質問投稿でgooポイントが当たるキャンペーン実施中!!>>

先生についてです。
よく、ほんとに頭の良い人は教師になんかならないという話を聞きます。自分の身の回りでもネットでも同じです。それは本当ですか?私は中学生ですが、教師という仕事には憧れを持っていてやりがいのある仕事なのではないかと思います。頭の良い人なら、なおさら教師という仕事が向いているのでは、と感じてしまいます。本当なら、どうしてなのですか?
人それぞれだと思いますし、学校の先生をしてらっしゃる方には失礼な質問かもしれませんが…すみません!

A 回答 (8件)

ぼくは、そんな意見はきたことがないですよ。


そんなことを言う人は、先生に対して、偏見を持っているのか、ノーベル賞でも目指しているのではないですか。
    • good
    • 0

頭がいい人にもいろんな方がいらっしゃるので一概に言えないと思いますが、こういうのを「うがった表現」といいます。



先生になるには大学の教育学部や様々な勉強をして採用試験を受けて、採用された後もたくさんの研修というものを受けて日夜勉強に励んでいらっしゃいます。

その上、自分の専門分野を決めて学会に入って学問を究めていく方、教育心理を勉強して普段の指導に生かす方など真面目で勉強好きの方を多くお見受けします。

それなのに最近は保護者の方も高学歴者が多く、教師よりも偏差値の高い大学を卒業された保護者が身近にいることがあるためにそういう方と比較して「うがった表現」でそういうことを言う人がいることは残念なことです。

先生という仕事はやりがいもありますし、勉強しなければならないことがたくさんあります。
仕事場でも多くの事を考えなければ勤まりません。勤務時間外で多くの事をしなければならないのです。
心も体も疲れることが多くあります。それなのにそういう事を言われてしまう職業なんです。

そういう意味で、損得を考えて賢く人生を上手に生きて行こうなどという「頭のいい人」にはやっていられない、割に合わないと感じる損な部分があるということです。

愚直にという言葉を知っていますか。愚かという言葉が入っていますが愚かとは程遠い真面目さや懸命に頑張ることを意味するのですが教師にはそういうところもないとやっていけないところがあります。

自分より学年が下の子に勉強を教えてみてください。
教えるほうには、正しい知識がないと教えられないし根気と我慢がないとできないことがわかりますよ。

先生は立派な職業です。
    • good
    • 0

「ほんとに頭の良い人は教師になんかならない・・・」




・・・といっているのは
「自分自身のことで手一杯なのに他人、ましてや思春期のめんどくさい生徒と向き合ったり、そんなの私には無理、わざわざなんでそんな職に就くのかね・・・」
といった自分本位でしか考えていない、見ていない人が言っているだけですね。
先生ってホントに大変な仕事だと思います


どんなおしごとでも熱意をもってやれるかやらないかでしかないと思いますけどね
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
確かにそうかもしれません。熱意は大事ですよね!

お礼日時:2018/01/12 23:38

教員です。



まぁ、確かに「この人は賢いな~」と思う同僚は少ないですね。また、大学時代に頭の切れた同期は、教師にはなっていません。

頭の切れる人は、他人のミスに巻き込まれるのは嫌いでしょう。ですが、教師はそれが好きな人でないと、務まらないかと。賢いな~と思う同僚も、生徒のトラブルに積極的に関わりを持とうとします。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
教師をしているかたに回答をいただけて良かったです!

お礼日時:2018/01/12 23:37

私は学校の教員をしていた者です。


「教師」は、「頭が悪くて」出来るような仕事ではもちろんありません。
自分の頭が良いのはもちろん必要ですが、それよりも生徒に勉強させる(ようにしむける)、
生徒自身に勉強の必要性に気付かせる、分からせる仕事と言えます。

変なたとえになるかも知れませんが、神父さんや仏教者の関係の大学学部「偏差値」も、「教育学部」同様高い数値になりません。おそらく、一般的な偏差値の値とは違うものが要求される世界なのだと認識しています。
教員の場合、基本的に18才未満という「子ども」を相手にする、難しさ(捉え方によってはめんどくささ)があるのだと思います。特に微妙な幼児期、思春期の人物多数と毎日取っ組み合う楽しさとその苦悩は、この職業の魅力であり困難さといえるでしょう。

