今だけ人気マンガ100円♪夏の100円レンタル祭り♪

ブラザーのDCP-J968Nのプリンターを使っていますが、もうすぐインクが無くなりそうです。
そのためにインクを購入しようと思うのですが、純正品のインクか互換性のインク購入どちらにするかで迷っています。

互換性インクは、純正品インクより安くて魅力的ですが、プリンター壊れやすいとか色々デメリット聞きます。

別に写真とか印刷しないので互換性インクでもいいのかと思うのですが、プリンター万が一壊れたら困るので迷っています。

皆さんは、純正品インクと互換性インクどちらを使っていますか?

また互換性インク購入するなら、どこのメーカーのを買うのがいいですか?

やはりカートリッジ再利用でICチップついてて、インクも黒など顔料インクとか使ってるメーカーの買うべきでしょうか?

皆さんどのようにされてて、互換性インク使ってもプリンターに影響でてないかとか、教えていただけないでしょうか?

よろしくお願いします。

質問者からの補足コメント

  • そうですよね。
    言われるように、純正品使ってないと、壊れた時の保証とか受けられないとかのデメリットもあるので、悩んでいます。

    No.1の回答に寄せられた補足コメントです。 補足日時:2017/12/26 18:33

A 回答 (12件中1~10件)

こんばんは



非純正はオススメしないですね、
周りでプリンター故障の原因の半分以上が互換インクが固まったことなので。。。
詰め替えであっても、カートリッジ再利用であってもインクの質に左右されてしまうので
どれも大差が無いです。
どうしても非純正が良いならインクの質が良い物を探し当てるしか無いと思います。

ただ頻繁に印刷するなら非純正でも大抵は大丈夫です。
ブラザーはわかりませんが、エプソンのカラリオの場合、純正インクでしたら1年未使用でも詰まらず使えます。
非純正の場合半年せずに完全に固まってしまう場合が多かったです。
どんなに遅くても3ヶ月以内には使い切った方が良いですね。
ということでそこそこの頻度で使うなら非純正もありです。

今回は関係が無いですが、そもそもの発色がかなり悪い場合が多いのと
純正インクだと10年後でも色あせないところ、非純正は半年で日焼けするなど写真やイラストには極めて向かないですね。

買い替えるときがあればカラリオのエコタンクが使える奴などの純正インクが安い物を買うと良いと思います。

参考になれば
    • good
    • 0

互換インクはその会社が持っているインクを


同じようなインクカートリッジを作って入れています。
それだけです。
すなわち、プリンターにそれを付けて使えるのかはテストしていません。
このことを話すとそんなことはないという人は多いですが、実際数枚しか印刷できなくなって
壊れることはあります。

カートリッジに小さい穴をあけてその穴にスポイトで注入して印刷するタイプの互換インクもあります。
これにしてもメーカーでテストしていません。

互換インクを使うなら自己責任で・・・。
    • good
    • 0

自分は100均のインク(ダイソーにブラザー用が売られている)をカートリッジに補充(しかもカートリッジそのものに穴をあける方法 説明書の方法より確実です)しています。

しかし それを他人に勧めようとはしません。
技能がないやつが互換インクやインク補充をやってトラブったら解決できません。なので私は他人にもやれとは言いません。

あなたの場合も 手先が器用 とか 原理が判っている とかじゃないなら 純正品を使った方がいいです。
技能の無いやつは金を払えばいいのです。

(私はキャノンのBJC-250を1998年から2015年までインク補充で使ってきました。ついにモータ回路が壊れて修理不能で処分しましたがそれまでは問題なく使えていました。)
    • good
    • 1

個人的には、互換インクの詰め替えをずっと愛用していますが、故障は1度もないですよ。



プリンターのインク、”互換詰め替え用インクボトル” や、”格安インクカートリッジ” という
すでにインクが充填されてあるものがカートリッジになっているタイプが売られています。

この場合、インクの成分が分子サイズなどでそもそもプリンターに合わない染め物用などの
染料インクなどが入っているものがあり、それらを使用しますと故障することがあります。

■参考資料:インクカートリッジの詰め替えインクってどうなの?
https://matome.naver.jp/odai/2144662676175700801

私の場合は、とある仕事で印刷する枚数の量が多かったので、「詰め替え用ボトルを詰め替える
のが良いよ」と人に教えてもらい、基本はずっと愛用している感じになります。

1度に100枚超えるとかの場合は、レーザープリンターを新品で買い、印刷終わったら中古で
ヤフオクで売ったりしますが、普段はブラザーの複合プリンター使っていますが、全然壊れない
感じで長く使用できています。

カラフルなインクを使うケースでは、最高画質モードでじっくり時間をかけて丁寧になる
印刷で仕事先などほかの人に配布したりしますが、印刷はコクヨのインクジェット対応の用紙
の少し厚みのあるものを使っています。

人は、何か印刷されたものをもらった際に、紙の材質と、インクが綺麗か? という部分で
雑か 丁寧か という区別をしていたりします。

>純正品使ってないと、壊れた時の保証とか受けられないとかのデメリットもある

たしかに壊れたらそうなのかもしれませんが、プリンターって長期保証に入っている人も
少なくないみたいです。

私の場合は、ネットで買い、ごく普通の1年メーカー保証ですが、壊れないので保証はあまり
関係ない感じです。

インクジェットプリンターの故障とかって、そもそも多いのは、カスれなどのインク詰まりが
主流ですが、私の場合ファックスタイプです。

ファックスタイプはファックスを受信しなくても、勝手にインクを吐き出し、性能を維持します
ので、純正インクでも、非純正の互換インクでまともな品質でも、どちらでも詰まらない感じ
です。

