ちょっと難しいジャンルですが、
「神」や「世界の成り立ち」について科学的に
論じていく小説でお勧めはありませんでしょうか?
「リング・らせん・ループ」(鈴木光司)(実はそういう話なんですよ)
「Brain Valley」(瀬名秀明)
「神は沈黙せず」(山本弘)
既存の言い方をすれば、ジャンルはホラーかSFになってきますが。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

科学的じゃ無いかもしれませんが「神狩り」(山田正紀)


「百億の昼と千億の夜」(光瀬龍)「果しなき流れの果に」(小松左京)などは如何でしょうか?
    • good
    • 0

 キリスト教的な思想が中心になりますが、フィリップ・K・ディックによるSF「聖なる侵入:創元SF文庫」が参考になるかもしれません。


 ただ、この作品は、(直接的なストーリーのつながりはありませんが)前編に当たる「ヴァリス:創元SF文庫」という作品を読まないと意味が判り辛いと思います。
 両作品ともかなり読みにくい(というより、ヴァリスに関しては作者が正気か疑わしい 笑)ですが、形而上学的なものを扱った小説としては中々面白いと思います。(もし、質問の意図とずれた作品でしたら申し訳ありません)

「ヴァリス」あらすじ
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4488696 …

「聖なる侵入」あらすじ
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4488696 …
<一見Z級かつ意味不明な印象を受けますが、思ったより内容はまともです。思ったよりは、ですが 笑)
 
    • good
    • 0
この回答へのお礼

むむ、これはかなり問題作のようですね。なんだか夢野久作のドグラマグラを思い出してしまいました。今度探してみます。ありがとうございました。

お礼日時:2004/09/27 20:49

こんにちは。


「神」や「世界の成り立ち」に関連した小説で、知っている分を上げさせて頂きます。

「竜の柩」(高橋克彦)
竜の起源を追う話なのですが、それに関連して神という存在の伝播、その行動論理等が描かれた伝奇SFです。

「幻想機械」(山田正紀)
日本人は何故赤い鳥居を美しいと思うのか。そういった切り口から、神や人の脳の構造について語るSFです。

お二人とも神や世界構造についてのSFを多く書かれている作家なので、ハマれば沢山のそういった類の小説を読む事が出来ると思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

へえ~、あるものですねぇ。ちょっと聞いただけで俄然興味が出てきました。今度本屋で探します。ありがとうございます。

お礼日時:2004/09/26 21:34

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qハクチョウソウは白鳥?白蝶?

ガウラの和名を「ハクチョウソウ」と表記しますが
「白鳥草」だと思っていましたら
「白蝶草」としている雑誌がありまして混乱しています
スワンの白鳥かバタフライの白蝶か
命名者の意図はどちらでしょう?

ちなみに白蝶だとふつうシロチョウとよむお約束では?
集蝶花とか、クレオメの和名フウチョウソウ(風蝶草)などから
ちょうには蝶をあてるのが一般的なのでしょうか?

Aベストアンサー

「白蝶草」のようです。

参考URL:http://www.kyoto-np.co.jp/kp/koto/sanyaso/san70.html

Q日本神話・天津神・国津神

お心当たりがある方ぜひご回答お願いいたします。

学生なのですが、最近ふとしたことから日本の神様について興味を持ちました。
今まで日本史(戦国~江戸幕府開幕)は好きで個人で本を読んだりということはしていたのですが、神話になると予備知識がほぼまったくと言っていいほどありません。
きっかけは『少年陰陽師』という角川ビーンズ文庫発刊の小説です。
そのため、その小説に名前が登場した神様のお名前、祀られている場所…ぐらいしか今現在はわかりません。

できればこれをきっかけに少し日本神話、天津神、国津神などについて知りたい、と思うのですが
なにかおすすめのサイト様、文献などをご存知でしたら教えていただきたいです。
もちろん大いに『個人的』にこれがオススメ、などの主観が入っているもので構いません。
参考までに『初心者に読みやすい』のか、『バックグラウンドが入ってる人向け詳しい』のかも一緒に教えていただけると嬉しいです。

最後までお読みいただきありがとうございました。
どうぞよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

もげやま日本神話
http://mogeyama.client.jp/jp.htm
★ネットで読める漫画日本神話

太葉と三花月 Laboratory(神話研究室) Myth
http://woodland.rakurakuhp.net/i_235979.htm
★イラスト入り漫画日本神話

ffortune.net
出雲・神無月特集
http://www.ffortune.net/calen/izumo/index.htm
★まずはここで準備体操を

日本の神話 古事記
http://www15.plala.or.jp/kojiki/
★初心者向け

総合心理相談ES DISCOVERY
『古事記』『日本書紀』の日本神話
http://www5f.biglobe.ne.jp/~mind/vision/es003/japanese_myths.html

神奈備
http://kamnavi.jp/

『神々の国しまね~古事記1300 年~スペシャルサイト』
http://www.shimane-shinwa.jp/

【ピクシブ百科事典】日本神話 (にほんしんわ)
http://dic.pixiv.net/a/%E6%97%A5%E6%9C%AC%E7%A5%9E%E8%A9%B1

願えば叶う 餅鯛稲荷大明神
http://ooinarien.web.fc2.com/inariy-site/index.html

日本書紀を読んで古事記神話を笑う <初版>
http://www3.point.ne.jp/~ama/old/index.html
★興味深い解説・考察
神功紀を読み解く・・・神功皇后のごり押しクーデター
http://www3.point.ne.jp/~ama/shinkoki/

日本神話の御殿
http://j-myth.info/
★かなり専門的な内容

なぞなぞ古事記 上
http://www1.cts.ne.jp/~nakoziki/index.html
★学術論文集だそうです

新古代学の扉
http://www.furutasigaku.jp/jfuruta/jfuruta.html
★古田武彦先生のお弟子さんたちのサイトのようです

もげやま日本神話
http://mogeyama.client.jp/jp.htm
★ネットで読める漫画日本神話

太葉と三花月 Laboratory(神話研究室) Myth
http://woodland.rakurakuhp.net/i_235979.htm
★イラスト入り漫画日本神話

ffortune.net
出雲・神無月特集
http://www.ffortune.net/calen/izumo/index.htm
★まずはここで準備体操を

日本の神話 古事記
http://www15.plala.or.jp/kojiki/
★初心者向け

総合心理相談ES DISCOVERY
『古事記』『日本書紀』の日本神話
http://www5f.biglobe.ne.jp/~mind/vision/es003/japanese_myt...続きを読む

Q蝶のモチーフ・蝶柄探してます!

蝶モチーフ・蝶柄が大好きです!蝶モチーフのアクセサリー。蝶柄の布・服・パジャマなどなどインターネットで買えるお店を教えて下さい!

Aベストアンサー

ちょっとネットサーフィンしてたら可愛らしいネットショップ発見しました(^^)
●手作りアクセサリーのお店「ミニチュアガーデン」
アンティーク風手作りアクセの店なのですが、此処のチョーカー2のC-19の蝶のチョーカーとかピアスの3の所にも蝶のピアスとかあってしかもおそろいの商品まである♪可愛いからお勧め☆(*^^)
値段が少々高めだけれど手作りで世の中にそれほど出回っていない面で考えればお買い得品かも☆
他の商品も可愛らしいよ♪

参考URL:http://homepage1.nifty.com/minigar/

Q「らせん」について(ややネタバレ)

こんにちは。
いまさらですが「らせん」にはまっています。
「リング」を読んで面白かったので、続いて「らせん」を読んでいるのですが、その中に出てくる死んだ人を生き返らせる方法、みたいのがありますが、あれは本当に可能なことなのでしょうか?
受精卵の核をDNA情報から得た核と入れ替えるというような方法だったと思います。
そして1週間で出産してまた1週間で死んだ状態まで成長する。なおかつ記憶もDNAに情報として残っていて、生前の記憶を持っている。(この辺が一番不思議です)
ようはクローンみたいな感じなのでしょうか?
小説の中ではその方法だったら恐竜もよみがえらせることが出来るとかいてあったのですが、やはりあれは作り話で実際には実現できないことなのでしょうか?
でも、ジュラシックパークとかも同じような話だった気がします。
それならば、なぜそれをしないのだろう・・・。と思いました。(倫理的な問題で表に出てきていないだけ?)
なんだか子供のような疑問ですが、「リング」とかは読んでいてまだ理解できていたのですが、あそこだけやたらと話が突飛過ぎる気がします。
それとも、わたしの知識が全然足りないからそう思うのでしょうか?
もし、分かる方がいたらぜひ教えてください。

