【お知らせ】カテゴリの見直しについて

高校化学

電極に白金を用い、硝酸銀水溶液250mlを電気分解したところ、水溶液のpHは2.0になった。この時生じた銀は何gか。ただし、電気分解前の水溶液のpHは7.0とし、電気分解前後で水溶液の体積は変化しなかったとする。

この問題の解説(反応式は入ってないです)を画像にあげました。なぜ、電気分解によって生じた水素イオンの物質量が電気分解後の水素イオンの物質量と等しくなるのかわかりません。
電気分解後の水素イオンの物質量は、電気分解前の水素イオンの物質量に、電気分解によって生じた水素イオンの物質量を加えたものではないのですか?

「高校化学 電極に白金を用い、硝酸銀水溶液」の質問画像

A 回答 (1件)

質問者さんの考えはある意味正しいです。


ただ、最初の水素イオンはすべて水の電離によるもので、反応後は生じた水素イオンのために水の電離が抑えられてしまいます。
この影響を無視するとしても、
はじめ2.5×10^-8 molの水素イオンがあり、電気分解後に2.5×10^-3 molになっていたのなら、
電気分解によって生じた水素イオンは 2.5×10^-3 mol-2.5×10^-8 mol=2.5×10^3 molです。

っていうか、全く同じ質問がつい昨日投稿されているのですから、質問する前に読んでいて欲しいものです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

他の方の投稿気付かなかったです。すみません。
水の電離にルシャトリエの原理がはたらくんですね。すっきりしました。
そしてもしも水の電離があっても無視できるくらい僅かなものだということなんですね。
ありがとうございました☺︎

お礼日時:2018/01/08 09:13

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q硝酸銀の電気分解、銀の析出

硝酸銀水溶液の電気分解では、陰極に銀が析出しますが、
なぜ、普段見るような単体の銀ではなく、少し黒ずんだ銀が析出するのでしょうか?
わかる方、教えていただけないでしょうか?

Aベストアンサー

通常銀は「銀色」と認識されていますが, これは銀が (可視光域の) 全ての電磁波を反射しているからです. ところが, 電磁波を反射するためにはその電磁波の波長より大きい必要があります (この辺ちょっと厳密性に欠けるけど詳細は知らないしだいたいこの認識であってるので無視). つまり, 「電磁波の波長より小さな粒子」にしかならないと, 電磁波を反射することができないので黒く見えます.
表面が荒い場合には乱反射が起きて, 視線方向に反射される電磁波が少なくなるのかな.

QAgNO3(硝酸銀)水溶液の液性

塩の液性について学んでいたんですが,ある問題集に「AgNO3水溶液は例外的に中性である」と書いてありました.これが納得いきません.理由を教えてください!よろしくお願いします.
加水分解を考えると下のように酸性になる気がするのですが・・・
Ag+ + H2O → Ag(OH) + H+
2AgOH → Ag2O + H2O

まとめて,2Ag+ + H2O → Ag2O + 2H+  だから酸性???

Aベストアンサー

 もう回答は必要ないのかもしれませんが,たまたま「コットン・ウィルキンソン 無機化学」(培風館)の記載を目にしましたので。

> AgOHは弱塩基,硝酸は強酸で,

 これが間違っている様です。上記成書によると,『酸化銀は強い塩基で,水中に懸濁させるとアルカリ性である』そうです。

 したがって,強酸・強塩基の塩で中性ですね。

Q二酸化硫黄と硫化水素の酸化還元反応式

タイトルのとおりなのですが、二酸化硫黄と硫化水素の酸化還元反応式が
どういうふうになるのかおしえてほしいのです。
硫化水素 H2S→2H+ + S + 2e-
二酸化硫黄 SO2 + 4H+ + 4e- → S + 2H2O
ということまではたぶんあっているとおもうのですが・・・
このあとどうやっていけば酸化還元反応式ができあがるのかが。。。
教えて下さい

Aベストアンサー

そこまでわかっているのなら、後は
e-が消えるように2つの式を足し合わせるだけです。
最初の式を2倍して、2番目の式と足せば、
2H2S + SO2 + 4H+ + 4e- → 4H+ + 2S + 4e- + S + 2H2O
両辺から同じものを消して
2H2S + SO2 → 3S + 2H2O
となります。

QNaClの電気分解とpH

電気分解の問題なのですが、
電解液:NaCl水溶液
電極:陽極・陰極ともに炭素C

これで電気分解を行ったとき、溶液のpHはどのように変化するかという問題です。

陽極では、2Cl^-      → Cl2 + 2e^-
陰極では、2H^+ + 2e^- → H2

となり、水だったOH^-が余って塩基性になり、pHの値は高くなる、という考え方で合っているでしょうか。よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

>pHの値は高くなる、という考え方で合っているでしょうか
大筋で問題無し。
ただし、OH^-が余ると言うよりは、塩素と水素が発生して溶液中から失せた分、残りが水酸化ナトリウムを含む溶液になったと考えるのが適切。

Q化学II 熱可塑性樹脂と熱硬化性樹脂

熱可塑性樹脂と熱硬化性樹脂はどのように見分けるのでしょうか。
例 次のうち熱可塑性樹脂を選べ。(答235)
 1尿素樹脂 2ポリエチレンテレフタラート 3ポリスチレン
 4フェノール樹脂 5メタクリル樹脂

Aベストアンサー

付加重合による樹脂は直線的につながっていきます。
この繊維と隣の繊維が化学的な結合ではなく水素結合や分子間力のみで
接触している樹脂は熱によってその結合が離れてしまいます。

フェノール樹脂(2,4,6位で結合可)や尿素樹脂のように、3個以上の
結合ができる物質では、立体的な結合になっています。このような樹脂を
熱硬化性といいます。

熱硬化性樹脂として、フェノール樹脂、尿素樹脂、メラミン樹脂を覚えて
おけばいいでしょう。 


人気Q&Aランキング