家庭用のインクジェットプリンターとかって、毎日使用しないので、ある時に使おうとすると
「あれれ、インク詰まっている」となり、クリーニングボタンを押すと物理的に詰まって
いるとノズルに高圧がかかり、破損するしくみです。

ファックスタイプは、半年とか1枚も受信で印刷しなくて、かつPCでも印刷しなかった場合でも
ある日急に印刷したい時に普通に印刷できる感じがあります。

ファックスタイプではない場合、電源ボタンをオフにするとキャップが自動で乾燥塞ぐという
構造のプリンターも販売されています。
    • good
    • 1

こうしたインク問題の質問には何度かお答えしていますが、どこのメーカー製も純正インクが高過ぎること問題なのです。

そのことが気にならないのであれば、純正品でもいいのですが、購入金額対比で見ても4~6色1セット5000円位のものが、互換性インクだと1セット(6色)200円程度でAmzonで自宅配達で購入中な訳で、純正を数回購入すればその差額でプリンターの新品が購入出来ます。その様なことで、小生は互換性インク万歳です。その昔1年以内で故障して無料修理をして貰いましたが、以来、本体も新品でも保障期間外に壊れたら修理などしないで即、粗大ゴミ行です。大概この時スペアインク(互換性)が数セット余っているので、ネット通販でインクが継続利用できる類似の中古品(5000円以下)を手に入れて使用中です。
 たまにしか印刷をしないものにとってはインクジェット機は目詰りの連続で、都度インク交換を余儀なくさせられで出費がかさむ、欠陥商品のさまを現すだけです。その様ことで小生は互換性インクを使い続けています。今まで E社プリンター(3種類、粗大ごみ3台)を使って現在は1台使用中ですが、最近両面印刷機が欲しくて探していたら、C社の旧製品を処分価格で販売していたので、この夏 8年ぶりに新品を購入し、スペアインクは即刻互換性を手に入れて使用中です。
 他にもトナー式プリンターも2台目を使用中ですが、無論2台目は中古品を4千円程度で手に入れ(新品対比1/10以下)、これの白黒のトナーの純正品を購入すると2万円程度、最近では互換性が2000円程度(以前は1万円~4千円など)で手に入ります。これも数回互換性を使えば差額で中古品や新品の本体が購入出来ます。消耗材は経済性を無視する訳に行かず、安価に手に入ることが一番です。 参考までに小生の使用累計ではインクジエット印刷ではA4換算で1枚3円以下、トナー印刷も同様レベルです。
    • good
    • 1

私は、純正インクと非純正インクって、色が全く違いますから、純正インク。


非純正インクって、色の違いだけでなく、ヘッド詰まりが多かったりしますから探すのも面倒になってくるので

互換インクって、単純に非純正インクの言い方を言い聞こえにしたものにしか思っておりませんから。
個人的には、互換品ってものは、100%の互換性があるものであり、性能も全く同等のものを得られるのを、互換品と思っているので。

メーカー保証は、1年間ありますから、その保証期間が過ぎると、保証はありませんので、そのときに非純正インクを使う人は多いですね。
私は、メーカー保証期間が過ぎても、純正インクですけどね。色違いとかで

あと、純正インクと非純正インクだと、色だけでなく、インクの消耗の違いとかもあるようですから。
純正インクよりも大容量をうたっていたりしながら、消耗が激しいとか、長期間印刷しないで保存しているとインクが蒸発している場合もあるとかね。
場合によっては、一番コストパフォーマンスがよいのが、純正インクってこともありえますので。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとう

色々回答もらってみて、やはりなるべく長くプリンター使いたいので、純正インク購入する方向で今は考えてます。

詳しく教えてくださってありがとうございました。

お礼日時:2017/12/26 23:17

メーカー保証があるうちは純正品、保証が切れたらサードパーティー製


(いわゆる互換品)でしょうか?。

私はバーゲン品か中古(A3用は高いのよ)プリンタを使ってます。本体
の修理は念頭に置かず互換インクで済ませてます(消耗品と割り切ってる)。

使用しなくても適度にスイッチON!(週イチくらいね)や市販のノズル
クリーナを使用してるせいか、互換品でもプリンタは快調ですね。

まー、保証期間が切れても修理して使う気があるなら互換品は勧めません
けれど。
    • good
    • 0

まぁ、自分で判断できなきゃ純正インクでしょう。


一度、詰め替えインクを使って、A3ノビ機をオシャカにした経験から、安物買の銭失いとは、この事かと学習しました。

以降は、サードパーティー製には見向きもしません。
当方、使え使うなと言う権利はありません。御自身でご判断下さい。
    • good
    • 1

純正インクしか使いませんね。


互換インクと言うのは存在しません。
プリンターメーカーが正式に認めて居ない限り互換とは言えませんからね。
再生インクと言った方が良いでしょうね。
純正との違いはインクその物が違いますし、各メーカー事にインクを作るコストと言う物も有るので一つのインクが各社用のタンクに
充填されてる訳です。
ですので粘性も違うし発色も違うし粒子のサイズも違う。
ヘッドの調整も純正に合わせてありますから、当然違う物を使うのでヘッド詰まりもしやすい。
純正外インクでの故障はプリンターの保証期間内でもメーカーは受け付けなかったり受け付けたとしても修理費用は高くなります。
純正を使うか純正外を使うかは御自分で決めて下さい。
万が一それによって故障が生じても自己責任の域に入るでしょうが。
    • good
    • 1

使用頻度が高いなら互換インクで大丈夫。


たまにしか使わないなら純正の方が安心。
純正タンク再利用のエコリカなんかは少し高いけど良いですよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとう

使う頻度によって、どちらにするか決めるのもありなんですね。
エコリカ覚えておきます。
教えて下さったの参考にして、どちら購入するか決めてみます。
ありがとうございます。

お礼日時:2017/12/26 18:28

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング