知人の母親がアルツハイマー型痴呆で、自分の事は何も出来ない状態です。
大阪市内で特養を探していますが、どの老人ホームが良いのか良く分りません。
何処か良い老人ホームをご存知の方がいらっしゃいましたら教えていただけないでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

この場でどこの施設が良いとか名前は出せませんので、実際にお近くの施設を見学してまわられると良いと思いますよ.


なかなか、外から見てるだけだとわかりにくいので.評判が良さそうでも、実際入所してみたら違ったと言うのでは元も子もないですから….
    • good
    • 0

私も特養に問い合わせたことがありますが、特養は申し込んでも一番早い人でも1年は待たないと入れないのが現状だと言われました。



一応、施設の一覧です。
http://www.pref.osaka.jp/korei/sisetu/sidou/kizo …
どの施設がよいかは資料を送付してもらうのがいちばんだと思います。

もしかしたら、特養以外でもう少し早く受け入れてくれるところがあるかもしれないので、電話等で問い合わせた際に聞かれてはいかがでしょうか?

参考URL:http://www.pref.osaka.jp/korei/sisetu/sidou/kizo …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
特養にも色々あるから、世間の噂も知りたかったんです。

お礼日時:2004/09/30 21:39

役所担当課で相談しましょう。

    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q老健と特養の業務の違いを教えてください。

 よろしくお願いします。介護職に従事するにあたって老健と特養の業務内容の違いを教えてください。   老健は3日間の実習である程度毎日の流れがわかりました。   入所者の違いや入所期間の違い、介護、医療にかかわる時間が老健は多めで、特養はレクリエーションにかかわる時間がやや多めと聞いていますがなかなか把握できません。    実際の現場はこんな仕事、こんな違いがあるなど、組織、人間関係?の違いなどもぜひ教えてください。   あと特養などの社会福祉法人というものがどんな組織かもご存知でしたらお願いします。

Aベストアンサー

私は、老健1年・特養3年(現在も)働いた者です。
介護職の立場から見て、業務内容に大きな違いはありません。違いがあるのは、施設ごとの考え・理念から来るものなので、そこで迷わなくてもよいと思います。
ただ、知ってのとうり老健は在宅を目指した中間施設なので、在宅復帰を目指します。リハビリを目的にどんどん良くなっていく姿を見るのは、とてもやりがいにつながります。しかし、そんなお年寄りみるのは一握りではないでしょうか?家庭の都合・ADLの低下などにより出入りを繰り貸す場合がほとんどです。痴呆のお年よりなどは、それによる環境の変化に耐えれず、どんどん悪化するケースもよく見かけます。私の気持ち的には、そんな仕組み(介護保険)を作った厚生省に物申したいほどです。(老健の利用者の中に、特養入居の待機者が多いのも事実)
特養は、入居時に住民票を移し死ぬときまで終の棲家として利用されます。ただ、病状が悪化し医療的な処置・観察が常時必要となる場合に限り提携の病院に入院となり、それが長くなれば退居になってしまいます。(この辺りのことはいろんなケースがあるので一概には言えません)
私は、私が今現在働いている特養をお勧めします。理由は、「利用しているお年寄りと仲良くなれるから」です。何年も顔を合わせ顔なじみになれば、自分の友達や肉親のように感じられるようになってくるはずです。そして、死を間近に見ること・とても沢山の歴史を持つお年寄りと接することで、自分をどんどん磨けると思っています。
在宅介護の職場もメリットはあると思います。家族の協力があるならば、家で過ごすことがお年寄りにとって一番いいです。(ただ大変さを知っているだけに家族には強要できませんが・・・)
もし就職活動で考えているならば、実際の職場に行って職員・利用者の顔を見ることが一番解かりやすいです。施設ごとの色々な理念が職員・利用者の顔に出ているはずですから。
法人のことに関しては、詳しく差は解かりませんが、仕事をする上で支障のあることはないと思います。お役に立てなくてごめんなさい。

私は、老健1年・特養3年(現在も)働いた者です。
介護職の立場から見て、業務内容に大きな違いはありません。違いがあるのは、施設ごとの考え・理念から来るものなので、そこで迷わなくてもよいと思います。
ただ、知ってのとうり老健は在宅を目指した中間施設なので、在宅復帰を目指します。リハビリを目的にどんどん良くなっていく姿を見るのは、とてもやりがいにつながります。しかし、そんなお年寄りみるのは一握りではないでしょうか?家庭の都合・ADLの低下などにより出入りを繰り貸す場合がほとんど...続きを読む

Q特別養護老人ホームの事について教えてください。 祖母の痴呆が進み老人ホームに入れたいのですが、今貰っ

特別養護老人ホームの事について教えてください。
祖母の痴呆が進み老人ホームに入れたいのですが、今貰っている年金で押さえ体調と思っているのですが、2か月で19万円です。
安い所は、200人待ちとかで中々はいれません。
知り合いが65歳以上でも障害者資格取れると聞いたので、役所に聞くと取得可能です、
といわれました、
今、祖母は、養介護3ですが、障害者資格を取れば、代金が安くなったり、入りやすくなりますか。宜しくお願いします。
祖母は、血圧が高いだけで病気らしい病気はありません。

Aベストアンサー

「祖母の痴呆が進み・・」は、立派な病気です。
『障害者資格』について、もう少し真剣に考える必要があるのでは・・・・・?
「祖母は、血圧が高いだけで病気らしい病気はありません。」
⇒ ならば、障害者資格も有り得ませんヨ。

Q老健と特養の違いについて

多床部屋の老健と特養の申請をしてきました。

そしたら、説明の中で、老健は大体、10万円弱、特養は6万円程度との説明でした。

老健は、高いが、医療費はいりませんとのことでした、あと、医師が常駐していますとのことでした。
ただ、老健は、最後まではいれません、状態しだいでは、退所もありえますとのことでした(ただ、以前に、別の老健に説明を聞きにいったときは、そこは、個室だったんで、15万円とのことでした、ただ、一生いられます、とのお話でした。これって、高いところは、老健でも、最後まで、いられるということなんでしょうか?)

で、特養については、安いけど、医師はいませんから、病気の時は、家族がいちいち、病院に連れていかないといけません、とのお話でした。でも、最後までいれます。とのお話でした。

そこで、質問なんですが、老健は医療費は込みこみだということなんですが、大病や手術など、突発の時には、これらの膨大な医療費も、込みこみでOKなんでしょうか?
それとも、こういう場合に、退所を余儀なくされるんでしょうか?

あと、特養なんですが、病院通院は家族対応ということなんですが、歯科通院とか風邪引きとか、常備薬を病院にもらいに行くときも、つどつど、家族が医院にいき、薬をもらってきて、施設に届けないといけないんでしょうか?

すいません、質問は以上でございます。
よろしく、ご教示ください。

多床部屋の老健と特養の申請をしてきました。

そしたら、説明の中で、老健は大体、10万円弱、特養は6万円程度との説明でした。

老健は、高いが、医療費はいりませんとのことでした、あと、医師が常駐していますとのことでした。
ただ、老健は、最後まではいれません、状態しだいでは、退所もありえますとのことでした(ただ、以前に、別の老健に説明を聞きにいったときは、そこは、個室だったんで、15万円とのことでした、ただ、一生いられます、とのお話でした。これって、高いところは、老健でも、最後ま...続きを読む

Aベストアンサー

ちょっとズレてしまっていますね。

私も説明がヘタなので、わかりやすく説明できるかどうかわかりませんが…

まず、
老健=老人保健施設=と言われる施設は、基本的には”リハビリをして元気になって家に戻りましょうね”という目的で作られた施設です。ですから、リハビリをするために必要な専門職(リハビリスタッフ)が施設内では勤務しています。また、専門のリハビリを施行するためには医師の指示箋が必要のため、施設には医師がいます。老健とはそのような基準で施設が建てられています。
 ということで、元気になって家に帰りましょう、という目的の施設のために、一生入所できるか、と言えば基本的にはNOです。

そして、
特養=特別養護老人ホーム=と言われる施設は、基本的には”身の回りのことが出来なく介護が必要となった方が入居して生活する場”となっていますので、施設の基準の中には 医師がいる基準では建てていません。

 さらに簡単にいうと、”リハビリ施設”=老健  ”生活の場”=特養 ということです。

ですから、特養は一生入所できるか、と言えば、Yesとなります。

ただ、ここで、注意したいのは、”一生入居できる”といった考え方です。特養はたしかに生活の場なので、希望であれば一生入居していることは可能ですが、医療行為が必要な身体になってしまった場合、(病院でなければ対応が困難な医療行為が必要な場合)は特養という施設では医療設備が全くないために対応できません。そうなると、一生入居できる、という部分は難しくなってきます。

また、老健ですが、リハビリをする施設=一生入居できない、が基本的ですが、高齢化が進み、特養に入りたくても空きがなくて入居できない方が沢山いる状況もあり、リハビリ施設と謳われていた老健も特養なみに重度(要介護が高くて家に戻って生活することが難しい状況の人)の方が多くなってきています。そのため、施設によっては、入居期間を3ヶ月、6ヶ月、1年と目安を提示している施設が多く、中では一生をうたっている施設もわずかながらあります。

 あとは、病院への受診対応ですが、これは、施設によって対応が若干異なると思われますが。基本的には特養も老健もご家族のご協力が必要だと思われます。
 また、医療費についてですが、これが誤解を生む回答になりかねませんので、単純にしか回答できませんが、特養も老健も同じく病院へ受診することはあり得ますし、老健に入居したからと言って医療費がかからなくなることはあり得ません。
 老健って医師の配置が義務づけられています。そのため、入居している方の服用されているお薬は施設の医師が診察して、薬の処方をしています。この薬は医師が処方している=つまり、施設で処方しているので、この薬については別途請求される訳ではなく、施設で説明を受けた金額の中に含まれています。(療養費と言われる項目です)
 ただ、施設の医師も全ての科目を診察できる訳ではないので、(例えば外科や泌尿器などの専門外)施設の判断(施設の医師の判断)で病院の受診が必要な場合は、当然、病院受診の形になるので、医療保険からの請求=医療費が発生いたします。

 長くなってしまいましたが、施設自体の基準によって(法的)、または施設個々の方針によって、若干の違いがあったり、今では、お部屋も4人部屋、2人部屋、個室、ユニット型などたくさんの部屋があり、それによって料金も全然違います(もちろん、ご本人の収入によっても違いますが)ので、混乱されるのは当たり前です。

 回答になっているかどうかわかりせんが、参考になればと思います。

ちょっとズレてしまっていますね。

私も説明がヘタなので、わかりやすく説明できるかどうかわかりませんが…

まず、
老健=老人保健施設=と言われる施設は、基本的には”リハビリをして元気になって家に戻りましょうね”という目的で作られた施設です。ですから、リハビリをするために必要な専門職(リハビリスタッフ)が施設内では勤務しています。また、専門のリハビリを施行するためには医師の指示箋が必要のため、施設には医師がいます。老健とはそのような基準で施設が建てられています。
 ということで、元...続きを読む

Q養護老人ホーム 特別養護老人ホーム 軽費老人ホーム等

教えて下さい。

養護老人ホーム 特別養護老人ホーム 軽費老人ホーム 老人福祉センター 老人休養ホーム
上記の違いが分かりません。

入居予定者は、68歳 左半身不随 車椅子生活
現在 老険施設をたらい回し状態。(タバコで施設が拒否) 
医者から自立歩行は無理と言われてますが、根が頑固なもので
リハビリは、必要との事です。
基本的に 老人ホームにはリハビリが無いのは知っていますが
デイサービス等で誤魔化そうと思っています。
出来るだけ費用が掛からない方が理想ですが

老険施設施設は経験上内容は分かりますが
老人ホームは、無知ですので
詳しくよろしくお願いします。

Aベストアンサー

老人ホームの違いは、参考URLを見ていただくほうが早いと思うので割愛させていただきます。

この方の場合、入所できそうな老人ホームは特別養護老人ホームではないかと思います。大抵、2~3年待ちだろうと思いますが。。費用は、介護保険によります。
自立歩行できないようですと、経費老人ホームはちょっと厳しいかもしれません。ケアハウスならもしかすると対象になるかもしれないですが。費用は、介護保険施設よりは高めだと思います。
養護老人ホームは、収入などもからんでくるので何とも。。
特養には基本的に理学療法士はいませんが、私の知っている特養は医師の指示のもと、看護師等が簡単なリハビリをしているようでした。
あるいは、特養に入所しながらときどき病院に入院してリハビリをしている人もいました。
なお、デイサービスは在宅介護なので、施設入所者は利用できないのではないかと思います。

そのほかに、病院ですが、長期入院できる療養型病床群があります。病院に理学療法士がいればリハビリも可能です。こちらは医療保険または介護保険です。

こういった仕事を辞めて数年たつもので、情報が古いかもしれません。一応調べましたが、もし法律改正されているものがありましたらすみません。

参考URL:http://c-kids.toshiba.co.jp/care/kids/letsgo/step1_01.htm

老人ホームの違いは、参考URLを見ていただくほうが早いと思うので割愛させていただきます。

この方の場合、入所できそうな老人ホームは特別養護老人ホームではないかと思います。大抵、2~3年待ちだろうと思いますが。。費用は、介護保険によります。
自立歩行できないようですと、経費老人ホームはちょっと厳しいかもしれません。ケアハウスならもしかすると対象になるかもしれないですが。費用は、介護保険施設よりは高めだと思います。
養護老人ホームは、収入などもからんでくるので何とも。。
特...続きを読む

Q特養と老健の違いについて

老人の入所施設で、特養と老健、有料ホームなどの違い、例えば、法的な定義や実際にはどう違うのか、詳しく教えてください。また、そのようなことを説明しているサイトがありましたら、あわせてご紹介ください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

特養:老人福祉法11条2項・20条5項及び介護保険法86条~93条
http://www.houko.com/00/01/S38/133.HTM#s3

老健:介護保険法94条~106条
http://www.toshiba.co.jp/care/cmane/c_benri/horitu/hou_5_08.htm

「有料老人ホーム」と呼ばれているもののうち、介護保険を全く使用しないものに関しては公的な補助はなく、実質的に規制はない。

有料老人ホームのうち介護保険を利用するもの=特定施設の指定を受けている有料老人ホーム:介護保険法7条16項目・厚生省令第三十七号「指定居宅サービス等の事業の人員、設備及び運営に関する基準」174条以下
http://plaza.rakuten.co.jp/caremane/19011

Qケアハウス、グループホーム、特別養護老人ホーム、有料老人ホームの違いについて

こんにちは。

ケアハウス、グループホーム、特別養護老人ホーム、有料老人ホームの違いについて教えて下さい。
いろいろ本を読んだのですが“どれも同じじゃないの??”という感じなのですが。

宜しくお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは。

下記参考URLが簡単に、かつわかりやすく解説してありましたので参考になさってください。

簡単に説明しますと、
特養は、重度の介護が必要な方が終身介護を受けられる施設
グループホームは、痴呆のある方で、日常生活動作がある程度自分でできる方が、5~10人くらいで生活する施設
ケアハウスはすべて自立している高齢者が住む、マンションのようなものです。

参考URL:http://ozac.easter.ne.jp/kaigo/kaigo-sisetu2.html,http://www.yuyunosato.or.jp/06-2frm.html

Q老健と特養と有料老人フォームの違いについて・・・。

はじめまして。今度介護業界に転職します。

恥を承知で質問させていただきます・・・。

(1)老人保健施設と特別養護老人ホーム、それから有料老人フォームの違いって具体的に何ですか?(民間とか民間でないとかあるのですか?)

(2)ケアワーカーとソーシャルワーカーの違いについて教えて下さい。


(3)H14年に老人医療保険の改正があったと思いますが、1割負担の方と2割負担の方では所得の差で決まってくると聞きました。基準はいくらですか?また改正前の対象年齢は何歳以上だったんですか?(今は75歳以上ですよね・・・?)医療機関に行く時健康保険証とこの老人医療保険証両方持っていかないといけないんですよね?

いろいろ書かせていただきましたが、ぜひお願いします。

Aベストアンサー

(1)について
・老人保健施設=手っ取り早く行ってしまうと、病院を退院し自宅へ帰らなければならなくなった際、病状は落着いても、日常生活にはまだ不安が残るといった場合基本3ヶ月として入所するリハビリ目的の施設です。病院色が濃いものと考えてください。*ただし色々と細工をし1年以上入所しているなんてケースもあります。多くの利用者は特用への入所のつなぎとして利用しているケースが多いようです。
・特別養護老人ホーム=常時の介護を必要とした方が入所する施設です。基本的に対処までの帰還というものはありません。しかし、ホームの契約内容によっては長期間の入院加療が必要と認められた場合や施設利用料の未払い状態が続いた場合など対処となる場合があります。生活環境としては、病院といったイメージよりも集団生活の場といった雰囲気を大切にしているところです。実際に医者や看護婦が24時間常駐しているといった施設は少なく、夜間は介護士が対応しているところが多いです。もちろん何かあった場合は協力病院などとの連絡を図ります。
上記の二つは介護保険が適用されるため1割負担+食費+日用品代といったり用途なります。
・有料老人ホームは大雑把に言ってしまうと介護付きのマンション・アパートと考えてよいと思います。多くは一室を買い取り、月額の介護費用+食費などを支払います。民間事業が展開しているため費用はそれぞれです。
介護保険が利用できるところもあります。

(2)
・ケアワーカー=直接介護をする職員さんと考えてください。
・ソーシャルワーカー=施設においては生活相談員という役職に当たります。入所の手続きや生活に関わる各種行政への申請のお手伝いを行っています。また、預かり金なども管理している場合が多いです。
また、役所等にいる福祉課の方たちもソーシャルワーカーにあたります。平たく言うと福祉を利用したい人たちの相談窓口といってよいかもしれません。
(3)についてはすいません私も収入に応じてといったところ間でしか覚えていません。でも、課税・非課税世帯といった線引があったように記憶しています。
受診の際は両方とも持参してください。

(1)について
・老人保健施設=手っ取り早く行ってしまうと、病院を退院し自宅へ帰らなければならなくなった際、病状は落着いても、日常生活にはまだ不安が残るといった場合基本3ヶ月として入所するリハビリ目的の施設です。病院色が濃いものと考えてください。*ただし色々と細工をし1年以上入所しているなんてケースもあります。多くの利用者は特用への入所のつなぎとして利用しているケースが多いようです。
・特別養護老人ホーム=常時の介護を必要とした方が入所する施設です。基本的に対処までの帰還と...続きを読む

Q特養老人ホームの勤務形態について

私が働く特養は従来型の施設で2フロアーに分かれています。職員はフロアーごとに固定されており、違うフロアーの利用者の事はほとんど知りません。名前と顔が一致しないといった感じです。最近外から見た場合同じ特養の利用者なのに、フロアーが違うから知らないというのは問題なのではとの意見が施設内から出て、職員をフロアーごとに固定するのはやめようという方向に向かいつつあります。つまり全職員が全利用者を把握しようということです。個別的な介助が必要と言われている昨今、明らかにうちの施設は逆行しているように思えてなりません。全利用者を把握する事よりも各フロアーの利用者を各フロアーの職員がより深く理解していく事のほうが重要だと思うのですが、皆さんはどう思いますか。ぜひご意見を聞かせてください。

Aベストアンサー

特老に祖母が入所しており、施設とは連絡等の調整をしております。
利用者の立場からの意見ですが、正直自分の関係あるフロアーに
しか足を踏み入れないので全職員が全利用者を把握することは
本当に必要かということにはかなり疑問があります。
相談員さんには全利用者の把握はもちろん必要だと
思いますが、フロアー職員さんにはそのフロアーの利用者について
詳しく知っていて頂けた方が安心だと思います。

Q老健と特養と介護付き有料老人ホーム

宜しくお願いします。

私は30代前半です。

もうじきヘルパー2級の資格が取れます。

就職先の事で悩んでいます。

介護付き有料老人ホーム

特養

老健
は一体何が違うのでしょうか?

給与だけを見ると介護付き有料老人ホームが圧倒的に良さそうにみえます。
生活のことを考えると介護付きに就職したいと思っていたんですが
介護付きは、レクレーション等がメインで特養に老健の方が技術面でのレベルが上がると言われました。
最初は老健や特養に行き、介護福祉士になったら好きなところに就職したらどうだろう?っとの話しでした。

特養と老健と介護付きの仕事内容はそんなに違うんでしょうか?
老健では排泄業務はないのでしょうか?←きちんと経験をしないといけないと思っています。
給与や賞与や休日等何か違いもあるのでしょうか?
何かアドバイスをお願いします。

Aベストアンサー

ここで一生働く…というのではなく、長く介護の仕事をする為にまず、とお考えでしたら、老健をオススメします。老健でも、排泄介助は当然ありますよ!
No.2様がおっしゃられているとおり、有料は特老&老健に比べて、軽度の方が多いです。特老でも、重度の方の介護を学べますが、老健の方がリハビリを重視されているので、必ず理学療法士か作業療法士が配置されています。在籍は、よく相談に乗って戴いたり・ご指導して戴きました。
看護師の配置数も、特老は少ないので、介護士だけの夜勤がありますが、老健は必ず1人看護師が入るので、看護師の対応を常に目にする事が出来て、相談もしやすいと思います。
語弊があるかもしれませんが、いつもと異なる症状が現れた時、何が原因か?、医師や看護師にすぐに相談するレベルか?、当面は大丈夫か?…という判断は、やはり老健経験者の方が慣れているように感じられます。

介護を受けられる方は、大抵何らかの疾患をお持ちです。また、どんな施設で勤務していても、突発的なことが起こる場合もあります。介護士に医療行為は出来ませんが、知識を得るのは個人の自由だと思います。

ちなみに私は、2ヶ所の老健施設を勤務しました。給与面ですが、

【A老健】
 月給:安い(県の最低賃金でした)
 資格手当:無
 賞与:基本給の夏1.8倍・冬2.4倍。皆一律。
 退職金制度:有

【B老健】
 月給:A老健より高い
 資格手当:有
 賞与:能力制(極端に低い人は、冬10万以下。個人差が最高20万くらいありました)
 退職金制度:無

…と、全然異なりました。

給与での待遇面は、特老・老健・有料であろうと、面接時にしっかり確認された方が良いと思います。

ここで一生働く…というのではなく、長く介護の仕事をする為にまず、とお考えでしたら、老健をオススメします。老健でも、排泄介助は当然ありますよ!
No.2様がおっしゃられているとおり、有料は特老&老健に比べて、軽度の方が多いです。特老でも、重度の方の介護を学べますが、老健の方がリハビリを重視されているので、必ず理学療法士か作業療法士が配置されています。在籍は、よく相談に乗って戴いたり・ご指導して戴きました。
看護師の配置数も、特老は少ないので、介護士だけの夜勤がありますが、老健は必...続きを読む

Q特養老人ホームでの医療費や雑費が大きすぎる

74才の父が認知症が進み、去年暮れに特養老人ホームに入りました。
施設に父の口座の通帳や印鑑を預け、最低3万円の残高が必須で月千円の管理手数料を払っています。
 さて、毎月医療費が7000円前後もとられます(薬代込みの1割負担)。医者は協力病院である提携先から週に数度施設に来ています。
 昔から父は体が丈夫で病気知らずで、認知症以外には悪いところはないはずなのですが、毎月にように何とか検査何とか検査と名目をつけられていて、薬も7種類も飲まされています。ちょっと血圧が高いから血をサラサラにする薬や降圧剤、手がたまにフルフルと震えるからそれを抑える薬等など・・・。認知症も進んできてるし、少し手が震えるくらいは昔からの事で関係ないのですが。
 また、雑費の明細もくれず、どんどん口座のお金を使われてしまいます。雑費の内訳を問うと、ティッシュや歯ブラシや何やら・・・といつも同じ答えで領収書とかは一切無し。
 特養とはこんなものでしょうか?
何だか入所者をいいように利用して好き勝手に診療や検査をして薬をどんどん出して医者が儲けて、施設もなんだかんだと理由をつけて金をむしりとっている印象を持ってしまい、信用できなくなりつつあります。
 かと言って永い入所待ちの後やっと入ったので、他に移るにはまた大変というか無理っぽいですし。
 ちゃんと納得して信用したいという前向きな気持ちなのですが、どこへどう相談したらいいでしょうか。医者と面談もし、最小限の薬や治療でお願いしますと言ってはあるのですが。
よろしくお願い致します。

74才の父が認知症が進み、去年暮れに特養老人ホームに入りました。
施設に父の口座の通帳や印鑑を預け、最低3万円の残高が必須で月千円の管理手数料を払っています。
 さて、毎月医療費が7000円前後もとられます(薬代込みの1割負担)。医者は協力病院である提携先から週に数度施設に来ています。
 昔から父は体が丈夫で病気知らずで、認知症以外には悪いところはないはずなのですが、毎月にように何とか検査何とか検査と名目をつけられていて、薬も7種類も飲まされています。ちょっと血圧が高いから血を...続きを読む

Aベストアンサー

こんにちは。
私も母の介護、母がお世話になる病院(転院先)や施設(特養・老健・民間経営の老人ホームなど)を探した経験があり、いろいろな場面に遭遇したので参考にして頂ければ…と思います。
疑わしく思うことがあると、何もかもが疑いの目で見えてしまいがちなので、落ち着いて客観的に考えてみて下さいね。

No.1の回答・回答のお礼の(1)について
『医者は協力病院である提携先から週に数度施設に来ています。』
入居者の健康維持を考慮し、定期的に検診することが入居の条件にうたわれているのでは??
症状が安定していることが、特養の入居の条件でもあると思います。
往診扱いになると思うので、通院よりも費用は割高になると思います。
そしてNo.1さまの言うとおり、認知症の症状によっては、介護しやすい状態に、薬を使用して管理することはありえます。
『認知症以外に悪い所はない…』とはいえ、他の病気とは異なり、認知症の症状によっては、他の入居者への迷惑に成りかねないこともあります。
その為、お薬での管理が必要なのかも知れません。
また肺炎についてですが、ご老人の場合の肺炎と、若い方の肺炎は少々異なり、ちょっとした風邪の症状でも誤嚥性肺炎を起こしている場合もあるので、お食事もチューブでいに直に流動食が通るようにしたのだと思います。
また拘束も、チューブを外さないように…ということだと思われます。
『保険に入っているか?と聞かれたそうです。』
これは入院したので、加入している生命保険によっては、入院1日から入院給付金を申請できるので、その件ではないかと思います。

ある意味「集団生活」なので、ちょっとしたことが他の入所者へも影響を与えてしまうことを考慮し、そうせざる得ないことも仕方がない場合もあります。
何でも家族の希望通りにしたいなら、それ相当の支払いをしても良いから実行してくれる施設に移っては・・・なん言われてしまったら、困るのは家族ですよね。
弱みに付け込んでいる訳ではないのでしょうが、「介護保険を使って出来ることはここまで。それに合わせての内容」ということなのではないでしょうか…。
もちろん、悪徳な場合も有り得ますので、諦めるだけではないと思いますが、虐待の証拠を掴んで訴えるような訳にはいかないのでは…と思います。
介護する側にとっては「薬で管理する」ことを悪と決め付ける訳にも行かないようです。

こんにちは。
私も母の介護、母がお世話になる病院(転院先)や施設(特養・老健・民間経営の老人ホームなど)を探した経験があり、いろいろな場面に遭遇したので参考にして頂ければ…と思います。
疑わしく思うことがあると、何もかもが疑いの目で見えてしまいがちなので、落ち着いて客観的に考えてみて下さいね。

No.1の回答・回答のお礼の(1)について
『医者は協力病院である提携先から週に数度施設に来ています。』
入居者の健康維持を考慮し、定期的に検診することが入居の条件にうたわれているのでは??
...続きを読む


人気Q&Aランキング