人に聞けない痔の悩み、これでスッキリ >>

英語って声が低くなるって言ってる人いるけど、あれはただ地声(自然な自分の声)に戻っただけだと思います。日本人は声を何トーンを上げて話すのでそれがいつの間にか地声だと勘違いしてるんだと思いますがどう思いますか?

A 回答 (1件)

かもね。

でもそれ当てはまるのは日本女性だと思います。男性はそうでもない。

日本人は甲高いロリータみたいな声の女性を昔から好みますね。jpopは勿論、公共のアナウンスもヒーヒー裏声みたいな声で言ってます。欧米人らしき人が、日本のエレベーターのアナウンスをモノマネして茶化してました。確かに、ああいう高い声出す女性は日本特有。中国の民謡も女性が凄いキンキン声で歌います。東アジアでは昔から女性ボーカルというとああいうのが定番なのかもしれません。
西洋のプロ女性歌手にはああいう歌い方する人は殆どいない(いても'80年代風の一発屋アイドルポップみたいなのくらい)ので、たまにjpopとか耳にすると違和感あります。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q帰国子女の方は英語と日本語で声が変わる?

母語と同じような感覚で英語を話す帰国子女の方(または幼少からのバイリンガルの方)は、英語と日本語で発声の仕方が違いますか?

中学生くらいで海外に出向いた人は、すでに身についている日本語の発声方法を英語に適用している方が多いようですが、もっと幼い頃に両言語を身につけた方がいらっしゃいましたら、日本語の場合、英語の場合、それぞれの発声の違いをご教授いただけないでしょうか(個々の発音でなく、発声です。)

英語圏の人の声は 響くような音が基本になっていて、日本語はもっと軽い音のように聞こえるのですが、その発声方法の違いを両言語を身につけていらっしゃる方ならご説明いただけるのではないかと思い、質問しました。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

#3にいただいたリンクを聴いてみました。

まず、私は女性なので、男性の声に関しては頭でしかわかりません。また、Frank Muller氏は声優というよりも朗読のプロなので、おそらくは学術的に意識された発声法をしていると思われ、これに関しては私はあまり専門的なことはわかりません。

そのうえで申しますと、やはり氏は「大声を出していないのに伝わりやすく説得力のある発声」をしていると感じます。これは日本語でも、耳の遠いお年寄りなどに話しかける時に有効で、お坊さんや牧師さんにもかなり近い発声をする人がいるように私は感じます。おそらくは、おなかの底から声を出しているからだと思います。

それから一定以上に高い声を出さないようにしていますよね。これが落ち着いた感じを醸し出すのだと思います。日本語で発声法を習う時などにも「おへその下に気持ちを集中させて」なんて言われますが、そんなようにしているのかもしれません。

一方で、氏の場合は、(例えば冒頭で「Lowe」と言う時などに)締めの単語の最後に息を吐き出すようにするのが特徴というか、プロのナレーターにありがちな発声法かと思います。これは英語圏でもバラエティ番組やニュース番組の司会者はあまりしません。

「語と語が流れるようにつながる話し方」に関してですが、これもやはり朗読ということで、なめらかさを敢えて出そうとしているのだと思います。記述の内容によって、すばやく伝えたいところは速めに読み、最後にゆっくりと締める、そういう読み方をしていますよね。

こういう発声方法や読み方は、日本でも洋画の予告編などでよく見かけますよね。朗読のほか、スピーチや舞台演劇などにも活用できるのかもしれません。ただ、読み方や、この吐き出すような感じに限って言えば、日常会話をこんなふうにしゃべる人がいたら、あまりお付き合いしたいとは思いませんが。

#3にいただいたリンクを聴いてみました。

まず、私は女性なので、男性の声に関しては頭でしかわかりません。また、Frank Muller氏は声優というよりも朗読のプロなので、おそらくは学術的に意識された発声法をしていると思われ、これに関しては私はあまり専門的なことはわかりません。

そのうえで申しますと、やはり氏は「大声を出していないのに伝わりやすく説得力のある発声」をしていると感じます。これは日本語でも、耳の遠いお年寄りなどに話しかける時に有効で、お坊さんや牧師さんにもかなり近い発声を...続きを読む

Q英語で話すときって 地声より低くなりますか?

私は英語で話すとき 日本語で話すより 声のトーンが低めです。

イントネーションがあるので もちろん 低いだけではありませんが、

みなさんは いかがですか?


女性なので、日本語で話すときは普通より高めと言われますが 英語だと自分の声にしては低いです・・・ 一般的なひとより 低音で話しているという意味ではありません(^<^)



母国語と第二言語の声のトーンについて おきかせください。

Aベストアンサー

英語は喉を常に鳴らして発音します。日本語は喉ももちろん使いますが、それ以上に口蓋のなかでの反響音が重要になります。
ここからは想像ですが、日本語よりも高い音のように感じる中国語の発音は、喉をあまり使わないで口先の変化が重要なのではないでしょうか。

ちなみに、日本語を発音するときに無理に低い声を出してみてください。低い音にすると喉を鳴らしている感じなると思います。その状態のまま英語を話すとどうでしょう。

質問者様が感じている状態にならないでしょうか。

各国語の発音はよくテーマになりますが、本当に外国語が綺麗に発音できる方々は、発生方法(喉の使い方)まで変えているのだと思います。

Q帰国子女でもないのに英語の発音が良い。なぜ?

はじめまして。英語の話なのですが、単純な発音能力についてなので外国語のカテゴリで質問させていただきます。
私は20歳で、アメリカに大学生として滞在してから一年ほどたちます。

なぜかよく英語の発音が褒められることが多いです。ただ発音いいね、ってだけではなく、発音だけではネイティブに間違えられることも多々あります。(深い会話をしてしまうと語彙のなさやスピード等のせいでESLだと察されるのですが。)
日本出身だと言っても、「小さいころからアメリカに住んでるよね?」「アメリカで生まれたの?」等…

似たようなトピで質問している人を何件か見てみたのですが、ほとんどの人が小さいころから英語を勉強しているという共通点を持っていました。ただ、私の英語学習経験は、ほとんど中学から学校の授業を受けていただけです。さらに中学は不真面目な生徒だったので授業をまともに受けていた記憶さえありません(文法に関しての話ですが、卒業までBe動詞ですら怪しかったレベル)。高校になってからはそれなりに真面目に勉強をしていましたが、それでも英語学習でのリスニングの比重は1,2割くらいだったと思います。会話学習はもっと少ないです。

ならば英語学習以外で英語と多く触れ合った経験が多いのかも、となりますがそれも大したことないです。英語圏の国へ旅行行ったことはあるのですが、通訳は全部親に任せてましたし回数もそんな多くないです。さらにぶっちゃけ英語の映画を見るときは半分以上日本語吹き替えでみてました。

別の理由候補として耳が良いのかもとなりますがそれもよくわかりません。当然絶対音感なるものも持っていません。小さいころから音楽はやっていません。音楽は聞きますが一般人が趣味として聞く程度です。(メインはポップミュージック)洋楽は有名どころしか知りません。好きな歌手は日本人で歌詞は日本語です…。

子供でもないのに言語習得が異常に早い方々がいますが、私はそれでもないと思います。発音は褒められるものの語彙言い回しスピード等肝心な部分はまだまだ勉強が必要です。あ!ちなみにシャイではないですが、積極的ってほどでもないです。

自慢したい、ってわけではないのです。正直発音なんて通じればいいから最低限でいいし、上であげたように深い会話や勉強をするためには語彙や言い回し等のほうがよっぽど大切だと考えています。
ただ純粋に、なぜ私の発音は良いのだろう、長所なら何かほかにつなげられる部分があるかなと疑問に思い質問しました。
可能性になりうる理由でもあったら教えていただけると嬉しいです。
よろしくおねがいします。

はじめまして。英語の話なのですが、単純な発音能力についてなので外国語のカテゴリで質問させていただきます。
私は20歳で、アメリカに大学生として滞在してから一年ほどたちます。

なぜかよく英語の発音が褒められることが多いです。ただ発音いいね、ってだけではなく、発音だけではネイティブに間違えられることも多々あります。(深い会話をしてしまうと語彙のなさやスピード等のせいでESLだと察されるのですが。)
日本出身だと言っても、「小さいころからアメリカに住んでるよね?」「アメリカで生まれたの...続きを読む

Aベストアンサー

周囲の英語がネイティブでない外国人(フィリピン人)に英語の上達に関して尋ねたことがありますが、真似が上手な人はうまくなると言う返事で、フィリピン人は日本のみならずいろいろな国に働きに出るので、中近東に行った人はアラブ訛りの英語になるし、日本に来た人は日本語を話せるように周囲の日本人の言葉を真似るので、地域によって大阪弁になったり博多弁になったりするという事です。
彼らは文法に関してはかなりアバウトで、時々翻訳を頼むと「こういうしゃべり方をする」と答えるだけで、いわゆる正当な文法とは外れた文章を書いてくることが多々あります。
嫁さんも英語関係の仕事をしており、私に関しては「耳が悪いから自分の発音がおかしいことが判らない人はだめだ」と一刀両断されています。
要するに、相手の言葉の訛りが判るなら、それを真似られますから上達するし、私のように判らなければ上達しません。
ちなみにうちの子どもたちは中学生の頃から学校の授業以外では、ラジオ英会話やCDで勉強しており、東南アジアに家族で行った時、現地の人にイギリス的な発音で、米軍基地が多いので、街にいるアメリカ人の発音とは異なると言われました、子どもたちは耳はよい方だと思う。
特別に英会話教室に通わせたとか、そういうことはなかったです。
ご質問者の場合も相手の言葉を「聴ける」能力があると言うことでは。

周囲の英語がネイティブでない外国人(フィリピン人)に英語の上達に関して尋ねたことがありますが、真似が上手な人はうまくなると言う返事で、フィリピン人は日本のみならずいろいろな国に働きに出るので、中近東に行った人はアラブ訛りの英語になるし、日本に来た人は日本語を話せるように周囲の日本人の言葉を真似るので、地域によって大阪弁になったり博多弁になったりするという事です。
彼らは文法に関してはかなりアバウトで、時々翻訳を頼むと「こういうしゃべり方をする」と答えるだけで、いわゆる正当な...続きを読む


人気Q&Aランキング