素朴な疑問なのですが、
人間は食事を摂らずに何日間生き続けることが出来るのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

環境にもよると思いますが、水だけで何日生きられるか自分で試した人がいました(TVで見た)。


その人は1ヶ月間は大丈夫だという事を証明しております。意外な数字です。
でも、その後の健康は保証できないと思いますよ。飢餓状態になると人間の体はタンパク質をまず消費するらしいですから筋肉が減ります。(筋肉細胞が細くなるという表現が正しいかも)
あと、肥満の人が有利。脂肪を消費してエネルギーに変換するという意味で。
水無しという意味での質問なら分かりません。何もしなければ1週間くらいじゃないでしょうか。生き埋めになった人のニュースを見れば2週間くらい生きていた人もいますが・・・。

この回答への補足

ご回答ありがとうございます。
水だけで1ヶ月も生きられるとは驚きです。
(実証した人は無事回復したのでしょうか・・・)
ところで、
いただいた回答にも触れられていますが、
水もない場合の事例(実験、研究結果等)についても
ご存じの方がいらっしゃいましたらご教授下さい。

補足日時:2001/07/09 17:45
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。

質問を出した後もいろいろと文献をあたり、その結果「医科学大事典10」(講談社、1982)によると、水なしなら成人で1~2週間、新生児で3~5日、水だけで30~40日といわれていることがわかりました。
(p46「飢餓死」の項を参考にしました)

お礼日時:2001/07/11 19:30

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q「ハンニバル」を見て思った素朴?な疑問

先日映画「ハンニバル」を見たんですが、その中でレクター博士が人の頭を小物入れの蓋みたいにパックリきってしまって、脳が見えているんですがその人は普通に会話をしていました。そこで思ったんですが実際そんな事ってできるんですか??説明がわかりにくくてごめんなさい。

Aベストアンサー

実際できます(かなり昔から)。

例えば「てんかん」という病気の手術前には、頭蓋骨パックリ、むきだし状態の脳に電極を付け、医者からの質問に応えながら、脳の働きをチェックしていくんです。

さらに脳は痛みを感じませんから、フォークとナイフで切り取っても大丈夫なのかも知れません。

Q二度のマンモ診断の枚数と点数が合わずに疑問です。

ある市立病院でマンモグラフィを二度受けましたが、二度とも撮った枚数は明らかに違うのに、二度共「画像診断」の点数が同じなのです。

一度目は左右を2枚づつ撮り(4枚)632点でした。
二度目は左1回、右2回(3枚)でした。しかし、二度目のときは片方だけでよい(ダミーというのだそうですが)という医師の指示をレントゲン技師は間違えたのか、まず右を撮ったあとにそれに気がつきいたようで、技師は医師に確認しに行きましたが、やはり左だけという指示でした。

しかし点数は左右撮ったときと同じなのです。

4枚撮ったはずの1回目と点数が同じということは、ミスの分も請求されているということですが、これは返還していだけるのでしょうか?
レントゲン技師は撮影していないと言っています。これについても疑問なのです。

Aベストアンサー

素人ですが……

乳房撮影は、枚数に関係なく、「一連」で算定されます。
また、市立病院ならば、デジタル処理でしょう。
ご参考に
http://shirobon.net/24/ika_2_4

写真診断 306点
撮影 202点
デジタル処理 54点
合計 562点

質問者様の632点に対して、70点違うのですが、
この違いは、わかりません。

Q医者の判断、治療に疑問を感じた時(患者は生きている)

このような場合、常識的に考えて一番先に考えなければならないのは「よりベターだと思われる医師の診察・診断に基づいての治療を一刻も早く受けさせる」ということだと思っていたのですが、こちらの経験豊富な方々の見解は違うようです。同じひとの親として自分の感覚を常識と信じていただけに大変ショックでした。やっぱり患者が生きていても第三者へ相談する、医療過誤の相談や医療事故の相談窓口へ行くことが今の世の中の常識なんでしょうか?だとしたら常識の変革の激しさには驚くばかりです。

皆さんの常識でもそうですか?

Aベストアンサー

 随分と前の話になりますが、私の子供が、高熱が続いたことがあります。勿論、その間黙って見ていたわけではなくて、いつも通っている近所の小児科に連れて行っておりましたが、その小児科医の言うことは、決まって「薬を換えてみたので、2~3日様子を見てみましょう。」でした。

 しかし、薬を変更しても熱は引かず、私どもは「肺炎ではないか?」と疑いを持ち、小児科医にもその旨申し添えてみましたが、「肺炎でも特に心配することはありませんよ。」の一言で終わってしまいました。

 夫婦で危機感を抱き、転院すべきかどうかを話し合いましたが、何しろそこはいつも世話になる小児科。「転院した」=「その医者の診察結果に疑問を持った」=「医者を信頼していない」と思われたら、今後は何かと面倒になるかもしれない。
 他の病院に行ったことがその小児科医に判ることはないのでしょうが、学会などで顔見知りの医師仲間同士、何かの折りに話題になって伝わるやもしれません。そう思ったら、余所の病院ということは気が進みませんでした。

 さらに言えば、転院先の医師が必ずしもベター(的確な診断・治療ができる医師であるのか、等)なのかどうか、素人の私どもには判断がつきません。
 「転院して、薬もらって『様子を見ましょう』では、今までと同じでは??」という疑念も、別の病院で診察を受けることを躊躇わせました。

 最終的に転院して肺炎であることが判り、1週間ほど入院して治りましたが。

 以上は、私の場合ですが、もしかしたら、皆さん似たようなお考えなのかもしれません。その点、医療過誤や医療事故の相談窓口に行けば、「同じような症状の人が、○○と診断されたけれども、実は△△だった。」という情報があるかもしれない。その情報と照らし合わせれば、患者の本当の病名が判るかもしれない。誤診だという確信が持てれば、そのときは、誤診した医師に対し、安心して三行半を叩きつけることができる。