私の出会った同僚の先生の中には、当然、日本でトップクラスの高偏差値大学出身の方も、低偏差値大学出身の方もおられました。私の観察では、「教師」の魅力や能力、生徒の人気はこれら偏差値とはむしろ無関係で、偏差値で測れない人間力ともいうべきものがあり、それが学校の世界を形作っているように思います。
大学入試時の偏差値一本で、教員を貶め教育を壊すような勢力が見られる風潮が残念な今日この頃です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
とても納得しました。偏差値という目に見えるものではなくその人の人間力が教師という仕事では大切になるのだと分かりました。生徒人気はコミュニケーション能力も関係しているし、人一倍努力をしている先生やどんな悩みにもきちんと向き合ってくれる先生の頑張りは生徒にも伝わっていると思います。教師に求められる力は決して勉強能力だけではないと感じました。このような回答こそが心のどこかで私が求めていた回答なのかもしれません。ありがとうございました!

お礼日時:2018/01/05 00:00

教師はすでに解っていることを教えるのが仕事ですから特段頭が良い必要はありません。


さらに言えば「ほんとに頭の良い人」は何故生徒が解らないかが理解できないので人に教えるのが下手な人が多いですね。
頭の良さと教えることの適性は必ずしも一致しません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
そうですね、研究者のように新たな発見をするわけではありませんものね。

お礼日時:2018/01/04 13:39

よく、ほんとに頭の良い人は教師になんかならないという話を聞きます。


自分の身の回りでもネットでも同じです。
それは本当ですか?
  ↑
残念ながら本当です。
大学の教育学部の偏差値は、他学部に較べて
低いです。
これが何よりの証拠です。



頭の良い人なら、なおさら教師という仕事が向いているのでは、
と感じてしまいます。本当なら、どうしてなのですか?
   ↑
教育は国家の要ですから、優秀な人間が教師になるべき
ですが、現状はそうなっていません。

1,給料がそれほど高くない。
 フインランドでは、教師の給料を高くして、それで人材が
 集まり、国際ランキングを上げています。

2,子の権利だとか、モンスターペアレントなどの存在が
 障壁になっています。

3,教師というと日教組、共産党、というイメージがあり
 世間の評判が悪いです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
教育学部の偏差値ってそんなに低いのですか…。

お礼日時:2018/01/04 13:38

教師になる人は、それでいいかなーでなります。



熱血教師はいません。
そういう方は塾の講師になります。

知識ある方は大学教授を目指します。

だから中途半端な奴が学校教師になります。

教師とは、生徒の目標で無ければならないので、素朴な質問にも答えられるように日夜勉強する人物であるべき存在です。

なのに最近の教師は、iPhone創設者やFacebook創設者やYahoo!の創設者やGoogleの創設者の名前を聞いても答えられませんよ。やって見て下さい。
もちろんあなたが答えを調べてから行うようにね。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
確かに、その教科のことを質問しても答えに困っている先生がたまにいます。どうして熱血教師は塾の講師になるのでしょう?

お礼日時:2018/01/04 13:36

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q高校教師になりたいが、学歴重視の職場なのでしょうか??

高校の教員を目指している者です。

高校の教員をしている方、事情に詳しい方にお聞きしたいのですが、高校教師という職業は、学歴重視なのでしょうか?

私は地元の私立大学に通っていて、その後地元の大学(旧帝大)の大学院に入学し、専修免状を取得しました。

先日現役の高校の先生と少し話しをする機会があったのですが、『君の出身大学は○○大学(私立のほう)ということだから、学力に不安が残る。教師になっても偏差値の高い高校に配属になるってことは一生ないだろうね。一生低いレベルの高校をまわることになるだろう』と言われたのです。

その先生の話によると、いくら大学院が旧帝大でも、学部が私立なので学力(学歴)に不安があり、偏差値の高い学校に配属になることはないというのです。高校教員の試験に受かると、その人の学歴(学部)によって、どのレベルの学校をまわるか決まるということでした。
ちなみに、私はその先生の前で授業をしたわけでもなく、テストを受けて成績が良くなかったわけではありません。あくまで『出身大学』で判断された形です。

そこでお聞きしたいのですが、高校の教師というのはこのように、学歴によってどの学校に配属になるか決まるものなのでしょうか??
私は別に配属先の高校のレベル(偏差値)には拘りませんが、進学校で進学指導をしてみたいという思いもあります。
指導力不足等でこのような待遇の差が出るならわかりますが、このように露骨に学歴で判断される職場はちょっと嫌だな、と思ってしまいました。

どなたか詳しく知っている方がいらっしゃいましたら、回答お願いいたします。

高校の教員を目指している者です。

高校の教員をしている方、事情に詳しい方にお聞きしたいのですが、高校教師という職業は、学歴重視なのでしょうか?

私は地元の私立大学に通っていて、その後地元の大学(旧帝大)の大学院に入学し、専修免状を取得しました。

先日現役の高校の先生と少し話しをする機会があったのですが、『君の出身大学は○○大学(私立のほう)ということだから、学力に不安が残る。教師になっても偏差値の高い高校に配属になるってことは一生ないだろうね。一生低いレベルの高校をまわる...続きを読む

Aベストアンサー

 現場からお答えします。私の実体験です。

 採用段階では、学歴、採用試験の点数、そして縁故がものを言うのは現実だと思います。ただ、そこから先は、あなたが現場でどれだけ実力・実績・努力を積み重ねるかで違います。

 私は自分の出身とは全く関係ないある県で教員をしています。出身大学は都内の三流私大です。最初はいわゆる学力底辺校で、殺人と薬物以外すべての生徒指導を経験しました。しかし、その学校にも大学進学を希望する生徒がおり、また家業(多くは農業・漁業・酪農でした)の手伝いを終えて眠い目をこすりながら予習・復習をする生徒がいました。その生徒たちの姿は、受験科目以外の勉強は関係ない、無駄と言い放つ進学校の一部生徒に比べ(学力は劣るかもしれませんが)、勉強に対する気持ちは圧倒的に純粋で、私は多くのことをこの子供たちから学びました。この子供たちと一緒に勉強していくうちに、毎年一桁しかいない大学進学希望者でしたが、幸い全員が合格していきました。

 その後、私は中堅進学校~地域の中心校~県庁所在地の進学校と異動してきています。同僚の先生方に「成り上がり(笑)」と言われることから考えるに、質問者の先生のような考えの先生・管理職が現場にいるのは事実です。そういう価値観の方から理不尽な扱いを受けたことがあるのも事実です。
 しかし、私の周囲には、私と同じように成り上がっている先生も多いです。つまり現場に出れば学歴よりも自分の努力です。自分の努力を生徒の学力向上、人間性の向上に結びつけることができればいいのです。先生を判断し結論を出すのは生徒なのです。そして生徒は学力に関係なく、みんなかわいいです。

 学校の先生には2種類あると考えて下さい。
 学歴や上司へのゴマすりで食っている人と、努力によって食っている人です。あなたがどちらになるのかは、あなた自身が選んで下さい。
 
 

 現場からお答えします。私の実体験です。

 採用段階では、学歴、採用試験の点数、そして縁故がものを言うのは現実だと思います。ただ、そこから先は、あなたが現場でどれだけ実力・実績・努力を積み重ねるかで違います。

 私は自分の出身とは全く関係ないある県で教員をしています。出身大学は都内の三流私大です。最初はいわゆる学力底辺校で、殺人と薬物以外すべての生徒指導を経験しました。しかし、その学校にも大学進学を希望する生徒がおり、また家業(多くは農業・漁業・酪農でした)の手伝いを...続きを読む

Q教員採用試験は出身県以外だと不利?(少し長いです)

こんにちは。
現在大学院(教育系)1年次24歳です。

今付き合っている彼と結婚する予定の為、来年度彼の地元(中国地方)の教員採用試験を受けるつもりなのですが。
私の出身県(北陸)でも出身大学(関西)でもありません。

採用人数も、近年増えたといっても講師経験6~7年の人がほとんどと聞きました。倍率や受験人数など非公表の為詳しい情報が分かりません。

やはり、こういう場合は不利なのでしょうか?
採用試験の勉強はしっかりとやっているつもりです。

経験ある方など、回答をお待ちしています。

Aベストアンサー

これは業界でのアクマでも噂の域を超えないハナシですので、えーっ!と思ったら聞き流してください。
(1)学閥があるから地元出身は有利、これは採用試験の試験管も地元の教育系国立大学出身が多いからです。特に地方に行けば行くほど出身大学が限られるからでしょう。
(2)講師経験者が多いのは30代が少ないから。採用試験はイマカラ10年ほど前から5年くらい前まで採用が急に減りました。団塊の世代がこれから退職するにあたって、新人ばかり採っても年代が偏ってしまうのです。また、研修にもお金がかかるため、現場では即戦力を求めています。だから講師経験者は有利です。面接でも経験を話せます。
(3)大学院出身者は不利?!友達でもマスター出身はいますが、年齢的にも給料が高くなり、まわりの同僚より学歴が高くなるのでプライドが高いと思われがち。ようするに現場はマスター出身は少ないのです。(高校は別)

でもこのご時世で採用が増えているこの業界、頑張って合格してください。友達でも地方の大学出がたくさんいます。コネがないのが心配でしたら、マスター論文のなかでの調査などをそちらの地方の学校に依頼するとか、教授に相談して、そちらにいるセンセイを紹介してもらうなど・・・

ご自分でできる努力としては、受験誌などでその地方の採用試験を知る、その地方独特のモノを勉強する、教育情勢を見極めることです。また、どうしてその地方を受けたいのか、明確な意志を持ち面接で述べることです。この土地でずっとやっていく、という気持ちが大事です。せっかくお金をかけて育てても、地元に帰られては採用する側もとりたくないでしょうから。

また、マスター出身ですとどうしても管理職として専門知識を発揮してほしいと望まれがちです。だから逆に4大出とは違うという、自分にとって有利なアピールをしてください。

これは業界でのアクマでも噂の域を超えないハナシですので、えーっ!と思ったら聞き流してください。
(1)学閥があるから地元出身は有利、これは採用試験の試験管も地元の教育系国立大学出身が多いからです。特に地方に行けば行くほど出身大学が限られるからでしょう。
(2)講師経験者が多いのは30代が少ないから。採用試験はイマカラ10年ほど前から5年くらい前まで採用が急に減りました。団塊の世代がこれから退職するにあたって、新人ばかり採っても年代が偏ってしまうのです。また、研修にもお金がかかる...続きを読む

Q教員と付き合っている方・教員と結婚してる方

 私の友達の悩みです。
 教員というのは素晴らしいお仕事だと思います。
 忙しい、とも聞きます。実際寝ないで試験問題を作ったり
 資料を作ったり忙しそうにしています。
 失礼な言い方になってしまいますが
 春休み・夏休み・冬休みは長いし
 サラリーマンと言われる職業とは違うと思います。
 友人の彼氏は私立女子高教員で6時までしか
 職場にいてはいけないそうです。
 彼女の会社は男性は遅くまで残って休みの日も
 仕事をしています。
 教員は世の中のことをあまりわからない。とか
 個性が強い。とか
 あまり良いことを聞かないのですが
 実際お付き合いされてる方とか結婚されてる方が
 いたらどんな感じか伺いたいなと思いました。

 失礼な質問であれば申し訳ありません。

Aベストアンサー

公立高校教員と職場結婚し、14年になります。子どもも2人います。
私も高校で仕事をしていますが、事務職員なので立場が違うので
教員を客観的に見ているつもりです。

私立高校だと異動(転勤のこと)がない(と思いますが)ので、
ウチみたいな公立高校回りしているのと比べれば、
そういう意味では世間は狭いのかな。
でも、世間の狭さは自分次第でどうにでもなると思いますよ。
プライベートで異業種の人たちと交流を持っている人も
たくさんいますよ。

また、部活動ではどの部の顧問になるか、その部が活発に
活動しているか、などでも違ってきます。
学校には校長・教頭・教諭等が大まかな構成ですが、
教諭のなかでも分掌(部署のようなもの)があり、その長に
あたっているとかでも忙しさは違ってきます。
その学校が進学校で補習授業があるとか、生徒指導が
大変な教育困難校であるとか、ほんと、学校によって
様々な事情があります。

また、夏休みなどの長期休業だって、上に述べたことがらによって
人により様々です。
授業のために生徒がきているときと違い、休みやすい環境に
あるというだけで、実際はクーラーもない職員室で仕事している
人もいるのです。
あと、春休みはほとんどの人が忙しいです。
年度末・年度始めで生徒も職員も大きく人の異動があるので。

長くなりましたが、「教員」とひとくくりに見ないで欲しいな、
と思います。
私は5つの学校を20年かけて回ってきましたが、実にいろいろな人がいますよ。
お悩み中のお友達に伝えてください。彼にとって妻となる人までが、
教員という眼鏡で常に見ているのではかわいそうだと思います。
どうか、彼自身を見てあげて欲しいなと思います。

公立高校教員と職場結婚し、14年になります。子どもも2人います。
私も高校で仕事をしていますが、事務職員なので立場が違うので
教員を客観的に見ているつもりです。

私立高校だと異動(転勤のこと)がない(と思いますが)ので、
ウチみたいな公立高校回りしているのと比べれば、
そういう意味では世間は狭いのかな。
でも、世間の狭さは自分次第でどうにでもなると思いますよ。
プライベートで異業種の人たちと交流を持っている人も
たくさんいますよ。

また、部活動ではどの部の顧問になるか...続きを読む

Q小学校教員か中学校・高校教員か、迷っています。

小学校教員か中学校・高校教員か、迷っています。

こんにちは。今年の春、任期満了で2年間勤めた会社を退職した22歳男です。
今後の進路を考えるにあたり、昔からの夢だった教員を目指し、今秋または来春から教員免許取得可能な通信制大学への編入学を検討しております。初めは歴史を学びたい気持ちから、中1種と高校地歴の取得を目指していたのですが、調べていく中で教員採用試験はかなりの狭き門だという事がわかりました。それに比べ小学校教員の採用はまだ低め。そこで小学校教員はどうかと自分に問いたざしてみたのですが、こども大好きだし結構向いているのではないかと思います。逆に自分自身、中高と部活動をやってなかったので、中高教員になって顧問になって指導したい!という気持ちも特にありません。今年で23歳になることもあり、大学編入卒業後、一度で採用試験に合格したとしても25歳。通信制の卒業は通学生よりもはるかに難しいと聞きます。とにかく早く教壇に立ちたい気持ちと、生活を安定させたい気持ちを優先すれば、小学校教員を目指すべきなのかなと思っております。しかし、もしそれでも小学校採用試験に受からなくて、その道を諦めてしまった場合、地歴などの専門科目を持っていれば塾講師などで道が開けますが、小学校の免許(教育学部)では他の道が見つからないんじゃないかと不安です。そんなこんなで、小学校教員、中学校教員、高校教員どれを目指せばいいか迷っています、というか悩んでます。いずれにせよ、人にわかりやすくものを教えることや、面倒を見ることが大好きで、一分一秒でも早く教壇に立ちたいです。アドバイス等ありましたら、よろしくお願いいたします。

小学校教員か中学校・高校教員か、迷っています。

こんにちは。今年の春、任期満了で2年間勤めた会社を退職した22歳男です。
今後の進路を考えるにあたり、昔からの夢だった教員を目指し、今秋または来春から教員免許取得可能な通信制大学への編入学を検討しております。初めは歴史を学びたい気持ちから、中1種と高校地歴の取得を目指していたのですが、調べていく中で教員採用試験はかなりの狭き門だという事がわかりました。それに比べ小学校教員の採用はまだ低め。そこで小学校教員はどうかと自分に問いた...続きを読む

Aベストアンサー

教員に早くなれる道という点からはお話できませんが、
小学校・中学校のそれぞれのメリットとデメリットを
ささやかながらお話できればと思います。
(私は小学校教員で家内が中学校教員なので、中学校のほうは話を聞いたものとなります)

小学校のメリットは、
1、子どもと同じ時間を過ごすことができる
→毎日同じ子ども達とすごすため、個々の成長がよくわかります。
それを見るのはやはりうれしいです。

2、時間的な余裕がある
→基本的に土日は学校に行く必要はありません。そのため、自分の勉強をしたり
休んだり、忙しいときには仕事をしたりと時間を自由に使えるところが多いかと思います。
また、放課後も部活等がないため、会議さえ終わればあとは教材研究なり
自分の仕事なりに使えることも結構うれしいです。

対してデメリットは、
1、保護者・地域・他の教員との連携が不可欠
→理解のある親御さんばかりならいいのですが、理不尽なことを要求される親御さんも
結構おられます。中学校や高校と比べ、小学校は保護者との関係にも気を使わなくては
学級経営がうまくいかないというのはきつい点だと思います。

2、すべての教科を見る
→先の回答者様もおっしゃっていましたが、小学校だと全教科の教材研究が必要です。
すべての教科が得意です、というのならいいのですが、
音楽など(私の場合)、一部苦手とするような教科の授業準備をするのは
割としんどいですね・・。

中学校のメリットとしては、
1、好きな教科を教えられる
→好きな教科を何年も教えられるのですから、教材研究にも楽しく向かえますし、
授業のモチベーションも高いです。

2、子どもの人生に関われる
→小学校では「躾」という観点から、「指導」するということが多くなってしまいますが、
中学校の場合は、指導に加えて、「相談される」「一緒に考える」といったことが
多くなるかと思います。相手も大人になりかけの人達なので、
一緒に笑ったり泣いたりということはかけがえのない時間となるのではないでしょうか。

中学校のデメリットとしては、
1、時間がない
→若手の教員ならば、ほぼ部活を持たされるかと思います。そうなると、放課後の部活や
土日の部活は顧問として見なくてはなりません。週の休みは1日というのがほぼ1年続きます。
また、夕方から夜にかけて、どこどこで暴力行為があって警察署まで来てほしい、
といった生徒指導に関することがちょくちょく入るようです。
日中、授業が入っていなくて自分の仕事をする時間にも、問題のある生徒を見たり
脱走した生徒を探したりすることがよくあるようです。
そのため、学校ではなくてもできる仕事は、家に持ち帰ってやるはめになることもあるようです。

まだまだメリットデメリットはあるかと思いますが、
採用されてからはこのような感じかと思います。

塾での採用は教員免許の有無とは関係のないところも多くありますし、
採用された後のことをお考えの上でどの免許を取得されるかお決めになったら
いいのではないかなと思います。

質問者様はとっても熱意のあるいい先生だと思います。学校現場でお待ちしております。

教員に早くなれる道という点からはお話できませんが、
小学校・中学校のそれぞれのメリットとデメリットを
ささやかながらお話できればと思います。
(私は小学校教員で家内が中学校教員なので、中学校のほうは話を聞いたものとなります)

小学校のメリットは、
1、子どもと同じ時間を過ごすことができる
→毎日同じ子ども達とすごすため、個々の成長がよくわかります。
それを見るのはやはりうれしいです。

2、時間的な余裕がある
→基本的に土日は学校に行く必要はありません。そのため、自分の勉強をしたり
...続きを読む

Q学校の教師てバカが多いのはなぜ?

本当に学校の教師てバカばっかりなのはなぜですか?

1)担当科目ですら知識が不十分
2)相手が言うことを聞かないとすぐに暴力
3)自分に甘く、生徒には厳しい

アホばっかりですね。なんで日本の教師はバカが多いのですか?

Aベストアンサー

一般企業を経験していないため,世間の厳しい対応をあまり経験していない。
中途半端に学歴があり,中途半端なプライドがある。でも,自分が思っているほど賢くはない。子どもの方が賢い場合も多々あり。
子ども相手なので力で押さえつけられると思っている。
簡単には左遷されたり辞めさせられたりすることがない。
こんな感じですかね。ま,外国の教師もみんな立派だとは思いませんが。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング