が終わってしまいます
医師と相談し、障害年金の申請をしましょう。
障害年金は、リンクを参照ください。
http://www.shogai-nenkin.com/gaku.html

年金の受給条件は、こちら。
http://www.nenkin.go.jp/main/individual_02/index4.html

参考になれたら、幸いです。
以上

参考URL:http://www.shogai-nenkin.com/gaku.html

Q精神障害者手帳2級とはどのレベルのなのでしょうか

最近身内になった方が、精神障害者手帳2級を持っていることを知りました。

普通に遊んでいますし、喋れます。料理もしているし、ゲームもしています。
普通の生活はできていると思います。

仕事はできないそうです。
たまに頭が痛くなるとか。

なぜこのような質問をしているかと申しますと
子作りをしていると聞いたからです。

薬を飲んでいないなら妊娠してもいいと書いてあるサイトは見ましたが、子育ってって楽じゃないですよね。
私にも子供がいますが、やはり大変でした。
普通の人でも精神的に不安定になると思います。
ことあるごとに「鬱だから」と言ってひきこもる彼女が、このタイミングで子供を作っていいのか疑問なのです。
友人だったら応援するかもしれません。
しかし、身内となると、そうは言っていられません。
何かあった時に産まれてきた子供がかわいそうです。

※鬱病の方を批判しているわけではありません。

中立なご意見をお願いします。

Aベストアンサー

あなたの身内がどんな精神障害かは解らないですが薬で症状が和らぎ普通に生活できる人もいます。
理解あるパートナーが本人の調子の悪い時に100%面倒(家事、子育てなど)を見てくれるならまだ良いですがなかなかそういう訳にもいかないのが結婚生活だと思います。
そんな状況下で育てられたこどもは不安ですよね

2級ともなると年金が支給されるほどのかなりの重度なので一人では生活できない程度です。
自己の判断もできない状況が多々あると思われます。
そんな人が子育てはちょっと無理かな、子育てが出来るなら仕事もできるんじゃない?と思うのは当然ですよね。
私もそんな状況で子育てには賛成できません

ですががやはり決めるのは本人です
あなた自身がいろいろと調べた結果それを踏まえてアドバイスするのは良いでしょうがそこまでにしておいた方が良いのかもしれません。
強要すると症状が悪化するかもしれないのでなるべくその方の両親を通した方が良いかもしれない。

Q就労継続支援A型で働き続けると、年金は下がりますか?また、手帳の等級は落ちますか?分裂感情障害で、主

就労継続支援A型で働き続けると、年金は下がりますか?また、手帳の等級は落ちますか?分裂感情障害で、主治医の意見書に一般就労可能と無理に書いてもらいました。明日からA型作業所に行きます。一般は、何百回とトライしたのですが無理でした。B型作業所を卒業して、最終的には一般就労につかないといけないと言われてそう答えてしまいました。無理があります。どうすればいいか、わかりません。たとえ、等級が三級に落ちたとしても年金も下がるのは仕方ないですがどうしてよいかわかりません。

Aベストアンサー

就労継続支援A型はそもそも雇用契約を結んで利用することが原則で、雇用保険や社会保険の対象にもなっていますから、一般就労に限りなく近いとも言えるんですよ。
また、一般就労ではないので労働に制約が付いている状態ではありますけれども、労働そのものが不可能な状態ではありませんし、B型とくらべると明らかにより労働が可能な状態であると判断されますので、障害年金や障害者手帳の等級は、当然、いまよりも下がることがありえます。

A型はともかく一般就労は無理だ、とご自分では感じているのに、無理に「一般就労可能」と書いてもらったのですよね。
確かに、B型 ⇒ A型 ⇒ 一般就労 と いう流れを前提として就労継続支援が行なわれているので、いずれは、一般就労をめざすほかありません。
しかし、現実には、あなたはまだ一般就労をめざせるような状態ではないわけですよね。
ですから、いますぐにA型や一般就労をめざさなければならない、ということはなかったのです。
いつか行けるようなときがきたらA型や一般就労へ、というだけでよいのに、あなたは卒業・一般就労ということを真に受け過ぎて、無理にでも「一般就労可能」と書いてもらわないとだめだ、と思い込んでしまったのだと思います。

とは言っても、意見書に「一般就労可能」と書いてもらった以上、たいへん申し訳ない言い方になってしまいますけれども、あなたがお願いして書いてもらったわけでもありますし、自分がやってしまったことには責任を持っていただくしかないですよ。たとえ障害があってもです。
障害に甘えるようなことはなさらないで下さい(甘えてはいらっしゃらない、と思ってますけれどもね。)。

就労継続支援A型はそもそも雇用契約を結んで利用することが原則で、雇用保険や社会保険の対象にもなっていますから、一般就労に限りなく近いとも言えるんですよ。
また、一般就労ではないので労働に制約が付いている状態ではありますけれども、労働そのものが不可能な状態ではありませんし、B型とくらべると明らかにより労働が可能な状態であると判断されますので、障害年金や障害者手帳の等級は、当然、いまよりも下がることがありえます。

A型はともかく一般就労は無理だ、とご自分では感じているのに、無理...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング