島嶼部における過疎化についての活性化についてお聞きしたい思います。特に地場産業のない地域では、過疎化、高齢化の道しかないのでしょうか?何でよいので、みなさんの意見をお聞きしたいです。よろしくおねがいします。漠然としていますが。。。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

何故過疎化になるのかを考えれば現金収入が無いことだろうと思います。

現金収入がなければ当然若い人、長男まで居たくても出ていかざる得ないのが現状。
見当外れかも知れませんが過疎地の一番の欠点はその地域での人の序列が決まっておりtritonnさんの序列が上ならインタ-ネットは富士山の上に住んでいても売れる品物さえ有れば都会並みの収入を得られるとしてtritonnが売るためのインタ-ネットを研究しホ-ムペ-ジを作り活動を起こせば皆はついてくると思いますが、もし序列が下なら異端者(上席の人が理解できなければ)として、他の人もその人に倣って誰も相手にしないでしょう。
要は過疎地の人は頭が過疎で過疎の頭の人が現金収入イコ-ル官に頼り官に顔が利く人が序列が上がるの繰り返しが今の過疎地を生んだ一つの原因と思われます。
tritonnさんの所にも商工会があると思いますが政府の特別予算でホ-ムペ-ジの費用が下りたと思います。
高いお金を払って業者に依頼。
私に言わせれば予算が有るのだから機材を購入し自分達で習得し、技術を自分達に蓄積して余ったお金は自分達で飲み食いした方がよっぽど過疎地の為になると思うが・・。
結果はホ-ムペ-ジを見てもあたり触らずの全国規格品。
もう一つの原因は排他的で他の人の意見を入れない風潮があるのではないでしょうか。
tritonnさんの過疎地のよさを一番知っているのはtritonnさんだと思っていると思いますが、それはtritonnさんの考えだけで本当は他の地域の人が一番よくわかります。
それならインタ-ネットで交通費は別ですが二泊三日ぐらいで宿泊、食事代を無料で募集して、その過疎地のよさを聞けばよくわかると思います。
過疎地の成功例として私が知っている例では或る過疎地の町の町長が温泉を堀り、立派な宿泊所を作り一泊二食付き
で2500円。私は安過ぎるのではないかと問うたら君は世間を知らないと笑われました。理由はこんな過疎地に8000円、10000円も出して誰がくると思う。
当然都会の人から年中満員で予約が必要。地元の人に聞くと都会の人から有機無農薬栽培を進められて曲がった大根、きゅうり、その他の野菜が御土産品として飛ぶように売れて、都会からリピト-オウダ-も来ているし自信が持てた、又奥さん連中は都会の知人、親戚がきても此処に泊めれば煩わしい準備も不要だし費用も安くつくので安心して何時でも来てねと言えますとの事。
このような専門家が言っているのは官に頼るな、その地域の人が知恵を絞れば必ず解決策がありロンドンから過疎地を見ても東京を見ても一緒だそうです。
    • good
    • 0

私はいまは中年ですが、学生時代にワンダーフォーゲルで、あちこちの離島を旅したことが思い出されます。



その時感じたのは、島が秘境・過疎地であればあるほど、訪れる人に満足感を与えるという矛盾です。これは古い民家であればあるほど、外から来る人は満足しますが、住んでいる人は、不便でしょうがないという矛盾と似ています。

この矛盾の解決は、ヨーロッパではわりあい上手くやってるようですが、日本では殆どない。過疎化か観光地化・産業化。まあ両立させているのは京都の祇園ぐらいでしょうか。

私の意見としては、観光資源を見直して、ヨーロッパ型観光開発をすることだと思ってます。島の特色を生かしながら、都会からも訪れる人がいるようなところにする。

丁度今、FIGAROと言う雑誌で、イタリアの島・スペインの島という特集をやってます。写真が豊富ですから、いろいろ参考になると思います。

参考URL:http://www.tbsb.co.jp/tbsb/x3FIGARO/index.html
    • good
    • 0

対策も考えずに交付税と離島振興の嵩上げ補助にどっぷり浸かって、こんなものだと、あぐらをかいて甘んじている首長の町村にあっては過疎化だと思います。


最近の地方と中央の議論には一言も二言も言いたい主張はありますが・・・。それは、たとえば東京都が独立国家として独立して、地方への財政負担から切り離されたとしたら、確かに自分のことだけ考えればすむわけですから、当面それでいいと思います。
しかし、戦後の買い出し列車ではないですが、何を食べて、何を心のよりどころにするのか。自分たちの食料は、大自然に癒されるべき心は、父祖の築いた郷土文化は、どうするんでしょうか。
おもしろおかしく過ごせるのはほんのしばらくのような気がします。食糧自給、エネルギー時給ができない国家など侵略の対象に打って付けです。食糧自給は特に重要な課題です。現在、我が国はエネルギーベースで40%を切っているわけですが、そんな国は先進国に例をみません。食べるものがないということ、即ち、生存の否定です。食欲は生命維持の大原則です。繁殖のための行動なんてこれに比べれば馬鹿みたいに陳腐なものでしょう。性欲なんて、腹が極度に減ったら意味がありません。
地方に搾取されていると思っている諸君は、どこの出身ですか。生粋の都会人なんてどれだけいるのか。搾取されているのはむしろ田舎人ではないでしょうか。丹誠込めて作った米、野菜、果実などを価格破壊と称する悪しき流れに買いたたかれて営農意欲をそがれています。
たとえがものすごく悪いですが、教師が生徒の前で、医者が患者の前で、公務員が住民の前で、警察官が一般市民の前で常にに良心的であるとは思えますか。弱いと見て取るや、侵略が始まるのは世界史、日本史がこれでもかと警鐘を鳴らしています。
ちょっと極端になりましたが、地場産業は作り出していく、それには、甘えがあってはならない、真剣に工夫が必要でしょう。(田舎の田畑は荒れに荒れた状態になっています。)これをうまく利用できないか。すでに手遅れの部分がありますが。
地場産業の創出とそれを支える都会が共存すべきでしょう。
設問の通り、地場産業がなければ(地域のポテンシャル)高齢化、無人化は目に見えています。そうなってはいけない。そうしてはいけない。
効率のみを追求するなら人間がすべて消え去ることが一番効率的です。地球にとって一番の害虫は人間なのですから。人間の生存そのものが悪?
    • good
    • 0

1.活性化とは何ぞや--企業がくることでしょうか.産業があることでしょうか.2. 過疎化,高齢化になるのは悪い事でしようか.


3. 行政だけに頼っていませんか.
4. 地元の良さを地方へいった人に聞きましょう.島の特徴を考えましょう.
***産業がなければ,観光資源を見つけよう.地元の商品の良さを見つけましょう,行政ができなければ,島の人に知恵を出してもらいましょう.これはダメあれはダメではなくではなく,やってみる。行政の尻を叩くのです.過疎化になるならば.都会の人に土地,家を安く貸す。郷土の歴史を見直す.とあらゆる手段と知恵を使うのです.知恵を募集しましょう.アメリカのクェカ-教徒のように自然でいきる村とか,テ-マパ-クなんかはしてはいけません.資金も使わないでするのです.必ず何かあると思います.人がすんでいる限りになにかよさがあったはずです.
 私はお金のいらない助け合いの社会ができたらいいなと思います.そのようなプログラムはできないでしょうか。 そのような人を集めてれば,どうでしょうか.出来ないでしょうか.このインタ-ネットの時代だからこそ出ると思いますが。
    • good
    • 0

島嶼部でなくとも、地場産業がない地域であれば過疎化するものに思えますが??

    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q過疎化が進む原因と、回復について。

こんばんは。

今このように過疎化が進んでいる事の原因は何なのでしょうか?
私の地元の話を例に出しますと、車で片道2時間は走りませんと仕事はありません。
これは町自体に仕事がないからです。
仕事がないから人が出て行き、結果帰ってくるにも帰ってこれずどんどん過疎化が進むのかとも思えます。

人と工場があれば、檜など大量の資産もありますし、林業・漁業ではやっていける町ではあります。
これを復活させれば働き口ができ、人が集まれば過疎化もなくなるのかなと私は思っているのですが、ここまで単純な話ではないように思えます。

私の考えが間違えているのか、また他に原因があるのか、ネットワークなどのインフラが地方にまで行き届かないのが原因なのか。
教えていただけないでしょうか?私はできるだけ地元をもり立てていきたいと考えております。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

過疎化は今に始まったことではありません。
高度成長期に都市近郊の工業地帯に労働者として大量に移動したのが原因です。
そのとき田舎に残った人たちが老齢化して、どんどんなくなっているということです。
その頃から予想できたことです。

自然の資源はいくらでもあるのですが、日本の人件費、ガソリン代、高速道路代が高すぎて、ペイしないのです。国内を移動するより、輸入した方が安い。

だから、持ち腐れですね。

過疎の過半は諦めるしか無いです。このままでは、高齢者も分散していますから、社会福祉のコストがかかりすぎる。
ある程度集約すれば、サービスの需要も出てきます。
退職者のuターン、Jターンもあれば、高齢者だけで支え合うシステムもできるでしょう。
田舎にこそエレベータがあるマンションと、コンビニが必要と言われています。
3000人程度が一カ所に集約することができれば、非常に便利な町になると思います。
今は、農地ごとに分散しているので、数軒ずつの集落になっているのです。

>ネットワークなどのインフラが地方にまで行き届かないのが原因なのか。

昔から言われていることですが、道路ができたら、その道路を通って若者が都会に行ってしまった。。。ということです。
田舎のメリットを殺してまで都会並みに設備投資する必要はありません。

>私はできるだけ地元をもり立てていきたいと考えております。

税金を使わず、高い人件費も使わずに何かするのは非常に大変です。
共助の精神で、みんなで力と金を持ちよることができれば、それなりの成果はあがると思います。

くれぐれも税金は期待しないように。

過疎化は今に始まったことではありません。
高度成長期に都市近郊の工業地帯に労働者として大量に移動したのが原因です。
そのとき田舎に残った人たちが老齢化して、どんどんなくなっているということです。
その頃から予想できたことです。

自然の資源はいくらでもあるのですが、日本の人件費、ガソリン代、高速道路代が高すぎて、ペイしないのです。国内を移動するより、輸入した方が安い。

だから、持ち腐れですね。

過疎の過半は諦めるしか無いです。このままでは、高齢者も分散していますから、...続きを読む

Qなぜ地域活性化は必要なのか?

タイトルそのままの質問なのですが、なぜ必要なのでしょうか?ただ単に、魅力のない街に優秀な人材や情報は集まらない、経済の活性化のため、地域住民の生活を豊かにするため、などの安直なことではなく、地方にはこういった問題があり、このままでは日本が崩壊する、その阻止には地域活性化は必要不可欠であるというようなことを知りたいのです。もし、これらのことを述べている本やホームページがあれば教えてください。お願いします。

Aベストアンサー

ただでさえ日本は狭い国土に多くの人口がいる、世界でも有数の人口密度の高い国家です。

ただでさえ狭苦しいのに、国土の中に山岳の占める割合も高いので人の住んでる量は数字以上。

それなのにこの人口が一ヶ所に重点的に住むようになったらそれだけでいろいろ問題が出てきます。
実際東京圏、大阪圏には辛うじて生活するギリギリの人数が住んでいると思いますし、これ以上増えたら朝晩の通勤だけで死者がでかねない・・・と思うことも(これは私見です)。

地方活性化は一寸でもその進行を遅らせ、できれば停止してその問題を回避する一つの方法、と思われます。

自分も同じ種類の職業が地方にあればそっちの方がノンビリできていいなーと思うのですが、そう現実は簡単じゃあないですね(苦笑)

Q「教えて!goo」の過疎化。

最近思う。
「教えて!goo」の過疎化がひどくないでしょうか?

そのように感じた人はいますか?
いたら、その原因はどこにあると思いますか?

Aベストアンサー

そうですね。
goo(OK、その他パートナーサイト約120含む)の
1日の合計質問数はここ何ヶ月か1750件程度です。
1年前は2200件でしたから20%減り過疎化しています。

反対に知恵袋は1年前約46000件で、現在55500件ほどですから
20%増え大躍進しています。
両者の差は31.5倍にまで広がってしまいました。

※投稿の削除基準が特に厳しくなっている訳ではありませんし、知恵袋は増加していますからツイッターなどの影響を受けている訳でもありません。
以前から投稿の敷居の低さで知恵袋が多かったとしても、両者の差は本来同じ比率を保ったままでいいはずですので、以下の要因が大きいと思います。

◆リニューアルが不評だったということでしょうね。
・画面がなかなか切り替わらない。表示されない。
・「この投稿はサポートで確認中」の続出(最近は改善されてきましたが)
・接続トラブルの続出。投稿ボタンを押したら文字が消えた。
・その他表示トラブル・エラー・バグ数知れず。
 (デザイン・表示など小さい変更のたびに問題発生)
・良ポイント10点の廃止。
・ベストアンサーをつけずに締め切れない。

◆上記に加えて、
このような状況の中で、締め切られないで放置される質問の増加。
放置質問が多くなり、嫌気がさした良質の回答者の撤退(サイト離れ)
 →結果、少し難しい質問には回答が付かない。回答そのものもすぐに付かないものも多く時間がかかる。
それにより回答が付きにくくなるため質問自体も減る。
(知恵袋は投票でのベストアンサーも含めてすべてきちんと締め切られますので。この差は大きいでしょうね)

そうですね。
goo(OK、その他パートナーサイト約120含む)の
1日の合計質問数はここ何ヶ月か1750件程度です。
1年前は2200件でしたから20%減り過疎化しています。

反対に知恵袋は1年前約46000件で、現在55500件ほどですから
20%増え大躍進しています。
両者の差は31.5倍にまで広がってしまいました。

※投稿の削除基準が特に厳しくなっている訳ではありませんし、知恵袋は増加していますからツイッターなどの影響を受けている訳でもありません。
以前から投稿の敷居の低さで知恵袋が多かった...続きを読む

Q高齢化と少子化について。

高齢化と少子化の関わりについてなど、意見を聞かせてください。

Aベストアンサー

「高齢化」は、ある社会(コミュニティ)において「高齢者の比率が高くなる」ことを指します。一般に
 高齢化社会‥‥人口の7%以上が65歳以上の高齢者である社会。
 高齢社会‥‥人口の14%以上が65歳以上の高齢者である社会。
と言われています。日本は1995年に高齢社会に突入しています。

なお、「高齢化」の問題は、「長寿化」と「少子化」に分けることができます。
長寿化は医療技術の向上や社会の安定などによって寿命が延びることであり、少子化は出生率の低下によって結果として高齢者の比率が上がることになります。時代とともに、「多産多死」から、「多産少死」、「少産少死」へと変化し、少子化が進行しています。

長寿化は、政策でどうするものではありませんが、少子化は政策での対応が強く求められる問題です。

少子化問題とは、その名の通り生まれる子供の数が減少し、現在の人口を維持できないばかりか、経済、社会保障(特に年金問題)、労働市場などに大きな影響を与える深刻な問題となっています。
日本はすでに世界的にも経験のないスピードで少子化が進み、出生率は諸外国と比べても低すぎる水準に達しています。急激な少子化を回避し、人口の安定を図り、新しい社会システムを確立していくことが、今の日本の重要な課題だと考えます。
少子化の原因は、女性の高学歴化、晩婚化、住環境の問題などと言われていますが、育児と仕事の両立を可能とする条件を整えること、そして、介護や教育などを含めた安定した社会システムに移行することが早急に求められると思います。

少子化対策で日本の未来は変わると考えます。

「高齢化」は、ある社会(コミュニティ)において「高齢者の比率が高くなる」ことを指します。一般に
 高齢化社会‥‥人口の7%以上が65歳以上の高齢者である社会。
 高齢社会‥‥人口の14%以上が65歳以上の高齢者である社会。
と言われています。日本は1995年に高齢社会に突入しています。

なお、「高齢化」の問題は、「長寿化」と「少子化」に分けることができます。
長寿化は医療技術の向上や社会の安定などによって寿命が延びることであり、少子化は出生率の低下によって結果として高齢者の比率...続きを読む

Q郵政民営化後の過疎地で郵便局がなくなった場合…

一応政府は過疎地の郵便局は廃止させない、と言っていますが質問させてください。

郵政民営化の野党の反論としてよく「過疎地はどうなるのか?」というのをよく聞きますが、みなさんはもし郵政民営化して過疎地に郵便局がなくなった場合、過疎地はどうなると思いますか?また、どうしたらいいと思いますか?

私は郵政民営化には基本的には賛成で、「過疎地の人」という国民全体からみたらごく一部の人のために巨大な公社を維持するという考えはおかしいと思っています(別に過疎地の人を見捨てる、と言っているのではありません)。もし、民営化で過疎地の郵便局がなくなったとしても、「民」で出来なくなったところは「官(特に地方自治体)」が補えばいいだけだと思っていますし、たぶんそうするでしょう。

Aベストアンサー

過疎はある程度不便が生じても仕方がないのでは?
もちろんバランスは大切です。でもJR創業で鉄道だってバスになりました。採算重視は当然です。

反対に身の丈にあっていない新幹線や高速道路を観るたびに不思議に思います。国民一人あたりの赤字は610万円です。

お金は有効に。民でできることは民にまかせましょう。
ま、都会人のエゴかもしれませんが、お金の配分は慎重に。既得権でだらだらと無駄遣いは絶対に反対です。

Q小子化社会・高齢化社会

よく小子化社会・高齢化社会と言いますが、この間もNHKで特番を組んでいましたが、こういう所で出てくる数字は何を根拠にしてるのでしょう。
国勢調査は5年に1回だと記憶しています。最近、そんな調査を受けた記憶がありません。
どなたか、知っていたら教えて下さい。

Aベストアンサー

専門家でも何でもありませんが

人口動態統計が元になっているのでは?

参考URL:http://www.mhlw.go.jp/toukei/saikin/hw/jinkou/geppo/nengai03/index.html

Q過疎化が進んでいる地域が行っている具体的な政策

現在、日本には過疎化地域が数多くあると思いますが、過疎化の地域では主にどのような政策を実施し、過疎化を和らげるという地位活性化に繋げているんでしょうか?
教えて下さい。

Aベストアンサー

兵庫県のある過疎地域では、「町外から嫁をもらって、2年住めば10万円支給」(たしか、2年だったんですが、うろ覚えです。)というのをやっています。
しかし、人口は減る一方です。
誰も10万円もらいたいが為に、通勤に不便な所には住みません。働くところがないと、そこに住む理由がないので。

また、違う兵庫県の、過疎(懸念)地域では、企業誘致をしています。
雇用を生み出すことが、過疎化回避には必須という着眼点には私も納得しますが、誘致した企業はみんな製造業で、主に工場パートばかりの雇用を生み出したため、(正社員は、転勤族の他の地域の人で、地元採用はナシ)よけいに「定年退職後の、小遣い稼ぎ」のシルバー雇用の役にしかたっておらず、かえって人口の高齢化を生んだように思えます。

Q高齢化、少子化について。

皆さんは高齢化、少子化にどのような意見、考えを持っていますか?それと、高齢化少子化がわかりやすく勉強できる本があれば教えてください。小学生向けとかでも全然構いません。

Aベストアンサー

少子化・高齢化については、平成13年度の国民生活白書で、現状・対策が書かれています。
参考にしてください。

参考URL:http://www5.cao.go.jp/j-j/wp-pl/wp-pl01/index.html

Q過疎地に住みたいです。

今住んでいるところから、過疎地に住み替えたいです。一人で行くのですが、過疎地に住み替える人に、たくさんの助成金や補助金、資金が無くても私が住む家を建てさせてくれる、そんな優しい過疎地は無いでしょうか?

Aベストアンサー

色々ありますがね・・・
なぜ過疎になるかってぇと、仕事がないんですよ。通える範囲に。

http://www.google.co.jp/search?hl=ja&q=%E9%81%8E%E7%96%8E%E5%AF%BE%E7%AD%96%E3%80%80%E8%A3%9C%E5%8A%A9%E9%87%91%E3%80%80%E4%BD%8F%E5%AE%85&lr=

Q少子化・高齢化の進んでいる国は?

少子化・高齢化の進んでいる国はどこなのでしょうか?

宜しくお願いします。

Aベストアンサー

少子化+高齢化は、日本とドイツ、イタリア、スペインなど南欧。
少子化が深刻だが高齢化はそれほどではないのは東欧・旧ソ連。
高齢化が深刻だが少子化はそれほどではないのは北欧。
合計特殊出生率は、東アジアの先進地域、東欧・旧ソ連が低い。

・少子化(0-14歳人口の割合)
ブルガリア 13.8%
日本 13.9%
イタリア 14.0%
スロベニア 14.1%
ギリシア 14.3%
ドイツ 14.4%
スペイン 14.4%
ラトビア 14.4%
ウクライナ 14.7%
チェコ 14.8%
ロシア 15.1%
香港 15.1%
(参考)イギリス 18.0%
(参考)フランス 18.4%
(参考)アメリカ 20.8%

・少子化(合計特殊出生率)
マカオ 0.91
香港 0.97
ベラルーシ 1.20
韓国 1.21
ウクライナ 1.22
チェコ 1.24
スロバキア 1.25
シンガポール 1.26
リトアニア 1.26
日本 1.27
ハンガリー 1.28
スロベニア 1.28
(参考)ドイツ 1.36
(参考)イタリア 1.38
(参考)スペイン 1.41
(参考)イギリス 1.82
(参考)フランス 1.89
(参考)アメリカ 2.05

・高齢化(60歳以上人口の割合)
日本 26.4%
イタリア 25.3%
ドイツ 25.1%
スウェーデン 23.4%
ギリシア 23.3%
ラトビア 22.4%
ブルガリア 22.9%
ベルギー 22.1%
ポルトガル 22.1%
クロアチア 22.1%
オーストリア 21.9%
スペイン 21.7%
(参考)イギリス 21.2%
(参考)フランス 20.8%
(参考)アメリカ 16.6%

少子化+高齢化は、日本とドイツ、イタリア、スペインなど南欧。
少子化が深刻だが高齢化はそれほどではないのは東欧・旧ソ連。
高齢化が深刻だが少子化はそれほどではないのは北欧。
合計特殊出生率は、東アジアの先進地域、東欧・旧ソ連が低い。

・少子化(0-14歳人口の割合)
ブルガリア 13.8%
日本 13.9%
イタリア 14.0%
スロベニア 14.1%
ギリシア 14.3%
ドイツ 14.4%
スペイン 14.4%
ラトビア 14.4%
ウクライナ 14.7%
チェコ 14.8%
ロシア 15.1%
香港 15.1%
(参考)イギリス 18.0%
(参考)...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報