水の密度が約4度で最大になることが、冬の湖の中で生物が生きていくための条件と関係あるのですか?

A 回答 (2件)

は~い。

とっても重要です。

4度では氷と水が共存します。しかし、氷の方が密度が低い(水の方が重い)ため、氷は浮きます。

これが反対だったら、氷は湖の底から凍りますから、生き物は、最後には氷の上に追い出されて干からびて死んじゃいますね。

氷が浮かぶ事で、水面が氷り、生き物は水の中にいることができるのです。

水面が凍る事で、断熱材の働きをして、水の底まで凍りにくいこともあるかもしれません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるほど!わかりました。無知ですいません。

お礼日時:2001/07/10 22:34

myeyesonlyさんと、要点は同じです。


大抵の液体は、凍った方が密度が大きくなる。もし水もそうだったら、冷たい空気に触れる表面で出来た氷が、出来るはしから直ちに沈殿していくんですね。そうして氷が底に溜まる。
 表面には常に液体が出ているので、これがどんどん凍る。氷が沈めなくなるまで。かくて全体がシャーベット状になる。つまり泳ぐ生き物は動けなくなる。底に住む生き物は埋まっちゃいます。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q水なしで生きられる生物っているの?

水なしで生きられる生物っているの?小学生みたいな質問をしてすみません。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは.

地球型の生命体は,
体内で代謝をおこなうために,
絶対必要な物が水です.

水を介して代謝がおこなわれるのですから,
水分が無ければ生命活動を維持する事ができません.

ゆえに水が無くても生きて居られる事はありません.
ただし,結核菌などの場合,
環境が生存に適さない場合,
活動を停止し,体外との水の疎通さえも停止し,
そのために薬剤の効果がなくなりますが,
その様な状態(ある意味で物質化)の場合でも生きていると言えば,
「水が無くても生きていける」と言う事ができますが,
生体が活動していないので,
生物学的には非生物と言う事になると思います.

この回答が,ご質問者さまの知識の片隅に置いておかれ,
疑問解消の一助になれば幸いです.

追伸:
美術の先生ですか.
一緒に暮らす事の無かった亡き父の,
色んな手法の絵画が残されているのですが…

遺品整理で出てきました.
無碍に捨てきれず処分に困っているのです.
私の気に入った色鉛筆で描いたものも…
父は幼少の頃から絵画が好きだったそうです.
絵の具・色鉛筆・画板などなど…
数点は自宅に掲示していますが…

わたしに跡継ぎは居ません.
いずれ名も無き人物のゴミとして処分されるのでしょうか…

こんにちは.

地球型の生命体は,
体内で代謝をおこなうために,
絶対必要な物が水です.

水を介して代謝がおこなわれるのですから,
水分が無ければ生命活動を維持する事ができません.

ゆえに水が無くても生きて居られる事はありません.
ただし,結核菌などの場合,
環境が生存に適さない場合,
活動を停止し,体外との水の疎通さえも停止し,
そのために薬剤の効果がなくなりますが,
その様な状態(ある意味で物質化)の場合でも生きていると言えば,
「水が無くても生きていける」と言う...続きを読む

Qこのギザギザは何の生物の痕跡でしょうか? 庭のタイルの上に、太さ約2ミリの線で、幅約2 センチのギザ

このギザギザは何の生物の痕跡でしょうか?
庭のタイルの上に、太さ約2ミリの線で、幅約2
センチのギザギザが、うねうねと描かれていました。タイルの汚れを削ってできたようで、モップでこすると消えますが、ちょっと触ったくらいで付くような跡ではありません。何かが転がったり引きずったりしてできるようなものではなく、生物の足跡か食み跡のように見えます。心当たりは、近くにダンゴムシがいたので、これがかじった跡かな、とも思いましたが、確証はありません。これが何なのか、どなたか教えていただけませんか?

Aベストアンサー

ナメクジ、もしくはカタツムリ
 ナメクジ コケ 食みあと・・・
https://www.google.co.jp/search?tbm=isch&q=%E3%83%8A%E3%83%A1%E3%82%AF%E3%82%B8+%E3%82%B3%E3%82%B1+%E9%A3%9F%E3%81%BF%E3%81%82%E3%81%A8&gws_rd=cr&ei=YU7iV832NMOt0AT-3I_IBg

Q生物の発生について生物学において生物の誕生は、海底の熱水の吹き出しによりアミノ酸などの化合物が生

生物の発生について

生物学において生物の誕生は、海底の熱水の吹き出しによりアミノ酸などの化合物が生成、その後それらのアミノ酸を元に嫌気性微生物が発生というようなプロセスであったと思います。

実際そのような条件で生物が発生するというのであれば、人口的に同じ条件を作り出し経過監視していれば無生物であった環境に生物は発生する、もしくはそのような傾向が見られるのでしょうか
過去の研究などでこのような実験が行われているのであれば結果に関して教えて頂きたいです。

Aベストアンサー

オパーリンの実験も有名ですが、スタンリー・ミラーが1953年に行なった「ユーリー-ミラーの実験」も、【いわゆる化学進化仮説の最初の実証実験として知られる。】とのこと。
ウィキの記述が、図解も含め、なかなか刺激的で面白いです。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A6%E3%83%BC%E3%83%AA%E3%83%BC-%E3%83%9F%E3%83%A9%E3%83%BC%E3%81%AE%E5%AE%9F%E9%A8%93
ただ、現在的評価としては、
【その後の地球物理学の研究進展により、・・・・・】
【彼の得た結果は現在では認められないものであるが、彼が切り開いたのは生命発生の過程を実験的に検証する方向性であり、これはその後の研究に大きな指針となったものであった。】ということで、今のところ化学進化説が実証されているわけではなさそうです。
ただ、実験結果が認められないのは【酸化的な大気における有機物の合成は著しく困難】という理由かららしいのですが、【あり得ない】と断言しているわけではなく、今後さらに研究が進めば、化学進化説が実証される日が来ないとは言い切れない。

オパーリンの実験も有名ですが、スタンリー・ミラーが1953年に行なった「ユーリー-ミラーの実験」も、【いわゆる化学進化仮説の最初の実証実験として知られる。】とのこと。
ウィキの記述が、図解も含め、なかなか刺激的で面白いです。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A6%E3%83%BC%E3%83%AA%E3%83%BC-%E3%83%9F%E3%83%A9%E3%83%BC%E3%81%AE%E5%AE%9F%E9%A8%93
ただ、現在的評価としては、
【その後の地球物理学の研究進展により、・・・・・】
【彼の得た結果は現在では認められないものであるが、彼が...続きを読む

Q生物の細菌について質問です。 好気性細菌と嫌気性細菌の例を教えてください。 好気性生物と嫌気性生物

生物の細菌について質問です。

好気性細菌と嫌気性細菌の例を教えてください。
好気性生物と嫌気性生物もお願いします。

Aベストアンサー

好気性細菌:結核菌・酢酸菌・こうじ菌・納豆菌
嫌気性細菌:乳酸菌・破傷風菌・ボツリヌス菌

好気性生物:好気性細菌はぜんぶ好気性生物です。
嫌気性生物:嫌気性細菌はすべて嫌気性生物です。

Q生物の質問です。 写真のアのようなニ価染色体が、ある生物の1つの細胞中に5個観察された。この生物の

生物の質問です。

写真のアのようなニ価染色体が、ある生物の1つの細胞中に5個観察された。この生物の体細胞の染色体数は何本か。
という問題です。答えは10本です。

しかし、教科書の減数分裂の第一分裂前期での説明に、「クロマチン繊維は凝縮して染色体になり、相同染色体同士が対合して4本の染色体からなるニ価染色体が形成される」と書いてありました。
このことから私は、ニ価染色体の作りを写真のア、イ、ウ、ように考え、染色体数は20本ではないかと思い、答えの10本が理解できません。

そもそも染色体が2本集まって相同染色体、相同染色体が2本集まってニ価染色体という考えが間違いっているのでしょうか…?

わかる方教えてください。

Aベストアンサー

染色体が観察される状態(分裂期)であるとき、すでに複製されており、染色体2本分が1本として見えています。
その染色体同士が対合して二価染色体となるので、観察上1本に見える二価染色体は4本分の染色体です。
体細胞で考えてみると、その半分の2本が体細胞の染色体数としてカウントされます。
この体細胞とは、分裂をしない細胞(分化した細胞)と考えるのでこの本数となります。
実際は、細胞は分裂するので、間期(M期)であっても、染色体は観察はできませんが、複製されている場合もあり、2本分の染色体を有している場合もあります。

過去のセンター試験の問題でも同様の問題が出題されましたが、「5個観察された」という表現が大切になってきます。二価染色体の本数なのか、相同染色体の本数なのか、観察はできないが、体細胞の染色体なのか、しっかりと見極めて本数を答える必要があります。

ですが、この手の問題は批判が多く、染色体の本数を問う問題は減少するはずで。それよりもDNA量を問う問題が頻出ですので、しっかりマスターしてください。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報