 とどのつまり、「他の医師に診療してもらう」ということは頭の中では理解しているんですが、「医師を不機嫌にさせては、特に自分たちの思い込みだった場合、今後治療してもらうときにも拙いのではないか」という気持ちが足枷になっており、そのために「まずは客観的に判断できる情報に照らし合わせてから」ということになっているのではないかと思います。

 随分と前の話になりますが、私の子供が、高熱が続いたことがあります。勿論、その間黙って見ていたわけではなくて、いつも通っている近所の小児科に連れて行っておりましたが、その小児科医の言うことは、決まって「薬を換えてみたので、2~3日様子を見てみましょう。」でした。

 しかし、薬を変更しても熱は引かず、私どもは「肺炎ではないか?」と疑いを持ち、小児科医にもその旨申し添えてみましたが、「肺炎でも特に心配することはありませんよ。」の一言で終わってしまいました。

 夫婦で危機感...続きを読む

Q人間の脊椎と椎間板はカルシウムで出来てるの?

骨粗しょう症の人はカルシウムとビタミンDを摂取するといいそうですが・・・。
背骨の具合が悪い私は安易に背骨の成分を摂取すれば
少しは良い影響があるかな?なんて考えてしまいます。
(1)人間の脊椎と椎間板はどんな成分で出来ているのでしょうか?
(2)脊椎が硬い背骨で椎間板がその背骨の間のクッションの役割をする軟骨という考え方で間違いは無いでしょうか?

Aベストアンサー

こんにちは。
1については、燐酸カルシウムの他にコラーゲンというタンパク質、コンドロイチン硫酸、ヒアルロン酸などが沢山含まれています。

これらは食品としては、ゼラチンや魚の、にこごり、フォンドボーなど豚足など、軟骨の料理などに沢山入っています。
これらを摂取する事はちゃんと意味を持ちます。
また、近頃サプリで有名なグルコサミンはこれらの原料です。

2、はそのとおりです。

Q『クローン人間』って『人間』なんですか???

『クローン人間』って『人間』なんですか???

『人権』って適用されるんでしょうか???

生まれて来た『クローン人間』って国籍や戸籍・住民票・相続…どうなるんですか???


ダレが育てるんでしょうか???
育てる人は『情』はどうなるんでしょうか???

『親』は元々、クローンの『元』になった人の親が『親』とされるんでしょうか???

『クローン人間』は必要なんでしょうか???

Aベストアンサー

こんにちは。
大学で法律を勉強しているnyahaです。
この問題について、僕も興味があり、自分なりの見解を答えることにします。
以下の回答は僕の考え方であり、間違いもあると思いますので、鵜呑みはしないで下さい。

結論から言えば、僕は現在の法制度の下では、クローン人間は人間であるが、人間として扱うには問題がある、という風に考えます。

この問題を考えるうえで大事なことは、まず、「人間」の定義だと思います。
そこで、従来の法律の枠組みの中で考えてみると、人と胎児の区別は、
刑法では母体から胎児の体が一部でも露出した時、
民法では母体から胎児の体が完全に露出した時、と考えます。
すると、クローン人間も母体から摘出する以上、法律学的に人間であるといえそうです。
実際に、我々と同じ形をした生き物を人間と呼べないだなんて、
法律的に考えなくても、ちょっとは抵抗があるのではないでしょうか。

では、クローン人間を普通の人間と同様に扱っていいのでしょうか。
法律による人の扱いの前提には、「男女が性交を通じて」という前提があるような気がします。
つまり、以上の人と胎児を分ける議論は、男女の性交を通して生まれてきたとき、
というのが前提にあるような気がします。
原則的として、性交を通じて初めて父と母がこの世に存在するのですから(代理母などは除く)。
子供が生まれたとき、父と母が存在しているを前提に、色々な場合を想定して、
法律で相続などについて規定していると思うのです。
現に、民法上の相続の規定でも、それが前提になっていると思うのです。
そうであるとすれば、現段階の法律では、クローン人間を扱うのに適したものとはいえないはずです。
当たり前ですが、日本の法律立法者が法律を制定する際、クローン人間について考えていなかったのです。
ですから、クローン人間は日本の法律の枠組みを明らかに越えた存在であると思うのです。
そうであるとすれば、日本の法律を適用することができませんので、
普通の人間と同様に扱うのは、問題があると思います。
ですから、クローン人間をどう法律で扱うかは、法制度の整備を待つしかないでしょう。

クローン人間は必要かどうかとなると、難しいですね。
結論から言えば、僕は必要ない気がします。
クローン人間ができて利益を得ることもあれば、利益を失うこともあります。
そして、クローン人間ができたために得る利益と、それと同時に失う利益を天秤にかけると、
失う利益のほうが大きい感じがします。
失う利益とは、社会秩序です。
僕の考え方でいけば、現在の法律では絶対に間に合わない問題なのですから。
そうであれば、僕はクローン人間は必要かといわれれば、必要だとは断言できません。

こんにちは。
大学で法律を勉強しているnyahaです。
この問題について、僕も興味があり、自分なりの見解を答えることにします。
以下の回答は僕の考え方であり、間違いもあると思いますので、鵜呑みはしないで下さい。

結論から言えば、僕は現在の法制度の下では、クローン人間は人間であるが、人間として扱うには問題がある、という風に考えます。

この問題を考えるうえで大事なことは、まず、「人間」の定義だと思います。
そこで、従来の法律の枠組みの中で考えてみると、人と胎児の区別は、
刑法で...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報