自動車に因る人身事故に遭いました。

  ・ケ  ガ:頚椎・腰・膝の捻挫
  ・通院期間:230日間
  ・過失割合:1(当方) 対 9(相手)
 
 入院はなく、治療費や通院交通費は相手の損保会社から支払われています。
人身の示談の話しになっているのですが、230日間という治療期間に見合った慰謝料の規定は73万円でそれに未払いの通院交通費とプラスαで
  73万円+1万4千円(交通費)+α=90万円
              という提示を受けました。 

 損保の担当者によると、本来なら過失割合分を差引くと私が受け取れる金額は50万円台になってしまうが、過失相殺を無しにして更にプラスαがあるので「とっても良い条件だと思いますよ」とのことでしたが、本当でしょうか?
このカテゴリーで「日額¥4,100‐」というのを読みました。それを基に計算すると
  4千100円×230日間=94万3千円
       となり、提示金額の方が少なくなります。

 別に「保険でがっぽりもうけてやろう」と考えているわけではありませんが、20分位の条件説明で書類に署名捺印させようとした担当者に、ちょっと不安を感じ保留にしました。

 またこの事故に関しては・・・

・事故の相手が当日に菓子折を持って挨拶に来たっきり、 その後ケガの様子を尋ねる電話の1本も来なかった。
・事故により転職活動が妨げられ、未だに無職である。

という「考慮してもらいたい点」があり、そのことを伝えてみたのですが、それも考慮したプラスαだと言われました。

 人身事故の示談金(慰謝料)とは、こんなものなのでしょうか?過失相殺が無いのは特別なことですか?人身事故の当事者なんて初めてのことでよくわからないんです。詳しい方、どうか教えてください。

 示談金の中に通院交通費が含まれているというのは、変な話ではないでしょうか?  

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

保険会社の担当が、178日も181日も同じといわれたのは、慰謝料の計算日数は、通院実日数を二倍で治療日数が限度になります。


ですから、今回の場合は、230日が限度になります。

過失割合を考えない場合には、
4100円×230日 =943000円 になります、会社員以外の場合は、そのままの日数で計算しませんし、治療費との合計金額が自賠責の120万円を超えるため、担当が異なった計算をしていると思います。
ですから、通常の計算では50万円代台を提示するように話したのだと思います。

交渉の時に、通常での計算を説明してもらい、今回提出された金額の説明も聞いてください。それで、担当のどのように配慮して提示したかわかると思います。

最後に あなたは、歩行者ですが、自動車に乗っていたのでしょうか。あなたが加入している保険でこの事故は支払いたい対象にならないのですか。一度、加入している代理店や外務員に相談をしてみてください。くわしく、説明してくれると思いますよ。
    • good
    • 0

補足ありがとうございます。



「損害賠償計算書」の¥927,084‐は治療費を含まない
慰謝料と交通費の合計ですね。

927084円-14000円(交通費)=913084円(慰謝料)
913084円÷4100円≒222日
実際の通院日数は178日なので保険会社が任意保険から補填したと
考えて良いと思います。

治療費を日額3000円とした場合
3000円×178日=534000円
534000円+913084円=1447084円
1447084円-1200000円(自賠責上限額)=247084円
247084円=保険会社の任意保険からの支出と考えられます。

治療費を日額5000円とした場合
5000円×178日=890000円
890000円+913084円=1803084円
1803084円-1200000円(自賠責上限額)=603084円
603084円=保険会社の任意保険からの支出と考えられます。

慰謝料の計算日数を治療日数230日で計算した場合は
230日×4100円=943000円
943000円-913084円=▲29916円
▲29916円←貰い損ね?となってしまいますね。

慰謝料の計算日数を実治療日数のみにするか、治療期間全てにするかは
治療期間が短い長いやケガの度合い、保険会社の裁量によって
異なることがあると思います。

例として
会社寮の住込み管理人をしている人の場合
左胸部・左腕の打撲で全治1週間(医師の診断)、治療期間3週間、通院日数10日で
寮の清掃などで3週間に渡り満足に業務に就けなかった。
慰謝料は4100円+21日=86100円(慰謝料)+13900円=10万円を支払った。
通院日数で計算すれば41000円ですが、
業務に支障があったということで治療期間を元に計算しました。
また、加入の保険会社は割と財務内容が良好(株価も安定)なところでしたので、
細かいことは言わずに対応してくれました。

先にも書いてあるとおり、昨今の不景気で保険会社によっては
支払を渋るところがあるのは事実で、また、治療期間が長期に及ぶようなときは
実治療日数(通院日数)で計算されても仕方がないのかもしれません。
    • good
    • 0

残念ながら、先の方が書いておられるように情報的には、不十分な内容ですので残念ながら慰謝料等の計算は十分できません。


補足していただきたいの内容は、実通院日数(医療機関の門をくぐった日数)・事故日から完治までの日数・事故の内容(車対なに)・治療費(医療機関での計算書の点数である程度わかります。)

ケガの様子を尋ねる電話が無かった。
場所によっては、電話等をいれるように進める地方もありますが、場所によっては、余り連絡を取らないように進めることもあります。理由は、治療の打ち切りを勧めているようにとられないように と言うこともあります。
通院交通費が示談金の中に
示談金の中には、あなたが治療の際に要した諸雑費を賠償してくれるのです。ですから、入院時の諸雑費や通院時の交通費は、請求できます。

この回答への補足

情報が少なかったようで申し訳ありません。補足します。

実際通院日数:178日
 但し 私の記録では181日ですが、事故日から治療が終った日を基本に考えるので、気にしなくて良いという事ですり合わせはしてもらえませんでした。

事故日から完治までの日数:230日間

治療費:¥927,084-
 点数はわかりません。この金額も損保会社が持ってきた「損害賠償計算書」に記入してあったものです。「担当者はこれからまだ治療費の請求が来るはずだ」というような意味のことを言っていました。自分で、病院に点数を確認するべきでしょうか?

示談金の中に通院交通費が入ったことを疑問に思ったのは、今まで内払いである程度の金額で支払ってもらっていたのですが、最後の請求金額に限り示談金の中に入れられてしまったので、ちょっと???となりました。もし、示談交渉に時間がかかったと仮定した場合、自分が建て替えて払ってしまった交通費くらい先に払って欲しいので。

以上補足を終ります。アドバイスよろしくお願いします。

補足日時:2001/07/10 08:43
    • good
    • 0

通院日数というのは実通院日数でしょうか?それとも事故に遭遇して治療中止になるまでの期間のことでしょうか?


上記の内容ではどちらなのか判別しにくいので解らないのですが実通院日数だとすると約9ヶ月以上通院したことになると思うので保険会社があなたのことを「ボッタクリ」
と見ている可能性があります。事故に遭遇してから治療中止までの期間だとしても約8ヶ月になるので対保険会社の印象は良く無いですね。治療にここまでかけた病院にも責任があるのでしょうがここまで通院するのなら何故入院をしなかったのかということになります。頚椎・腰・膝の捻挫の状態も初期診断でどれくらいだったのか解らないので何とも言えませんがこの件についての専門分野である私も首を傾げたくなるところです。結論から言うと治療に8ヶ月以上かかっているのであれば後遺症等があると思われます(挫傷や捻挫に関しては完治出来ないと言われています)。当然、後遺症認定検査を受けなければならないのですが・・・。治療期間から言うと慰謝料の額が少ないと思いますが情報が乏しくて詳しい説明が出来ません。示談内容に不満があったり不明瞭な点があるのであればキチンと説明を受け、納得出来ないのであれば示談する必要が無いので(示談交渉の時効成立は事故発生日より2年間)日弁連の交通事故相談窓口(1件5000円で何度でも聞いてくれるし和解交渉もしてくれます)や交通事故紛争処理センター(多分日弁連の中にあります。)に相談してみては如何でしょうか?現在保険会社は出し渋りをしているので
保険会社の言うことを信じてはいけませんということだけ忠告しておきます。

この回答への補足

ありがとうございます。それにしても「ボッタクリ」と見られているとは、かなりショックです。
書き方が悪かったようですが、230日間というのは事故当日から治療が終了した日までの日数です。実際の通院日数は178日です。ただし、私のメモでは181日なのですが、「230日間の方を基にするので大して気にすることはない」というようなことを言われました。

アドバイスにあった日弁連の相談窓口や交通事故紛争処理センターというのは、例えば今回の私のように「示談の内容が妥当なものなのだろうか?」という相談にも乗ってくれるのでしょうか?

補足日時:2001/07/10 08:26
    • good
    • 0

自賠責での支払保険金限度額は最高120万円です。


この金額は治療関係費(治療費・交通費)と慰謝料の合計と考えてください。

ご質問の事故では自賠責の支払保険限度額を超えていると思われるので、
治療費がいくらなのかが分かれば計算がしやすくなります。

自賠責の限度額を超えた場合は任意保険を使うことになります。

治療費がいくらかかったは分かるのでしょうか。

この回答への補足

情報が少なかったみたいで申し訳ありません。
損保会社からもらった「損害賠償計算書」というものを見ると¥927,084‐ということになっています。対象期間の日付は事故日から治療の終った日までになっていますが、担当者は、「これからまだ支払う金額が発生してくる」というようなことを言っていたように思います。その言葉を聞き流してますね。後悔してます。これで補足になっているでしょうか?

補足日時:2001/07/10 08:24
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q交通事故の示談を弁護士さんに委任しようと思っています

交通事故の被害者になり、示談して欲しいと保険会社から電話が来て精神的に病んでしまいました。こちらで皆さんの助けを借りて数件の弁護士さんのところへ行きお話を聞いてきたところです。


どの弁護士さんもこれといっていい印象はなく、私にはどの方も同じに見えました。弁護士さんたちの説明を受け、ぜひ事故の件をお願いしたいと思っていますが1つもデメリットを話さない弁護士さんに疑問を持ちました。


弁護士さんの話によると私の症状は固定されていて 後遺症の診断書も出るので 示談金は間違いなく取れる。よって 委託時に着手金はもらわず、最後に成功報酬と着手金をもらうということでした。


私がただ心配性なだけかと思うのですが、もし示談金がとれなかったら?と心配になってしまいました。身近に弁護士さんにお世話になった人もおらず、まったく初めてのことで心配です。本当に弁護士さんに頼んでデメリットはないのでしょうか。交通事故で弁護士さんを通して示談された方、経験者や有識者の方、なにかアドバイスがあったら教えてください。どんな些細なことでもかまいません。よろしくお願いします。

交通事故の被害者になり、示談して欲しいと保険会社から電話が来て精神的に病んでしまいました。こちらで皆さんの助けを借りて数件の弁護士さんのところへ行きお話を聞いてきたところです。


どの弁護士さんもこれといっていい印象はなく、私にはどの方も同じに見えました。弁護士さんたちの説明を受け、ぜひ事故の件をお願いしたいと思っていますが1つもデメリットを話さない弁護士さんに疑問を持ちました。


弁護士さんの話によると私の症状は固定されていて 後遺症の診断書も出るので 示談金は間違い...続きを読む

Aベストアンサー

えー,保険会社の基準は低いです。
弁護士に依頼することで,裁判にならずとも,裁判になったら赤い本等の基準になることを見越し,裁判基準に基づいた和解ができるということです。
保険会社が「裁判になったら認められる額」というのを見越して提示してくるのは,こちらが弁護士を頼むなどして,保険会社の基準がおかしいことを主張してからになります。
保険会社は少しでもお金を払いたくないのですから,保険会社基準などというよくわからない基準を作り,市民の無知につけこんで賠償額の提示を行っているのです。

後遺症が残っているなら,逸失利益の計算,慰謝料の算出が重要で金額が大きくなります。
逸失利益の算出にあたってもどの賃金センサスを用いるのか,これは裁判基準でも明確なものはないともいえます。
そして,保険会社は考えられる適用賃金センサスのうち,最も金額が低くなる賃金センサスを用いることになります。
しかし,事案によっては,その算出に用いた賃金センサスが適当ではないこともあり,弁護士に依頼することで,このあたりの合理的な判断もしてくれるでしょう。
どの賃金センサスを用いるかとは,賃金センサスには,全労働者平均とか,男性平均とか女性平均とか,大卒者平均とか色々あるのです。

まともな弁護士なら,弁護士に依頼すべきではない(結局弁護士費用を考えたらメリットが小さい)事件は,そのように依頼者に説明します。
少なくとも私はそうしています。
結果的によい結果にならないかもしれないというリスクも当然に説明します。
リスクを承知で依頼してもらわなければ,後で依頼者とトラブルになるからです。
数人の弁護士さんに相談されて,特にご自身での交渉を勧められなかったのであれば,弁護士に依頼すべき事案なのだと思いますよ。

着手金を最初にもらわないのは,弁護士にとってはリスクです。
それをするということは,その依頼者が信用できる,依頼者にとって利益のある結果が得られる見通しをもっているというものといえます。

えー,保険会社の基準は低いです。
弁護士に依頼することで,裁判にならずとも,裁判になったら赤い本等の基準になることを見越し,裁判基準に基づいた和解ができるということです。
保険会社が「裁判になったら認められる額」というのを見越して提示してくるのは,こちらが弁護士を頼むなどして,保険会社の基準がおかしいことを主張してからになります。
保険会社は少しでもお金を払いたくないのですから,保険会社基準などというよくわからない基準を作り,市民の無知につけこんで賠償額の提示を行っている...続きを読む

Q人身事故の慰謝料について質問です。 人身事故で最初は過失割合が8(相手):2(旦那)となっていました

人身事故の慰謝料について質問です。

人身事故で最初は過失割合が8(相手):2(旦那)となっていましたが、8:0にしていただけました。
私は妊婦で事故当時運転する旦那の車に同乗していました。

事故の翌日に整形外科を受診したところ、
私→腰推捻挫 頸椎捻挫 左骨盤打撲 切迫流産
夫→腰推捻挫 頸椎捻挫
と診断をうけたので警察に報告をし、人身事故に切り替えてもらいました。

私 治療期間 125日 通院期間 90日 です。
私の方はこの事故により切迫流産になり仕事を止め自宅安静しています。
なので休業損害を主婦へ切り替えてもらいました。

夫 治療期間 125日 通院期間 90日 です。
旦那は夜勤の仕事をしている為夜勤明けで通院をしていた為特に仕事を遅刻早退休むことはありませんでしたが、首からの痛みで常に手に痺れあるので現在後遺症障害を申請中です。

以上の状況を踏まえて、慰謝料の計算に関してアドバイスをお願いします。

私 治療期間 125日 通院期間 90日×2=180日なので
通院慰謝料→125日×4200円=525000円
主婦休業損害 通院期間90日×5700円=513000円
全て足した金額 525000円 + 513000円 =1038000円でお間違いはなかったのでしょうか?

交通費は16800円でした。
治療費用は保険会社から直接払って貰うようにしていました。

夫 治療期間125日 通院期間90日
仮に後遺症障害が認められなかった場合。
通院慰謝料 125日×4200円=525000円

交通費は私と一緒に行っていた場合はどうなるのでしょうか?
治療費用は私と同じく保険会社に直接払って貰うようにしていました。

以上の計算法や認識でお間違いなかったでしょうか?

無知なので詳しく教えて頂ければと思います。

人身事故の慰謝料について質問です。

人身事故で最初は過失割合が8(相手):2(旦那)となっていましたが、8:0にしていただけました。
私は妊婦で事故当時運転する旦那の車に同乗していました。

事故の翌日に整形外科を受診したところ、
私→腰推捻挫 頸椎捻挫 左骨盤打撲 切迫流産
夫→腰推捻挫 頸椎捻挫
と診断をうけたので警察に報告をし、人身事故に切り替えてもらいました。

私 治療期間 125日 通院期間 90日 です。
私の方はこの事故により切迫流産になり仕事を止め自宅安静しています。
なので休業損害を主...続きを読む

Aベストアンサー

自賠責のみの計算ですとそうなりますが、
治療費を含め総額が120万円を超えると任意保険
での計算となります。

これは120万円を超えた部分ではなく根っこから
計算しなおします。
その場合には、家事従事者の損害5700円は実通院日数
分はもらえず、また慰謝料も低減されますので、
計算は異なります。

これは裁判での計算方式も同じで、別に保険会社が
値切っているわけではありません

8:0にしてもらったのは物損の方ではないですか?
物損ならそれは片賠方式と言って、ありえますが、
人身事故は自賠責は貴方の過失が7割以上ない限り
減額はありませんが、任意保険での計算では貴方の
過失分の2割は引かれる可能性があります。

その点相手の保険会社に確認していますか?



さらに

Q交通事故の示談についての弁護士の対応。

当方加害者でバイクと自転車の事故を起こしました。
色々とありまして弁護士の先生に示談の以来をしました。
示談成立で示談金を支払ったまでは良かったのですが
後に物損(自転車の修理、見積書は有)の領収書が無いのに、
そのお金を払わされた事に気づき、相手に支払った示談金の領収書を
請求してもそれは出来ない様な事を言われました。
当方着手金50万円、成功報酬として10万円支払いましたが
この領収書も収入印紙も貼っておらず領収書としては使えないものを
送ってこられました。
ちなみに領収書はこちらが請求してやっと送られてきたもので
弁護士からはほとんど連絡も無く教えてもらう事も無かったです。
こちらも示談金に対しての領収書は税務署の申告するので絶対
必要なのですが、事故の相手は非常識で無茶な要求をする人だったので
スンナリと請求は出来なさそうですし、弁護士の先生もあてには
ならなそうなので、この弁護士の仕事は妥当なのか?
相手から領収書をもらうには、どの様な手があるのか?
教えて頂けたら幸いです。ヨロシクお願いします。
一応今回の件で弁護士のやり方のは不満があるので
弁護士会に連絡しようと思っています。

当方加害者でバイクと自転車の事故を起こしました。
色々とありまして弁護士の先生に示談の以来をしました。
示談成立で示談金を支払ったまでは良かったのですが
後に物損(自転車の修理、見積書は有)の領収書が無いのに、
そのお金を払わされた事に気づき、相手に支払った示談金の領収書を
請求してもそれは出来ない様な事を言われました。
当方着手金50万円、成功報酬として10万円支払いましたが
この領収書も収入印紙も貼っておらず領収書としては使えないものを
送ってこられました。
ちなみに...続きを読む

Aベストアンサー

示談金の領収書を請求は通常ありません。
双方印鑑を付いてか交わした控えのみです。
勿論請求し発行する義務が無い。
印紙も営業に関しない受取には印紙は非課税で必要なし。

弁護士さんと貴方の場合は
個人の弁護士は印紙税が非課税で貼る必要がない。


税務署の申告で印紙の必要の無い項目に医師、弁護士が該当してます。



営業

Q自分の過失は0の後ろから追突された事故ですが通院が長引いた場合通院治療

自分の過失は0の後ろから追突された事故ですが通院が長引いた場合通院治療費用で自賠責保険の上限の12万を越えてから症状固定に入ると慰謝料は相手の任意保険からの支払になると思いますがその時の計算式による1日あたりの慰謝料の額は任意保険の方の基準で支払われると思いますがその額が違法と見なされたりそれはおかしすぎると言える基準の計算の仕方はどのような決まりになっているのか教えてください

Aベストアンサー

その額が違法と見なされたり、それはおかしすぎると言え
る基準は絶対にありません。

そもそも文句言って、ハイ解りました!と慰謝料をUPする
方が慰謝料の本質が崩れちゃいます。量販店での家電の売
買ではないのですから。
提示してきた慰謝料は間違いなく正しいです。

でも計算の根拠は教えてくれません、ただ「赤本」という
のをベースに計算しているみたいです。

http://www.asahi-net.or.jp/~Zi3H-KWRZ/law2consocalj.html

素人にはさっぱり解りません。

それで気に入らなければ

http://www.jcstad.or.jp/

こういうところに持ち込むかお金出して弁護士に依頼して
裁判で決めてもらうしか方法ありません。

あるいは、納得いかない根拠と金額をtaigogaさんが
保険屋に直談判するんです。俺はそれで主張が認められ
30万ほどUPしてもらいました。

Q示談相手の弁護士から連絡が来ません

刑事事件で、処分猶予として釈放された被告人の弁護士と、民事で示談をしています。
(刑事曰く、弁護士側から示談をするので処分を待ってほしいと連絡があったとか…?)

一度弁護士と話したのですが、もう一度双方で持ち帰りまた話し合いをしよう、また連絡しますと言われて、早2週間連絡がありません。

刑事や検事の話を聞いていても、こちらに対する態度とはまったく違ってしおらしくしているようで(こちらには開き直ったりしていました)犯人は外面が良いようなので、
もしや釈放されたのを良いことに、うやむやにするべく弁護士を解任してしまったのでは?など疑っています。

弁護士に直接連絡してもいいのですが、本来なら示談ではなく刑事罰を受けてほしいところ、初犯ということもあり検事や弁護士から示談を勧められ(検事は勧めてはいけないようですが実際勧められました)、
刑事罰がないならお金で制裁を与える(示談する)しかないという気持ちで示談するため、
こちらから連絡を取るのは示談してお金がほしいみたいでちょっと癪です。
かといってこのままうやむやになってしまっては怒りがおさまりません。

釈放後弁護士を解任してうやむやになるというようなことはあるのでしょうか。
また、示談の話し合い(弁護士+被告人)にはそんなに時間がかかるものなのでしょうか?

刑事事件で、処分猶予として釈放された被告人の弁護士と、民事で示談をしています。
(刑事曰く、弁護士側から示談をするので処分を待ってほしいと連絡があったとか…?)

一度弁護士と話したのですが、もう一度双方で持ち帰りまた話し合いをしよう、また連絡しますと言われて、早2週間連絡がありません。

刑事や検事の話を聞いていても、こちらに対する態度とはまったく違ってしおらしくしているようで(こちらには開き直ったりしていました)犯人は外面が良いようなので、
もしや釈放されたのを良いこと...続きを読む

Aベストアンサー

気になるのであればその担当の弁護士に連絡すれば直ぐ解決しますよ。
多分解任してると思いますが。
もし解任なら刑事に事件の捜査を続けるように求めれば良いことだと思います。
取りあえずご確認を!

QT字路での過失割合。接触箇所で過失は変わる? 先日T字路で交通事故を起こしまい過失割合で困ってま

T字路での過失割合。接触箇所で過失は変わる?

先日T字路で交通事故を起こしまい過失割合で困ってます。信号も標識もなく道幅も同じような道路で周りには塀や民家がたくさんある所です!

事故状況は自分が一時停止をしてミラーを確認たところ車が来てないのがわかり、右折しました。右折してる最中に直進道路をものすごい勢いで(相手本人いわく40キロ制限の直進道路を60キロで走っていたと言っていましたけど60キロ以上出てたと思います)走ってきました。
それで相手の車のバンパーと自分の左ドアの前と後ろのドアにあたりました。相手も少しよけたらしく左の塀に擦ってしました。左よけた衝撃で右の方の運転席が開かなくなりました。

保険屋さんに話した相手のいいぶんが一時停止しないで右折してきて直進してるクルマにつっこんだ。と言ってるらしいです。

自分のいいぶんはまががり始めた頃には車いなかったし相手がいつ気づくかによって自分が一時停止したかどうかわかるとおもいます。仮に自分が右折途中で相手が右折してきた車にきずいた場合は一時停止したかわからないとおもいます。そこで引っかかるのが右折途中で車にきずいた場合一時停止したか相手はわからいのに一時停止もしないで右折してきたってゆえるんですかね?
直進してる車に思いっきりとびだしたら普通に相手の運転席のドアにおれのバンパーが当たるはずだとおもいます。そもそもミラーでうつってなくて自分が5キロ未満で右折して相手が60キロ以上で直進を走ってたら必ずぶつかると自分はおもいます。

こういったケースの場合過失割合はどうなるんでしょうか?

保険屋さんは
相手2
こちら8

T字路での過失割合。接触箇所で過失は変わる?

先日T字路で交通事故を起こしまい過失割合で困ってます。信号も標識もなく道幅も同じような道路で周りには塀や民家がたくさんある所です!

事故状況は自分が一時停止をしてミラーを確認たところ車が来てないのがわかり、右折しました。右折してる最中に直進道路をものすごい勢いで(相手本人いわく40キロ制限の直進道路を60キロで走っていたと言っていましたけど60キロ以上出てたと思います)走ってきました。
それで相手の車のバンパーと自分の左ドアの前と後ろの...続きを読む

Aベストアンサー

>右折してるのがわかったらスピードおとすなりブレーキ踏めたでしょってはなしなんですけど

その通りです。
ですから100:0にならないんです。
それが相手の過失2割なんです。

>相手が右折してきたのわからなかった場合ははなしがちがってきますけどね

この点を最も勘違いしていますよ。
わからなかったかどうかは過失に関係しません。一切関係しないんです。

Q示談を弁護士に依頼しましたが・・・。

先日6月に事故に遭い(当方0相手100)、先月保険会社より示談に対しての提示が有ったのですが、金額に納得が出来なかったので、ネットで探した弁護士に示談交渉を依頼しました。
しかし、示談交渉の契約をしてからもう2週間がたつのですが、なんの経過報告も無く、こちらから連絡をしないと示談に対しどういったアクションをしてくれているのが全く判りません。
弁護士に示談を頼んだことの有る方・または専門家の方・に伺いたいのですが、示談を弁護士に頼んだ場合、事例にもよるとおもいますが、どのくらいの期間が掛かるもので、また示談の状況報告等弁護士からどの程度の期間で有るものなのか?教えてください。
余りにアクションが悪いので、違う弁護士にしたほうが良いのか等々、少し心配になってきます。

Aベストアンサー

#1です。

調停は、質問者さんの住所を管轄する簡易裁判所に申し立てます。
定型書式が裁判所にはありますから、それに記入をして、
収入印紙と切手を納めれば手続き完了です。

申立から約1ヶ月後に期日が設定されますから、
裁判所に行って、話合いを行ないます。
話合いは1回で終わるとは限りません。
ちなみに、調停は代理できる人が身内でも認められる場合があります。
また、司法書士も代理権があれば代理することができます。


また、金額が60万円以下であれば、少額訴訟という制度もあります。
これも簡易裁判所に定型書式の訴状がありますから、これに記入し、
収入印紙と切手を納めれば手続き完了です。
実質1日で解決が図れますが、質問者さんとしてもある程度の妥協点、
というのを定めておかないと、泥沼の通常訴訟に突入してしまいます。

簡易裁判所管轄の裁判は、弁護士だけでなく司法書士も代理できますから、
費用等を安く済ませることができます。

Q人身事故の過失割合について

先日、125ccのバイク運転中に普通乗用車と接触し、転倒負傷しました。事故の過失割合は、5:5のようで、こちらのバイク修理代が12万円で、相手の車の修理代10万円とのことでした。
物損については5:5で負担するのはわかるのですが、こちらの治療費については、どのように考えたらいいのでしょうか?治療費についても5:5で治療費の負担があるのでしょうか?
ちなみに、相手の方は、怪我はされていません。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

あなたのお怪我の治療費+休業損害+通院交通費+慰謝料が120万円以内であれば、自賠責保険から全額保障されます。

120万円を超えますと、5:5の計算式が当てはめられますが、120万円までは無条件で補償されます。

Q弁護士同士の示談交渉には、どんなメリットがあるのか

現在まで、2事件について弁護士同士の示談交渉をしていましたが、互いに?依頼人にメリットのある主張で平行線を辿りました。相手がこれまで言ったこと、行ったことを否定したり、虚偽の主張をしていたからです。そこで、1件は提訴に踏み切りました。
さて、相手の弁護士に当方から文書を出すとこちらの依頼した弁護士を通すように返答されました。残りの事件で、私が相手方弁護士と交渉しようと思っているのですが、こちらが本人だと、一般的に相手方弁護士は返答をよこさないなど無視したり、軽くあしらったりするのでしょうか?
弁護士同士の示談交渉のメリットは、よく分からないのです。デメリットは、費用がかかる、こちらの言い分や証拠を詳細に伝えられない、相手方弁護士は依頼者の利益になるよう平気で(依頼人と打ち合わせて?)虚偽の証言をするなど、デメリットばかりが目に付くのですが。いっそ裁判の方が手っ取り早いと思うのですが、弁護士を通しての交渉にはどんなメリットがあるのでしょうか?
もちろん、当方が相手と交渉しても感情的にならず、文書等で冷静に、法に照らして交渉する自信はあるのですが。

Aベストアンサー

>当方が相手と交渉しても感情的にならず、文書等で冷静に、
 法に照らして交渉する自信はあるのですが。

交渉することはできるでしょうが、相手が受け入れなかった場合はどうするのですか?

民事事件の場合はゲームです。
プレーヤーは弁護士。専門家です。
相手方弁護士は依頼人の最大限の利益のためにプレイします。
あなたの弁護士も同じです。

最終的な審判は裁判官です。
それぞれの弁護士の主張を聞いて、判断します。
100%の勝ち負けが着かない場合は多々あります。

弁護士は過去の判例に照らしてどのような判決になるかが分かっています。
お互いの弁護士は最終的に訴訟になった場合、どのような結果になるのかは織り込み済みで交渉しています。

守る側は、「依頼人の最大限の利益のため」ということで、一応ポーズとして「有ること無いこと、ウソ八百」並べ立てます。
時間がかかります。
で、それがイヤで適当なところで手を打つ、ということになれば、相手方にとっては利益になります。
こちらとしては時間がかからずに済みます。

また、訴訟ということにすれば、相手はどんな理屈を付けようが、控訴、上告までできます。
もちろん負けを承知の上です。
で、時間がかかるし、裁判費用もかさみます。

時間つぶしはイヤだ、余計なお金は使いたくない、というのであれば示談です。
その落とし所を捜すのが弁護士の仕事です。

仮にあなたと相手方弁護士が対峙したとします。
あなたは相手方弁護士の主張をことごとく論破しようとするでしょう。
膨大な時間がかかります。
あなたはそれに時間を割かなければなりません。
その間他のことはできなくなります。

もし弁護士を頼んでいれば、弁護士に資料を渡すだけで済みます。
もちろん弁護士費用はかかりますが、あなたは別のことをすることができます。

そこのところをどのように判断するかでしょう。

まあ、弁護士にとっては示談だろうが訴訟だろうが同じです。
時間的なことからすれば、早く示談にしてしまいたいと思うでしょう。
そこには「社会正義の実現」なんてことはありません。
効率の悪いことはしたくないんですよ。

>当方が相手と交渉しても感情的にならず、文書等で冷静に、
 法に照らして交渉する自信はあるのですが。

交渉することはできるでしょうが、相手が受け入れなかった場合はどうするのですか?

民事事件の場合はゲームです。
プレーヤーは弁護士。専門家です。
相手方弁護士は依頼人の最大限の利益のためにプレイします。
あなたの弁護士も同じです。

最終的な審判は裁判官です。
それぞれの弁護士の主張を聞いて、判断します。
100%の勝ち負けが着かない場合は多々あります。

弁護士は過去の判例に照らしてど...続きを読む

Q接触事故示談に掛かる期間と過失割合

事故の状況を図で見ていただきたいのですが。
http://blogs.yahoo.co.jp/keichan0852/32712726.html
3月25日の事故について5月21日以来未だ保険会社から連絡有りません。
保険会社の仕事はこのくらい時間が掛かるものなのでしょうか?
何もしないで待ってて良いのでしょうか?

教えていただきたく宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

保険屋は単にあなたの過失について、どの程度の過失があるかを判断して賠償をするのみです。
相手が無過失主張する以上 それが妥当なものと判断出来ない限り、またあなたがそれでは納得しないとすれば前には進めません。
示談できなければ、車の修理代の支払いはしません。困るのはどちらですか?
保険屋は困りません。
早期に示談解決できるかどうかは相手次第 一部契約者に問題がある場合もありますが・・・・?
いずれにしても、保険屋は当事者の間でそれなり示談のための解決努力はしますが、それも相手によりけり。
保険屋には、警察 検察のようなまた裁判所のような権限はありません。
調停・訴訟のような、なんらかの行動を双方が起こさない限り、当分なりゆきを見る、しかないでしょうね。保険屋が積極的にそのような行動はしません。
保険屋から強制的になにかする権限は持ち合わせていません。相手が契約者に対して不当に恫喝 強要 脅迫的言動・行動をするようなことがあれば、弁護士対応、依頼することはありますが・・・?
取りたててあなたに困ることがなければ、放置しておけば良いでしょ。
自分の修理は車両保険加入ならそちらで先行払いします。未加入なら自己負担でさっさと修理 示談は保険屋に丸投げ 知らん顔しとけば済む話 どちらにしてもバックでの衝突ですから過失はあなたに多くあるように感じますけどね。

保険屋は単にあなたの過失について、どの程度の過失があるかを判断して賠償をするのみです。
相手が無過失主張する以上 それが妥当なものと判断出来ない限り、またあなたがそれでは納得しないとすれば前には進めません。
示談できなければ、車の修理代の支払いはしません。困るのはどちらですか?
保険屋は困りません。
早期に示談解決できるかどうかは相手次第 一部契約者に問題がある場合もありますが・・・・?
いずれにしても、保険屋は当事者の間でそれなり示談のための解決努力はしますが、それも相...続きを読む


人気Q&Aランキング