出産前後の痔にはご注意!

なぜ、日本だけが戦争に対して謝罪を求められているんですか?
原爆を落としたアメリカは日本に対して謝罪したのでしょうか?
戦争に負けたからでしょうか?
他に謝罪を求められている国はあるのでしょうか?

歴史や国際問題に関して全く知識が無いので教えて下さい。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (13件中1~10件)

日本と中国の間には、1978年の「日中平和友好条約」があります。


韓国との間には、1965年の「日韓基本条約」があります。
国家レベルでの戦時賠償や謝罪は、その批准の時点で解決したと見るのが、国際法上の“常識”です。

このご質問の答えについて、もっとも簡単な答えは、「彼らが国際法を守っていないから」あるいは「守る気がないから」です。

中国や韓国が日本に対して、内政干渉に等しい行為を繰り返すのは、古代から続く「中華思想」「華夷秩序」に基づいています。中国を中心とする秩序の中で、東の果ての島国という、「序列下位の野蛮な国」が、自分達を“支配下”に置こうとしたことが、どうしても許せないのです。また、“宗主国”中国は、序列が下の国に対しては、どんな干渉も許されるのが決まりですし、韓国(を含む歴代朝鮮半島の国家)は、この秩序の「最も忠実な臣下」ですから、中国と同じことを行っても平気なのです。

今問題にされている「つくる会」の教科書では、日本は聖徳太子の有名な“日出づる国の天子から・・・”の親書によって、“華夷秩序”から離脱したということになってますが、彼らは、まだ認めていないんでしょうね。

私は、今回の教科書問題や、繰り返される“謝罪要求”を見るたびに、「歴史に縛られた、かわいそうな人たちだな」と思います。
    • good
    • 25

>原爆を落としたアメリカは日本に対して謝罪したのでし ょうか?



これについて、アメリカ人は謝罪をするどころか、これのおかげで戦争が終結したと思っています。
とはいえ、さすがにアメリカも国際社会が黙っていないと思ったのか、極東軍事裁判において「南京大虐殺」なるものを提出しました。これは日本軍が南京で20万人程度の中国人を殺した、となっていますが97%程度がでっち上げです。
少し考えればわかることですが、これは原爆二発分の犠牲者より少し多いんですね。
また、ある資料によれば当時の(虐殺前)南京には20万人いたとなっていますが、おかしな事にその一ヵ月後には25万人の人口に増えています。
というように、どう考えても(大体普通にやって二十万人も殺せるものか)アメリカのでっち上げにもかかわらず、国際社会はこれにだまされ、中共は都合よく利用していると言うわけです。

と言うところで筆を止めますが、お役に立てれば幸いです。
    • good
    • 18

太平洋戦争の発端は日本の国が欧州の戦争で中国を留守にしている間に列強国が持っていた中国の利権を侵し、他の列強国に利権を分けないで独占を計った事が原因で戦勝国も敗戦国の日本も『同じ穴の狢』。


主に日本に謝罪を求めている国は、国と国との約束ごとの条約(欧州ではいくら政権が交代しても効力はある)を交わしても其の時の政権の都合で効力は持たない国民性。
日本がその国にしたことはキリストの原罪とまで言い切る国民性なので日本人の約束事は守る国民性から考えれば理解不可能で永久に謝罪を求められ、求められた日本も永久に理解できないでしょう。
原爆投下の問題は米国に取っては出来るなら特に日本からの謝罪要求(明らかに戦争犯罪だが・・戦争を早期終了の為と苦しい言い訳)はして欲しくない問題で日本も要求しないでしょう。
インドが英国に、ベトナムがフランスに植民地時代の行為を謝れば、植民地にされた全世界の国から謝罪要求をされて賠償金まで支払えば先進諸国は国家の財政破綻をするから絶対謝罪はしないでしょう。
中国については天文安事件の事件の時に中国政府の高官が2000人、3000人死んだからと言って何ら中国の政局(日本なら内乱状態)に何ら影響を及ぼすものではないとの発言で、
よくよく考えれば一度飢饉が起これば何十万人の餓死者、文化大革命に死んだ若者は百万人とも言われており中国の日本に対する謝罪要求の理由及び謝罪要求した江沢民主席も帰国後政変に遭ったとも言われていないので何となく納得。
最後に投稿者の方の『勝てば官軍』ですが太平洋戦争が始まる前に政官財の80%が戦争をすべきではないとしたが結果は開戦、何百万人の犠牲を払って敗戦。恐らく其の時の狂気と思いますが決して狂気には乗らないことをお勧めします。
    • good
    • 6

 ドイツは、ナチスがした仕業であろうが、その行った行為について、現在国家として完全に、全ての否を認めて謝罪しています。

学校教育でも十分その点を検証した教育が成されています。

 日本は、旧日本軍の数々の悪行に対して曖昧な態度を取っており、南京体虐殺や従軍慰安婦問題に対して、それらは無かったと言い放つ閣僚や議員も数えられない程(過去)存在します。

 新しい(右翼の)「教科書」が出てくる事がその状況を端的に現しています。

 謝罪は、相手が受け入れない限り、謝罪したことになりません。少なくとも、日本は、今までのところ、国家も国民も、謝罪らしい謝罪はしていないのです。
    • good
    • 13

他に謝罪を求められている国はあるのでしょうか?



近代史の中で謝罪を求められている(求められた)国は(市民団体からの要求も含めると)日本だけではありません。

たとえば、イギリスもインドの植民地化に対しての謝罪要求を受けました。イギリスは謝罪はしていませんが。

ドイツもここ2~3年前になってやっとユダヤ人迫害にナチスだけではなくドイツ国軍や一般市民も関わっていた事が明らかになり政府が対応に苦慮したというニュースがありました。

が、それはあくまでも人種迫害に対してであり、戦争を起こした事に対してではありません。

それがいいか悪いかは抜きにして、戦争は独立国家が行使してもかまわない政治解決方法の一つと考えられているからです。(一般の殺人は罪なのに戦争時の兵士同士の殺し合いは罪に問われないのはこのため)

原爆を落としたアメリカは日本に対して謝罪したのでしょうか?  

していません。

日本だけが戦争に対して謝罪を求められているんですか?    

日本だけかどうかは別にして日本が謝罪を要求されるのは戦争に負けたから。これが一番大きいと思います。

『勝てば官軍、負ければ賊軍。』これは世界共通です。
アヘン戦争のような滅茶苦茶な戦争でも勝ったイギリスは数年前、胸を張って香港を中国に返還したのは記憶に新しいと思います。

次に、謝罪を要求してくるのは主に中国と韓国、北朝鮮の三ケ国ですが、これらの国々に対して日本は加害者であるわけで、被害者が加害者に対して『あやまれ』と言うのはごく自然の感情だと思います。

私自身は日本はもう十分に謝罪は行ったと思うのですが
これは、被害者側と加害者側との絶対に埋らない溝ですね。

もう一つは現在において、それらの国が日本との外交で自国に有利に話しを進めようとするための手段、または自国民へのアピールとして利用しているからです。いわゆる『歴史カード』です。

外交上日本と利害が一致する場合は使われず、中日、韓日は未来へむけて友好を、、、となりますが、利害が対立する場合は、まず、日本は過去において我が国を侵略しましたね、謝罪してくれ。と、先制パンチをくらわすわけです。

これらは、硬軟合わせたしたたかな外交上のテクニックの問題であり日本の弱点をつく必殺技の一つでしょう。

最近、日本はこの必殺技を防御する技を体得しつつあるようなので、今後はこの外交上の謝罪要求は減ってくるかもしれません。

ただ、外国は○○に対して謝罪していない。とかを持ちだし謝罪要求を無視するのではなく、各国の国民感情は理解する必要があります。

これら歴史的、感情的、外交的な要素が絡みあって日本は謝罪を求められるんではないでしょうか?
    • good
    • 17

No.4の回答者Nobor3です。


負けたから、謝罪を求められるというのも、もちろん当たってます。
それは、人間の歴史がはじまってからずーっとそうです。
でも、日本人が罪も無い人たちを不幸のどん底に落とした事も間違いの無い事です。
あなたが、むりやり名前を占領国風に変えさせられたり、宗教を押し付けられたり、重労働をさせられたり、弾除け代わりの兵隊にされたり、SEXの道具にされたり、人体実験をされたり、家族を殺されたりしたらどうですか?謝罪してもらわなくて平気ですか?謝罪されればそれだけで簡単に許せますか?
他の国が謝ったかどうかなんてことを加害者側の者が言っちゃいけない事だと思います。
「嵌められた」だけの国が、あれだけの酷い事をするでしょうか?
「嵌められた」場合はどんな酷い事をしても、責任をとらなくていいんでしょうか?
ドイツの悪の象徴ヒットラーはちゃんと処刑されました。昭和天皇はどうでした?
昭和天皇が人間的にリッパだったかどうかなんて、被害にあった国の人に取っては無意味です。天皇の名の元に日本兵は酷い事をいっぱいしたんですから・・・。

中国や朝鮮半島では日本兵がどんな事をやったか、蝋人形などを使って子供たちに詳しく教えてます。でも日本ではだんだん日本の戦争犯罪を教えるのをやめようとしています。
こんなことをしていたら、歴史認識にどんどんギャップが広がって、またアジアの中で孤立していまいかねません。学校では日本が犯した戦争責任をしっかり教えなくっちゃいけないし、犯した罪にたいしては機会のあるごとに謝罪して当然だと思います。不幸な歴史を繰り返さないためには、そうするしかないんです。
    • good
    • 9

とってもデリケートな話題なので色々と発言が違う解釈される可能性があるので答えるのは難しいんですが。


まず、謝罪を求められても「国家」の過ちをその国自らが認めることって無いです。会社じゃないんだから。。自分で日本人であることを否定するようなものですね。
謝罪についても、日本は国家間では お金ですでに謝罪済みです。
ただ、table1969さんがおっしゃるように日本を相手に謝罪を求める人たちが今だに絶えません。彼らのいう謝罪ってなんでしょうか?お金ですね。
例えば小泉首相が土下座してあやまっても、彼らは納得しないでしょう。
韓国に支払った「謝罪金」を韓国は自らの工業発展に費やしました。どこの国でも、そうするでしょうが、それが未だに、実際に戦争で被害にあった人たちからすると納得いかんのでしょう。。

最後に、、戦争に損害賠償を求めること自体がなんか変。
    • good
    • 11

知らないあなたに知らない私が答えるのは、無謀ですが、ま、意見、ということで。


私は今、非常にうがった、傲慢なことを考えてしまっております。
まがりなりにも、戦後日本は大きな発展を遂げました。諸外国の方々は、もしも日本がこんなに発展せず、貧乏国家のままだったとしても、同じように謝罪を求めていたのでしょうか?

もうひとつ。謝罪をすると、日本にはどのようなことが待ち受けているのでしょうか?

日本が戦争のときに犯した罪は大きい。時代錯誤の帝国主義政策が世界を不安に陥れたことも事実。それを国家として正式に謝罪することにより、心に傷を負った人たちが少しでも癒されるのならば…とも思います。多くの海外の人たちは、きっと、そういう純粋な思いなのでしょう。

しかし、失礼ながら、そうではない一部のどす黒い人たちの影が感じられると言ったら、言いすぎでしょうか。

外国は、おそらく、意識のレベルとしての日本の謝罪を求めているのではない。

謝罪のしるしとして、本当は、日本の何を求めているのでしょう?
    • good
    • 9

再登場です。


非常に誤解が多いと思われることがありますので‥
ドイツと日本を比較し、ドイツは謝罪と賠償を云々という論調が非常によく見受けられます。
けれども、ドイツの歴代首相たちの発言を見ますと、ドイツという国がやったことではなく、ナチスがやったことを謝罪しているのですネ。国家が行なった行為を謝罪しているのではありません。
また、このスタンスは世界的には常識であると言えるでしょう。旧ソ連やロシアでもレーニンの行為の誤りは認めても、スターリンの行為の誤りは認めても、国家の誤りは断固として認めませんネ。
このように述べると、アメリカが日系人収容所に入れた日系人に対して謝罪と補償を行なったと反論される方もおられるかも知れません。けれども、これはアメリカ政府に対して一部の自国民(日系アメリカ人)が訴訟をおこし、その裁判で原告が勝訴したので、判決に従ったというだけのことであり、国が国の誤りを自主的に認めて行動したということとは程遠いものです。
国と国についての問題はサンフランシスコ講和条約で決着を見ています。責任については、軍事裁判による大量の処刑者、海外資産の放棄、物納によるものが多かったにしても多額の賠償金、それらによって、国際司法的には終了してしまっています。日本の戦後関連で終結していないのは、強いて言えば北朝鮮だけですが、この場合は国家として認めるか否かという問題を含みますし、国家であるとしても国交がないために、速やかに解決するとは考えにくいものです。
先の回答でも述べましたが、嵌められて始めた戦争であり、予定通りに敗戦に持っていかれた敗戦国であるがゆえに、戦勝国でないがゆえに、国家としての謝罪を求められているのですネ。
以上kawakawaでした
    • good
    • 8

日本がちゃんと謝罪してないからじゃないですか?


ドイツはちゃんと謝罪してるみたいですよ。(参考URL参照)
朝鮮半島からむりやりつれてこられて被爆した人、従軍慰安婦にされた人、日本の占領時代に迫害された朝鮮半島や中国の人、サハリンに置き去りにされていまだにそのままサハリンに住んでいる人・・・。ろくに謝罪も補償も受けていない人がいっぱいいます。
中国には日本軍がほったらかしにした地雷がまだいっぱいあるし・・・。
いくら謝ってもぜんぜん足りないですね。

参考URL:http://www.pcc.metro-u.ac.jp/~t9822119/essay/fif …

この回答への補足

戦争中に日本がやっていたようなことを、他国が全く行なっていなかったわけではないでしょうし、なぜ日本だけが『ちゃんと謝罪』をしないといけないのですか?という質問のつもりだったんですが・・・。
シベリア抑留や枯葉作戦などは、国際的にはOKと言うことなのでしょうか?

補足日時:2001/07/09 21:05
    • good
    • 3

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q中国がイギリスに謝罪や賠償を要求しない理由

日本に対しては永遠に謝罪を要求して行くというスタンスのようですがイギリスに対してはなにも言わないのはどうしてなんでしょうか?
イギリスの方がどう考えても許し難い国ではありませんか?

イギリス政府はすべて突っぱねているのでしょうか?
日本政府はいつまでに謝罪してるから永遠に謝罪を要求するだなんてことになったんでしょうか?
中国のイギリスと日本に対する扱いの差は一体なんなのでしょうか?

Aベストアンサー

中国人は当時こういったそうです
イギリス人は侵略をしたが文化を我々にくれた
日本人は奪うだけだった
だから同じ扱いではない

だそうです

Qイギリスは元植民地に対して謝罪や賠償をしたか?

少し調べものをしているのですが、イギリスが過去の植民地支配に対して謝罪や賠償をしたケースはありますか?

確かなかったはずだと思うのですが、なかったと言い切ってもいいのかどうか、そこまで現代史に詳しくないもので、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

イギリスに限りませんが、欧米諸国の旧植民地から旧宗主国に対し行われている賠償請求(植民地支配そのものに対するものから、その過程で行われた虐殺に対するもの、資源や土地、労働力の収奪に対するものなど、請求内容は各種あります)は莫大なものになります。
例えばマレーシアで2007年に起きたイギリスに対する賠償請求デモにおける要求額はなんと「4兆ドル」でした。
しかしながら旧宗主国はどこも「植民地支配は合法に行われた」との立場を取り、奴隷貿易なども「現在の価値観では非道な行為だが、当時は合法」として謝罪や賠償は拒否しています。
イギリスの旧植民地ではジンバブエが旧植民地時代の土地収奪などに対し、もっとも強硬な態度を取っており、2000年以降白人農場主(イギリスに住んでいた不在地主も少なくありませんでした)から土地の強制収容を行いましたが、それに対し欧米諸国は経済制裁で応えています。
当然ながらどこか1カ所でも賠償すれば、世界中の請求運動に火をつけるのは目に見えた話であり、イギリスはそのような謝罪や賠償は一切行っておりません。

Q日本が中国に謝罪した回数と謝罪の程度

中国の人は掲示板などでほとんど必ずといっていいほど、「日本政府は戦争中に行ってきた残虐行為・侵略行為を一度も謝罪してこなかった」と書いています。「謝罪した」と書いた中国の人を一度も掲示板で見たことがありません。

実際はどうなのでしょうか?ウィキペディアの日本語版では日本政府は10回以上も政府要人が謝罪したと書いています。ですが、英国人もアメリカ人も、中国人のその主張を信じている人が多いようです。あるアメリカ人はこう書いています。「日本政府は韓国政府には謝罪したが、中国人には謝罪していない」。

また、中国人はよく「日本政府が国民を加害者とは思わせないようにマインドコントロールしている」と書いています。本当にそうなのでしょうか?それはともかく、一番知りたいことは、1.日本政府が中国政府ないし国民に謝罪した回数、2.どこまで謝罪したのか(南京事件は?)3.賠償金は?ということです。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

質問者様ご質問の件について

>中国の人は掲示板などでほとんど必ずといっていいほど、
>「日本政府は戦争中に行ってきた残虐行為・侵略行為を一度も謝罪してこなかった」
>と書いています。

>あるアメリカ人はこう書いています。
>「日本政府は韓国政府には謝罪したが、中国人には謝罪していない」。

>中国人はよく
>「日本政府が国民を加害者とは思わせないようにマインドコントロールしている」
>と書いています。本当にそうなのでしょうか

>それはともかく、一番知りたいことは、
>1.日本政府が中国政府ないし国民に謝罪した回数、
>2.どこまで謝罪したのか(南京事件は?)
>3.賠償金は?ということです。よろしくお願いします。


1972年に田中首相が中国を訪問し、周恩来首相、毛沢東主席と会談し、
日本政府が過去の中国に対する戦争を謝罪し、中華人民共和国を承認し、
日中共同声明を発表し、日中が国交を回復して以後、
歴代の日本政府は1972年の日中共同声明を順守して、
過去の戦争および戦争により様々な被害を受けた人々に謝罪し、
日本は再び侵略戦争をすることなく、諸外国と共存共栄関係を築くことを表明しています。

中華人民共和国政府も中華民国政府も日本に対する戦争賠償については放棄していますが、
日本政府は中国に対する経済開発協力の形で資金援助してきた。

以下に参考となる日本政府のサイトのリンクを示し、リンク先の資料の一部を引用します。


外務省>各国・地域情勢>アジア>戦後60周年
http://www.mofa.go.jp/mofaj/area/taisen/index.html


外務省>各国・地域情勢>アジア>戦後60周年>歴史問題Q&A
http://www.mofa.go.jp/mofaj/area/taisen/qa/index.html

外務省>各国・地域情勢>アジア>戦後60周年>歴史問題Q&A
>Q.1 先の大戦に対して、日本政府はどのような歴史認識を持っていますか。
http://www.mofa.go.jp/mofaj/area/taisen/qa/01.html

外務省>各国・地域情勢>アジア>戦後60周年>歴史問題Q&A
>Q.2 日本は、戦争で被害を受けたアジア諸国に対して公式に謝罪していないのではありませんか。
http://www.mofa.go.jp/mofaj/area/taisen/qa/02.html

外務省>各国・地域情勢>アジア>戦後60周年>歴史問題Q&A
>Q.3 日本は先の戦争で被害を受けた国や人々に対し、どのように賠償したのですか。
http://www.mofa.go.jp/mofaj/area/taisen/qa/03.html

外務省>各国・地域情勢>アジア>戦後60周年>歴史問題Q&A
>Q.5 「従軍慰安婦問題」に対して、日本政府はどのように考えていますか。
http://www.mofa.go.jp/mofaj/area/taisen/qa/05.html


外務省>各国・地域情勢>アジア>戦後60周年>1972年の日中共同声明
http://www.mofa.go.jp/mofaj/area/china/nc_seimei.html

上記の共同声明の一部を引用して下記に示す

>日中両国は、一衣帯水の間にある隣国であり、長い伝統的友好の歴史を有する。
>両国国民は、両国間にこれまで存在していた
>不正常な状態に終止符を打つことを切望している。

>戦争状態の終結と日中国交の正常化という両国国民の願望の実現は、
>両国関係の歴史に新たな一頁を開くこととなろう。

>日本側は、過去において日本国が戦争を通じて
>中国国民に重大な損害を与えたことについての責任を痛感し、深く反省する。

>また、日本側は、中華人民共和国政府が提起した「復交三原則」を
>十分理解する立場に立って国交正常化の実現をはかるという見解を再確認する。


外務省>各国・地域情勢>アジア>中華人民共和国>基礎データ
http://www.mofa.go.jp/mofaj/area/china/data.html

上記の外務省の資料から引用

>1974年 貿易協定
>1974年 航空協定
>1975年 海運協定
>1978年 商標保護協定
>1978年 日中平和友好条約
>1979年 文化交流協定
>1980年 科技協定
>1981年 渡り鳥保護協定
>1984年 租税協定
>1986年 原子力協定
>1989年 投資保護協定
>1994年 環境保護協力協定
>1997年 漁業協定
>2006年 税関相互支援協定

>日本の中国に対する2005年度までの経済協力
>(1)有償資金協力(E/Nベース)約3兆1331億円
>(2)無償資金協力(E/Nベース)約1472億円
>(3)技術協力実績(JICAベース)約1505億円


外務省>各国・地域情勢>アジア>戦後60周年
>内閣総理大臣その他の国務大臣による靖国神社公式参拝に関する後藤田内閣官房長官談話(1986年)
http://www.mofa.go.jp/mofaj/area/taisen/gotouda.html


外務省>各国・地域情勢>アジア>戦後60周年
>朝鮮半島出身者のいわゆる従軍慰安婦問題に関する加藤内閣官房長官発表(1992年)
http://www.mofa.go.jp/mofaj/area/taisen/kato.html

上記の談話の一部を引用して下記に示す

>政府としては、国籍、出身地の如何を問わず、
>いわゆる従軍慰安婦として筆舌に尽くし難い辛苦をなめられた全ての方々に対し、
>改めて衷心よりお詫びと反省の気持ちを申し上げたい。
>また、このような過ちを決して繰り返してはならないという深い反省と決意の下に立って、
>平和国家としての立場を堅持するとともに、
>未架に向けて新しい日韓関係及びその他のアジア諸国、
>地域との関係を構築すべく努力していきたい。


外務省>各国・地域情勢>アジア>戦後60周年
>慰安婦関係調査結果発表に関する河野内閣官房長官談話(1993年)
http://www.mofa.go.jp/mofaj/area/taisen/kono.html

上記の談話の一部を引用して下記に示す

>本件は、当時の軍の関与の下に、多数の女性の名誉と尊厳を深く傷つけた問題である。
>政府は、この機会に、改めて、その出身地のいかんを問わず、
>いわゆる従軍慰安婦として数多の苦痛を経験され、
>心身にわたり癒しがたい傷を負われたすべての方々に対し
>心からお詫びと反省の気持ちを申し上げる。
>また、そのような気持ちを我が国としてどのように表すかということについては、
>有識者のご意見なども徴しつつ、今後とも真剣に検討すべきものと考える。
>われわれはこのような歴史の真実を回避することなく、
>むしろこれを歴史の教訓として直視していきたい。
>われわれは、歴史研究、歴史教育を通じて、このような問題を永く記憶にとどめ、
>同じ過ちを決して繰り返さないという固い決意を改めて表明する。



外務省>各国・地域情勢>アジア>戦後60周年
>村山首相による「女性のためのアジア平和国民基金」発足のご挨拶(1995年)
http://www.mofa.go.jp/mofaj/area/taisen/kono.html

上記の挨拶の一部を引用して下記に示す

>今年は、内外の多くの人々が大きな苦しみと悲しみを経験した
>戦争が終わってからちょうど50年になります。
>その間、私たちは、アジア近隣諸国等との友好関係を
>一歩一歩深めるよう努めてまいりましたが、
>その一方で、戦争の傷痕はこれらの国々に今なお深く残っています。
>いわゆる従軍慰安婦の問題もそのひとつです。
>この問題は、旧日本軍が関与して多くの女性の名誉と尊厳を深く傷つけたものであり、
>とうてい許されるものではありません。
>私は、従軍慰安婦として心身にわたり癒しがたい傷を負われたすべての方々に対して、
>深くおわびを申し上げたいと思います。

>このたび発足する「女性のためのアジア平和国民基金」は、
>政府と国民がともに協力しながら、これらの方々に対する
>国民的な償いや医療、福祉の事業の支援などに取り組もうというものです。
>呼びかけ人の方々の趣意書にも明記されているとおり、
>政府としても、この基金が所期の目的を達成できるよう、
>責任を持って最善の努力を行ってまいります。
>同時に、二度とこのような問題が起こることのないよう、
>政府は、過去の従軍慰安婦の歴史資料も整えて、歴史の教訓としてまいります。


外務省>各国・地域情勢>アジア>戦後60周年
>平和と発展のための友好協力パートナーシップの構築に関する日中共同宣言(1998年)
http://www.mofa.go.jp/mofaj/area/china/nc_sengen.html


外務省>各国・地域情勢>アジア>戦後50年の村山首相の談話
http://www.mofa.go.jp/mofaj/press/danwa/07/dmu_0815.html

上記の談話の一部を引用して下記に示す

>私たちは過去のあやまちを2度と繰り返すことのないよう、
>戦争の悲惨さを若い世代に語り伝えていかなければなりません。
>とくに近隣諸国の人々と手を携えて、
>アジア太平洋地域ひいては世界の平和を確かなものとしていくためには、
>なによりも、これらの諸国との間に深い理解と信頼にもとづいた関係を
>培っていくことが不可欠と考えます。

>戦後50周年の節目に当たり、われわれが銘記すべきことは、
>来し方を訪ねて歴史の教訓に学び、未来を望んで、
>人類社会の平和と繁栄への道を誤らないことであります。
>わが国は、遠くない過去の一時期、国策を誤り、
>戦争への道を歩んで国民を存亡の危機に陥れ、植民地支配と侵略によって、
>多くの国々、とりわけアジア諸国の人々に対して多大の損害と苦痛を与えました。
>私は、未来に誤ち無からしめんとするが故に、
>疑うべくもないこの歴史の事実を謙虚に受け止め、
>ここにあらためて痛切な反省の意を表し、心からのお詫びの気持ちを表明いたします。
>また、この歴史がもたらした内外すべての犠牲者に深い哀悼の念を捧げます。
>敗戦の日から50周年を迎えた今日、わが国は、深い反省に立ち、
>独善的なナショナリズムを排し、責任ある国際社会の一員として国際協調を促進し、
>それを通じて、平和の理念と民主主義とを押し広めていかなければなりません。


首相官邸>小泉首相の演説・記者会見等>靖国神社参拝に関する小泉内閣総理大臣の談話(2001年)
http://www.kantei.go.jp/jp/koizumispeech/2001/0813danwa.html


外務省>各国・地域情勢>アジア>戦後60周年
>いわゆる従軍慰安婦問題に対する日本政府の施策(2001年)
http://www.mofa.go.jp/mofaj/area/taisen/ianfu.html


外務省>各国・地域情勢>アジア>戦後60周年>元慰安婦の方々に対する小泉首相の手紙(2005年)
http://www.mofa.go.jp/mofaj/area/taisen/letter.html

上記の手紙の一部を引用して下記に示す

>いわゆる従軍慰安婦問題は、当時の軍の関与の下に、
>多数の女性の名誉と尊厳を深く傷つけた問題でございました。
>私は、日本国の内閣総理大臣として改めて、
>いわゆる従軍慰安婦として数多の苦痛を経験され、
>心身にわたり癒しがたい傷を負われたすべての方々に対し、
>心からおわびと反省の気持ちを申し上げます。

>我々は、過去の重みからも未来への責任からも逃げるわけにはまいりません。
>わが国としては、道義的な責任を痛感しつつ、おわびと反省の気持ちを踏まえ、
>過去の歴史を直視し、正しくこれを後世に伝えるとともに、
>いわれなき暴力など女性の名誉と尊厳に関わる諸問題にも
>積極的に取り組んでいかなければならないと考えております。


外務省>各国・地域情勢>アジア>戦後60周年
>靖国神社参拝に関する政府の基本的立場(2005年)
http://www.mofa.go.jp/mofaj/area/taisen/yasukuni/tachiba.html


外務省>各国・地域情勢>アジア>戦後60周年
>2005年アジア・アフリカ首脳会議における小泉首相の談話
http://www.mofa.go.jp/mofaj/press/enzetsu/17/ekoi_0422.html

外務省>各国・地域情勢>アジア>戦後60周年
>2005年アジア・アフリカ首脳会議における小泉首相の談話の中国語版
http://www.cn.emb-japan.go.jp/bilateral/j-c050425.htm

外務省>各国・地域情勢>アジア>戦後60周年
>2005年アジア・アフリカ首脳会議における小泉首相の談話の英語版
http://www.mofa.go.jp/region/asia-paci/meet0504/speech.html


外務省>各国・地域情勢>アジア>戦後60周年>戦後60年の小泉首相の談話
http://www.kantei.go.jp/jp/koizumispeech/2005/08/15danwa.html

在北京日本大使館>戦後60年の小泉首相の談話の中国語版
http://www.cn.emb-japan.go.jp/bilateral/bunken_2005danwa.htm

外務省>各国・地域情勢>アジア>戦後60周年>戦後60年の小泉首相の談話のハングル版
http://www.kr.emb-japan.go.jp/diplo/d_news/pMini_050815.htm

外務省>各国・地域情勢>アジア>戦後60周年>戦後60年の小泉首相の談話の英語版
http://www.mofa.go.jp/announce/announce/2005/8/0815.html

上記の談話の一部を引用して下記に示す

>我が国は、かつて植民地支配と侵略によって、多くの国々、
>とりわけアジア諸国の人々に対して多大の損害と苦痛を与えました。
>こうした歴史の事実を謙虚に受け止め、
>改めて痛切な反省と心からのお詫びの気持ちを表明するとともに、
>先の大戦における内外のすべての犠牲者に謹んで哀悼の意を表します。
>悲惨な戦争の教訓を風化させず、
>二度と戦火を交えることなく世界の平和と繁栄に貢献していく決意です。

>戦後我が国は、国民の不断の努力と多くの国々の支援により廃墟から立ち上がり、
>サンフランシスコ平和条約を受け入れて国際社会への復帰の第一歩を踏み出しました。
>いかなる問題も武力によらず平和的に解決するとの立場を貫き、
>ODAや国連平和維持活動などを通じて世界の平和と繁栄のため
>物的・人的両面から積極的に貢献してまいりました。

>我が国の戦後の歴史は、まさに戦争への反省を行動で示した平和の六十年であります。

>アジア諸国との間でもかつてないほど経済、文化等幅広い分野での交流が深まっています。
>とりわけ一衣帯水の間にある中国や韓国をはじめとするアジア諸国とは、
>ともに手を携えてこの地域の平和を維持し、発展を目指すことが必要だと考えます。
>過去を直視して、歴史を正しく認識し、アジア諸国との相互理解と
>信頼に基づいた未来志向の協力関係を構築していきたいと考えています。

質問者様ご質問の件について

>中国の人は掲示板などでほとんど必ずといっていいほど、
>「日本政府は戦争中に行ってきた残虐行為・侵略行為を一度も謝罪してこなかった」
>と書いています。

>あるアメリカ人はこう書いています。
>「日本政府は韓国政府には謝罪したが、中国人には謝罪していない」。

>中国人はよく
>「日本政府が国民を加害者とは思わせないようにマインドコントロールしている」
>と書いています。本当にそうなのでしょうか

>それはともかく、一番知りたいことは、
...続きを読む

Q韓国は、なぜ属国の歴史しかない事を教えないのか?

韓国では嘘やねつ造、美化された歴史を教えとります。

そのくせ日本の正しい歴史を教える教科書には
いちゃもんをつけとります。

韓国は、なぜ国民に自国が属国の歴史しかない事を教えないのでしょうか?

嘘ばかり教えていたら韓国人の民度があがりません!

私は韓国が大好きだからこそ真実を教えてあげないとアカンと思うとります。

誠実な回答よろしくお願いします。

Aベストアンサー

韓国はなんでも自分本位なんです。
竹島も同じです。
日本が戦争を憲法で放棄したから「それーっ」と李ラインを引いて竹島をその中に入れて分捕っちゃったんです。
戦後の闇市と同じです。日本は戦争に負けた。「今だ。駅前の一等地を分捕っちゃえ!」コリアンたちが分捕りそのまま居座ってパチンコ屋を開業しました。
日本海呼称問題も同じです。
彼らの言い分をご存知ですか?
1.日本以外のアジア諸国は誰一人日本海とは呼ばない。東海と呼んでいる。常識である。
2.東海はコリアの東にあるからではない。アジアの東にあるからである。

このような民族なのです。哀れを感じます。日本人と顔かたちはそっくりですが、心の持ち方が違います。決して尊敬されない民族です。

コリアンが米国の大学でピストルを乱射し大量殺人を犯しました。そのときコリアの留学生がマスコミのインタビューを受けたときの回答が印象的でした。
「これから起こるであろうアジア人留学生に対する迫害を憂えます」
だって。
よく言うよ。もしコリアンが取ったことが一度もない(平和賞を除く)ノーベル賞を取ったらその留学生は「アジアの誇りだ」と言うでしょうか。アジアのアの字も言わないと思います。

彼らは悪いことをしたら日本語で「どうも済みません」と言えと指導されているそうです。
1.日本人は世界で評価が高いから許してもらえる。
2.敵国日本の評価を下げたい。

このような哀れな国民です。できることなら引越ししたいです。

韓国はなんでも自分本位なんです。
竹島も同じです。
日本が戦争を憲法で放棄したから「それーっ」と李ラインを引いて竹島をその中に入れて分捕っちゃったんです。
戦後の闇市と同じです。日本は戦争に負けた。「今だ。駅前の一等地を分捕っちゃえ!」コリアンたちが分捕りそのまま居座ってパチンコ屋を開業しました。
日本海呼称問題も同じです。
彼らの言い分をご存知ですか?
1.日本以外のアジア諸国は誰一人日本海とは呼ばない。東海と呼んでいる。常識である。
2.東海はコリアの東にあるからではない。ア...続きを読む

Q韓国は、なぜ日本と国交を断絶しないのですか?

世界1の反日国家であり日本嫌いのハズなんですが、不思議と韓国政府や韓国国民から、日本と国交を断絶しようという話が出てこないのはなぜですか?

日本人としては、大使館にトラックが突こんで来る国とは、ぜひ国交を断絶して欲しいと思いますね。

Aベストアンサー

できません。

韓国人(・朝鮮人)は日本に寄生して生きています。日本は宿主なのです。
本当なら虫下しを飲んで寄生虫を糞だめに排泄し、すっきりしたいですね。

パチンコ中毒者は完全に寄生されています。虫下しが必要です。

眞露もマッコリもやめましょう。肝臓を傷めます。某大手スーパーのPB第3のビールは韓国製で、飲みすぎると身体を壊します。私もうっかり飲んだことがありますが、もうやめました。

昔海外を旅行したときいくつかの国で聞きました。日本人居住地区に韓国人が焼肉屋を開き、日本人に擦り寄ってくる、と。

気をつけよう、○○○○○○と韓国人

Qよく戦後の謝罪はドイツを見習えというが本当?

よく「第二次世界大戦後のドイツの隣国への謝罪を見習え」という論調が
国内にとどまらず、中国や韓国からも出ますが(今回の韓国の竹島問題でも
少し話題に出ましたが)、

 ・本当にナチスドイツの謝罪はうまくいっているのでしょうか?
 ・もしそうでしたら、何がうまくいっていると言われているのでしょうか?
 ・また、日本以上に問題がこじれているものはないのでしょうか?

詳しくないので、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 「謝罪」という行為にはそれ自体に倫理的価値がありますが、外交においては「和解」に資する道具立てとして重要です。そのため、いくら「謝罪」しても「和解」にいたらないのなら意味はありません。
 日本の場合はこれが「うまくいっていない」ので問題視されます。

 なぜそうなのか。理由はいろいろありますが、まず相手方の事情から。
 中国と韓国は日本の支配に抵抗し、独立解放を勝ち取ったことを一種の建国神話としています。実際には朝鮮半島は連合軍が日本帝国を打ち破ったからであり、中華人民共和国は戦後の国民党との内戦の結果生まれたものです。しかし、彼らは祖国をそのようなものとして認識し、誇っております。もちろん、根拠がないわけではありません。
 それに対して、ヨーロッパ諸国はナチスドイツの侵略をこうむった時点ですでに近代的な国民国家を築いておりました。ナチスからの解放によって再出発したことには違いがありませんが、「建国」の重要度はまったく異なります。
 中韓の場合は、日本の支配・侵略から脱したことがはるかに重要な意味を持っているのです。それだけに日本がそれに見合った行動をとらないと、彼らには「納得できない」となりがちです。

 次に、アメリカが戦後の東アジア戦略を構想する過程で、日本と近隣諸国が緊密な関係を築くことを望まなかったという事情があります。ソ連に対しては敵対し、韓国とはアメリカを抜きにした友好関係を望まず、中国には最初は敵視で途中から敵対はしないが友好的でもない関係にあることを期待し、そのために行動してきました。
 東アジア諸国はまんまと(とあえて言います)これに乗り、「和解」の努力を中途半端にしてきました。この事情を国内政治に利用したのです。韓国では日本の支配を非難すれば失政をごまかすことができ、日本では国内の軋轢を呼ぶしかない「謝罪」の問題を適当に処理して済ませても許されました。
 ドイツの「謝罪」に対する不充分さはほかの方も指摘しているとおりですが、いっぽうで「和解」を獲得するための努力は真剣なものでした。一例としてドイツが放棄した歴史的領土は日本の比ではありません。ドイツは全体としてアメリカの世界戦略にしたがいながらも、この一点では独自の外交路線をつらぬいたのです。EUは伊達や酔狂で成立したわけではありません。
 条件の相違はあるものの、日本にこの姿勢が足りなかったことは事実でしょう。

 また、日本の「謝罪」が不充分だったのもたしかだと思います。
 ドイツの場合はその罪を当初ヒトラーとナチスにかぶせることができたので、罪過を認めることもより容易でした。しかしそのいっぽうで、あれらはナチスを支持したドイツの罪である、という論調も世間に根づくようになりました。だから、ブラントの東方外交も支持されたし、ヴァイツゼッカーの演説も受け入れたのです。
 文言や事実だけなら中途半端という評価も正当ですが、これらの言動が生み出された土壌は日本にないものです。だから、周辺諸国も高く評価したのです。
 もっとも、近年は歴史修正主義と称して「ドイツの罪と言われるものには誤りがある」とか「言われるほどではなかった」という論調もありますが、いつもそういった主張は批判を浴びてきましたし、いまでも文学者のギュンター・グラスのようにナチスであった過去は批判の対象となります。表だって公言することがはばかられる言説なのです。

 それに対して、わが国では大日本帝国と日本国を切り分けることが終戦時の条件の相違から難しかったし、あえてあいまいにもしてきたので、戦前の罪を認めることにもあいまいさが付きまといました。
 おかげで今になって、植民地支配や侵略の過程でなされた行為の数々がなかったことにされています。あるいは、あったかなかったかわからないことになってます。しかし、その多くは学術的研究の成果として否定されるのではなく、そのほうが国内の納得を得られるから唱えられているにすぎません。
 こういうことを書くのは多くの反発を喰らうのでかなり勇気が要ります。そのこと自体がドイツと日本の差です。村山談話、河野談話の文言がどうあろうと、また過去公式にどれだけの「謝罪」が積み重ねられていようと、それを認めたくない世論が多数をしめているかぎり、説得力は生まれません。

 皆さんの賛同を得られない「回答」であることは承知しておりますが、わたしが理解しているかぎりではご質問に対する答えはこうです。
 本文でお尋ねになっていることに答えていない部分もありますが、そこは他の方に譲ります。

 長文回答失礼しました。

 「謝罪」という行為にはそれ自体に倫理的価値がありますが、外交においては「和解」に資する道具立てとして重要です。そのため、いくら「謝罪」しても「和解」にいたらないのなら意味はありません。
 日本の場合はこれが「うまくいっていない」ので問題視されます。

 なぜそうなのか。理由はいろいろありますが、まず相手方の事情から。
 中国と韓国は日本の支配に抵抗し、独立解放を勝ち取ったことを一種の建国神話としています。実際には朝鮮半島は連合軍が日本帝国を打ち破ったからであり、中華人民共和...続きを読む

Q日本は慰安婦で何回謝ったんですか?

韓国の元慰安婦は非人道的な扱いを受けたことを自分たちが生きているうちに謝罪して欲しいと言っております。

でも・・・
何度か日本は謝っていると思います。
正確に言うとだれがいつ謝ったんですか?

小泉総理が慰安婦一人一人に謝罪の手紙と賠償金を送ったことは存じております。
それ以外でお願いいたします。日韓併合時代に起きたすべてのことを総括的に謝罪したというのではなく、はっきりと慰安婦と口に出して謝ったことは何回ありますか?

河野さんは慰安婦で謝りましたか?
村山さんは慰安婦で謝りましたか?

韓国側のプロパガンダは
「日本は非人道的な性奴隷について一度も謝っていない」
です。

Aベストアンサー

 
日本の戦争謝罪発言一覧
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%97%A5%E6%9C%AC%E3%81%AE%E6%88%A6%E4%BA%89%E8%AC%9D%E7%BD%AA%E7%99%BA%E8%A8%80%E4%B8%80%E8%A6%A7

1992年1月17日 - 宮澤喜一首相
 従軍慰安婦の問題が取り上げられていますが,私は、このようなことは実に心の痛むことであり,誠に申し訳なく思っております。

1992年7月6日 - 加藤紘一内閣官房長官
 従軍慰安婦として筆舌に尽くし難い辛苦をなめられた全ての方々に対し、改めて衷心よりお詫びと反省の気持ちを申し上げたい

1993年8月4日 - 河野洋平内閣官房長官
 従軍慰安婦として数多の苦痛を経験され、心身にわたり癒しがたい傷を負われたすべての方々に対し心からお詫びと反省の気持ちを申し上げる。

1994年8月31日 - 村山富市首相
 従軍慰安婦問題は、女性の名誉と尊厳を深く傷つけた問題であり、私はこの機会に、改めて、心からの深い反省とお詫びの気持ちを申し上げたいと思います

1995年7月 - 村山富市首相
 従軍慰安婦として心身にわたり癒しがたい傷を負われたすべての方々に対して、深くおわびを申し上げたいと思います。

1996年6月23日 - 橋本龍太郎首相
 従軍慰安婦の問題に触れられましたが、私はこの問題ほど女性の名誉と尊厳を傷つけた 問題はないと思います。そして、心からおわびと反省の言葉を申し上げたいと思います。

1998年7月15日 - 橋本龍太郎首相
 すべての元慰安婦の方々に対し心からのおわびと反省の気持ち

2001年 - 小泉純一郎首相
 従軍慰安婦として数多の苦痛を経験され、心身にわたり癒しがたい傷を負われたすべての方々に対し、心からおわびと反省の気持ちを申し上げます

こうしてみると、2000年からは、日本が辟易してるのが見て取れる
1990年代に何度も謝罪してるのに、それを無視して謝罪要求を繰り返す。
韓国は何を求めてるのか、本当に目的も戦略もないマヌケな民族だ
 

 

 
日本の戦争謝罪発言一覧
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%97%A5%E6%9C%AC%E3%81%AE%E6%88%A6%E4%BA%89%E8%AC%9D%E7%BD%AA%E7%99%BA%E8%A8%80%E4%B8%80%E8%A6%A7

1992年1月17日 - 宮澤喜一首相
 従軍慰安婦の問題が取り上げられていますが,私は、このようなことは実に心の痛むことであり,誠に申し訳なく思っております。

1992年7月6日 - 加藤紘一内閣官房長官
 従軍慰安婦として筆舌に尽くし難い辛苦をなめられた全ての方々に対し、改めて衷心よりお詫びと反省の気持ちを申し上げたい

1993年8月4日 - ...続きを読む

Q日韓併合時代について韓国はなぜ「日本は韓国の富を略奪した」と言うのですか?

日本が併合時代どのようなことをしたか列挙します。

1.朝鮮にそれまで存在しなかった大学を作った。京城帝国大学です。
2.ハングルを普及させた。漢字という一部の特権階級しか理解できなかった文字から庶民の一部が理解していた文字を普及させた。その普及のために当時50しかなかった学校を全土に建設した。
3.経済を飛躍的に向上させ、併合時代に人口が増大した。
4.植林事業
 併合時、禿山まみれだった半島に36年10億本の植林を行いました。残念なことにその大半が朝鮮戦争とその後の乱開発で伐採されたそうです。
5.清津製鉄所、兼二浦製鉄所を建設した。
6.水豊水力発電所を建設した。
7.京義線(京城・新義州間)を建設した。釜山駅~新義州駅を急行電車が運行開始。ソウル市内の路面電車なども建設した。

これだけのことを日本がやりました。当時遅れていた半島に近代国家としての基盤を作ったのです。持ち出しでした。しかし、韓国人の評価は「日韓併合時代、日本は韓国の富を略奪しただけだった」というものです。
10年ほど前でしょうか。大臣が「併合時代、日本はいいこともした」と言っただけで韓国から轟々たる非難が来て大臣の首が飛んだんです。何かおかしくないですか? このような捻じ曲げられた事実だけを韓国の国民が信じているのでは日韓関係に将来性はありますか? 韓国が繰り返し言う歴史認識は大切ですが、それはむしろ韓国側ではありませんか?

日本が併合時代どのようなことをしたか列挙します。

1.朝鮮にそれまで存在しなかった大学を作った。京城帝国大学です。
2.ハングルを普及させた。漢字という一部の特権階級しか理解できなかった文字から庶民の一部が理解していた文字を普及させた。その普及のために当時50しかなかった学校を全土に建設した。
3.経済を飛躍的に向上させ、併合時代に人口が増大した。
4.植林事業
 併合時、禿山まみれだった半島に36年10億本の植林を行いました。残念なことにその大半が朝鮮戦争とその後の乱...続きを読む

Aベストアンサー

質問者さんは今回の質問をする前に、併合時代に日本が作ったインフラを具体的に知るための質問をされています。 それが、質問中の1.-7.の事例です。 これらが事実なのは間違いありませんが、一つ問題なのは、製鉄所や水力発電所などはすべて今の北朝鮮のものになったことです。 実際工業インフラはほとんど韓国のものにはなっていません。 かといって、仮に韓国に工業インフラが残っていたとしても、やはり韓国は「日韓併合時代、日本は韓国の富を略奪しただけだった」と言うでしょうね。 しかし、世の中見てる人はちゃんと物事を見ています。 韓国併合とは一体何だったのか、併合時代に日本は一体何をしたのか、世界中の正常な人たちは事実を知っています。 一方むちゃくちゃな自説を主張したり、それにわずかでも日本が反論しようとすると、騒いだりわめいたり、国旗を燃やしたり自分の体を切り刻んだり、何とみっともないことをやる連中だと、世界中の心ある人たちは眉をひそめて見ています。 それがわからないで、同じことを続けているのを見るとかわいそうにすらなります。 おかげで、日本が大人の対応ができる、まともに成熟した国家であることを誇りに思うことができます。 

質問者さんは今回の質問をする前に、併合時代に日本が作ったインフラを具体的に知るための質問をされています。 それが、質問中の1.-7.の事例です。 これらが事実なのは間違いありませんが、一つ問題なのは、製鉄所や水力発電所などはすべて今の北朝鮮のものになったことです。 実際工業インフラはほとんど韓国のものにはなっていません。 かといって、仮に韓国に工業インフラが残っていたとしても、やはり韓国は「日韓併合時代、日本は韓国の富を略奪しただけだった」と言うでしょうね。 しかし、世の...続きを読む

Q在日韓国・朝鮮人を、全員、韓国へ強制送還したら、在日韓国・朝鮮人は、日

在日韓国・朝鮮人を、全員、韓国へ強制送還したら、在日韓国・朝鮮人は、日本政府に、謝罪と賠償を要求してくるでしょうか?

Aベストアンサー

大賛成です!
賠償は、いつまでも言うでしょうから、早く帰しましょう。
朝鮮人の90%が無職で30%がヤクザです。
日本の税金に寄生して生きてます。
このサイトも同胞の運営のせいか多いですね。
朝鮮人の特権に年間3兆円も予算が使われます。
これは、生活保護の予算と同じです。

中国人は留学生・研修生が多い事から20代と30代が多い。

ブラジル人はあくまで出稼ぎ目的なので帰国するのが殆どであるので、高齢者は少ない。

フィリピン人は女性の出稼ぎ労働者が主体で、いずれ帰国するか日本人男性と結婚する。

これに対して、朝鮮人は65歳以上の高齢者は約10万人、20歳未満の未成年が約6万人であり合計すると、約16万人に達する。

即ち約3人に1人は高齢者と子供である。

2009年末にての合法入国外国人を対象にすると

外国人登録者数 約218万人。

外国人労働者数 約56万人(26%)。

外国人生活保護者 約62万人(28%)。

外国人研修生 約13万人(6%)。

外国人未成年 約47万人(22%)。

不法就労・その他 約40万人(18%)。

ここで驚愕の事実が浮かび上がる。

日本国内で労働している外国人は、僅かに26%。
残りの74%の外国人は日本人が養っている。
生活保護・留学生援助・そして「子供手当」。
なぜ、この様な税金の使われ方がされているのか?

答えは簡単である。

既に日本は日本人の為の政治は行っていない。

上記の恩恵を享受している外国人こそが、日本の特権階級となっていくのである。
日本人は働いて朝鮮人・中国人に貢ぐます。

朝鮮人の生活保護は23,232世帯である。
これは外国人生活保護世帯の実に75%を占める。

大賛成です!
賠償は、いつまでも言うでしょうから、早く帰しましょう。
朝鮮人の90%が無職で30%がヤクザです。
日本の税金に寄生して生きてます。
このサイトも同胞の運営のせいか多いですね。
朝鮮人の特権に年間3兆円も予算が使われます。
これは、生活保護の予算と同じです。

中国人は留学生・研修生が多い事から20代と30代が多い。

ブラジル人はあくまで出稼ぎ目的なので帰国するのが殆どであるので、高齢者は少ない。

フィリピン人は女性の出稼ぎ労働者が主体で、いずれ帰国するか日本人男性と...続きを読む

Qもし日本が韓国に厳しい制裁を与えた場合

現実味の無い話ですがもし仮に日本政府が竹島問題や韓国による天皇陛下侮辱等で韓国に厳しい経済制裁をした場合、韓国側はどう反応するでしょうか?

政府、民間問わず何かしら韓国側も対抗してくるでしょうか?


例えば日本政府が韓国と国交断絶し、更に日本政府の呼び掛けで日本の民間企業をも巻き込んで韓国とは貿易も通貨取引も一切の経済取引をストップさせ在韓日本企業も完全撤退、在日韓国企業を追放と完全に韓国と関わりを絶ちきった場合の韓国側の反応はどうでしょうか?


韓国は政府、民間問わず日本に何かしらやってくるでしょうか?

Aベストアンサー

逆ギレし、あること無いこと国際社会に発信するかも知れませんね。
国連事務総長が韓国人ですから、少しでも知性があれば何らかの方法で国連を捲き込もうとするかも知れませんし。
そして竹島の軍備増強を行い周辺海域に軍艦を配置し、物言わぬ圧力を掛けてくるのかも知れません。
日本海での軍事演習も盛んに行うでしょうね。
何せ理性に乏しい中央部ですから。
それらに対して日本は毅然とした態度を取り続けなければなりません。
最悪を考えれば、韓国は中国と対日本について共同歩調を取ると言う事も無いとは言えないし。

> 例えば日本政府が韓国と国交断絶

弱腰政府で弱腰外交ですから、切羽詰まってもそこまでは踏み切れないでしょう。
そこが駆け引きの弱さと言う所なのに気付いていないし、『事なかれ主義』ですからね。


人気Q&Aランキング