プロが教えるわが家の防犯対策術!

こんにちわ。
近々、大阪から東京へ引っ越す者です。
そこで心配になっていることがあるのですが、西日本
と東日本では周波数の違い?で、電化製品が使えない
と聞いたことがあります。
全く使えないとなると、全て電化製品を購入し直さな
いといけないので困ります。
本当に無理なのでしょうか?電化製品としては、冷蔵
庫、TV、洗濯機、プレステ2、パソコン、電子レンジ
ビデオデッキなどがあります。
詳しい情報お願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

ふる~い電化製品らともかく、平成もしくは昭和の終わり頃の製品なら全く問題ありません。



昔の製品でありましたけど、今そんなことあったら暴動モンです。

ただ、冷蔵庫、洗濯機、電子レンジはちょっと性能ダウンします。
こればっかりはしかたが無いことですが気が付かない程度です。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

お返事ありがとうございます。
たしかに、暴動モンですね(笑)
やはり、性能はダウンしますか。あまり性能なんて
気にしないのでいいですが・・・。
洗濯機が性能ダウンとなると、汚れが落ちないので
は・・・。気がつかない程度ということなので、それ
はないと思いますが(笑)

お礼日時:2004/09/27 01:06

今はほとんど大丈夫なようです。



以前は50Hz(東日本)と60Hz(西日本)それぞれ専用の製品があったり、
時計などは切り替えスイッチがあったものですが、
最近物はどちらも気にせず対応しているものが多く出ています。

冷蔵庫、洗濯機、レンジあたりは説明書を一度ご覧になるか、
製品に貼ってあるシールを見てみるとわかります。

それ以外は周波数の問題はないんじゃないでしょうか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お返事ありがとうございます。
製品に張ってあるシールで確認できるのですね!
説明書なかったので、助かりました(笑)
安心して、引越しできそうです。

お礼日時:2004/09/27 01:04

たぶん使えないのでは?昔、物理の先生が言ってたような・・・

    • good
    • 1
この回答へのお礼

お返事ありがとうございます。
私も、昔先生から聞いた記憶があって質問しました。
今までの意見を聞いていると、問題ないようなので
安心しました。

お礼日時:2004/09/27 01:02

電気工事をしている友達から聞いたのですが



東日本から西日本ですと電圧の関係で使えないもの(電子レンジなど)もあるらしいのですが
西日本から東日本ですと(たしか電圧が東日本のほうが低いから?)そのまま使えるらしいです。
    • good
    • 4
この回答へのお礼

お返事ありがとうございます。
西日本から東日本だったら、大丈夫なんですね。
そういえば、私の友達にも電気工事してる友人が
いたような・・・。
そいつに一度確認してみます(笑)

お礼日時:2004/09/27 01:01

こんにちは。


確かに周波数の違いで、電化製品が使えなくなります。

何故かと言えば、戦後電力会社が、大阪電力と東京電力が、ドイツ、アメリカと違う国で生産された発電機をそれぞれ購入したせいです。
(ちなみにこちらは電気保安協会が発行している「電気と保安」の今月号に記載されています)。

ですが、最近は引越し時の不便を解消するよう、両地域対応の電化製品もでておりますので、購入されている電化製品の取扱い説明書を一度確認されては如何でしょうか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お返事ありがとうございます。
そういう経緯があって、周波数が違うんですね。
結構昔から使ってる家電も多いので、一度説明書等
で確認してみたいと思います!

お礼日時:2004/09/27 01:00

ほとんどの家電は問題ありません。


とりあえず、取扱説明書の仕様のところを確認してください。
50/60Hzという表記があれば問題ありません。
電子レンジ、蛍光灯、ミシンなどは物によってはどちらかの地域専用のことがあります。

参考URL:http://www.geocities.jp/kenkuga/denki/50hz60hz.htm
    • good
    • 1
この回答へのお礼

お返事ありがとうございます!
取り扱い説明書の部分を早速読んで見ます。
ただ、取り扱い説明書のない家電が多いので、
電化製品のラベル?でも調べてみたいと思います!

お礼日時:2004/09/27 00:59

 東京から関西へ戻りましたが、普通に使っていますよ。


ラジオなどものによっては、スイッチの切り替えをしないといけないものもありましたが、そんなに大変なものはありません。
 TVやビデオも設定をする時に、変更できるので問題なかったですよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

さっそくお返事ありがとうございます!!
それを聞いてとても安心しました。
東京で電化製品購入となると、生活できなくなりま
すからね・・・(笑)

お礼日時:2004/09/27 00:57

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q家電で西日本用と東日本用ってありますがどういったちがいがありますか?

西日本に住んでいるんですが、西日本用の家電を東日本で使用することはできますか?またその逆はできますか?

Aベストアンサー

地域による違いは周波数(50Hz/60Hz)だけです。(料金は会社によって違いますが)

電熱器具や近年のほとんどの電子機器は、50/60Hz共用(ヘルツフリー)になっているので、どちらでも問題なく使えます。「50/60Hz」という表示があるか確かめてください。

交流モーターを搭載している機器など、効率(能力)や消費電力が変わる機器がありますが、もともと消費電力の小さい家電製品では無視できる程度の差です。

周波数に依存する電動タイマーを内蔵した機器や安定器式の蛍光灯など、正常に動作しない機器もあります。「50Hz」または「60Hz」という表示があるか確かめてください。

昔の家電製品の中には、切替式になっていたり、部品交換を必要とするものもありました。

  ~~~~

50Hz地域(概ね東日本)
 北海道電力 北海道
 東北電力 青森、岩手、宮城、秋田、山形、福島、新潟(*1)
 東京電力 茨城、栃木、群馬、埼玉、千葉、東京、神奈川、山梨、静岡(大井川以東)
(*1) 新潟県の佐渡地域は60Hz

60Hz地域(概ね西日本)
 中部電力 長野(*2)、静岡(大井川以西)、岐阜、愛知、三重
 北陸電力 富山、石川、福井(敦賀市以東)
 関西電力 福井(美浜町以西)、滋賀、京都、大阪、兵庫、奈良、和歌山
 中国電力 鳥取、島根、岡山、広島、山口、香川の一部島嶼、愛媛の一部島嶼
 四国電力 徳島、香川、愛媛、高知
 九州電力 福岡、佐賀、長崎、熊本、大分、宮崎、鹿児島
 沖縄電力 沖縄
(*2) 長野県の一部地域は50Hz

電力小売自由化に伴って周波数の違う地域の電力会社と契約した場合でも、実際に使用する地域(居住地域)の周波数で供給されます。

地域による違いは周波数(50Hz/60Hz)だけです。(料金は会社によって違いますが)

電熱器具や近年のほとんどの電子機器は、50/60Hz共用(ヘルツフリー)になっているので、どちらでも問題なく使えます。「50/60Hz」という表示があるか確かめてください。

交流モーターを搭載している機器など、効率(能力)や消費電力が変わる機器がありますが、もともと消費電力の小さい家電製品では無視できる程度の差です。

周波数に依存する電動タイマーを内蔵した機器や安定器式の蛍光灯など、正常に動作しない機器もあり...続きを読む

Q東日本から西日本に行くとき電化製品の「電圧の違い」について

ご覧いただきありがとうございます。
題のところに打ったとおりなのですが、
ドライヤーや携帯、ウォークマンの充電器など心配なものがたくさんあります。
充電機器などは現地について直接コンセントに差し込んだら壊れてしまうのでしょうか?

心配で仕方ありません。ご教授いただきたいです。宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

違うのは電圧でなく周波数です。東日本は50Hz(ヘルツ)、西日本は60Hzです。
ご質問のようなものは50Hz/60Hz共用ですので全く問題ありません。

影響が出るのは低価格な電子レンジ、蛍光灯照明器具の一部、アナログタイマーを使用した機器などです。即壊れる訳ではありませんが過熱したり性能を発揮できなかったりする場合があります。(今売られている製品でも50Hz専用、60Hz専用や切替え操作の必要がある代表的な機器類をあげてみました。他にもエアコンのごくごく一部機種、外国製の洗濯機など周波数ごとの専用製品があったりします)

旅行ではまず心配ありませんがお引っ越しではご注意ください。

Q東日本と西日本で同じ家電商品使えますか?

聞きたいことはタイトル通りなのですが、将来引越しする予定があるので教えてください。

以前、大阪に住んでた方が引越ししたら、ワット数とかが東日本と西日本じゃ違うので家電商品を買い替えたことがあると言ってました。

これは本当なんでしょうか?
ちなみに私は2003年に結婚を機に東日本で家電を買い揃えたばかりで、もし本当ならすごいショックです。
転勤で東日本から西日本へ引越しする予定があるので、心配で・・・

もし本当なら対処法とかあれば教えてください。
また、そういう経験された方がいらっしゃいましたどうされたのか聞きたいです。

Aベストアンサー

ガス器具(ガス炊飯器やガスレンジ)に都市ガス用とプロパンガス用があるように、電気製品に交流モーターが使われている場合、西日本が100V 60Hzに対して、東日本が100V 50Hzの交流電源になりますので、回転数が異なります。
AC100V電源でも家電製品の中で直流に変換して内部で直流電源で動作している機器は問題ありませんね。
家電製品でも機器の後ろに50Hz/60Hz切り替えスイッチが付いているものがあります。そういったものは切り替えてやれば問題ないですね。
問題は、家電製品の取扱い説明書や家電製品の後部のプレートや貼り付けシールに60Hz用と書いてある(刻まれている)機器は、問題ありますね。そのまま、50Hz圏から60Hz圏に移動して使うと支障が出ます。
例えば、ミキサーの回転数や掃除機の回転数が変わって、出力(パワー)や消費電力が変わったりする事がありえますね。

家電製品の取扱い説明書や後部の定格を書いたプレートやシールが60Hz用と書いてないか、総チェックして、早目に交換するなど対策してください。


人気Q&Aランキング