『アマデウスの中で、モーツァルトの死後、サリエリはなぜ自殺を図らなければならないほど苦しまなければならなかったのか?』
の質問の答えがわかる方いらっしゃいますか?アマデウスを見たことのある方、ぜひ、この質問の答えを教えてください!!

わけのわからない質問ですみません。緊急なもので・・・

A 回答 (2件)

サリエリは音楽を愛し、努力の末、宮廷音楽家となりました。

(なんて簡単な説明でしょう!)
彼は、その才能を与えたもうた神に感謝を捧げ、彼自身の作品を愛したのです。ところが、突然現れた天才モーツァルト(下品な若僧)の音楽は、サリエリの作品を陳腐なものにおとしめ、あろうことか、密かに憧れていたプリマドンナさえつまみ食いされてしまうのです。悲劇であることは、サリエリにはモーツァルトの音楽を理解できるだけで、彼自身にはその才能がないことを知っていたことです。
そして、その嫉妬と苦しみは、十字架を燃やして、モーツァルトを出現させた神に復讐を決意するにまでエスカレートします。
サリエリには彼の音楽が全てだったのでしょう。
それが、歳月が経ち、宮廷も没落し、彼の音楽が人々から忘れ去られていくことで彼自身の存在までが否定、忘却されることに精神のバランスが取れなかったのだと思います。
アマデウスは、サリエリの回想として話が進みますが、モーツァルトを殺したというのも本当はでっち上げかもしれないという見方もあると思います。
わざわざ自分から広めていたことになってますから。
忘れ去られた自分と比べ、死後ますます評価の高まるモーツァルト。これに乗じて、自分の音楽、名誉、存在をとりもどそうとする試み。

ということで、苦しんで、自殺未遂をしますが、そこにはモーツァルトを死に至らせた罪悪感というものは無いのでは、と(私は)思ってます。あくまで、彼の芸術=音楽=彼自身が消滅する危機感で精神が破綻した。

映画のストーリーを書きすぎてはいけないのですが、キーワードとして載せますと
凡庸なるもの(Mediocrities)と天才
神と人間、芸術の永遠性と死すべき定めの人間
こんなのが、この映画の中心にあったのでは、なんて思います。
専門家の方は既に評論をされているはずですので、どなたかサイトをご存知の方が回答をくれると思います。(ごめんなさい、私は探すのがへた)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

とても詳しく説明していただいてありがとうございました。ものすごく感謝しています!
わたしはこの映画を見ていなかったのですが、yogirinさんのおかげで、だいたいのあらすじみたいなものはわかりました。
ほんとにほんとにありがとうございました!

お礼日時:2001/07/10 12:51

サリエリはモーツァルトの天才的な才能に気づきながらもそれを嫉み、モーツァルトが自分を慕っているのを逆手に取り、善意の振りをしながらモーツァルトを精神的にも追い込んでいき死に至らせました。



モーツァルトの音楽を内心愛していたのに、どうしても自分にはその領域まで到達出来なかったその苦しみ。宮仕えの音楽家としてのプライド。モーツァルトを死に至らせた罪悪感。それらが相まってサリエリ自身も精神的におかしくなっていったのだと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

こんなに早く回答がくるとは思ってなかったのですごくびっくりしてます。
ojoryさんの回答、すごく役に立ちます!しかもこんなに詳しく説明していただいて・・
ほんとにありがとうございました!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

お礼日時:2001/07/10 00:58

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qタイトルを教えていただければ

タイトルを教えていただければ

スマステかなんかで見た記憶があるのですが、
タイムトラベルかなんかで好きな子を追っかけるような映画で
自分が幸せにできないから
最後は胎児に戻って自殺するような映画ってありませんでしたっけ?

Aベストアンサー

「バタフライ・エフェクト」のディレクターズカット版だと思います。
劇場公開版には胎児のラストはありません。

Qアマデウスのディレクターズカット版のDVD!!

 この前アマデウスのディレクターズカット版を観てとても感動しました。私の中では、この映画が一番好きです。ところで、そのディレクターズカット版のほうのDVDは販売されるのでしょうか?販売されるのだったらいつ出るんでしょう?どなたか知っている方がいたら教えてください。                  そういえば、アマデウスの役者さんはこの映画に出演したあとあまり表に出ていないような気がするのですが、気のせい?モーツァルトやコンスタンツェ役の人は今どうしているんですか?これもどなたか知っている人がいたら教えてください。コンスタンツェ役の人が超かわいかった!!

Aベストアンサー

↓↓のYHOです。

アマデウス ディレクターズ・カット発売2003/2/7
2980円だそうです。


ちなみに、北米版のDVDには1枚おまけが付いていて、メイキングやインタビューなど入っているようです。

Q映画「アマデウス」での不明点

先日、アマデウスを見たのですが、どうしてもわからない点があったので、
分かる方教えてください。

・皇帝がオペラを禁止した理由
→オペラ全部ではなく、「フィガロの結婚」が階級差別があるのでこれのみ禁止していたのか?
・同じく皇帝がバレエを禁止した理由

勘違い、見落とし点があっただけなのかもしれませんが、
どなたか教えてください

Aベストアンサー

それでは一つだけお答えします。

○オペラの禁止について
もちろん全てのオペラではなく、一部のオペラのみを禁止しています。
それは「フィガロの結婚」の内容をよく知っていると、何故オーストリア皇帝が上演を禁止したのかよく分かります。

お話は、ある伯爵に仕える召使いフィガロが、同じく伯爵夫人に仕えるメイドと結婚するところから始まります。
伯爵がその地域に古くからあった「初夜権」を復活させようとし、それに怒った伯爵夫人がメイドに成りすまして、夫である伯爵の浮気の現場を押さえようと画策します。
伯爵夫人に頼まれ、メイドに女装して成りすまし、伯爵を騙してしまおうとする少年も現れて、ハタから見たらバカげたお話しを最後は円満に丸くおさめた、特権階級を風刺したドタバタ劇なわけです。
※「初夜権」=当時、召使いは勝手に結婚する事は出来ず、領主の承認が必要であったため、領主に結婚を認めてもらう代わりに、結婚初夜の権利を領主が有するというもの

民衆にすれば、こんなばかげたオペラを、領主を主人公にして見たならば、どんなに胸のすく楽しいものになるでしょうか。
皇帝は、フランスで段々と大きくなる民衆の力をオーストリアにまで広げるのを何とか食い止めたいという思いもあり、こんなオペラを上演させるのはもってのほかと禁止したわけです。

こんな感じでしょうか。
バレエの禁止については、私は勝手に皇帝の趣味の問題かと思ってますが、もしかしたら、やはりきちんとした理由があるかもしれません。
それについては、他の回答をお待ち下さい。

それでは一つだけお答えします。

○オペラの禁止について
もちろん全てのオペラではなく、一部のオペラのみを禁止しています。
それは「フィガロの結婚」の内容をよく知っていると、何故オーストリア皇帝が上演を禁止したのかよく分かります。

お話は、ある伯爵に仕える召使いフィガロが、同じく伯爵夫人に仕えるメイドと結婚するところから始まります。
伯爵がその地域に古くからあった「初夜権」を復活させようとし、それに怒った伯爵夫人がメイドに成りすまして、夫である伯爵の浮気の現場を押さえよう...続きを読む

Q映画のタイトル、わかる方いらっしゃいますか?

2点あるのですが。。。とてもアバウトなので、これかな?と思われた方是非ご回答下さい。

1.去年頃?に公開されたもので、中性ヨーロッパ風?の舞台。「始まりから終わりまでノーカットで撮影された」、という映画。

2.5~6年以上前の映画で、自殺の手伝い(自分が入った穴を埋める等)をしてくれる人を探す男性のお話。

これだけしかわからないのですが、
どうぞ宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

こんにちは、1番の作品ですけど
たぶん、約90分ワンカット撮影が話題になった

◆「エルミタージュ幻想」(’02年 露・独・日作)
かなって思います。
丁度公開時に友人と話題にしていた作品だったんですよね~。
しか私自身タイトルをスッカリ忘れてしまっていたので(汗)
先程、友人に問い合わせてみた所
「エルミタージュ幻想」である事が判明しました。

下記の参考URLでこの作品の詳細をご確認下さい。
もしお探しの作品と違っていたらゴメンなさいね。

参考URL:http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B0000AJG7Q/249-7526756-1381122

Qアマデウスを見た方

サリエリはなぜモーツァルトを憎んだのか?
全体を通しての感想も下さい。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

サリエリは子供の頃から音楽の道を歩みたがっていましたが
父親に猛反対され諦めざるを得ない状況に置かれていました。
どうしても夢を捨てられないサリエリはこの父親という障害が取り除かれるように神に祈りました。
するとある日奇跡が起こりました。父親が急死したのです。
そのためサリエリは念願の音楽家になることができました。
神が自分の願いを聞き入れてくれた。自分は神に選ばれた。
自分は神に愛されている。と、少年だったサリエリは確信したのです。
けれどもモーツァルトに出会ったとき、その思いは打ち砕かれました。
神が愛したのは自分ではなくモーツァルトだったのだ。
音楽の道を歩ませておきながら、自分には音楽の才能自体ではなく
他人の、モーツァルトの才能を一番よく理解できる才能しかお与えにならなかったのだ、と。
自分は神に選ばれた。と歓喜していた分だけ
実際に選ばれた(とサリエリは思った)モーツァルトにサリエリは強く嫉妬しました。
おまけに本気で愛していた女性までモーツァルトに取られました。
しかも二股で、結局モーツァルトは本命の方と結婚しました。
モーツァルトに嫉妬しながら、神を恨みながらも
サリエリはモーツァルトの音楽を誰よりも理解し、惚れこんでいました。
憎みながらもどうしても惹かれてしまう、ジレンマをかかえた人物の目から見た
稀有な才能の持ち主を描いた映画でした。
ただ天才の作品と生涯を大々的にプッシュして描くのではなかったところに
この作品の味わいと凄みがあったように感じます。

サリエリは子供の頃から音楽の道を歩みたがっていましたが
父親に猛反対され諦めざるを得ない状況に置かれていました。
どうしても夢を捨てられないサリエリはこの父親という障害が取り除かれるように神に祈りました。
するとある日奇跡が起こりました。父親が急死したのです。
そのためサリエリは念願の音楽家になることができました。
神が自分の願いを聞き入れてくれた。自分は神に選ばれた。
自分は神に愛されている。と、少年だったサリエリは確信したのです。
けれどもモーツァルトに出会ったとき、...続きを読む


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報