こんにちは。
いまさらですが「らせん」にはまっています。
「リング」を読んで面白かったので、続いて「らせん」を読んでいるのですが、その中に出てくる死んだ人を生き返らせる方法、みたいのがありますが、あれは本当に可能なことなのでしょうか?
受精卵の核をDNA情報から得た核と入れ替えるというような方法だったと思います。
そして1週間で出産してまた1週間で死んだ状態まで成長する。なおかつ記憶もDNAに情報として残っていて、生前の記憶を持っている。(この辺が一番不思議です)
ようはク...続きを読む

Aベストアンサー

記憶はDNAの中に残らないので、無理です。
ただのクローンしか作れません。
死んだ人間を生き返らせるためには生前にその人間の量子状態を読み取っておいて、死後にそれを完璧に再現する必要があります。
そうすれば、読み取り時点の本人を再現できます。
あるいは将来的に記憶の読み出し書き込み技術ができればクローンを使った復活も可能になるかもしれません。どちらにせよ、DNAにすべての記憶情報が保存されているというのは現時点での知見から考えると、ちょっとあり得ないと思います。

Q7匹の蝶を………

こんにちは。
今、蝶集めのイベントでつまってます。
最初の蝶は全く解りません。
2回目の蝶は捕まえられない蝶(イベントが発生しない蝶)がいたり、7匹集めて宝箱は出現するのですが取れません。
あれは必ずしも青い蝶だけを集めるんでしょうか?
また、スフィアのイベントをクリアしたらタイムリミットが5秒少なくなり、カウンタが赤くなりました。
解りにくい質問で申し訳ございませんが、宝箱を取る方法と、蝶イベントの回数を教えて下さい。
お願いいたします。

Aベストアンサー

下記のHPで地図付きで説明してあります。

参考URL:http://www6.ocn.ne.jp/~una/ff10/minigame.htm

Q星座やその成り立ちが理解できる本

こんにちは。
私はデジタル一眼レフでの写真撮影を趣味としているのですが、中でも星座や月などが映る
星景写真を撮るのが好きです。

星座を撮るのはいいんですが、どれがどの星座でどの季節に見えるのかなどが基本的な物しかわかりません。
(オリオン、カシオペア、おおぐま、さそり等)

そこで、星座がどういう名前のものでどういう形をしているのかを知りたいんですが、
星座やその成り立ちについて(ギリシャ神話など)分かりやすく紹介されている書籍は御存知ありませんか?

書店で見たところ、ギリシャ神話のちょっと堅めな内容(登場人物の系譜など)だったり、
小学生向けの科学本しか見つかりませんでした。

前星座を網羅しているようなものではなく、季節の代表的な星座とその形や成り立ち、
それに付随した関連する星座などが紹介されていれば私にとっては十分です。

本の形式は、図や写真が付いている方が分かりやすいかとは思いますが、
質問内容の事柄が理解できて分かりやすいものならば文庫でも何でも構いません。

よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

星座の事典
http://www.amazon.co.jp/%E6%98%9F%E5%BA%A7%E3%81%AE%E4%BA%8B%E5%85%B8-%E6%B2%BC%E6%BE%A4-%E8%8C%82%E7%BE%8E-%E8%84%87%E5%B1%8B-%E5%A5%88%E3%80%85%E4%BB%A3/dp/4816343644/ref=sr_1_1?ie=UTF8&qid=1303981860&sr=8-1
星座の成り立ちや、ギリシャ神話も紹介されているわかりやすい本です。

Q【蝶と日本史と生物学】蝶(ちょう)について質問です。 質問1: 蝶はいつ飛んでいますか? 秋ですか?

【蝶と日本史と生物学】蝶(ちょう)について質問です。

質問1:
蝶はいつ飛んでいますか?
秋ですか?春ですか?

質問2:
日本の歴史で蝶を家紋にしている家が3家ほどあった気がしますが、あの蝶の家紋に使われている蝶はなに蝶か分かりますか?


以上、2点の質問です。

Aベストアンサー

1.春から秋にかけて様々な蝶が飛び回ります。
2.知識がありませんが、これらの画像はアゲハチョウの類(キアゲハ、ナミアゲハなど)をデザイン化したように思います。
http://www.harimaya.com/kamon/column/tyou.html

Q『沈黙』 踏み絵

遠藤周作の小説、『沈黙』について質問です。
踏み絵の場面のことで僕が思いあたるのは
ロドリゴが信徒に踏み絵を「踏め」と叫ぶ場面。
キチジローは自分だけ踏み絵を踏み彼の家族はそれを踏まずに殺された場面。
フェリイラが踏み絵を踏んだ事実。
ロドリゴが踏む場面です。
この小説のなかで踏み絵の場面は他にありますか?
お願いします。

Aベストアンサー

うろ覚えですが。

・モキチとイチゾウが踏まず、キチジローが踏んだ場面
・片目の男が踏まず、役人に切られた場面

踏み絵については作品を通して語られていると思いますが、
直接踏むかどうか書いているのはこれくらいだったと思います。

Q【生物学・蝶】蝶のシジミ科?は羽根が貝のシジミに似ているから◯◯シジミって言うと教えて貰いましたが、

【生物学・蝶】蝶のシジミ科?は羽根が貝のシジミに似ているから◯◯シジミって言うと教えて貰いましたが、

では、◯◯セセリ科?は羽根が鳥のセセリの形に似ているからセセリって言うんですか?

質問1:
セセリってなんでセセリって言うのか教えてください。


質問2:
あと蝶はアゲハチョウ、シロチョウ、シジミチョウ、タテハチョウ、セセリチョウの5種類の科が存在している?

質問3:
迷蝶の迷って日本原産の蝶ではなく台風などによって飛んで来た外来種が日本に居座って生息するようになった蝶のことを言うんでしょうか?

外来種と迷蝶の違いを教えてください。

迷蝶とは言わず迷種だったかも。


質問4:
蝶はススキを食べるそうですがススキのどの部分を食べるんですか?

Aベストアンサー

回答1:
「セセリ」の語源は、「小刻みな動作をせわしなく繰り返す」「繰り返しつつく」という意味の
「せせる【挵る】」から来ているとされています。
ただ、これには「落ち着きのない独特な飛び方から来たもの」とする説と、「花の蜜を吸う時に
口吻を何度もつつくように伸ばす様子から来たもの」とする説があるようです。

回答2:
一般的な分類法ではあとひとつ、「シジミタテハ科」を加えた計6種類の科が存在します。

回答3:
「外来種」の正確な定義は、「人間の活動による影響で持ち込まれた・流入した生物」です。
よって、台風などの自然現象で日本に来たと思われる国外原産の生物は、たとえ繁殖したとして
も外来種とは呼べないのですが、「本当に誰かが卵や幼虫を持ち込んだ可能性はないのか」と言
われると確たる事は保証できないため、一緒くたにされることもあります。
また「迷蝶」は、本来「外国で発生した種が日本に飛来して帰化・繁殖した蝶類」を指しますが、
飛来したばかりの言わば「第一次移民」も迷蝶と呼ぶことがあり、これまた厳密な区分が難しい
です。

回答4:
ヒメジャノメやキマダラセセリの「幼虫」はススキの葉を食べますが、成虫の蝶はどの部分も食
べないはずです。

回答1:
「セセリ」の語源は、「小刻みな動作をせわしなく繰り返す」「繰り返しつつく」という意味の
「せせる【挵る】」から来ているとされています。
ただ、これには「落ち着きのない独特な飛び方から来たもの」とする説と、「花の蜜を吸う時に
口吻を何度もつつくように伸ばす様子から来たもの」とする説があるようです。

回答2:
一般的な分類法ではあとひとつ、「シジミタテハ科」を加えた計6種類の科が存在します。

回答3:
「外来種」の正確な定義は、「人間の活動による影響で持ち込まれ...続きを読む

Q遠藤周作の「沈黙」について

遠藤周作の「沈黙」の一番後ろにある「切支丹屋敷役人日記」が読めません。
なんとか全文の意味が知りたいのですが、「この単語の意味が分かれば読みやすくなる(宗門=キリスト教とか)」とか、「ここに訳が載ってます」とか、どなたかアドバイスいただけませんか。このままでは中途半端で気持ち悪いです。

Aベストアンサー

たしかに,「役人日記」の直前の,「たとえあの人は沈黙していたとしても,私の今日までの人生があの人について語っていた」という終わり方は,スッキリした結末という感じはしませんね。「役人日記」まで読み通したとしても,その印象はあまり変わらないと思います。これは,キリスト教についての物語ではなくて,キリスト(教)を信じて生きた男の人生の物語ですから,作者は,予定調和的に完結する形ではなく,矛盾や不条理に満ちた現実をそのまま提示する形でしめくくり,あとは読者に考えさせようとしたのではないでしょうか?

物語の本編はだいたい1640年ごろ。「役人日記」の最初の寛文12年は1672年ごろ。その間の30年,ロドリゴ=岡田三右衛門がどんなふうに,何を考えながら生きてきたか,を想像させるのが,「役人日記」の役割(の少なくとも一部)だと思います。いったい,ロドリゴ=岡田三右衛門は,死ぬまで「主」を愛しつづけることができたのでしょうか?

能書きが長くなりました。すみません。

「拾人扶持」の「拾人」は「十人」,「扶持」は給料のことです。つまり「十人が養えるだけの給料(米)」をもらっていたということ。つまり彼は,幕府から給料をもらいながら30年間生きながらえてきたわけです。

「宗門の書物を相認める」とは「キリスト教の本を書く」。彼はキリスト教や教会組織の内情についてだれよりもよく知っているわけですから,幕府側としては,彼は貴重な情報源です。だから本を書かせた。たとえば,彼らが日本に布教に来る際,「日本人からこんな質問を受けたらこう答えなさい」みたいな公式のマニュアル的なものが準備されていたはずです。キリスト教の矛盾をつくような意地悪な質問にも堂々と答えられなくてはなりませんから。だから,ある意味で,彼はキリスト教の矛盾とか弱点とかにも精通しているわけです。そんな彼だから,いったん弾圧側に回れば「キリスト教はここがおかしい」みたいな本だって書けるわけです。幕府のねらいはそのあたりにあったのでしょう。(このへんはうろ覚え+推測ですが。)

延宝4年,キチジロー=吉次郎がキリシタンの「本尊」を所持していることが発覚した。その出所をめぐっていろいろ詮議があったようですね。ロドリゴ=岡田三右衛門からもらったのかと聞かれて「そんな隙はない」と答える吉次郎。また吉次郎に信仰を働きかけていないかと聞かれて「そんなことはしていない」と答える三右衛門。本当のところはどうだったのか,事実関係は私にもよく読みとれませんし,はっきり書かれてもいないようですが,そんなことがあり,また他にも周囲の人々が入牢させられたり拷問を受けたりしている,でも岡田三右衛門自身はその渦中には巻き込まれていないようですね。

最後に,岡田三右衛門のモデルになった「岡本三右衛門」と,井上筑後守こと「井上政重」については百科事典でも調べられますし,ネットで検索してもあまり多すぎない程度にヒットします。小説の内容はかなり史実に近いものがあるようですから,そのあたりを調べると,背景的な理解は深まりそうです。キリシタン弾圧に関するURLをひとつだけあげておきます。

以上,専門家ではないので誤解などもあるかもしれませんが,参考になれば幸いです。具体的な部分に関するご質問があればまたどうぞ。

参考URL:http://www.collegium.or.jp/~take/christi/rekisi3.html

たしかに,「役人日記」の直前の,「たとえあの人は沈黙していたとしても,私の今日までの人生があの人について語っていた」という終わり方は,スッキリした結末という感じはしませんね。「役人日記」まで読み通したとしても,その印象はあまり変わらないと思います。これは,キリスト教についての物語ではなくて,キリスト(教)を信じて生きた男の人生の物語ですから,作者は,予定調和的に完結する形ではなく,矛盾や不条理に満ちた現実をそのまま提示する形でしめくくり,あとは読者に考えさせようとしたので...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報